2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.03.20 (Sun)

イロハの「イ」の字は

日テレ『半径3mの解体新書』

『諸説あります』の鐘の音」の続きのようなものだけど、今回は間違い探し編ではなくて、
派生トリビアとして。

前回同様、「唐沢俊一検証blog」の「『映画秘宝』&『半径3mの解体新書』について。
からの引用で。

http://d.hatena.ne.jp/kensyouhan/20110319/1300529688
>・「世界で初めてブラウン管に映し出された文字はカタカナの“イ”」というネタの時に、
> 「あれはイロハの“イ”です」と発言。


2ちゃんねるのスレへの書き込み (前エントリーRead More 参照) には「誰でも知ってる
よ、その手の番組で散々使われた雑学」と書き込まれていたが、正直いって、その批判は
どうなのかなと思った。「世界で初めてブラウン管に映し出された文字はカタカの“イ”」と
いうネタ本体の方ならともかく、唐沢俊一がしゃべったのは、「あれはイロハの“イ”です」、
ただそれだけみたいなので。

もしも「カタカナの“イ”」というのが実は「イロハの“イ”」ではなかった――という話ならば、
説明をつけ加えるのも充分ありだと思えるが、「あれはイロハの“イ”です」ならば、それは
もう「その手の番組で散々使われた雑学」以前の話で、常識的に考えて当たり前のことを
あえて話して何をどうしたかったのかと不思議に思っていた。

しかし、これについては、以下の引用のリンク先を見て、謎がとけたような気がした。
唐沢俊一は、「なんで『ア』じゃなくて『イ』なのかというと、イロハの1番目の文字だから」
といいたかったのかもしれない。

http://blog.timestage.net/?eid=1330293
>さて、昭和元年の今日12月25日、世界で初めてテレビのブラウン管に映像が映りまし
>た。浜松高等工業学校(現=静岡大学工学部)の助教授であった高柳健次郎が研究の
>末、世界で初めてブラウン管による受像を成功させたのです。
>世界最古のテレビ局であるイギリスのBBCがテレビ放送を開始させる10年前の出来事
>でした。その時にテレビに映った映像は、カタカナの「イ」。なんで「ア」じゃなくて「イ」な
>のかというと、イロハの1番目の文字だから。この受像機は今でもNHKの放送博物館で
>再現されています。


または、「何故、【イ】であったのでしょうか?」という類いの疑問にこたえるため、とか。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1023266465
>日本で始めてテレビに映し出された画像は片仮名の【イ】ですが
>何故、【イ】であったのでしょうか?
>御教示頂けましたら幸いです(*^-^*)

>イロハの「イ」です。
>高柳健次郎氏の実験です。
>世界で初めてCRT(ブラウン管)に描かれた物です。
>このTV画像は現在の様に左上から右上にスイープするのでは無く
>右上から右下へ、縦に字を書くようにスイープしてました。
>ついで、フジTVだったか画面に「ロ」という字を映していました。
> 「口(くち)ちゃ、何か」と言う問い合わせが多かったそうです。
>もちろんイロハのロです。


ちなみに、高柳健次郎がブラウン管に「イ」の文字を映し出す実験に成功したのが 1925
年 (昭和元年) のこと。その頃には五十音が一般に馴染みのあるものとなっていたので、
実験に「ア」の文字が使用されるという選択肢もあったかもしれない。また、 画面に「ロ」と
いう字を映していたというのは、フジテレビの番組だったらしい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/五十音
>五十音の考え方が普及した後における、かな学習歌の代表的なものとして挙げられる
>のが、北原白秋によって執筆された詩歌(4・4・5型定型詩)『五十音』である。一部では
>『あいうえおのうた』として紹介されることもあるが、正式なタイトルとしては『五十音』が
>正しい。
>1922年、雑誌『大観』1月号に上梓されたものを初出とし、後に作曲家・下総皖一によっ
>て曲がつけられ、学習歌(童謡)『五十音の唄』として成立した。


http://ja.wikipedia.org/wiki/ロ_(テレビ番組)
>ロ (ろ) は、1992年にフジテレビの深夜帯「JOCX-TV+ (プラス)」で放送されていた
>テレビ番組。
>当時、実験的な番組を多く放送していた同時間帯において、その極め付きとも言えそう
>な存在の番組だった。というのもこの番組の内容は、テレビ画面いっぱいに大きく片仮
>名のロの字を大きく映し、バックに雑談の音声を流すだけ、というだけだったのである。


ついでに。何かこのブラウン管に「イ」の文字って、ごく最近どこかで見かけた気がしてたま
らない――と思っていたら、Google のロゴだった件。

http://rai10mypace.blog51.fc2.com/blog-entry-110.html
>今日1月20日はテレビの父と呼ばれる高柳健次郎さんの誕生日ということで
>Googleロゴが変わっていました。
>テレビの研究・開発をしてブラウン管による電送・受像を世界で初めて成功した人物で
>最初に映し出された文字がカタカナの「イ」であったことから
>今回のロゴもテレビに映し出されるイが入っています。

(画像: http://blog-imgs-34-origin.fc2.com/r/a/i/rai10mypace/20110120193139488.png)

ついでに、その 2。日本語版 Wikipedia 的には、インターネット=2ちゃんねるなのか
という疑惑がもたれる件。

http://ja.wikipedia.org/wiki/い
>・世界で初めてテレビ(ブラウン管)に映し出された文字である。(カタカナの「イ」)
>・片仮名の「イ」は漢字の部首である人偏とほぼ同形になっている。インターネットでは、
> 「位」を「イ立」と倍角文字代わりに表記するように、「イ」が人偏に代用されることが
> ある。


その他参考 URL:
- http://abyssal.biz/archives/50750630.html
- http://shouwashi.com/nhktv/tv-front-history.html

スポンサーサイト
13:55  |  その他の雑学本 派生トリビア編 (3) +  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/633-e3427af1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。