2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.24 (Fri)

睾丸無知だとはいわないけれど証人もできない

『トンデモ一行知識の世界』 P.52

 ラテン語で、「証人」と「睾丸」という単語は同じ“testis”である。これは
成人男性しか証人になれなかったため。


まず、 ラテン語で「睾丸」が testis なのかという問題があって。

http://www.dicts.info/ud.php?l1=Latin&l2=Japanese で testis を引いた結果は微妙。

>   English                              Latin     Japanese
> n: witness; witnesser; informant                testis     目撃者
> n: testis; testicle; orchis; ball; ballock; bollock; nut; egg  testiculus   睾丸


これを見ると、ラテン語の testis は目撃者という意味だが、睾丸を意味するラテン語は
testis ではなく testiculus で、ただし英語の testis には睾丸という意味があるという
ことに。

日本語版 Wikipedia を見ると、睾丸 (精巣) は「ラテン語 Testis」となっているのだけど、
この前の件もあるので英語版 Wikipedia を参照してみると、睾丸は英語で testicle、
語源となったのはラテン語の testiculus。

http://ja.wikipedia.org/wiki/精巣
>精巣(せいそう、英語 Testicle、ラテン語 Testis)とは、動物の雄がもつ生殖器の
>1つ。


http://en.wikipedia.org/wiki/Testicle
> The testicle (from Latin testiculus, diminutive of testis, meaning "witness" [of
> virility],[1] plural testes) is the male generative gland in animals.


「diminutive of testis, meaning "witness"」は、「指小辞の testis は "証人" の意味」
とでも訳すべきか。 英語の testis は、以下のように testicle (睾丸) とイコールだけど、
ラテン語の testis は、目撃者、証人 (英語の witness) の意味であると。

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=testis&stype=1&dtype=1
> tes・tis[ tstis ]
> [名](複-tes /-tiz/) 《解・動》=testicle.


また、たとえラテン語で「睾丸」も「証人」も testis だったとしても、それが「成人男性しか
証人になれなかったため」かどうかは別の問題であって。

語源を探してみたら、以下のような資料があった。

http://archive.mag2.com/0000263329/20090214153000000.html
> 「証言」は英語でtestificationといいます。また「証拠、証明」はtestimonyと言いま
>す。これらはいずれも、ラテン語のwitness「目撃者、証人」という単語TESTis[テスティ
>ス]から派生しています。
> ここでラテン語TESTisの語源をさかのぼると、この単語はTRISTis[トリスティス]
>→TESTisというように形が変わっています。そして、もととなったTRISTisの"TRI"の部
>分はthree「三」という意味のTREI[トレイ]という印欧祖語から、そして"STis"はstand
>「立つ」という意味のSTA[スター]から派生していることが分かっています。
> つまりTESTisは「立っている第三者」というのが原義です。そういうことを考えると、
>「証言」には「わたし、あなた、第三者」という「3人の証言」が必要だったということが
>わかります。


実は、上に引用したメルマガでいっていることは、『The American Heritage Dictionary
of the English Language』の、testis の WORD HISTORY の前半に書かれていることと
ほぼ一致しているので、信用してよいのではないかと。

http://www.bartleby.com/61/73/T0127300.html
> The resemblance between testimony, testify, testis, and testicle shows an
> etymological relationship, but linguists are not agreed on precisely how English
> testis came to have its current meaning. The Latin testis originally meant
> “witness,” and etymologically means “third (person) standing by”: the te? part
> comes from an older tri?, a combining form of the word for “three,” and ?stis is
> a noun derived from the Indo-European root st- meaning “stand.” How this also
> came to refer to the body part(s) is disputed. An old theory has it that the
> Romans placed their right hands on their testicles and swore by them before
> giving testimony in court. Another theory says that the sense of testicle in Latin
> testis is due to a calque, or loan translation, from Greek. The Greek noun
> parastats means “defender (in law), supporter” (para? “by, alongside,” as in
> paramilitary and ?stats from histanai, “to stand”). In the dual number, used in
> many languages for naturally occurring, contrasting, or complementary pairs such
> as hands, eyes, and ears, parastats had the technical medical sense “testicles,”
> that is “two glands side by side.” The Romans simply took this sense of parastats
> and added it to testis, the Latin word for legal supporter, witness.


つまり、ラテン語の testis は「目撃者、証人」の意味であり、testis の語源は「立ってい
る第三者」の「TRISTis[トリスティス]」から。この testis が英語では身体の一部をさすよう
になったのは:
・古い説では、ローマ人が法廷で証言する前に右手を自分の睾丸に置き、その睾丸に
 かけて誓ったため。
・別の説では、ローマ人はギリシャ語の parastats から意味をとってきて、ラテン語で
 「legal supporter, witness」の意味の testis に、睾丸の意味をつけ加えたとのこと。
 (ギリシャ語の parastats は、法的な保護者、支持者といった意味をもつと同時に、
 手や目や耳、そして睾丸のような並んだ一対をさすこともある。その parastats からの
 借用翻訳または翻訳借用で、testis に睾丸の意味が追加された)。

後者の説の翻訳には正直自信がないし、どのように英語の testis は現在の意味になっ
たか、正確なところは言語学者に同意がとれているわけではないとも書いてあるけど、
唐沢俊一のいう「成人男性しか証人になれなかったため」というのは、どちらの説をとる
にしても、ちょっと違うんじゃないかということで。

http://homepage3.nifty.com/recipe_okiba/nifongo/glossh5.html
>翻訳借用(ほんやくしゃくよう)loan translation / loanshift
>1. 外国語の語句を直訳して用いること。また、その語のこと。"red wine"を「赤葡萄
>  酒」とする類。「なぞり」「借用翻訳語」ともいう。【関連項目:単純借用、直接借用】
>2. 外国語の語句の概念だけをとりいれ、音形はすでにある語で代用すること。
>  "automobile"に「くるま(車輪で動く運搬器具を指す)」を当てることなど。
スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

01:30  |  『トンデモ一行知識の世界』間違い探し編 (215) +  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/86-45e1c7fc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。