2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.04.21 (Thu)

「そのそのほのめかしの手段」。……落ち着こうよ、唐沢俊一先生

http://www.tobunken.com/news/news20110419110920.html

イベント
2011年4月19日投稿
ネット散策・2
〈略〉
このサイト主催者に限りませんが、陰謀論者というのはたいてい、語呂合わせと
日付のこじつけが好きです。彼らによると、陰謀をたくらむものの悪知恵と
実行力は凄いものがあるが、陰謀者にはたいてい大きな弱点があって、それは
ほのめかし趣味というか、自分たちの犯罪の痕跡をどこかに残して、わかる
奴にだけわからせたいという衝動にさからえない、ということなんですね。
そして、そのそのほのめかしの手段がたいてい、数字の暗合か、ダジャレなのであります。
〈略〉
前大統領のシラクは
「“しらく”という言葉は伝統的な日本語だ。“立川志らく”という落語家も
いる。シラクは1995年大統領に就任したが、同じ年、立川志らくは真打ち
に昇進した。」
このサイトによれば、こういう日本語のダジャレ名前をつけさせるのは、スパイ
の役割を認識させるためだというが、立川志らくの名をつけてどういう役割が
あるというのか? そもそも志らくって名前、伝統的な名前でもなんでもないんだけ
ど……。
〈略〉
ある質問サイトで、原発事故関係のデマを拡散しているサイトがあるのを
「ある種の人々にとっては、こういうのは“暗いエンターテインメント”
と表現している回答を見つけ、ハタと膝を叩きました。
陰謀論に茶々を入れるわれわれは、ひょっとしたら上記の、ミステリファンや
怪獣映画ファンたちへのお邪魔虫と同じなのかもしれないのです。

http://megalodon.jp/2011-0420-0642-31/www.tobunken.com/news/news20110419110920.html

×そのそのほのめかしの手段 ○そのほのめかしの手段
×そもそも志らくって名前、伝統的な名前でもなんでもない
○志らくって名前は伝統的な名前ではある
× 暗合 ○暗号
×こういうのは“暗いエンターテインメント” ○こういうのは“暗いエンターテインメント”」

括弧「」の閉じ忘れはともかく、唐沢俊一のいう「ある質問サイト」というのを見つけることが
できなかったんだけど、本当に実在しているのかなあ。

「ある種の人々にとっては、こういうのは“暗いエンターテインメント”」でググると、唐沢
俊一のこの文章と http://www.geocities.jp/uchu_sensou2ch/1120069135.htm しか
ヒットしなかった。後者はどう見ても無関係。

括弧でくくられていても正確な引用とは限らないというのは、“あの時代モンティ・パイソン
が放映されてなかった”という前例がある (ここを参照) けど、今回はそれに加えて括弧の
閉じ忘れも併発しているということか。

「"暗いエンターテインメント"」だと、リリー・フランキーの映画「白夜行」の宣伝ばかりが
目立つし。

http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201101240122.html
> 俳優、作家、写真家など、多才な顔を持つリリー・フランキー(47)が24日、映画
>「白夜行」(深川栄洋監督、29日公開)の宣伝部長に就任し、都内の映画館でトーク
>ショーを開いた。この映画について「暗くて長い。重い。久しぶりに暗いエンターテイン
>メント。明るいところがない」と話した。


そもそも「"暗いエンターテインメント"」も「"暗いエンターテイメント"」も、あまりヒット数は
多くなくて、前者が 20 件で後者が 142 件。「陰謀 "暗いエンターテインメント"」だと、
何と唐沢俊一の文章しかヒットしない (「唐沢俊一検証blog」での引用の分があるので
合計 1 件から 4 件に増えた)。「陰謀 エンターテインメント」の組み合わせだと、かなり
多くて「約 811,000 件」とかなるんだけど。

まあ、陰謀論がエンターテインメントという発想自体は、昔の週刊少年マガジンの MMR
とか、比較的最近なら「信じるか信じないかはあなた次第」とかあるから、そんな珍しい
ものでもないとは思う。

http://ja.wikipedia.org/wiki/MMR_(漫画)
>当初はMMRのメンバーが様々な超常現象を科学的に解明していくという主旨であった
>が、単行本の2巻以降はノストラダムスが残した予言詩を物語の軸に据えることで、
>謎の組織や政府の陰謀が登場し始め、後年のテレビドラマ『Xファイル』にも似たSFミス
>テリーとなっていった。


http://ja.uncyclopedia.info/wiki/信じるか信じないかはあなた次第
>信じるか信じないかはあなた次第(しんじるかしんじないかはあなたしだい)とは、証拠
>や証言がそろわず憶測や妄想(要するに嘘)の多い話の信憑性を高めるために用いら
>れる白魔術である。


なお、「原発事故 デマ エンターテインメント」で探すと、知恵袋のページがいくつかヒット
したけど、そこに「エンターテインメント」の文字は見つからなかったりする。本当に何を
もとにしたんだろう唐沢俊一。

- http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1459776339
- http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1458796134
- http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1058994705


「そのそのほのめかしの手段」というのは、笑えるところのあまり多くない今回の唐沢俊一
の文章の中で例外的な箇所であったが、それに続く「数字の暗合」というのには、頬が
ゆるむというより首をひねることになった。

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=暗号&dtype=0&dname=0na&stype=1
>あん‐ごう〔‐ガウ〕【暗号】
>通信の内容が相手以外にわからないように、当事者の間だけで決めた記号。軍事・
>外交・警察・商業などで使われる。


http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=暗合&dtype=0&dname=0na&stype=1
>あん‐ごう〔‐ガフ〕【暗合】[名](スル)
>思いがけなく物事が一致すること。偶然に一致すること。


陰謀論といえば普通「暗号」の方だし (と学会の本にもよく出てくるような)、「思いがけなく
物事が一致」、「偶然に一致」だったら、「そのそのほのめかしの手段」にはもちろん、
「そのほのめかしの手段」にもならないでしょう、ということで。


それと、「そもそも志らくって名前、伝統的な名前でもなんでもないんだけど……」という
のは、デマといっていいんじゃないかと。Wikipedia くらいはチェックすればよかったのに。

http://ja.wikipedia.org/wiki/立川志らく
>立川 志らく(たてかわ しらく)は江戸落語の名。過去に5人前後確認されている。
>・次項の志らくの前に、亭号が立川、翁家、升々亭、など3人ほどいる。
>・朝寝坊志らく - 後の柳亭左好。(本名、田中直四郎)6代目朝寝坊むらくの門で名乗る。
>・朝寝坊志らく(1880年1月3日 - 没年不明) - 初代三遊亭圓之助(本名、中村代次
> 郎)の実子で最初は4代目橘家圓喬の門で喬生、明治30年代半ばに圓花、40年代に
> 橘家小圓太、大正に入り3代目三遊亭圓馬(当時の7代目朝寝坊むらく)の門で志らく
> となった。落語の演目「徳ちゃん」はこの人がモデルになっている。(本名、中村徳太
> 郎)。



で、今回、唐沢俊一にやり玉にあげられた (?) 陰謀論のサイトの人は、唐沢俊一みたい
に破綻した日本語を書いているわけではないし、最近の唐沢俊一のサイトのような文字
装飾 (ここここを参照) もないので、ぱっと見おどろおどろしい雰囲気もなければ読みにく
さもない。……つまり、どっちがトンデモかわからないレベル。


スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

08:52  |  その他の雑学本 間違い探し編 (324) +  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/655-a228b03b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。