2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.03.20 (Sun)

「諸説あります」の鐘の音

日テレ『半径3mの解体新書』

最初に謝っておきます。すみません、自分は見ていません、すっかり忘れて、ぐうぐう家で
寝ていました。

なので、「唐沢俊一検証blog」の「 『映画秘宝』&『半径3mの解体新書』について。
からの引用で。

http://d.hatena.ne.jp/kensyouhan/20110319/1300529688
>・日本の学校のチャイムがビッグ・ベンの鐘を真似しているのは、明治時代にイギリス
>に留学していた人々が日本に教育制度を導入したときに、彼らの中にビッグ・ベンが
>「思い出」として残っていたから、と説明。
〈略〉
>思わず笑ってしまったのは、唐沢がビッグ・ベンについて一生懸命説明しているときに
>画面の隅に
> 「※諸説あります」
>とテロップが出ていたことで、これは『給与明細』以来お約束になってしまっているよう
>だ。


なお、『給与明細』のときのガセビアについては、「唐沢俊一検証blog」の該当エントリー
と、以下のエントリーを参照のこと。

ガセビアを 一度数えて あきれ果て
まだまだいそうな人間以外の「正常位をやる動物」
イモリの黒焼きよりもゴールド、これ最強
カン違いじゃない「恋愛による興奮」ってのも難しいかも


んで、前エントリーからはチャイムつながり (?) で、ビッグ・ベンと学校のチャイムについて。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ビッグ・ベン
>鐘の音
>毎日正午に奏でられるビッグベンの鐘のメロディは、四つの音で奏でられる日本の学校
>でお馴染みのチャイムのメロディの基となったとされる。正式な曲名はウェストミンスター
>の鐘という。
>このメロディは、イギリス議会による公式サイトよりダウンロードが行える。


http://ja.wikipedia.org/wiki/ファイル:Westminster-and-one-o-clock.ogg で再生すると、
なるほどあの懐かしいチャイムの音が聞こえるぞ、と。

そして、そのチャイム音について、2ちゃんねるのスレには「あのチャイムが使われるように
なったのは戦後からだって聞いたことあるよ」という書き込みがあった (Read More 参照)
のだが、調べてみると、どうもそちらが定説っぽい。

「学校のチャイムの音」でググってみると、以下のようなページが上位に表示される。

http://www.otona-magic.net/zatugaku/100225.html
>「キンコンカンコーン♪キンコンカンコーン♪」 → 「学校のチャイム」(youtube)

>どこの学校も同じようなチャイムが鳴りますよね。
>終戦間もない頃は、現在のチャイム音とは違い、空襲のときに鳴らされたサイレンの音
>が、そのまま学校でも使われていました。

>「ウーーーー!」と長く鳴るやつです。

>空襲のときに鳴らされたサイレンを聞くと、あの頃の辛い思い出がよみがえってきます。
>「やめてほしい」との要望が、多くの生徒から寄せられいました。

>現在の学校のチャイムの音は、「ウェストミンスターの鐘」というクラシック音楽です。
>「ウェストンミンスター宮殿」の跡地に、現イギリス国会議事堂が建てられたのですが、
>そこに設置されている時計塔「ビックベン」から、毎日正午に流れるメロディです。

>たまたまイギリスのラジオを聴いていた産業機器メーカーの石本邦雄さんが「これを
>チャイム音にしよう」と思いたち、1954年にチャイムを製造し販売しました。

>また、同じ時期に警報機メーカーである真島福子さんの旦那さんが「単純だからこれが
>いいのではないか?」とオルゴールに拡張期をつけて学校に販売していたそうです。

>さらに、東京学芸大学名誉教授の井上尚美さんが「ビックゲン」で流れている曲でいい
>のではないか?と提案。

>面識の無い3人が同じ時期に同じ考えを抱いていたそうです。それだけ単純なメロディー
>が、逆にインパクトを与えたのかもしれません。

>参考資料
>中日新聞(2007年10月1日の記事)


http://www.sgm.co.jp/life/sai/2007/07/post_745.html
>これは、終戦後の日本(東京)のある中学校の先生が始業・終業を知らせるジリリリーと
>いうベルの音があまりにもうるさいので当時臨時ニュースで使われていた鐘の音(ウェス
>トミンスターの鐘)を使ったところ、好評でその後全国に広まっていったといわれていま
>す。
>しかしチャイムは時間管理の上で有効ですが、逆に、「自主的に時間を管理し行動する
>ことができなくなる」などの意見もあり、チャイムを鳴らさないノーチャイムに取り組む学
>校もあるそうです。


「明治時代にイギリスに留学していた人々が日本に教育制度を導入したときに、彼らの中
にビッグ・ベンが 『思い出』として残っていたから」とかいう唐沢俊一の説に、似ている話
は見つからなかった。それだけならまだよいが、Wikipedia の「チャイム」の記述を見ると、
1950 年代よりも前に、メロディーのついたチャイムを時報のように使用するのは、技術的
に難しかったのではないかという気がしてくる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/チャイム
>時報としてのチャイムは、昔は単純に手動でスイッチを入れてベルやモーターサイレン
>を鳴らしていた。この方法では手間がかかり自動化が望まれ、時報時計(ベルタイマー)
>が開発された。この時計自体にはチャイム機能はなく、時計の構造は電源周波数に同
>期して回るモーターで時を刻む電気時計、または停電補償対応する機種は電池式振子
>時計や交流電源による自動巻の振子時計であった。動作時刻は時刻設定の大歯車に
>長さ1センチほどのピンを挿し、24時間制で5分ごとに数秒から数十秒ベルを鳴らす設定
>が可能な時間スイッチであった。
>1950年代始めから中頃には、この時報時計と連動して動作する無終端にした磁気テー
>プの再生装置が商品化、一時的に利用された。後にオルゴールもしくは棒状の鈴を槌
>打して鳴らし、音声信号として取り出し拡声できるようにした機械式チャイムが実用化さ
>れ、学校や自治体・企業等の時報装置として普及した。
>1970年代後半、電子機器の急速な進歩と生活様式の多様化はこれらの機器にも波及
>し、時報時計は水晶発振式に、キー操作やマークシートによるプログラムタイマーに進
>化し、チャイムも従来の鈴を打ち鳴らす純機械的な構造から電子チャイムになり、複雑
>なプログラム動作を簡単にかつ複数のメロディー奏鳴可能とした。 また現在のベルタイ
>マーは電子チャイムも内蔵しており、そのまま単体で時報装置として利用可能である。
>これらの電子チャイムは合成音のため、音色や余韻の味わいは薄れてしまった。近年
>機械式チャイムは製造されておらず、建物の新築や機器の更新により電子チャイムに
>置き換えられ、既設の機械式チャイムも現存するものが少なくなっている。


1940 年代以前でも、鐘やオルゴール (というかカリヨン?) の現物があれば使えそうだけ
ど、ヨーロッパならともかく、日本ではそんなものをもっている学校があったとしてもかなり
限定されるのではないかと。


で、まあ、最近では「『偽りの米軍残り物説』をスクール革命で語った唐沢俊一」 (これも
日テレ) のときにも登場した「諸説あります」のテロップだが、これは要するに、この話は
ガセです、または、諸説あるうちの有力ではない説についてのみ述べてしまいました――
ということをソフトに言い換えているだけではないのかと思う。

普通のテレビの雑学紹介番組では、他の説より有力な説、他と同じくらいもっともらしいと
思われている説を紹介するにあたり、いちいち「諸説あります」のテロップを入れるなんて
手間をかけているとは思えないもの。

それに、視聴者からの余計な突っ込み防止のために「諸説あります」と言及しておきたいと
思ったなら、出演者自身に「いや諸説あるんですけどね」と一言言い添えさせればすむ話だ
とも思う。

その他参考 URL:
- http://j-ken.com/category/other/data/699653/
- http://www.nhk.or.jp/creative/material/5d/D0002011518_00000.html
- http://okwave.jp/qa/q1652011.html



More...

http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/books/1300486298/
-------
60 :無名草子さん:2011/03/19(土) 21:15:43.09
あ、今日ってテンテーの出演する『半径3mの解体新書』の放送日だったか。
すっかり忘れていた。

でも検証班によると、番組中唐沢テンテーはたった2回しか喋っていないのか。
出番が少なくて残念なのか、コストパフォーマンスの高い仕事をしたのかw

61 :無名草子さん:2011/03/19(土) 21:20:21.50
>日本の学校のチャイムがビッグ・ベンの鐘を真似しているのは、
>明治時代にイギリスに留学していた人々が日本に教育制度を導入したときに、
>彼らの中にビッグ・ベンが「思い出」として残っていたから、と説明。

     ※諸説あります


なんつーかねw
あのチャイムが使われるようになったのは戦後からだって聞いたことあるよ。


62 :無名草子さん:2011/03/19(土) 21:23:24.68
今学校の多くではそのチャイムを使わなくなっているよね、
ドヤ顔で「学校のチャイムってのはな」と話し始めると
小学生に「ナニソレ?」と言われるぞ。

63 :無名草子さん:2011/03/19(土) 21:29:07.87
>>60
テレビ局もリスク管理を考えて、なるべくしゃべらせないようにしてるんじゃね?
話す分量が少なければ少ない程、ガセやパクリが混じる確率も少なくなるんだから。
本当にリスクを考えているなら、そもそも唐沢俊一を起用しないはずって話もあるけど。

64 :無名草子さん:2011/03/19(土) 21:37:44.27
しかも喋っている時に画面に「※諸説あります 」だろ?
他の人が喋っている時にはそんなテロップでないのに。

ほとんど「このヒントはあてにならないかも知れません」だよ。
テレビ局も収録後に頭を抱えたんだろうなぁ
そこをカットしちゃうと唐沢の出番は
「あれはイロハの“イ”です」
ひとことだけw

誰でも知ってるよ、その手の番組で散々使われた雑学。

なんで唐沢を使っているんだろ。
それだったら知泉さんの方が色々な雑学を持っていそうだ。

65 :無名草子さん:2011/03/19(土) 22:00:11.12
もう次の出演はないんだろうなぁ....

-------

スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

01:40  |  本以外の媒体 間違い探し編 (13) +  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/632-727a873d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。