2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.04.26 (Tue)

トンデモ本大賞前々月祭 in 新宿ロフトプラスワン

http://www.tobunken.com/news/news20110425095319.html

イベント
2011年4月25日投稿
トンデモ本大賞2011(前々月祭)大盛況!

「トンデモ本」を集めて楽しむ読書集団と学会が一年間の収穫を
持ち寄って年間最大のトンデモ本を選ぶ、『日本トンデモ本大賞』。
今年はと学会結成20周年、本大会ではこの20年間のトンデモ本

news20110425095319.jpg

会場での投票と、20年目にして初めて行われたニコニコ生放送
の視聴者の投票をプラスして、集計が現在行われています。
発表は本大会にて!

当日のロフトプラスワンは120名以上のお客様にご来場いた
だき、満席でムンムンする状況でした。

http://megalodon.jp/2011-0425-2333-12/www.tobunken.com/news/news20110425095319.html

1992 年設立、2011 年に 20 周年という、と学会時空」のエントリーに引用していた方の
ページが、「トンデモ本大賞2011前売発売開始!」から、上に引用したものとほぼ同じ
「トンデモ本大賞2011(前々月祭)大盛況!」に書き変わってしまっていた (でも日付は
「2011年4月3日投稿」のまま……何だかなあ)。

それにともない、「れまで選定されてきたあまたのトンデモ本」 (ここを参照) も、以下に
引用する箇所も、魚拓でしか見れないようになってしまったわけだが。

http://megalodon.jp/2011-0416-0928-00/www.tobunken.com/news/news20110403114031.html
>●トンデモ本大賞前々月祭
>日時:2011年4月24日 日曜日 16時半開場/17時半開催(予定)
>会場:新宿ロフトプラスワン


まあ上記の部分が消えたとしても、唐沢俊一のいう「当日のロフトプラスワン」というのは
新宿のロフトプラスワンであることに変わりはないわけで。そして、新宿にあるロフトプラス
ワンのキャパは、公式サイトによると以下の通りであって。

http://www.loft-prj.co.jp/PLUSONE/about.html
>【キャパシティ】
>収容人員 150人(椅子・テーブル設置時)
>200人(椅子のみ設置時)
>300人(オールスタンディング時)


「椅子・テーブル設置時」でも「収容人員 150人」、オールスタンディングだと 300 人を
収容できる会場なのに、「当日のロフトプラスワンは120名以上のお客様にご来場いた
だき、満席でムンムン」というのは、ちょっとアレな情報操作じゃないかと。

ちなみに、本番 (?) の「トンデモ本大賞2011」の会場は銀座ブロッサムだそうだ。この
会場の前身は「銀座中央会館」であり、1974年 12月 24日に「クリスマス・イヴの調べ 
キャンディーズ -白いコンサート-」が開催されていたとかいう話。

http://www.ransuemiki.com/wiki/index.php?%C5%EC%B6%E4%BA%C2%C3%E6%B1%FB%B2%F1%B4%DB%A1%CA%C5%EC%B5%FE%A1%CB
>(現)銀座ブロッサム 銀座中央会館
〈略〉
>※銀座中央会館は建替えられたようで土地面積に対する建物の規模から当時のホー
>ルと現在のホールの規模はそんなに違わないはずであるが、現在の1階が636席と比
>べると当時はキャパシティ400ということであるから、ゆとりのある座席配置に通路の幅
>も広かったと想像できる。
〈略〉
>忘れてならぬ重要なことが一つある。 あの「年下の男の子」を初めて披露したのがこの
>ショーなのだ。それがいかに出来たてのホヤホヤであると感じさせるのは、 プログラム
>には、「年下の男の子」とは掲載されず、「2月発売新曲」となっていたことである。 当日
>会場でこの年下の男の子を耳にしたファン全員が曲のよさ、キャンディーズにフィットし
>たメロディーに感激したものである。


それはさておき、そうか 636 席かと思ったら、それは 1 階席だけの数で、銀座ブロッサム
のキャパシティは、2 階席 264 席を加えて計 900 席とのこと。

http://www.ginza-blossom.jp/hall/zaseki.html
>■座席表(定員900名)

唐沢俊一によると、「売り切れることが予想されますので、お早めにお買い求め下さい」
だそうだ。スゴいなあ (やや棒読み)。


ええと、それから、今回引用部分を画像にしたのは、文字の不揃いさにイラッときた
勢いで……Safari では、上の方に表示したように、『あなたは常識に洗脳されている』と
『この国のために今二人が絶対伝えたい本当のこと』の 2 冊の分の記述に比べて、
『宇宙人との対話』と『ゴジラ 東宝特撮未発表資料アーカイヴ』の分が小さめのサイズ
の表示となってしまっている。<em> と </em> の間に </p><p> が入っているせいかなあ
(自信なし)。まあ、今確認してみたら、Firefox では文字サイズが凸凹になっていないんだ
けど。

別に Safari で大きめサイズで表示される 2 冊が票を多く集めたわけではなく、当日の
ニコ動の投票では、1 位が大川隆法著『宇宙人との対話』、次が苫米地英人著『あなた
は常識に洗脳されている』、続いて木原浩勝・清水俊文・中村哲編『ゴジラ 東宝特撮
未発表資料アーカイヴ』、中丸薫・菅沼光弘著 『この国のために今二人が絶対伝えたい
本当のこと』だったと思う。


それと、唐沢俊一は「なぜか候補外作品の松平龍樹『メガネっ娘凌辱大戦』(マドンナ
メイト文庫)の誤植“メガメ”が一番盛り上がっていましたけど(笑)」と書いているけど、
他の候補外作品に話が移っても、ニコ動のコメントにいつまでも「メガメwwww」とか書き
込まれ続けた原因のひとつは、この『メガネっ娘凌辱大戦』の表紙の画像をいつまでも
映していたからってのがあるんじゃないかと。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4576100459
>メガネっ娘凌辱大戦 ( マドンナメイト文庫 ) [アダルト] [文庫]

何か誰かが (唐沢俊一?)、いつまでもメガメメガメいっているんじゃないっ! とか怒鳴って
いたような気もするけど、それなら次の本の表紙を映せばよかったのに。

ちなみに、『メガネっ娘凌辱大戦』は、このような本だそうだ。

http://d.hatena.ne.jp/rioysd/20100426/p1
>まず冒頭の「序章  聖戦布告~我が闘争~」からして、

>>諸君、私はメガネっ娘が好きだ。
>>諸君、私はメガネっ娘が好きだ。
>>諸君、私はメガネっ娘が大好きだ。
>>メガネをかけた女の子が好きだ。
>>メガネをかけた女子高生が好きだ。
>>メガネをかけた女子中学生が好きだ。
>>メガネをかけた女子小学生が好きだ。
>>メガネをかけた女子大生が好きだ。
>>メガネをかけた女子図書委員が好きだ。

>ってな文章が延々7ページも続くわけですよ。
>おまけにどうも誤植らしく全部「メガメ」になってるというのはご愛嬌(笑)。


http://preacher666.blog121.fc2.com/blog-entry-4.html
>後で気付いたが、この作品、基本パロはヘルシングで、
>章ごとに、他作品のパロキャラが凌辱される話であったらしい。

>1章:屈折リーベ(鈴菜 ⇒ ゴメン、キャラわかんね)
>2章:妄想戦士ヤマモト(3巻か4巻あたりで、メガネっ娘教団をダマそうとした声優の
>卵二人)
>3章:ROD(里土間ヨミコ ⇒ 読子=リードマン)
>4章:ヘルシング(井手倉=勝門=竜身 ⇒ インテグラ)

>ぶっちゃけネタ方面にページ使いすぎて肝心のエロシーンが少ないという、
>官能小説として致命的な問題を抱えているものの、
>2章のマイナーレベルがケタ違いにヌキん出ているアホっぷりが、私の中でひどく
>好印象だった。


で、「トンデモ本大賞2011(前々月祭)」の方では、「メガネ」が「メガメ」になっている
件については、「メガメ」と打ち間違えたのを何度もコピペしてしまったせいだろうとか、
校正担当は何をやっていたのかとかいっていたような気がするけど、唐沢俊一の場合は、
あまり他人のことはいえないんじゃないかなあ。7 ページ全部「メガメ」に比べたら地味
かもしれないけど、「フラップトップ」三連発とか (正しくは「フラットトップ」、ここを参照)。


なお、以下は当日のツイート。しょうもないこと書いているなあ>自分。

http://twitter.com/#!/baudrateRA/status/62110295744720896
まとめると巨大メガメっ娘をゴジラの花嫁にして初夜で核爆発させて死後は大川さんに
霊言をイタコしてもらいましょうということ http://nico.ms/lv47129065 #lv47129065

http://twitter.com/#!/baudrateRA/status/62112276668354560
地震兵器でテスラに言及する人なし? http://bit.ly/el6nL3 http://nico.ms/lv47129065
#lv4712906524

地震兵器については、「なぜか『Dr.スランプ』のスッパマンを思い出した」のエントリーで
引用した文章があるが、当日の会場でも唐沢俊一は、1942 年の昔からどうのこうのと
語っていた。その後、山本弘などと地震兵器の話でちょっと盛り上がったりもしてた。最近
地震兵器の話がお気に入りなのは、と学会では唐沢俊一だけではないらしい。



スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

02:24  |  資料編 (14) +  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/659-fb761c48

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。