2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.11.20 (Sun)

「ニュートリノ並の速さで追討する男」

http://www.tobunken.com/news/news20111119113248.html

イベント
2011年11月19日投稿
イメージを変えた人【訃報 右手和子】

梅田佳声先生より右手和子氏死去の報せがあった(年齢、享年等未確認)。

教育紙芝居の研究・実演の第一人者。
教育紙芝居とは、手書きによる絵を基本とした街頭紙芝居に対し、
印刷物になったもので、保育園、幼稚園、学校などで演じられるもの。
そのぬくもりのある温かい話術での実演を生前に聞いたのは一度きり
だったが、耳の底にいまもじんわりと心地よい感じが残っている。
父親が紙芝居の貸し元であったことが彼女をこの世界に入らせたことも
あり、父の世代の遺産である紙芝居を日本の文化として残し、
また若い世代に伝えていくことをライフワークとしていた。

……とはいえ、一般の人にとり、右手(うて)和子と言えば
1967年に放映されたアニメ『悟空の大冒険』の主役、悟空を演じた
声優として知られているだろう。過激でシュールなギャグ、スピード感
あふれる展開、ユニークすぎるキャラクターたちの大暴れで、
4年続いた人気作品『鉄腕アトム』の後を継ぎながら、その斬新さに
当時の子供たちがついてゆけず、わずか9ヶ月で打ち切られてしまった。
右手和子はそれ以外はほぼ、声優の仕事をしていない。
しかし、その印象の強烈さはちょっとなかった。

アトムの最終回で、悟空へのバトンタッチという意味もあって、最後の
御茶ノ水博士の挨拶のあと、悟空が登場。
「おいら悟空、よろしく。じゃ、予告編見てくれよな……えっ、まだ
アトムの時間だって? ケチケチするなよ、めんどくせえ……ワン、ゼロ、
ドカーン!」
と、アトムに化けて、
「みなさん、長いこと僕の活躍を見てくださってありがとう……」
と挨拶(声はオリジナルの清水マリ)し、悟空にもどって
「カッコいいんだから、見てくれよな!」
と、アトムが生死不明になってしまう最終回の湿っぽさを一瞬にして
払拭してしまった。そのガラッパチな声としゃべり方は、それまでの
上品な虫プロアニメではついぞなかったキャラクターだった。

本業が紙芝居である彼女がアニメの声優に抜擢されたのは、杉井ギサブロー
氏をはじめとする製作スタッフが、これまでの虫プロアニメのイメージを
一変させよう、と謀ったためだったろう。ちゃきちゃきの江戸っ子だった
右手氏の抜擢はそのイメージの改変にぴったりだった。

http://megalodon.jp/2011-1119-2308-28/www.tobunken.com/news/news20111119113248.html

「年齢、享年等未確認」には、さすがに驚いたというか……。2ちゃんねるのスレ (Read
More
参照) では、「ついに『報道より早く追討!』の域にまで達しましたかw」、「締切に終
われてるんじゃねえんだから、確認してから書けよw」にはじまり、「光より速く追討をする
男 【訃報 唐沢俊一】」とか、「ニュートリノ並の速さで追討する男 【訃報 唐沢俊一】」
とか、突っ込まれ放題。

そもそも右手和子の生年月日を把握していないから、「年齢、享年等未確認」ということを
書くハメになるんだよねえ……少し前の「ダイアン・シレントの生年月日には諸説あるわけ
ではない
」の件とちょっと似ているけど、悪い意味でパワーアップしている。

んで、2ちゃんねるのスレに書き込まれた情報をもとにするならば、右手和子の生年月日
は 1929 年 2 月 4 日 (知泉 wiki より) で、82 歳。つい 1 ヵ月前に、「右手和子さんによる
紙芝居」を見にいったとブログに書いている人もいる。

http://tisen.jp/hbd/query.php?KeyDate=&KeyName=%B1%A6%BC%EA%CF%C2%BB%D2&Key
>誕生日    名前  (年齢, 没年) <死因 肩書き/分野 [血液型] 本名
>1929/02/04 右手和子 (82) 紙芝居・声優
>         東京都▽舞台芸術学院
>         ※アニメ『悟空の大冒険』悟空役


http://yukoko.at.webry.info/201110/article_3.html
>家の近くにある視覚障がい者の作業所で行われた「右手和子さんによる紙芝居」を観
>に行きました。昔から知っている方ですが82歳とは知りませんでした。彼女は声優で紙
>芝居研究家、年齢を感じさせない昔と変わらぬ素晴らしい紙芝居でした。


それにしても不思議なのは、唐沢俊一は右手和子の著書『紙芝居のはじまりはじまり』
の内容紹介もしているのに、「年齢、享年等未確認」としていること。『紙芝居のはじまり
はじまり』という本には、著者プロフィールに生年月日は載っていなかったのだろうか。

スレの方には、「右手和子さんが本日、脳梗塞で亡くなった」というツイートも紹介されて
いたけど、こちらはうまく検索できなかった。唐沢俊一の書いているように梅田佳声からの
情報ならば、まるきりのデマとも思いにくいけど、本当に亡くなっているのかどうかは、まだ
よくわからない。


で、唐沢俊一が、『悟空の大冒険』のことを、「その斬新さに当時の子供たちがついて
ゆけず」とか書いていたのには、読んでいて違和感があったのだけど、これはスレで
指摘のあった通り (Read More 参照)、Wikipedia の「時代を先取りしすぎた部分もあり」を
唐沢俊一が勝手な脳内変換を加えて劣化コピーしたものと考えれば納得がいく。

http://ja.wikipedia.org/wiki/悟空の大冒険
>劇中の各キャラクターの"大げさな表現"は時代を先取りしすぎた部分もあり、3年間続
>いた「アトム」の後番組にもかかわらず、9か月(39話)で放映を終了した。


自分がリアルタイムで見ていた記憶では、元の『西遊記』と比べて斬新とか感じることが
できるほど『西遊記』自体についての知識はなかったし (それどころか、生まれてはじめて
ふれた『西遊記』ものだったかも)、「子供たちがついてゆけず」というような作品だったら、
「PTAから大批判」されなくてもすんだのではないかという気もする。

http://www.amazon.co.jp/dp/B000A5HLSE
>生まれついてのアウトロー、悟空が三蔵法師と天竺に向かう途中妖怪達と戦う。
>シュールなギャグを連発し、PTAから大批判を受けた新感覚作品。



ただまあ、唐沢俊一も、Wikipedia の「悟空の大冒険」の記述を劣化コピーするだけでは
なく、「3年間続いた『アトム』」というのを「4年続いた人気作品」に訂正しているし、「アト
ムの最終回で、悟空へのバトンタッチ」というのもガセではない模様。

http://ja.wikipedia.org/wiki/鉄腕アトム_(アニメ第1作)
>フジテレビ系列にて、1963年1月1日から1966年12月31日まで放送。

http://f1.aaa.livedoor.jp/~monokuro/w3.htm
>鉄腕アトムの最終回に悟空が出て来て番組宣伝をするという
>面白い場面がLDなどで現在も見られます。


http://blogs.yahoo.co.jp/hancoin00/20930345.html
>第1話放送の1週前、鉄腕アトムの最終回のラストで悟空が登場して、告知するんです
>よね。
>モノクロの映像はこれが唯一かな?


http://www.amazon.co.jp/dp/product-description/B0000UN3Z4
>悟空の大冒険 DVD-BOX
>右手和子 (出演), 増山江威子 (出演) | 形式: DVD
〈略〉
>映像特典も魅力的で、幻のパイロット・フィルムや未放映分を収めている。なかでも
>『鉄腕アトム』の最終話のエンディングで行なわれた、アトムから悟空へのバトンタッチ
>(昔はしばしば行なわれていた手法)は一見の価値あり。



しかし、「そのガラッパチな声としゃべり方は、それまでの上品な虫プロアニメではついぞ
なかったキャラクター」に、「これまでの虫プロアニメのイメージを一変させよう、と謀った
ためだったろう。ちゃきちゃきの江戸っ子だった右手氏の抜擢はそのイメージの改変に
ぴったり」には、どうしても違和感が……。

主人公のキャラがだいぶ違うという主張ならともかく、唐沢俊一はまるで、「ガラッパチな
声としゃべり方」で「ちゃきちゃきの江戸っ子」が、(主人公限定というわけではなく) 「それ
までの上品な虫プロアニメではついぞなかったキャラクター」と書いているみたいで、では
ヒゲオヤジとかはどうなるんだろうと思ってしまうわけで。

http://ja.wikipedia.org/wiki/鉄腕アトム
>ヒゲオヤジ
>本名、伴俊作(ばん しゅんさく)。アトムの通うお茶の水小学校の先生。元私立探偵。
>お茶の水博士とも親しく、アトムの良き理解者。江戸っ子で、卑怯な事が大嫌い。


http://ja.wikipedia.org/wiki/鉄腕アトム_(アニメ第1作)
>ヒゲオヤジ:矢島正明、和田文雄

追記: 編集ミスで飛んでいた段落を戻しました。



More...

http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/books/1321017352/
-------
549 :無名草子さん:2011/11/19(土) 21:28:54.15
http://www.tobunken.com/news/news20111119113248.html
イメージを変えた人【訃報 右手和子】

550 :無名草子さん:2011/11/19(土) 21:54:42.67
>梅田佳声先生より右手和子氏死去の報せがあった(年齢、享年等未確認)。

うーん……

551 :無名草子さん:2011/11/19(土) 22:12:29.00
ついに「報道より早く追討!」の域にまで達しましたかw

552 :無名草子さん:2011/11/19(土) 22:13:16.31
>>549
締切に終われてるんじゃねえんだから、確認してから書けよw

553 :無名草子さん:2011/11/19(土) 22:19:29.98
>1967年に放映されたアニメ『悟空の大冒険』
>4年続いた人気作品『鉄腕アトム』の後を継ぎながら、その斬新さに
>当時の子供たちがついてゆけず、わずか9ヶ月で打ち切られてしまった。

おそらくWikipediaにあった

>劇中の各キャラクターの"大げさな表現"は時代を先取りしすぎた部分もあり、
>3年間続いた「アトム」の後番組にもかかわらず、9か月(39話)で放映を終了した。

を受けて、唐沢脳の中で「斬新すぎて子供たちがついていけなかった」と変換したんだと思うけど
実際には『悟空の大冒険』が終わった正しい理由は、PTAからの苦情で
「主役の悟空の喋りや行動に品性を感じられず、子供が真似するから」
という物。



554 :無名草子さん:2011/11/19(土) 22:21:15.89
>>550
http://tisen.jp/hbd/query.php?KeyDate=&KeyName=%B1%A6%BC%EA%CF%C2%BB%D2&Key

1929年生まれで82歳じゃないの?

555 :無名草子さん:2011/11/19(土) 22:28:04.53
>>553
当時リアル子どもだった者にとっては、斬新すぎとか、ついていけないとかいう
感想はもちにくい。元ネタの西遊記の方をロクに知らなかったりするから。

http://www.amazon.co.jp/dp/B000A5HLSE
>生まれついてのアウトロー、悟空が三蔵法師と天竺に向かう途中妖怪達と戦う。
>シュールなギャグを連発し、PTAから大批判を受けた新感覚作品。

もしかすると、手塚治虫がPTAにいじめられたのは、ここいらへんが最初?

556 :無名草子さん:2011/11/19(土) 22:33:10.84
>>554
http://yukoko.at.webry.info/201110/article_3.html#comment

このブログでは1ヶ月前、2011年10月14日に紙芝居の公演をやった事が書かれている。
そして年齢は82歳となっているので1929年生まれが正解だね。
しかし、またしても知泉さんの方が上を行っているとはw

でも、
>梅田佳声先生より右手和子氏死去の報せがあった(年齢、享年等未確認)。
年齢、享年等未確認より、本当に亡くなったのは確実に確認したんだろうな?

1ヶ月前に、いつも通りに普通に紙芝居をやっていたみたいだから。

557 :無名草子さん:2011/11/19(土) 22:38:39.68
>4年続いた人気作品『鉄腕アトム』の後を継ぎながら、その斬新さに
>当時の子供たちがついてゆけず、わずか9ヶ月で打ち切られてしまった。

これってもしかして、『悟空の大冒険』が始まった1967年1月に
8歳だった唐沢俊一少年は
「周りのガキどもは理解出来なかったが、私は評価していたのである」
という話なのかね?

558 :無名草子さん:2011/11/19(土) 22:41:17.55
とりあえず右手和子さん死去のニュースは流れていないけど

>rin_rs 凛
>右手和子さんが本日、脳梗塞で亡くなった。
>手塚治虫原作のアニメ「悟空の大冒険」で主人公の悟空役を演じられていた方で、
>読み聞かせ紙芝居の第一人者で、私にとってはもう一人のおばあちゃんだった。
>入院したとは聞いていたけれど、まさかこんなに早いなんて。
>お見舞いにもいけなかったよ。
>11月17日 お気に入りに登録 リツイート 返信

というツイートがひとつあった。
亡くなったのは17日か....

559 :無名草子さん:2011/11/19(土) 22:48:47.53
光より速く追討をする男 【訃報 唐沢俊一】

560 :無名草子さん:2011/11/19(土) 22:53:16.14
ニュートリノ並の速さで追討する男 【訃報 唐沢俊一】

561 :無名草子さん:2011/11/19(土) 22:53:28.50
もう唐沢の肩書きは「訃報屋」とか「追討魔」でいいよ。
月刊雑誌に4枚しか有料原稿を書いていないんだから。

562 :無名草子さん:2011/11/19(土) 23:08:11.08
「悟空の大冒険」が終わった理由の子供たちがついていけなかった
というのはWikipediaを参考にして作り上げたガセっー事か。

563 :無名草子さん:2011/11/19(土) 23:12:42.51
誰かが亡くなるのを手ぐすねひいて待っている唐沢…

シデ蟲以下だな

-------

スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

01:58  |  その他の雑学本 間違い探し編 (324) +  |  TB(1)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

手塚治虫公式 wiki の説明によると……

http://tezukaosamu.net/jp/anime/36.html
>悟空が真面目過ぎると子どもたちからの批判を受けて、ならば徹底的に不真面目
>にしてやろうと、現代っ子らしいヤンチャ坊主にしたら、今度は「言葉遣いが汚い!」
>とPTAからの大批判を受けて、放映打ち切りに追いこまれてしまいました。

「悟空が真面目過ぎると子どもたちからの批判を受けて」って、「その斬新さに当時
の子供たちがついてゆけず」どころの話では、やはりないですね。

同じページで第一話の動画を見ると、これでも「真面目過ぎる」と批判されたのか、
当時の子ども、恐るべし、と思ったりします。^^;
トンデモない一行知識 |  2011年11月20日(日) 17:27 |  URL |  【コメント編集】

>過激でシュールなギャグ、スピード感
>あふれる展開、ユニークすぎるキャラクターたちの大暴れで、
>4年続いた人気作品『鉄腕アトム』の後を継ぎながら、その斬新さに
>当時の子供たちがついてゆけず、わずか9ヶ月で打ち切られてしまった。


子供ってシュールなモノが好きですよね、普通。
自分の成育歴から振り返っても、ドリフターズもそうだし、
赤塚不二夫の作品なんかまさにそれで人気あったし。
テレビマンガ雑誌の『テレビランド』や『テレビマガジン』『冒険王』も
超展開のギャグマンガが載っていたし。
シュールな作品がてんこ盛りの『コロコロコミック』は今でも人気あるし。
外国モノになりますが『スポンジボブ』は文化や環境の違いがあっても、
世界で人気モノですし。

子供がついていけないというのは、真実つまらないモノだけです。
NNT |  2011年11月20日(日) 14:17 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/757-d59e7d24

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

声優としてデビューして成功したい!

あなたが今、声優になることに対して、不安になっていたり、声優になりたいという気持ちが、揺らいでいるなら・・・。その不安を解決する、特効薬となり上へ進むための起爆剤になってくれるはずです。
2011/11/23(水) 09:26:33 | 声優デビューガイド

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。