2017年03月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.11.12 (Sat)

「引き続き続き第二弾として、あの雑学王唐沢俊一の(震災などの)非常時のトンデモデマ」

http://www.tobunken.com/news/news20111108112237.html

新刊
2011年11月8日投稿
新刊『非常時デマ・陰謀論の世界(仮)』

今年の最大のニュースと言えば当然、東北の震災と原発事故。
発生と同時に多くのデマが飛び、ネットの世界では陰謀論が
多く飛び交いました。

これらのデマ・陰謀論の中から特徴的なものを選び、なぜ
このようなデマやトンデモな陰謀論が広がるか、を考察した
『非常時デマ・陰謀論の世界(仮)』が12月、株式会社
ブリックスから出版されます。

単なるトンデモ陰謀論紹介や、デマに対する啓蒙ではなく、
長年『と学会』でトンデモに接してきた体験から、
「人間はなぜデマにとびつくのか」
という考察がメインの“人間論”も加味したつもりです。
ぜひ、ご一読を。

正式タイトル、発売日が決定したらまたお知らせします。


風評ではなくて実害だって言い方も最近よく目にしたりします」というエントリーを書いた
のが、6 月 4 日のことだった。そのときは『トンデモ震災デマの世界(仮題)』だったのが、
5 ヵ月以上過ぎた今は『非常時デマ・陰謀論の世界(仮)』となった。いつまで仮カリして
いるんだか。

で、「株式会社ブリックス」のサイトによると、以下の通り。

http://www.j-brix.co.jp/publication/index.html (魚拓)
>BRIX出版第一弾 吉田たかよし著
>『脳が喜ぶ!ホメ上手!』
>望ましい行動を定着させるための
>「褒め方にはセオリーがある」 脳科学に基づいた褒め方テク 完全マニュアル
〈略〉
>発行:ブリックス株式会社
>発売:コスミック出版
>四六判/並製/1,581円(税別)
〈略〉
>今後の出版予定
>引き続き続き第二弾として、あの雑学王唐沢俊一の(震災などの)非常時のトンデモ
>デマなどに対する情報対処法についての解説書を近日に上梓の予定です。


「BRIX出版第一弾」が少し前にあって、「あの雑学王唐沢俊一」が「引き続き続き第二弾と
して」だそうで……。唐沢俊一のことを「あの雑学王」と紹介したり、「引き続き続き」とか
やってしまったり (なので思わず魚拓をとってしまった)、ブリックスという会社も、なかなか
のところらしい。

会社概要によると、4 年前の 2007 年に設立されていて、事業概要に「4.書籍類の編集
及び出版」とはあるけど、上に引用の『脳が喜ぶ!ホメ上手!』が「BRIX出版第一弾」で、
つまりその前には「出版」はしたことがなくて、唐沢俊一の本が記念すべき (?) 「引き続き
続き (原文ママ) 第二弾」となるということで……正直、素人には何が何だかよくわから
なかったり。

http://www.j-brix.co.jp/company/index.html
>設   立      2007年 10月
>事 業 概 要     1.経営コンサルティング
>            2.企業買収、合併、事業再編、提携等のコンサルティング
>            3.ソフトウェア仕入販売
>            4.書籍類の編集及び出版
>            5.各種イベントの企画運営及び実施


まあ同社のセミナーのページには、「編集協力 BRIX 徳間書店」の本の紹介があること
から考えるに、「編集及び出版」の「編集」は、以前にやったことがあるという話らしい。

http://www.j-brix.co.jp/seminar/index.html
>昨年は、脳医学の視点から、脳力アップのために、数々のベストセラー著作を発表して
>きた吉田たかよし医学博士を講師に迎え、「たった3秒で人を動かす 最強!会話術 」
>というテーマでセミナー第一弾としてを開催いたしました。
>ご好評につき、2009年度は吉田博士の出版記念セミナーに加え、各界から4人の講師
>にお集まりいただき、さらに幅広いスキルアップやモティベーションの向上のご要望に
>お答えできるよう、本格的にセミナーを開催いたしました。
〈略〉
>★『最強!会話術』 編集協力 BRIX 徳間書店
> 吉田たかよし博士とBRIXが総力をあげて編集!ビジネススキルアップにとってバイブ
>ルとなる本です。


ちなみに、この本は 2008 年の発売。Amazon のページには、ブリックスの文字も BRIX
の文字も見あたらないが。

http://www.amazon.co.jp/dp/4198624879
>思い通りに人を動かす最強!会話術 [単行本]
>吉田 たかよし (著)
〈略〉
>出版社: 徳間書店 (2008/09)


ついでに、『脳が喜ぶ!ホメ上手!』のページを見ると、「9点在庫あり。ご注文はお早め
に」とか書いてあって、発売は今月 (2011 年 11 月)。……うーん、本来だったら (?)、
唐沢俊一の本の方が、「BRIX出版第一弾」になるはずだったのではないだろうか。

http://www.amazon.co.jp/dp/4774790710/
>脳が喜ぶ!ホメ上手!―脳科学に基づいた褒める技!完全解説版! [単行本]
>吉田 たかよし (著)
〈略〉
>出版社: ブリックス (2011/11)


2ちゃんねるのスレには「もう出す意味がなくなった本が出るんだな」と書き込んでいた人
もいるけど (Read More 参照)、確かにタイミング的には今さらなような気がしてならない。

それと、『脳が喜ぶ!ホメ上手!』の立ち読みのリンクをクリックして読んで思ったのだけ
ど、この出版社が求めているのって、普通の実用書っぽい本なのでは。

考えてみれば、最初の方に引用した、「あの雑学王唐沢俊一の(震災などの)非常時の
トンデモデマなどに対する情報対処法についての解説書」という宣伝文句は、唐沢俊一
自身がトンデモデマの有力な発生源というのを別にしても、少し変だなあと思ったりする。

たとえ唐沢俊一が「雑学王」の名にふさわしい人物だったとしても、それが「非常時のトン
デモデマなどに対する情報対処法」の本を書くにあたって、どれだけ役に立つのだろうと
疑問に思ってしまうため。2ちゃんねるのスレの「錯乱狂気みたいな珍本になりそうだね」
という書き込みには,自分も同意。いや、まだ本が出るかどうかわからないのか……。

で、「あの」唐沢俊一に、「非常時のトンデモデマなどに対する情報対処法」の本を書か
せるというのは、勇気のある出版社だとしか。震災以後しみじみ思ったのだが、とにかく
唐沢俊一という人は「非常時」全般に弱い――というのは、以下のリンクを参照のこと。

「終わりなき日常」といっていた人も昔いましたね
「終わりなき日常」といっていた人も昔いましたね 2
おっぱいがいっぱい
と学会は今年で 20 周年って本当ですか
緊急地震速報のあの音の作曲者が天才過ぎる件
「古い映画をみませんか」。「映画としては全く面白くない」『謎の空飛ぶ円盤』だけれど。
やみくもに自粛反対と主張するだけでは……
谷沢永一についても時空を歪ます
似ているようで違う ―― 贅沢は敵だと贅肉は敵だ
明日世界が滅びるとしても、今日サクラの花を見る
「流言のメカニズム」のメカニズムとは
とにかく、「原作は愛と・ディネーセンの『アフリカの日々』」
古い物価を見ませんか (?)
1992 年設立、2011 年に 20 周年という、と学会時空
「時には沈黙を」にはなっていません (1)
あるあるシックスティーン
「時には沈黙を」にはなっていません (2)
マジでこの方面については沈黙を守る方がよかったと思います唐沢俊一先生
大きくしたんじゃなくて増やしたそうです<味の素の瓶の穴
我が役は緑なりき……?
「そのそのほのめかしの手段」。……落ち着こうよ、唐沢俊一先生
「逃げちゃダメだ」を他人に押し付けるのは止めた方が……
なぜか『Dr.スランプ』のスッパマンを思い出した
トンデモ本大賞前々月祭 in 新宿ロフトプラスワン
古い「水爆映画」で、はしゃぎませんか?
米についてのコメント
雨に濡れると放射能が怖いよと親が真顔でいっていた 1960 年代
唐沢俊一に「人類とエネルギーの関係を雑学で語」らせた若狭湾エネルギー研究センター
風評ではなくて実害だって言い方も最近よく目にしたりします
夢でプロデュースしましょう<原子力発電所で演芸会
地震に敏感というのは役に立ちそう……気圧に敏感よりは
鳥取地震そして仙台のファン
真の心の平安のためには、あきらめるより情調オルガン
地震と体重
と学会は何としても広瀬隆をトンデモ人物ってことにしたいらしい

More...

http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/books/1319894643/
-------
904 :無名草子さん:2011/11/08(火) 22:17:42.74
検証blog更新。

906 :無名草子さん:2011/11/08(火) 22:28:44.35
>>902
【仕事を捨てる!】盗作屋・唐沢俊一200【イベントを採る!】
(【仕事が消えても】盗作屋・唐沢俊一200【イベントは残る】)
【本人も弟子も】盗作屋・唐沢俊一200【荒らし体質】

>>904
読んだ。
出版社のブリックスって、ここじゃないのかな?
http://www.e-shops.jp/local/nsh/7710964885.html
http://www.lococom.jp/tt/21331660168/
だとすると、テンテーは自費出版で新著を出すってことかな、と。

908 :無名草子さん:2011/11/08(火) 22:39:37.66
>これらのデマ・陰謀論の中から特徴的なものを選び、なぜ
>このようなデマやトンデモな陰謀論が広がるか、を考察した
>『非常時デマ・陰謀論の世界(仮)』が12月、株式会社
>ブリックスから出版されます。

検証はんは気付いてないみたいだけど、「発売されます」じゃなくて「出版されます」
と書いてんのな。この書き方だと、販売ルートが確定してないように見える。
冬コミで手売りして、余りは例の札幌の古書店(?)で売りさばく気なんだべか?
それにしてもなあ。「消防署の方から来ました。消火器買って下さい」みたいだ。

>>905
婆腹さん、「ブリックス 出版 ライター」でググったらこんなの出て来ましたけど。
http://tenshoku.mynavi.jp/jobset/index.cfm?fuseaction=mrjt_NewJobinfo_form&client_id=100460&plan_id=4&contract_id=6&job_seq_no=1
応募してみたら?年収240万だそうですよ。

910 :無名草子さん:2011/11/08(火) 22:54:14.41
でも、そのページにはこんな事も書かれている、

>ライターに必要な資質、それは「文章をいかに商品化するか」ということ。
>ただ自分だけが書きたいというものは、ただのアマチュア。
>「商品化」こそがプロフェッショナル。

バーバラさんには無理って門前払いされている状態だよw

911 :無名草子さん:2011/11/08(火) 22:57:22.11
【新刊は12月】盗作屋・唐沢俊一200【「出版」予定】

936 :無名草子さん:2011/11/09(水) 10:04:09.28
結局、3つの出版社が同時に「追討本を出しませんか?」とオファーしてきた
(結果、2社から別の主旨の追討本を出す事に決まる、1社は出版事業自体の撤退)
大絶賛、しかもすでに原稿は大量にあるハズの追討本は出ないままですか?

やはり今は震災デマ本のほうが売れるのでそっちに全霊を傾けてしまった
という事なんですか?

972 :無名草子さん:2011/11/09(水) 22:40:18.26
つーか、いつまで人の財布の話をしてんだ?
そんなに羨ましいのかっつー話だ、

それよか、いよいよ唐沢俊一先生が2000年に立ち上げたスレッドが
ついに200を迎えるんだぜ

唐沢俊一の新章の始まりだ.....って200が〆だよな冷静に考えて
唐沢テンテーが2000年を新世紀と思いこんだような事を
書いてしまったw

977 :無名草子さん:2011/11/09(水) 23:37:41.84
http://sk01.ed.shizuoka.ac.jp/koyama/public_html/etc/onlinepaper/kagaku2011.html
> 3月19日発売の週刊誌AERA(3月28日号)の「放射能がくる」という表紙もパニックを煽る
>として叩かれたが、同じころ深刻な事態を予測していた専門家も複数いた。その心配は現実の
>ものであり、3月15日や21~22日に高濃度の放射能雲が関東上空を漂っていたことが、その後の
>調査・研究で判明している。一方、原発事故直後に福島県に招かれた放射線健康リスク管理
>アドバイザーは、科学的に解明できていない低線量被曝の晩発的影響について、人心安定の
>ためにあえて「大丈夫」と言い換えたとの趣旨の談話を残している(週刊朝日4月22日号)。
>こうした情報制限は、先のSPEEDIデータの公表遅延とともに、警戒区域外にいた人々の放射能
>に対する危機感を低下させ、不要な被曝を助長した疑いがある。

978 :無名草子さん:2011/11/10(木) 00:47:21.24
もう出す意味がなくなった本が出るんだな

982 :無名草子さん:2011/11/10(木) 06:42:50.13
テンテーの次の新刊がようやく年内に「出版」されそうだが(年内に発売されるかどうかは不確定)、
それは粘着アンチって荒らし君にとっては、相当気まずい事なんでフジオカガーシツチョウガーと、
喚き散らしているんだね。

-------

http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/books/1321017352/
-------
35 :無名草子さん:2011/11/11(金) 22:44:35.61
908 :無名草子さん:2011/11/08(火) 22:39:37.66
>これらのデマ・陰謀論の中から特徴的なものを選び、なぜ
>このようなデマやトンデモな陰謀論が広がるか、を考察した
>『非常時デマ・陰謀論の世界(仮)』が12月、株式会社
>ブリックスから出版されます。

検証はんは気付いてないみたいだけど、「発売されます」じゃなくて「出版されます」
と書いてんのな。この書き方だと、販売ルートが確定してないように見える。
冬コミで手売りして、余りは例の札幌の古書店(?)で売りさばく気なんだべか?
それにしてもなあ。「消防署の方から来ました。消火器買って下さい」みたいだ。

>>905
婆腹さん、「ブリックス 出版 ライター」でググったらこんなの出て来ましたけど。
http://tenshoku.mynavi.jp/jobset/index.cfm?fuseaction=mrjt_NewJobinfo_form&client_id=100460&plan_id=4&contract_id=6&job_seq_no=1
応募してみたら?年収240万だそうですよ。


36 :無名草子さん:2011/11/11(金) 22:46:19.76
936 :無名草子さん:2011/11/09(水) 10:04:09.28
結局、3つの出版社が同時に「追討本を出しませんか?」とオファーしてきた
(結果、2社から別の主旨の追討本を出す事に決まる、1社は出版事業自体の撤退)
大絶賛、しかもすでに原稿は大量にあるハズの追討本は出ないままですか?

やはり今は震災デマ本のほうが売れるのでそっちに全霊を傾けてしまった
という事なんですか?


977 :無名草子さん:2011/11/09(水) 23:37:41.84
http://sk01.ed.shizuoka.ac.jp/koyama/public_html/etc/onlinepaper/kagaku2011.html
> 3月19日発売の週刊誌AERA(3月28日号)の「放射能がくる」という表紙もパニックを煽る
>として叩かれたが、同じころ深刻な事態を予測していた専門家も複数いた。その心配は現実の
>ものであり、3月15日や21~22日に高濃度の放射能雲が関東上空を漂っていたことが、その後の
>調査・研究で判明している。一方、原発事故直後に福島県に招かれた放射線健康リスク管理
>アドバイザーは、科学的に解明できていない低線量被曝の晩発的影響について、人心安定の
>ためにあえて「大丈夫」と言い換えたとの趣旨の談話を残している(週刊朝日4月22日号)。
>こうした情報制限は、先のSPEEDIデータの公表遅延とともに、警戒区域外にいた人々の放射能
>に対する危機感を低下させ、不要な被曝を助長した疑いがある。

978 :無名草子さん:2011/11/10(木) 00:47:21.24
もう出す意味がなくなった本が出るんだな


37 :無名草子さん:2011/11/11(金) 23:14:01.76
株式会社ブリックス、謎だね。出版実績なさそう。

50 :無名草子さん:2011/11/12(土) 08:26:04.79
>>37
サイトにはセミナーのページもあるけど、2009 年あたりで時間が止まっているぽい。


http://www.j-brix.co.jp/seminar/index.html
>昨年は、脳医学の視点から、脳力アップのために、数々のベストセラー著作を発表してきた
>吉田たかよし医学博士を講師に迎え、「たった3秒で人を動かす 最強!会話術 」という
>テーマでセミナー第一弾としてを開催いたしました。
>ご好評につき、2009年度は吉田博士の出版記念セミナーに加え、各界から4人の講師に
>お集まりいただき、さらに幅広いスキルアップやモティベーションの向上のご要望にお答え
>できるよう、本格的にセミナーを開催いたしました。

58 :無名草子さん:2011/11/12(土) 12:05:37.13
唐沢は自分の新刊がブリックスという会社から出ると自己申告してるけど、
そのブリックスってここじゃないよね?

http://www.bricks-corp.com/
http://www.bricks-corp.com/company/index.html

59 :無名草子さん:2011/11/12(土) 12:09:17.68
>>58

http://www.j-brix.co.jp/publication/index.html

予定はある
予定は

60 :無名草子さん:2011/11/12(土) 12:12:16.96
表紙のセンスがスコ怖と一緒だな
同じデザイナーということだ

62 :無名草子さん:2011/11/12(土) 12:21:28.99
>>58
>>59

ブリックスはブリックスでもbricksと brixでスペルが違うし全然別の会社だな。
誰か検証班さんに教えてやれよ。

64 :無名草子さん:2011/11/12(土) 12:45:35.93
BRIX出版第一弾 吉田たかよし著
『脳が喜ぶ!ホメ上手!』

いきなりトンデモ臭プンプンの本を出す出版社の第二弾が唐沢とは

65 :無名草子さん:2011/11/12(土) 12:54:40.74
実績がないから普通のもの書きはそこから出版することに躊躇するんだろうけど
われらが唐沢テンテーはこの際贅沢言ってられないと

66 :無名草子さん:2011/11/12(土) 13:16:35.59
>『脳が喜ぶ!ホメ上手!』
唐沢って叱れば不貞腐れて何もせず何も学ばないし誉めても増長して何もせず何も学ばない、
叱っても誉めても伸びないタイプ。
一時期の唐沢バブルは山本とか久保田とか木元とか藤倉といったと学会員が「ここまでメチャクチャな男なら逆に何かあるはず」
と勘違いした結果。



67 :無名草子さん:2011/11/12(土) 13:17:34.43
>59
よく見つけた、GJ!

68 :無名草子さん:2011/11/12(土) 13:21:35.77
『脳が喜ぶ!ホメ上手!』
>発行:ブリックス株式会社
>発売:コスミック出版

デマ本もこれと同じパターンかな?

69 :無名草子さん:2011/11/12(土) 14:03:44.34
>>68
第二弾というからには、そうじゃね?<同じパターン
発行と発売が別って、フィギュア本と同じパターンでもある

70 :無名草子さん:2011/11/12(土) 14:05:54.99
アンチって吉田たかよしが講談社現代新書とかからも本を出しているって調べもつかない売れないライターが多いのかな?

71 :無名草子さん:2011/11/12(土) 14:15:35.00
アンチって君は講談社現代新書という名前だけで平伏してしまうという出版業界の最低ラインより下にいる自称出版評論家と同じタイプなんだろうね

72 :無名草子さん:2011/11/12(土) 14:16:47.73
唐沢俊一だって幻冬舎新書から本を出しているんだぜ!

73 :無名草子さん:2011/11/12(土) 14:18:13.28
いかにもトンデモ本を輩出しそうな徳間書店からも。

http://www.j-brix.co.jp/seminar/index.html
>★『最強!会話術』 編集協力 BRIX 徳間書店
> 吉田たかよし博士とBRIXが総力をあげて編集!ビジネススキルアップにとってバイブ
>ルとなる本です。

74 :無名草子さん:2011/11/12(土) 14:22:39.55
新書ってトンデモ本の宝庫なんだけどバーバラ型人間には分からないらしい。

75 :無名草子さん:2011/11/12(土) 14:43:29.08
山本の本出してる角川だってトンデモ本は多いんだよな。
最近の例で言えば柴田哲孝って作家の「GEQ」って小説は阪神大震災だのスマトラ島沖地震だの911テロだのが全て誰かの陰謀という話だけど、
作者自身が本当はノンフィクションにしたかったと公言しているトンデモ本。
勿論、山本の自己保身の為絶対取り上げないけど。

76 :無名草子さん:2011/11/12(土) 14:45:55.90
そりゃ出版社まで広げればトンデモ本だしているだろ。
新書だってあれだけ毎月だしていればトンデモっぽいのも含まれているだろ。
もう難癖の付け方が無茶苦茶。

77 :無名草子さん:2011/11/12(土) 14:48:32.25
>そりゃ出版社まで広げればトンデモ本だしているだろ。
>新書だってあれだけ毎月だしていればトンデモっぽいのも含まれているだろ。
正論だけど、それで唐沢やバーバラのウンコ本を正当化出来ない。

78 :無名草子さん:2011/11/12(土) 14:51:55.52
藤岡先生が言ってた餓狼のダンコンは結局やったんじゃ。

79 :無名草子さん:2011/11/12(土) 14:52:20.77
>もう難癖の付け方が無茶苦茶。

その難癖つけるのが大好きな人達の集団の運営委員であり知名度でいえば代表格だった唐沢の本がトンデモ率の高い出版社からしか出せないなんて皮肉だ。


80 :無名草子さん:2011/11/12(土) 14:59:52.24
>>78
>藤岡先生が言ってた餓狼のダンコンは結局やったんじゃ。
画廊の男根を取り上げた時はもう大藪死んでたしそこまで角川も神経使ってなかったんじゃ?
柴田の「GEQ」って本は結構(震災の影響か?)話題になっていて池上冬樹とかいうミステリー評論家を使って
松本清張の「日本の黒い霧」を引き合いに出して絶賛させるくらい角川も力を入れてる。


81 :無名草子さん:2011/11/12(土) 15:02:02.04
>新書ってトンデモ本の宝庫

唐沢俊一のUFO本とか、シノドスの「もうダマ」とかw

82 :無名草子さん:2011/11/12(土) 15:03:41.88
地震=陰謀
なんて話は、オウム真理教がニコラテスラの秘法を手に入れて
地震を発生させようとマジに研究していたなんてのが有名だから
「いまさら」ではあるけどね。


83 :無名草子さん:2011/11/12(土) 15:07:54.68
昔は新書ってちょっと賢いイメージあったけれど
今ではお手軽な出版点数稼ぎ本のイメージに堕落してるねw

文庫書き下ろしだと値段が安いので書いてくれない人が多いので
新書にしてちょっと値段が上がればOKを出してくれる人もいる。
そして文庫よりスカスカに編集して原稿枚数少なくても
薄くてもなんとか様になるし、過去の権威があるので
ちょっと偉そうな感じでダマされる人もいる。

5年ほど前に「バカの壁」「さお竹屋」「見た目」「女性の品格」
と新書からヒットが続出した後はもうダメ本のオンパレードだよ。
(名前を出した本はまっとうな物もあるけど、便乗のバカ本多すぎ)

84 :無名草子さん:2011/11/12(土) 15:08:29.55
>>78
俺は、山本って、と学会本やブログで陰謀論は有害だとやたら息巻いてるクセに自分が仕事している出版社から出てたら見て見ぬフリかよ
という意図だったんだが難癖と取られてしまったか。
勿論、山本が「GEQ」を知らない可能性も無いとは断言しないけど「GEQ」が連載されていた「野生時代」に自分も文章を書いてるのに、
トンデモに嗅覚の鋭いアノ山本がそれに気づかないなんてあるかね?とも思う。

85 :無名草子さん:2011/11/12(土) 15:23:09.55
ある日、と学級の担任山本弘は生徒にトンデモの面白さを実感させるため一匹の唐沢を連れてきた
山本「みなさんこの唐沢というトンデモ動物を飼育して立派なトンデモにしましょう」
数年後山本や植木や藤倉や皆神から貰ったエサを食べて唐沢は立派なトンデモになりました。
そして唐沢をどうするか山本先生と生徒の間で話し合いが行われました。
山本「当初の予定では唐沢を学級みんなで笑いものにするつもりでした、でも今は違います。
ボク達が心を込めて飼育した唐沢を笑いものにしたくはありません」
植木、藤倉、皆神「そうです!このまま唐沢の飼育を死ぬまで続けるべきです」
そして今でも唐沢は、と学級の愛玩動物として暮らしているのです。

86 :無名草子さん:2011/11/12(土) 15:33:51.37
>5年ほど前に「バカの壁」「さお竹屋」「見た目」「女性の品格」

この中の「見た目」の著者竹内一郎が書いてサントリー学芸賞を受賞した「手塚治虫=ストーリーマンガの起源 」(講談社選書メチエ) てのが、
滅茶苦茶酷い本てのはかなり話題になったんじゃないか?
伊藤剛の「テヅカイズデッド」の後にこんな今更すぎる古臭い手塚論、マンガ論はおかしいとかそんな感じで。

87 :無名草子さん:2011/11/12(土) 15:42:33.81
そういえば早坂なんとかってのがまだ「○○ジョーク」って新書出してんの見てぶっ倒れたよw

88 :無名草子さん:2011/11/12(土) 16:36:02.25
>引き続き続き第二弾として、あの雑学王唐沢俊一の(震災などの)非常時の
>トンデモデマなどに対する情報対処法についての解説書を近日に上梓の予定です。

唐沢の"情報対処法"って、、、錯乱狂気みたいな珍本になりそうだね。


89 :無名草子さん:2011/11/12(土) 16:47:01.45
唐沢に情報処理能力が微塵でもあれば、
ネットで拾ってきた情報でもアソコまで酷くはならないし
事件の対処法も全然違っていたと思うよ。

-------

スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

19:29  |  資料編 (14) +  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

「自己啓発」といえば、20 年以上前、新卒で入った会社でちょっと問題になった
記憶が……ポジシン系というのでしょうか、とにかく“明るく”、“自信をつける”
ためにどーとかこーとかで、受講直後はいいけど少し経つと気分は元に戻る
→また“自信をつける”ために再び受講→お金が足りなくなる→セミナーを主催
しているところに、もっと収入のよい仕事を紹介しますよとといわれて会社を辞める
なんてのがありました。

それまでは、「自己啓発」って普通に仕事に関係したりしなかったりする何かの
コースを受けて勉強するとか、異業種交流会みたいなところで名刺交換するとかいう
イメージしかなかった自分は、当時、「自己啓発」ってそんな怪しげな世界と結び
ついたりしているものかと驚いた覚えが。

ブリックスの方はといえば、『脳が喜ぶ!ホメ上手!』の立ち読みを利用したり
http://www.j-brix.co.jp/door/index.html の「幸せの扉」を読んだりしたかぎりでは
まあ常識的なちょっとイイ話で心を癒してください、という感じで、集金につながり
そうなインパクトは、良くも悪くもあまりないですね。で、唐沢俊一のような、とにかく
他人の悪口をいうタイプに、どうして目をつけたものやら、よくわからないです。
と学会の人らとは、路線とか系統とかが違うような気がしてたまらないのですが……
テレビに出ていてアノ○○の人などと宣伝できれば、それで OK という判断かも
しれませんけど。
トンデモない一行知識 |  2011年11月15日(火) 04:41 |  URL |  【コメント編集】

●セミナー商法

自分は自己啓発本の胡散臭さが大好きで、よく立ち読みするのですが、
マルチ関係や宗教?が見え隠れする事があって、それが楽しいです。
ビジネスセミナーもそこら辺とよくつながっていて、独立起業!とか言って、
結局売るのは化粧品と健康食品かよ!というお約束にワクワクします。
最近は居酒屋関連もあって、ここつながってるんだ~と思ってニヤニヤします。

親が地元の信金主催の講演会に良く出かけますが、
テレビで有名な文化人やタレントが多くて、サブカル枠は無いですね。
そういう固い系の主催であればギャラは良いでしょうけど、
ブリックスのサイトを見た限りでは微妙なラインナップで、
セミナーや講演会だけで商売っていうのは難しいでしょうね、多分。
関連書籍を売ったり、関連グッズ売ったりしないと。
胡散臭い系がバックにない場合だと、厳しい商売だと思います=セミナー。

ビジネスが上手くいっていないセミナービジネスという気がします。
>「少し空調が暑かった」
>→暑さ対策を講じます
>「部屋があつい」
>→暑さ対策を講じます
こういうのを自サイトに長く掲載するのはどうなんだろうと。
NNT |  2011年11月14日(月) 00:51 |  URL |  【コメント編集】

>で、唐沢氏がデマを流す理由は大概『嫉妬』ですね。
>暗い情熱の方が世の中に受け入れられやすいのかなと思いました。

どうでしょ。唐沢俊一の「嫉妬」って、広く受け入れられるには、対象範囲が広すぎ
(森羅万象あらゆるものですから ;-P) という気も。下手な鉄砲も数撃ちゃ……かも
しれませんが。

>講演会やセミナーを主なビジネスにしていて、

トップページの説明を読むと、そういう感じです。

http://www.j-brix.co.jp/index.html
>近年の社会全体に広がってきた幅広い研鑽意欲に答えるために、スキルアップ
>やモティベーションの向上を手助けするさまざまな教育プログラムを提供 すること
>を目標とします。
>そのコンテンツとしては、セミナーやスクール、出版などさまざまなツールやチャン
>ネルを通じてのサポートになります。従来のセミナーの実績に加え、2011年11月
>からはさらに出版事業を通じた展開をはじめました。

それにしては、昨年度のセミナーが「現在企画中」みたいになっているのは、少し
あんまりではないかと思いますが……。

http://www.j-brix.co.jp/seminar/index.html
>2009年度の日程はご好評のうちに全て終了いたしました。
>2010年度のセミナーは現在企画中です。決定次第発表いたしますのでしばらく
>お待ちください。

部屋が暑かったり寒かったりって……途中で参加者に尋ねたりしなかったのかとも
思ったり。

http://www.j-brix.co.jp/seminar/participant.html
トンデモない一行知識 |  2011年11月14日(月) 00:15 |  URL |  【コメント編集】

●PやGだけでなく、Dもあるよ

D=デマですが。
ガセと似てるけど、ちょっと違う。
デマは京本さん関連で良く分かったので、
とても京本さんや京本さんのファンにとっては残念な事でしたが、
唐沢氏はある程度デマゴーグとして優秀だったのかなと。
実際は北野誠と竹内義和の方が遥かにその道では優秀だったんでしょうけど。
で、唐沢氏がデマを流す理由は大概『嫉妬』ですね。
暗い情熱の方が世の中に受け入れられやすいのかなと思いました。

ブリックス株式会社は講演会やセミナーを主なビジネスにしていて、
出版業はそのオマケ、会場で売ったり講師売り込み用の宣材なんでしょう。
その『コマ』として唐沢氏を確保した---けど、それってどうなの?
って感じですねぇ。
NNT |  2011年11月12日(土) 23:44 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/754-1f62003f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。