2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.04.18 (Mon)

天才でガイコツだからといってダイヤモンドが好きなアレではなくて

『すごいけど変な人×13』 P.35

宮武外骨
1867~1955
香川県生まれ。本名・亀四郎。ジャーナリスト、明治文化研究家。


×香川県生まれ ○讃岐国 (現在の香川県) 生まれ
×本名・亀四郎 ○幼名・亀四郎

コメント欄には、「本を入手し次第、別途エントリーを立ち上げて書こうかと思っています」
と書いていた件。本日、本を入手できたので。

「17歳の時に戸籍上の本名を"外骨"に改め」たのならば、やはり「本名・亀四郎」という
より「幼名・亀四郎」という感じだよなあ、ということで。

http://ja.wikipedia.org/wiki/宮武外骨
>宮武 外骨(みやたけ がいこつ、慶応3年1月18日(1867年2月22日) - 昭和30年
>(1955年)7月28日)は明治~昭和期のジャーナリスト、新聞史研究家、江戸明治期の
>世相風俗研究家である。
〈略〉
>讃岐国阿野郡小野村(現在の香川県綾歌郡綾川町小野)に庄屋宮武家の四男として
>生まれた。幼名は亀四郎。
>17歳の時に戸籍上の本名を"外骨"に改める。幼名の亀四郎の亀が"外骨内肉"の
>動物であることに因んだ物である。正式の本名であるにもかかわらず、号のようにしか
>受け止められないことが多く、役所や図書館の窓口などで「号ではなく本名をお願いし
>ます」などとたびたび言われるのが癪だと言って、 「是本名也」と彫った印鑑を用いた
>ことも少なくなかった。なお、晩年に「外骨」の読みを「とぼね」に改めている。


それに 1867 年生まれなら、明治時代はまだ始まっていないのだから、「香川県生まれ」
としてしまうのも、ちょっと変。

で、唐沢俊一は、もっと何度も宮武外骨に言及していたような印象があったのだが、
『キッチュワールド案内』のこれ↓くらいしか見つからなかったのがちょっと意外だった。

涙香の他者排撃癖とハゲ頭を継ぐもの=外骨 (by 唐沢俊一)

上のエントリーよりは、藤岡真blog の「豪快ガセ本『キッチュワールド案内』徹底検証
その15 唐沢俊一“ハゲ”を語る
」の方が詳しくてお勧めかも。

その他参考 URL:
- http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ohgai/2475/@geoboard/61.html
- http://www.pot.co.jp/matsukuro/20090708_062452493912639.html

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

22:44  |  その他の雑学本 間違い探し編 (324) +  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/653-8edfd3b6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。