2017年03月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.12.24 (Sat)

何より大切なのは兜甲児へのショタ萌えというやつ?

http://www.tobunken.com/news/news20111224021014.html

イベント
2011年12月24日投稿
美しきキャラクターたち 【追悼 荒木伸吾】

札幌時代運営していたアニメファンサークルに、女子高生が入会を
希望してきた。プロフィールを見たら、“好きなアニメ”の欄に
当時の新番組『ダンガードA』とならんで、『少年徳川家康』
『新巨人の星』などの名が並んでおり、どうも脈絡がないな、
と思っていたら、誰かがその欄をのぞき込んで、
「わかった、この子、荒木伸吾のファンなんだよ!」
と言って、疑問が氷解したことがあった。上記作品は全て
荒木伸吾がキャラデザインを担当している。1977年当時、
すでにキャラデザインで見るアニメを選ぶディープなマニア女子高生が
存在していたということである。

われわれにとって、キャラクター・デザイナー荒木伸吾の名を
記憶したのは1973年の『バビル2世』においてであり、
そして1975年の『UFOロボ・グレンダイザー』でその
流麗なペンのタッチは脳裏に深く刻まれた。現在の美少女アニメキャラ
の原点とも言うべきマリア(主人公・デュークフリードの妹)が
名高いが、私にとってはゲストキャラの描写が際立って印象的で
あり、中でも76年12月放映の63話『雪に消えた少女キリカ』
に登場したコマンダー・キリカの美しさは、一話のみのゲストキャラ
とは思えないセンセーションを、決して大げさではなく見ていた
ファンたちに巻き起こした。荒木伸吾=美形キャラ、という
公式が完成したのはこの時期であり、それは荒木自身のプロダクション
の女性アニメーターである姫野美智の影響が大きい。
とはいえ、それを男の子向けのアニメの中で輝く存在に仕上げたのは
やはり荒木の才能だろう。

ところでこの『グレンダイザー』のメインキャラデザイナーは
小松原一男なのだが、後半、荒木伸吾にバトンタッチする。前半では
(前々作の主人公でありながら)三枚目的役割に落とされてしまった
兜甲児が、荒木調の作画で美少年キャラとなり、しかも設定上、
年上のデュークフリードに対して徹底した弟キャラで接する。
ちょうど時代は竹宮惠子(当時恵子)が『風と樹の詩』を連載開始
したころ。それまでロボットものは男の子、魔法少女は女の子
と区分分けされていたアニメの世界での視聴者混淆が起こって、
女性たちがフリードこと宇門大介と兜甲児をカップリングさせて
二次創作作品を描くというムーブメントが起こり、これが後の
やおい、BL文化に発展していく。耽美主義傾向が強かった“カゼキ”
(当時のファンは『風と樹の詩』のことをこう呼んだ)系ではなく
後のBLの、あっけらかんとした男子同性愛の世界が主流となった
のは、ロボットアニメという単純明快な世界をその出発点にした
ためではないかと思っている。

荒木氏はまさかそんなムーブメントが自分の作画から起こるとは
想像もしていなかったろう。しかし、やがて氏の代表作となる
作品は、自らが(意識しなかったとはいえ)作り出したBLブーム
の上に乗って女性たちに圧倒的な人気を誇ることになる。
1986年開始のアニメ『聖闘士星矢』である。車田正美原作の
少年マンガっぽいキャラを、見事なアニメ美形キャラに描きかえた
その作品は、ちょうどコミックマーケットの規模が大きく拡大した
時期と合致したこともあり、二次創作系同人誌の人気を一気に
底上げした。荒木氏の本領は決して美形キャラだけではなく、
大胆な画面構成や動きにもあるのだが、しかし、荒木伸吾がアニメ界
になした最も大きな貢献は、このキャラの魅力で凄まじい数の
ファン(主に女性)をアニメに引き込んだことだろう。

http://megalodon.jp/2011-1224-1314-39/www.tobunken.com/news/news20111224021014.html

×デュークフリード ○デューク・フリード
×『風と樹の詩』 ○『風と木の詩』

「札幌時代運営していたアニメファンサークル」って……所属していたのはアニメソングの
同好会で、「僕自身は、アニメソングへの興味はあったがヤマトのファンでも何でもなく」と
昔の本には書いていて (ここを参照)、「本当はサークルの代表者ではなかった唐沢俊一
なのだが、うちのうちの詐欺に、あくまでしがみつきたいらしい……。

それはともかく、「キャラデザインで見るアニメを選ぶディープなマニア女子高生が存在」と
いわれても、『ダンガードA』、『少年徳川家康』、『新巨人の星』ときて、「『わかった、この
子、荒木伸吾のファンなんだよ!』と言って、疑問が氷解」するというのが、どうにも理解
しにくい。1977 年当時の女子高生なら 1960 年前後の生まれのはずで、荒木伸吾の
キャラデザインを好んでいて、『キューティーハニー』、『魔女っ子メグちゃん』あたりを完全
に無視するというのは、「疑問が氷解」どころか謎が深まるばかりという感じで。

http://ja.wikipedia.org/wiki/荒木伸吾
>1970年から虫プロダクションで、杉野昭夫、金山明博との3人共同で『あしたのジョー』
>の作画監督を務めた。また、この年から『キックの鬼』『魔法のマコちゃん』で作画監督
>をしたのを手始めに東映動画作品にも参加するようになった。1971年には友人とスタジ
>オZを設立(後輩の金田伊功もここに在席)。1973年にフリーになり、テレビアニメ『バビ
>ル2世』で荒木は初のキャラクターデザインを任された。これらは初期のキャラクターで
>は最も愛着が強いという。
>さらに東映動画では、1973年の『キューティーハニー』、1974年の『魔女っ子メグちゃ
>ん』、1975年の『少年徳川家康』『UFOロボ グレンダイザー』、1977年の『惑星ロボ ダン
>ガードA』と立て続けに東映動画作品のキャラクターデザインをして、荒木の名を印象付
>けた。特に『惑星ロボ ダンガードA』の男性キャラクターのトニー・ハーケンは女性ファン
>の支持を得た。
>1970年代末に始まったアニメブームで荒木を人気アニメーターの地位に押し上げたの
>は、これらの作品である。この間、1972年に倒産したジャガードに代わり、1974年に荒
>木プロダクションを設立。設立時からのメンバーである姫野美智を片腕として、姫野の
>少女漫画的な華麗なタッチが荒木の作風に加わった。
〈略〉
>・アタックNo.1(1969年、作画)
〈略〉
>・魔法のマコちゃん (1970年、作画監督)
〈略〉
>・キューティーハニー (1973年、キャラクターデザイン・作画監督)
>・バビル2世 (1973年、キャラクターデザイン・作画監督)
>・柔道讃歌 (1974年、作画監督)
>・魔女っ子メグちゃん (1974年、キャラクターデザイン・作画監督)
>・少年徳川家康 (1975年、キャラクターデザイン・作画監督)
>・UFOロボ グレンダイザー (1975年、キャラクターデザイン・作画監督)
>・新巨人の星 (1977年、作画監督)
>・惑星ロボ ダンガードA (1977年、キャラクターデザイン・作画監督)


さらに、1960 年前後の生まれなら、『アタックNo.1』や『魔法のマコちゃん』も普通に視聴
していただろうに、なぜかメジャーさではやや劣る『少年徳川家康』をあげても、女子向け
アニメと『キューティーハニー』はあげない。

いやまあ、その女子高生の好みがそうだったんだからしょうがないといわれればそれまで
だけど、その次の段落以降の唐沢俊一の説明にも、『バビル2世』、『UFOロボ・グレンダ
イザー』、『聖闘士星矢』はでてきても、『花の子ルンルン』、『ベルサイユのばら』などを
含めて、有名どころをものすごい勢いでスルーしている感じ。

ちなみに、訃報記事と、唐沢俊一の知り合いでもあるというアニメファンの人が 2004 年に
書いた文章を、それぞれ並べてみると以下のようになる。

http://www.asahi.com/showbiz/manga/TKY201112020573.html
>アニメーターの荒木伸吾さん死去 「巨人の星」など
> 荒木伸吾さん(あらき・しんご=アニメーター)が1日、急性循環不全で死去、72歳。
>葬儀は近親者で行う。喪主は妻博子さん。ファンを交えたお別
>れの会を後日開く予定。
> 1960年代から活躍し、テレビアニメ「巨人の星」「あしたのジョー」「ベルサイユの
>ばら」「聖闘士星矢(セイントセイヤ)」などのキャラクターデザインや作画監督、原画
>製作を務めた。


http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/12/02/kiji/K20111202002155560.html
>アニメ監督の荒木伸吾氏死去…「ベルばら」など手がける
〈略〉
> テレビアニメ「ベルサイユのばら」「聖闘士星矢」など、多くの作品の作画監督やキャ
>ラクターデザインを手掛けた。[ 2011年12月2日 14:21 ]


http://zenmetu.sakura.ne.jp/niiki/200404/200404.html
>さて、昨日の日記で使った画像だが元はこれだ
>バンダイから発売された東映アニメヒロインコレクション
>数日前にコンビニに並んでいるのを発見
>ボックスアート(箱絵)の素晴しさに感動
>なんたってボックスアートは荒木伸吾&姫野美智の黄金コンビだからこれはもう買って
>おかないとッ!とか思ったわけで
>あ?荒木伸吾知らないって?「キューティーハニー」とか「UFOロボ グレンダイザー」
>とか「魔女っ子メグちゃん 」とか「花の子ルンルン」とか「聖闘士星矢」とかの一連の
>美形キャラを作り上げパンチラ大好きっ子からやおいオネーサンまで幅広い支持者が
>いるアニメ界の重鎮
>彼の名前を知らずに「アニメファン」とか言うのは非常に恥ずかしいことなので憶えて
>おくように


想像でしかないけど、これは子どもの頃の唐沢俊一と唐沢なをきが、たまたま 2 人とも、
魔法少女ものとか女子向けを、いっさい見ないで過ごしてきたせいで、今回の唐沢俊一
の文章のようなものができあがってしまったのではないけど。

唐沢俊一は、「それまでロボットものは男の子、魔法少女は女の子と区分分けされていた
アニメの世界での視聴者混淆」とやらが『風と樹の詩』の連載の頃に起こり始めたみたい
に書いているが、姉や妹がいた家庭はもちろん、女の子向けのアニメを男がみるなんてと
いう方針の家庭でもなければ、視聴者混淆なんて普通に起こっていた (と自分の経験と
いうか見聞きした範囲で断言させてもらおうかと)。

少なくとも、竹宮恵子の「カゼキ」が、小学生くらいの子どもの「視聴者混淆」に、以後、
影響してくるとは考えにくい。そもそも『風と樹の詩』ではなく、『風と木の詩』だし。

http://ja.wikipedia.org/wiki/風と木の詩
>『風と木の詩』(かぜときのうた)は、竹宮惠子による日本の漫画作品。

しかし、唐沢俊一個人に限定すれば、それまで全然ふれることのなかった女子向けの
漫画やアニメにふれるようになったのが、『風と木の詩』の発表の頃、それ以降という
ことは充分に考えられる (ここここを参照)。それを一般的な話として書くから、何か
間違っているんじゃないかという文章になるだけで。

それから『聖闘士星矢』については、「車田正美原作の少年マンガっぽいキャラを、見事
なアニメ美形キャラに描きかえたその作品は、ちょうどコミックマーケットの規模が大きく
拡大した時期と合致したこともあり、二次創作系同人誌の人気を一気に底上げ」とかいう
唐沢俊一の書き方だと、「車田正美原作の少年マンガっぽいキャラ」のままでは、「二次
創作系同人誌」にあまり使われなかったと誤解させかねないけど、二次創作系同人誌を
描く作者は、原作のマンガを読み込んで、それをベースに描いていたりしたはずで。

いやまあ、それはたまたまお前の知り合いがそうだったんだろうといわれればそれまで
だし、「二次創作系同人誌の人気を一気に底上げ」に、荒木伸吾の「アニメ美形キャラ」
も大きく貢献したというのは想像に難くないけど。

なお、今回の文章以外に唐沢俊一は荒木伸吾について何か語っているかとググったら、
裏モノ日記では、これ↓くらいしか見つからなかった。

http://www.tobunken.com/diary/diary20020820000000.html

『小松原一男アニメーション画集』(これが正式な書名だった)、じっくりと
読了。私の中の小松原ヒロインは何といっても『グレンダイザー』の牧場
ひかる。地味もいいところの徹底した不人気キャラで、番組のファンから
“二度と出すな、出したら殺す”と脅迫状が来たらしい。あまりのことに
テコ入れで後半、登場してきた荒木伸吾キャラのマリアに食われっぱなし
ではあったが、マリアのような“アニメのために作られたキャラ”ではない、
実際に抱きしめたら髪の香りが嗅げそうな、そんな雰囲気があったヒロイン
だった。そこらが、二次元キャラの虚構性を愛するアニメオタクの感性に
合わなかったんだろう。演出家の勝間田具治が彼女をベタ褒めして、
“いい意味での、韓国人の女性の表情”をしている、と言っているのだが、
そうそう、と膝は 打たぬものの、なるほど、と首肯してしまった。


うーん、これも想像でしかないけど、唐沢俊一はもともと荒木伸吾に興味がなかったので
はないか。

兜甲児が「弟キャラ」でどうこうというのも『トンデモ美少年の世界』の「ショタコン・アニメ
史」で書いていたことの使い回しで、しかもそのときには、荒木伸吾の名前はもちろん、
キャラデザインについてはいっさい言及していなかった。むしろ設定重視というか。

『トンデモ美少年の世界』 P.142 ~ P.143 (「ショタコン・アニメ史」)

そこで、制作者たちはすごいことを考えついた。
 その次の作品『UFOロボ・グレンダイザー』において、兜甲児を再登場
させる。ただし、その性格は弟の兜シロー的なものにする、という方針を
打ち出したのである。
 そのため、この作品で、かつては頼りがいのある主人公だった兜甲児
は、自分よりさらに優れたヒーロー、宇門大輔(デュークフリード)にあこが
れる、やんちゃな弟役にランクダウンさせられてしまったのである! テレビ
アニメ史上、こういう役柄変更は初めてで、見ているこっちもオドロイた。
 しかし、これが大変すばらしい効果を生んだのである。剣鉄也や宇門大輔
のように、完全な青年ではなかった兜甲児のキャラクターが際立って、
主人公をはるかに超える複雑なキャラクター性を持つことになったのだ。
しかも、年齢的にかつての少年たちより少し上の甲児には、性的なイメージ
も付加しやすくなった。その結果、当時、ようやく巨大なものとなりつつあった
同人誌界に、大輔×甲児もののやおい(まだ当時、そんな言葉はなかったが)
ブームを到来させたのである。


×デュークフリード ○デューク・フリード
×大輔 ○大介

http://ja.wikipedia.org/wiki/UFOロボ_グレンダイザー
>デューク・フリード / 宇門大介
>声:富山敬 / (スーパーロボット大戦シリーズでの代役は山寺宏一)
>本作の主人公。設定年齢は20歳。宇門博士に救われ養子となった後、博士の経営す
>るシラカバ牧場で働いていた。地球にベガ星の魔手が迫っても、フリード星でのつらい
>過去からか当初は戦うことに後ろ向きだったが、ベガ星のミニフォーに袋だたきにされ
>る兜甲児のTFOを救うため、牧場地下のダム部分に封印しておいたグレンダイザーに
>再び搭乗。やがて甲児と交流を重ねる中で、第二の故郷・地球を守るため、グレンダイ
>ザーで戦うことを決意する。


今回の唐沢俊一の文章でも、「年上のデュークフリードに対して徹底した弟キャラ」とか、
「デューク・フリード」が「デュークフリード」になっている。

まあ、そういう細かいミスはともかくとして、荒木伸吾の名前をしらない者相手でも、作品
を 5、6 個もあげていけば、誰もが少なくとも 1 つ 2 つは見たことがあって、「ああ、あの」
と思い当たると思うんだけどなあ。先に引用した唐沢俊一の知り合いの人は、『魔女っ子
メグちゃん』のノンが好きみたいだけど、同じようなことをいっていた者が自分のごく身近に
もいたりする。

あげるべき作品名だけでもたくさんあるだろうに、何も 10 年以上も前の、荒木伸吾とは
無関係の内容として発表した文章を使い回さなくたって、よいのではないかと思うんで
ある。




More...

http://logsoku.com/thread/kamome.2ch.net/books/1322126983/
-------
714 : 無名草子さん : 2011/12/02(金) 15:20:24.38
荒木伸吾さんが、亡くなられました。

715 : 無名草子さん : 2011/12/02(金) 15:20:49.71
だれそれ?

717 : 無名草子さん : 2011/12/02(金) 15:33:10.02
>>715
魔女っ子メグちゃんとかベルサイユの薔薇とか
聖闘士星矢とかOVAバビル二世とかの、作画とかキャラデザの人
姫野美智が全部仕事を代わりにやってたという
もっともらしいが真偽が定かではない噂もあった人。

718 : 無名草子さん : 2011/12/02(金) 15:43:19.41
714です。 そんな噂あったんですか。
荒木 姫野コンビは有名だったので、今どうなさっているかと
wikipediaを見ると、姫野さんのことはほとんど何も書かれてないんですね。
ショックで、唐沢さんがどんな追悼をするのかは、どうでもいい。

719 : 無名草子さん : 2011/12/02(金) 17:17:46.92
2011年11月1日死去(昨日発表された)
脚本家:石堂淑朗
  「怪奇大作戦」「七瀬ふたたび」「マグマ大使」「シルバー仮面」など

2011年12月1日死去
漫画家:内山まもる
  「ウルトラマン」シリーズの漫画で有名

2011年12月1日死去
アニメーター:荒木伸吾
  「キューティーハニー」「魔女っ子メグちゃん」など


テンテー大忙しだ.....

723 : 無名草子さん : 2011/12/02(金) 18:25:34.13
>>719

連日の訃報で心が傷んでいるのに、追い打ちは止めて欲しい。

ただ、この3名、唐沢俊一氏より詳しい&親しい方が大勢いるので、

ヘタ打つと半端ないと思います。

724 : 無名草子さん : 2011/12/02(金) 18:28:22.95
ハンパ無い場所へもホームランを打ち込むのが我らが唐沢俊一大先生

-------

スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

15:29  |  資料編 (14) +  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

> NNT さん
>弟キャラ的、ヤンチャ系的のキャラクター設定はあっていいですけど、
>兜甲児はショタではないですぅ…

兜シローは半ズボンだけど、兜甲児は違いますしね。
http://tondemonai2.blog114.fc2.com/blog-entry-162.html
http://tondemonai2.blog114.fc2.com/blog-entry-163.html

しかし「年端もいかない高校生カップル」とか平気で書いたり、20 歳前後の頃の
ことを「子供のころ」と表現したりする唐沢俊一ですから、「年齢的にかつての少年
たちより少し上」なだけと、「ショタコン・アニメ史」の 1 ページとして語るなんてのは、
むしろ自然なこと (?) かもしれません。
http://tondemonai2.blog114.fc2.com/blog-entry-752.html
http://tondemonai2.blog114.fc2.com/blog-entry-418.html

ショタコンの対象となる登場人物って、制作者側の、主な視聴者層は小学生くらい
→年齢の近い登場人物を出して親しみをもってもらおうという意図が反映されている
んじゃないかと思っています。そういう考えをとるとしても、兜甲児をショタ扱いという
のは何か微妙ではないかとも思います。


>ラーオさん
>本当に女友達いなかったのねとしか申し上げられません。

男子校だったのは高校の 3 年間のみで、小学校と中学校は普通に共学だったはず
なのですけどねぇ……。『宇宙戦艦ヤマト』のファンクラブではじめて、女子にふれる
機会ができて大喜びな人に見えてしまいます。

『風と木の詩』がどうこうとか語っているのは、以前に奥さんのK子から聞きかじった
ことを、いつもの脳内変換で劣化コピーしているものと推測しています。


『魔法使いサリー』 (1968 年) は『B級学』で言及しているのを見た覚えがありますが
『魔法のマコちゃん』 (1970 年) の頃はそろそろ中学生な唐沢俊一は見ないように
なっていて、『魔女っ子メグちゃん』 (1974 年) も当然見ていなくて、身近な人間
(奥さんとか弟とか) からのネタ補充も、これらのアニメについては、あんまりなかった
ということでしょうか。
トンデモない一行知識 |  2011年12月29日(木) 13:13 |  URL |  【コメント編集】

●調べてから書いてくださいテンテー

恐い。テンテー、本当に恐い。
個人的事象を一般論に拡大するテンテー恐い。
一行さんがおっしゃるように荒木さんのことを語るなら魔法のマコちゃん、魔女っ子メグちゃん、キューティーハニーが出てこない方がおかしい。
札幌ではこれらはサリーちゃんやアッコちゃんとともに何回も再放送されています。
そして、女子が男子アニメを見ていないかのように言っていますが、本当に女友達いなかったのねとしか申し上げられません。
魔法少女ものが出るまで、アニメは主に少年向けのものが主流でしたからね。魔法少女ものでやっと視聴の主体を女の子に絞ってきたんですよ。だから女子だってずっと少年もの見ています。巨人の星も、009も、バビル2世も、マジンガーZも。
わたしは(アニメじゃないけど)ウルトラマンや仮面ライダーも見ていましたよ。仮面の忍者赤影とかマグマ大使とか。
風と木の詩のせいではありません!!
兜甲児についてもNNTさんのおっしゃる通りだったと記憶しているんですが。

せめて、調べ直して書いてくれるといいのにと思います。まあその努力が出来ないから今があるんでしょうけれど。
ラーオ |  2011年12月26日(月) 14:51 |  URL |  【コメント編集】

●そもそも、高校生はショタではないと思う。

自分はショタコンではでないですが、ショタ的なモノの魅力は感じる事はあります。
弟キャラ的、ヤンチャ系的のキャラクター設定はあっていいですけど、
兜甲児はショタではないですぅ…

自分が子供の頃に好きだったキャラクターで、圧倒的に『お兄さん』のキャラクターであるのを
>弟キャラ
なんて、いくらそういうカップリングが腐女子にもてはやされていたとしても、
本作品の設定では無いと思うので、勘弁してorzと思います。

HUNTER×HUNTERもショタの分類でしょうね、多分。
イナズマイレブンは完璧ショタの世界ですけど<ヲイ。
NNT |  2011年12月25日(日) 21:07 |  URL |  【コメント編集】

●うぃきぺでぃあよりあんさいくろぺでぃあの方が記述充実? h

ttp://ansaikuropedia.org/wiki/%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%82%bf の分類でいえば「ヤンチャ系」でしょうか
(←多分ちょっと違う)

唐沢俊一の場合、永井豪には、よく言及するんですが、考えてみればロボットもの
以外は『ハレンチ学園』あたりで時間が止まっている感じで。

個人的に、ショタってピンとこないのですが、ハンター×ハンターって結構いいカモ。
エンディングのテーマがツボ。^^
トンデモない一行知識 |  2011年12月25日(日) 11:27 |  URL |  【コメント編集】

●あああああああ

>兜甲児が、荒木調の作画で美少年キャラとなり、しかも設定上、
>年上のデュークフリードに対して徹底した弟キャラで接する。

勘弁して下さいorz。
妄想は腐女子の特権じゃないのはわかっているけど、
唐沢氏の妄想は本当に勘弁して欲しいです。
弟キャラって、兜甲児はバンカラキャラで、
それの延長上にいるだけなのに…。

唐沢氏は永井豪作品をあまり読んでいないのだろうけど、
そういう設定がお好きなら、デビルマン~バイオレンスジャックを読みなおした方が良いと思いました。
NNT |  2011年12月24日(土) 20:34 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/774-1dd5b8f5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。