2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.23 (Thu)

謎のポー・デュパン……アラン方向の妄想か

裏モノ日記 2002年 04月 07日 (日曜日)
http://www.tobunken.com/diary/diary20020407000000.html

LDで『謎のモルグ街』。もちろんポーの原作だが、いかにもハリウッド風
通俗スリラーに仕立てあげている、その安っぽい味がいい。映像は安っ
ぽいどころか金をかけていて、オールセットで19世紀のパリを再現して
いるのが、今の映画にない、何か舞台劇のような雰囲気。出演者はもち
ろんフランス人という設定だが、当然のごとくに全員英語をしゃべっている。
『RUE MORGUE』、『BUREAU DES INSPECTEURS』と看板
もフランス語で書かれているが、立入禁止の札には『FORBIDDEN 
TOTHE PUBLIC』と、いきなり英語。このわかりやすさ第一主義が
当時の映画の基本で、誰もトヤコウ言う野暮天はいなかったのだろう。
カール・マルデン演ずる怪博士が主役だが、一応の主人公は犯人と疑わ
れる若い教授で、名前がデュパン。字幕ではみんなが彼のことをポア、
ポアと読んでいる。豆(POIS)のことかと思っていたが、ふと気がついた。
これはポー(POE)なのではないか。原作者の名と、原作の名探偵の名を
合成してポー・デュパンという名(ひどい名だが)にして、そのポーをフランス
読みでポアにしているんだろう。

http://s04.megalodon.jp/2009-0423-0123-38/www.tobunken.com/diary/diary20020407000000.html

×『FORBIDDEN TOTHE PUBLIC』 ○『FORBIDDEN TO THE PUBLIC』

で、2ちゃんねるのスレでも指摘のあった通り (Read More 参照)、カール・マルデン
(Karl Malden) 主演の『謎のモルグ街』 (Phantom of the Rue Morgue) に登場する
若い教授は、「Prof.Paul Dupin」。

http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD6609/index.html
>キャスト(役名) - 謎のモルグ街
>Karl Malden カール・マルデン (Dr.Marais)
>Claude Dauphin クロード・ドーファン (Inspector Bonnard)
>Patricia Medina パトリシア・メディナ (Jeannette Rovere)
>Steve Forrest スティーヴ・フォレスト (Prof.Paul Dupin)
>Allyn Ann McLerie アリン・アン・マクレリー (Yvonne)


http://www.walkerplus.com/movie/kinejun/index.cgi?ctl=each&id=6609 でも
列挙されている「キャスト(役名)」は同じ。

「これはポー(POE)なのではないか。原作者の名と、原作の名探偵の名を合成して
ポー・デュパンという名(ひどい名だが)にして」というのは、単なる唐沢俊一の妄想
でしかないのだが、「ふと気がついた」から、「ポー(POE)なのではないか」を経て、
「そのポーをフランス読みでポアにしているんだろう」にいたっては、唐沢俊一の脳内
では、Poe Dupin であることがほぼ確定しているかのようなのが怖い。

それも、Paul が「ポー」と聞こえたから「ポー(POE)なのではないか」と考えたという
のなら、まだわかるんだけど (Poe というファーストネームがアリかどうかは別として)、
「字幕では」「ポア」だからとか、「ポーをフランス読みでポア」とかが、よくわからない。

音声出力サービス http://www.research.att.com/%7Ettsweb/tts/demo.php では、
フランス語の話者による Poe は、「プ」か「プー」に近い感じに聞こえた。
http://vhost.oddcast.com/vhost_minisite/demos/tts/tts_example.html? でも同様。
(フランス語のオンライン辞書でも確認したかったけど、Poe ではうまく引けなかった)。

その他参考 URL:
- http://ext.dictionary.goo.ne.jp/leaf/ej/Paul/m0u/PAU/
- http://ext.dictionary.goo.ne.jp/leaf/ej/Poe/m0u/POE/
- http://www.aozora.gr.jp/cards/000094/files/605_20934.html



More...

http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1239920365/443-

443 :無名草子さん:2009/04/21(火) 11:30:05
「裏モノ日記」2002年04月 07日(日曜日)
http://www.tobunken.com/diary/diary20020407000000.html
>LDで『謎のモルグ街』。もちろんポーの原作だが、いかにもハリウッド風通俗スリラーに
>仕立てあげている、その安っぽい味がいい。
(略)
>カール・マルデン演ずる怪博士が主役だが、一応の主人公は犯人と疑われる若い教授で、
>名前がデュパン。字幕ではみんなが彼のことをポア、ポアと読んでいる。豆(POIS)
>のことかと思っていたが、ふと気がついた。これはポー(POE)なのではないか。
>原作者の名と、原作の名探偵の名を合成してポー・デュパンという名(ひどい名だが)に
>して、そのポーをフランス読みでポアにしているんだろう。うーむ。


「ポール」が「ポア」と聴こえたのですね。うーむ。

Phantom of the Rue Morgue (1954)
http://www.whosdatedwho.com/topic/6280/phantom-of-the-rue-morgue.htm
>Phantom of the Rue Morgue Cast
>Steve Forrest ... Prof. Paul Dupin

444 :無名草子さん:2009/04/21(火) 11:37:26
>>443
ど素人の日記に突っ込むなんて不粋ですよー

445 :無名草子さん:2009/04/21(火) 11:56:42
『ポーの片影』芥川龍之介
http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/4614_6777.html
>ポーとは、ヱドガー、アラン、ポーのことです。ポーは初めフランスに紹介された時分には
>ポーヱと呼ばれてゐました。英国人等にも、この読み方をするものがあります。
>けれども、ポーがたゞしいことは明かです。

446 :無名草子さん:2009/04/21(火) 12:16:44
>>443
Paulのフランス語発音が「ポア」ってことですかい?

447 :無名草子さん:2009/04/21(火) 12:53:37
>>443
唐沢ちゃんネット依存症だけど、調べ物はWikipedia日本語版だけで済ませてないか?

448 :無名草子さん:2009/04/21(火) 13:08:53
>>446

http://www.mag2qa.com/qa2521445.html
>こんにちは。
>フランスにいたことがあります。
(略)
>「Paul」ポールさんに、「ポール」と呼びかけたら、
>「ポーと伸ばさないで、ポルと呼んでくれ」と言われた事があります。

英語読みだと「Paul」は「パォール」かな?(未確認、自信なし)
早口で聴き取れなかったのでは?


450 :無名草子さん:2009/04/21(火) 13:29:17
>>448

>字幕ではみんなが彼のことをポア、ポアと読んでいる。


誤字は置いといて、日本語字幕スーパーに「ポア」と出てくるみたいですね。

スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

02:47  |  その他の雑学本 間違い探し編 (324) +  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/85-eaede2ff

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。