2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.11 (Sat)

唐沢俊一先生は昔から高体温で汗っかきだったから蚊がよってきたのでは

裏モノ日記 2005年 04月 25日(月曜日)
http://www.tobunken.com/diary/diary20050425000000.html

何故か昔から蚊には好かれる。皮膚呼吸の量が人より多いのかもしれない。
何人かで夏に外に出ると必ず私だけが刺された。 よほどうまい血なのかも
しれない。


2ちゃんねるのスレでの指摘では「人間は皮膚呼吸をしない」という話が紹介されていた
(Read More 参照) けど、まあ金粉を全身に塗るなどしたら皮膚呼吸がさまたげられて
死ぬというのは立派なガセ (007 の映画が起源?) として、人間が皮膚から酸素を取り
入れるということを全然していないわけではない (呼吸量の 1% 未満) という話もあって。

http://ja.wikipedia.org/wiki/皮膚呼吸
>動物は、肺や気管、あるいは鰓のように体外とのガス交換のための器官を備えるもの
>が多いが、そのような構造を持たないものもある。そのような場合、ガス交換は全身の
>皮膚で行われている。これを皮膚呼吸という。
〈略〉
>脊椎動物では両生類や爬虫類は、肺で呼吸するほかに皮膚や粘膜を利用した皮膚
>呼吸も行っている。
〈略〉
>ヒトなど哺乳類や鳥類は、心臓が2心房2心室で動脈血と静脈血が完全に分離されて
>循環するため、末梢の毛細血管を流れる血液に酸素を取り込む能力は著しく低い。
>ヒトやハトなどで計測されたデータから、皮膚からは取り入れられる酸素は呼吸量の
>1%に満たないことが明らかになっている。
〈略〉
>「皮膚呼吸を妨げると命に関わる」
>この迷信の起源は明らかでない(007 ゴールドフィンガーで、全身に金粉を塗られて、
>皮膚呼吸ができなくて殺されたという事件が登場した。一説では、これが起源と言わ
>れている。)。しかし一部の小学生向け雑誌[1]で、古くから金粉を塗った場合、1時間
>が限度と記載されるなど、広く知られていた事は確かである。


その他参考 URL:
- http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2012474.html
- http://okwave.jp/qa1593210.html?check_ok=1
- http://www.wound-treatment.jp/wound142.htm
- http://natto.2ch.net/life/kako/1002/10023/1002394891.html

ただ、爬虫類からの進化のなごりか、哺乳類であるヒトも皮膚から微量の二酸化炭素を
排出しているとしても、そんなものは、「人が吐く息など」のせいぜい 1% 未満でしかない
のだから、「汗の匂い」、「吐く息」、「体温」などの他の要素に比べたら、誤差の範囲の
影響しかもちえないのではないかと。

http://www.mushitec-fukushima.gr.jp/content/e/03/001_faq.htm
>蚊に刺されやすい人がいる、というのはよく言われていますが、はっきりしたことは
>わかっていません. ただ、O型の血液は花のもっている成分と似ていることから、O型
>が刺されやすいという研究結果もあります. 蚊は汗の匂いや人が吐く息などを嗅ぎ付
>けて近寄ってきます. 比較的体温の高い子供(その意味ではお酒を飲んで大人が体温
>が高くなる 場合も同じ)はやはり狙われやすいようです. (蚊の研究室:池庄司敏明


http://ja.wikipedia.org/wiki/蚊
>よく刺されやすい血液型と、刺されにくい血液型があるといわれる。これに関して検証
>した事例は世界的に見てもほとんど無いが、富山医科薬科大学(現、富山大学)で研
>究が行われ、論文が公表された[2]。
>しかし、血液型性格分類でされる批判と同じく、数ある血液型の中で特別ABO式を基
>準にする科学的根拠はなく、蚊の吸血行動に影響を与えそうな血液型由来の物質も
>現在のところ知られていない。これらのことから、刺されやすい血液型と、刺されにくい
>血液型があるという説は、科学的に否定的な見方が強い。
>蚊は二酸化炭素の密度が多いところへ、周りより温度が高いところへ向かう習性があ
>る。体温、におい、周りとの二酸化炭素の密度の違いなどで血を吸う相手を探してい
>る。そのため体温が高く、呼吸回数が多い、つまり新陳代謝が激しい人は特に刺され
>やすい。普段は刺されにくい人でも、新陳代謝量が増える運動をした後や、ビールを
>飲んだ後は刺されやすくなる。黒色の服は熱を吸収しやすいため、黒い服を着ていて
>も刺されやすくなる。白色の服は熱を吸収しにくいので、刺されにくくなる。成人(25~
>30以上)になると可聴音の範囲が徐々に狭まり、蚊がだす高音域の羽音を聞き取るこ
>とが困難となり接近しているのがわからず刺されやすくなる。


唐沢俊一の場合は、皮膚呼吸がどうこうと考えるより前に、飲酒による体温上昇や、
汗などによる臭いの放出に気をつける方がよさそう。科学的に考えて。

まあ、蚊にさされるのが嫌なら、皮膚呼吸なんて気にしないで、こんな商品↓を使って
みるというのも手かも。

http://www.netprice.co.jp/netprice/special1/goods/266214-39568/
>コチラは全く新しいタイプの蚊の忌避剤!従来の虫除けはスプレータイプがほとんど
>でニオイで蚊を寄せ付けないというものでした。でもコレはそれだけじゃありませんっ!
>蚊を寄せ付けない効果に加えて、うっかり蚊が肌に針をさそうとしても“針がささらな
>い”特殊ベールで皮膚をカバーするという画期的なものなんですっ!塗った後にフィル
>ム状の膜を作り、蚊の針を通しません。だから蚊がよってきても何もできずに逃げて
>いくってわけ。塗った後も違和感なく、皮膚呼吸を妨げるものではないの心配ご無用。


いや、この商品を使ったことがあるわけでもなく、本当によいかどうかはわからないけど、
針がささらなくなるのが一番だろうということで。


なお、唐沢俊一は、蚊についてのガセビアを、他にもいろいろと書いていたりする。

O型の血が蚊に好かれるという説をA型が好かれるということに変形して紹介したり、
中国の江東に住むと伝えられていた蚊母鳥のすみかを江戸の江東ということにしてし
まったり、「かぶれる」や「かゆい」の語源を蚊からということにしたり (実際はこの逆で、
蚊の語源が「かゆみ」「かぶれ」からきているという話はある)。

これらはすべて、『トンデモ一行知識の世界』に収録されているもの。

O 型の血と他人の噂は蜜の味
中国の江東が江戸市民の身近に
「蚊に吸われる」と言う地域もあるそうだ


More...


http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1239095001/139-

139 :無名草子さん:2009/04/09(木) 11:06:48
「裏モノ日記」2005年04月25日
http://www.tobunken.com/diary/diary20050425000000.html
>何故か昔から蚊には好かれる。皮膚呼吸の量が人より多いのかもしれない。
>何人かで夏に外に出ると必ず私だけが刺された。 よほどうまい血なのかもしれない。


皮膚呼吸w

140 :無名草子さん:2009/04/09(木) 11:35:07
>>139
唐沢って日記で何度も何度も、
ぐっしょり汗をかいた、ズボンを替えなくてはいけないほど
時には「床が汗でびっしょりと…」とか書いているほど
異常な汗っかきなんでしょ?

そりゃ普通の人より蚊にさされるだろう。
しかも毎日大量のアルコールを摂取しているんだから
蚊の大好物だよ。

142 :無名草子さん:2009/04/09(木) 11:44:53
「人間は皮膚呼吸をしない」
http://www.skincare783.com/study/hifukokyuu.html
>人間は皮膚呼吸をしません
>人間の皮膚からは汗腺や皮脂腺から老廃物が排泄されるだけで、呼吸のための
>酸素を取り込むことはありません。
>「化粧しすぎると皮膚呼吸ができなくなる」というのもたんなる噂です。
>皮脂の流出が悪くなり、にきびや吹き出物が出来やすくなるだけです。

143 :無名草子さん:2009/04/09(木) 11:47:21
>皮膚呼吸を妨げると危険との説はいつから?
>「皮膚呼吸を妨げると危険」「全身に金粉を塗ると命にかかわる」
>などといった話が信じられているのは、映画の007シリーズの三作、
>ゴールドフィンガー(1964)で人が金粉を全身に塗られて殺される
>エピソードがあったことから広がったと言われています。

>以前、深夜番組でお笑いタレントが全身に金粉を塗られて2日位?
>生活していましたが全く問題ありませんでした。当たり前ですが・・・(汗)

スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

16:34  |  その他の雑学本 間違い探し編 (324) +  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/66-0ffbb1e4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。