2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.03.18 (Fri)

唐沢俊一に「人類とエネルギーの関係を雑学で語」らせた若狭湾エネルギー研究センター

裏モノ日記 2006年 08月 20日 (日曜日)
http://www.tobunken.com/diary/diary20060820140316.html

米原駅で急行しらさぎに乗り換え。25分ほどで敦賀市。駅で今回の講演
のプロデュースをしてくれたパケット北陸のSさんと落ち合う。タクシーで
講演先の若狭湾エネルギー研究センターへ。ここで夏休みの子供・家族
向け科学イベントでの講演である。

講演前に施設を案内してくれる。小柄なおじさんが説明してくれて、走って
いって設備の鍵をあけたりしてくれる。ああ、こういう施設の案内係さんは
大変だがさすがに手慣れているなあ、と思ってあとで名刺をみたら研究
開発部長さん(工学博士)だった。失礼しました。

白衣に着替え、靴にビニールカバーをかぶせて分厚い鉄扉をあけて研究
施設内部に。大きなタンデム加速器があり、イオン源注入機のあたりの
デザインは50年代SF映画を彷彿とさせる。さらに次の部屋にはシンクロ
トロン加速器があり、ここで作り出した高エネルギー放射線で農産物の
改良、また放射線治療を行っている。

あくまでも治療施設ではなく、実験施設のものを治療などに使用している、
ということで、陽子線照射装置も、なにか“ただ据え付けているだけ”という
感じが漂い、周囲にはゴチャゴチャといろんなものが置かれている。ガン
細胞に絞って陽子線を当てるために、十数センチはありそうな真鍮の板
(と、いうかかたまり)にガンの形に穴をあけて、それを照射装置にセット
して照射する。ガンが小さくなっていくに従い、この板も作り変えるそうだ
が、悩みは一応放射線を当てているためにこの真鍮板は放射線廃棄物
扱いになり、処分するには大変な金がかかり、たまる一方だということ
(実際、穴の開いた分厚い真鍮板が部屋のすみに堆く積み上げられて
いた)。

見学終えて控室に帰る。長い廊下の両脇のガラス壁に、化学式や原子
番号がデザインされている。なかなかおしゃれなのだが、この化学式が
間違っている、と文句を言ってくるマニアもいるそうだ。

控室で弁当。この施設の所長である新宮先生と一緒に。新宮先生は京大
の名誉教授で、京都からこの研究所に通っているそうだ。片道一時間半
くらいだそうである。

2時、講演。雑学クイズから始まって人類とエネルギーの関係を雑学で
語り、ゴジラの話に持っていき(ちょっとNHKの番組も宣伝)、最後は原発
の話にして〆る。ちょうど90分、時間通り。Sさんが感心していたそうだ。
所長の新宮先生、
「私どものようにいつも固い話ばかりしておりますと先生のようなお話は
新鮮です」
と。さて、どこまで本音か。


×イオン源注入機 ○イオン注入装置

「"イオン源注入機"」と二重引用符つきでググると、唐沢俊一のこの日記しかヒットしない。
「各種のイオン源」というのがあって、それを注入するのがイオン注入用の装置という話の
ようだ。

http://www.rada.or.jp/database/home4/normal/ht-docs/member/synopsis/040071.html
>イオン注入用イオン源技術
〈略〉
> イオン注入は半導体製造や材料の表面加工に使われる。実用的には長時間大電流
>が得られる装置が望ましく、各種のイオン源が開発されている。


2006 年に唐沢俊一が講演した「若狭湾エネルギー研究センター」。そこのサイトでも、
「イオン源注入機」ではなく、「イオン注入装置」と書かれている。

http://www.werc.or.jp/gaiyo/shisetsu/kagakukiki/index.htm
>マイクロ波イオン源イオン注入装置    \1,200
>株式会社日立製作所
>W-MASTとは独立の200kV大電流イオン注入装置です。
>イオン種:O+, N+, Kr+, Ar+ ほか
>エネルギー:200kV,10mA(照射台)

(画像: http://www.werc.or.jp/gaiyo/shisetsu/kagakukiki/image/200kV.gif)
〈略〉
>イオン注入装置(中エネルギー)    \4,500
>株式会社日立製作所
>大電流ビームによる材料への照射・注入が可能です。

(画像: http://www.werc.or.jp/gaiyo/shisetsu/kagakukiki/image/Ir-2-3.gif)

上に書いている金額は、1 時間あたりの使用料。

で、唐沢俊一は「イオン源注入機のあたりのデザインは50年代SF映画を彷彿とさせる」
と書いているのだが、上に引用のページにある写真を見ると、うーん、そういうものかなあ
……という感じ。タンデム加速器やシンクロトロンの方がまだ……とも思ったが、考えてい
るうちにだんだん、「50年代SF映画を彷彿」させるデザインとはそもそもどんなものかが
わからなくなってきたり。

http://www.werc.or.jp/kenkyukaihatsu/naiyo/kasokuki/kasokuki/tandem/index.htm
>イオン源からタンデム加速器に入った粒子は最大500万ボルトという高電圧により最高
>で光の速度の約14%まで加速されます。これは1秒間に地球を1周りする速度です。
〈略〉
>タンデム加速器はシンクロトロン加速器のインジェクター(イオン入射装置)にもなって
>おり、加速された陽子がシンクロトロンに入っていきます。

(画像: http://www.werc.or.jp/kenkyukaihatsu/naiyo/kasokuki/kasokuki/tandem/image/tandem.gif)

http://www.werc.or.jp/kenkyukaihatsu/naiyo/kasokuki/kasokuki/w-mast/index.htm
シンクロトロンでは粒子は電磁石で発生させた磁力により軌道を一定に保ちながら約
>200万回転します。そして、必要なエネルギーに加速された粒子は、照射室3でがん治
>療研究に、照射室4でイネ、ソバ等の品種改良研究等に使われます。

(画像: http://www.werc.or.jp/kenkyukaihatsu/naiyo/kasokuki/kasokuki/w-mast/image/synchrotron.gif)


それと、「長い廊下の両脇のガラス壁に、化学式や原子番号がデザインされている。なか
なかおしゃれなのだが、この化学式が間違っている、と文句を言ってくるマニアもいるそう
だ」との記述も気になった。

「この化学式が間違っている、と文句を言ってくる」ような人のことを、そもそも「マニア」と
いうのか、マニアだとしたら何のマニアなのかというのがまず気になったが、まあそれは
おいといて。

「化学式や原子番号がデザイン」されている「ガラス壁」というのは、やはり特注なんだろう
か、特注だとしたら間違った化学式を含んだ図柄に OK を出した担当者は後で責められた
りしなかったのかなというのが、次に気になった。特注でなく、そんなデザインが出来合い
で用意されている (しかも化学式の間違い含む) としたら、それはそれで面白い話のような
気がするし。

何より、「なかなかおしゃれ」だという、そのガラス壁も見てみたいしねと思って探してみた
のだけど、「長い廊下の両脇のガラス壁に、化学式や原子番号がデザイン」という話自体
がどこにも見つからないという……。「若狭湾エネルギー研究センター」で画像検索しても、
「長い廊下の両脇のガラス壁」らしい写真はあるが、「化学式や原子番号がデザイン」され
ているようにはとても見えない。

- http://picasaweb.google.com/lh/photo/nmKzfCyFuWqqpZreIpP9lg
- http://picasaweb.google.com/lh/photo/Rv0sI2GTkE4loAo2C3u5gw
- http://picasaweb.google.com/lh/photo/Lg4cSshrGDXOETzPBp8IdQ

http://www.vcnet.fukui.fukui.jp/kensan/industry/Example/Architecture/5/
>可動式アルミ製建具(敦賀市長谷/若狭湾エネルギー研究センター)
(画像: http://www.vcnet.fukui.fukui.jp/kensan/industry/Example/Architecture/5/002.jpg)

いくら何でも、まさか……と思う一方、以前こちらのエントリーで紹介したことがあるが、シリ
コンオイルは「ほんの一滴、床に落としても、踏んだ人の足を伝播して三〇畳ほどの広さに
広がり」、それで人が「スッテンコロリスッテンコロリと」転ぶというのが「化学実験室でよく
見られる、ほのぼのした光景」などと平気で書いたりする、あの唐沢俊一のことである。
存在しない「化学式や原子番号」をガラスの壁に浮かび上がらせるくらい朝飯前……という
可能性も否定しきれない。


こうなってくると、「周囲にはゴチャゴチャといろんなものが置かれている」、「穴の開いた分
厚い真鍮板が部屋のすみに堆く積み上げられていた」といった記述も疑わしく思えてきて、
実際、若狭湾エネルギー研究センターのサイトの写真では、そんな雑然とした感じはしな
いのだけれど……。

- http://www.werc.or.jp/kenkyukaihatsu/naiyo/iryo/yoshisenchiryo/index.htm

ただ、これについては、撮影のときだけ綺麗にしていたんだといわれたらそれまでだけど。

ちなみに、現在は若狭湾エネルギー研究センターでは、陽子線がん治療はおこなっていな
い模様。

http://www.werc.or.jp/subpage/chiryo/index.htm
>陽子線がん治療臨床研究は平成21年度で終了しました。
>今後の陽子線がん治療は、福井県立病院にて行われます。


唐沢俊一いうところの「放射線廃棄物扱いになり、処分するには大変な金がかかり、たま
る一方」だった「真鍮の板(と、いうかかたまり)」たち。それらの行方も少々気になるところ
ではある。

関連ガセビア
水素原子の振動で MRI

その他参考:
http://www.gsic.jp/support/sp_02/tsm/08_02.html
>荻野 患者さんごとに、ボーラスやコリメータという型を作るんです。真鍮という金属を、
>陽子線照射の方向から見た腫瘍の形にくりぬいた患者コリメータというものと、ポリエチ
>レンの塊を腫瘍の形に等高線状に彫った患者ボーラスというものを組み合わせます。
>真鍮のコリメータで腫瘍のほかのところに陽子線が当たるのを防ぎます。ボーラスを通
>して照射された放射線は、ポリエチレンの厚いところを通ると体の浅いところで、逆に薄
>いところを通ると体の深いところまで届きます。

(画像: http://www.gsic.jp/support/sp_02/tsm/img/08_05.jpg)


More...

http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/books/1299485801/781-
------
781 :無名草子さん:2011/03/16(水) 09:47:45.05
最近ではmixi上で原発の安全性についてしきりにつぶやいてるらしいよ。テンテー。

786 :無名草子さん:2011/03/16(水) 11:38:18.31
みんな騒ぎすぎ。くだらない。私は動じないんであるとか言ってます。

>781
>最近ではmixi上で原発の安全性についてしきりにつぶやいてるらしいよ。テンテー。


787 :無名草子さん:2011/03/16(水) 11:45:56.59
てかまだmixiやってたんだ。ふーん。

788 :無名草子さん:2011/03/16(水) 11:50:11.12
致命的な事態になったら真っ先に逃げ出しそうな気もする。

789 :無名草子さん:2011/03/16(水) 11:58:14.93
それは藤岡だろ?

790 :無名草子さん:2011/03/16(水) 12:19:18.35
逃げ足だけは藤岡にも負けませんから。ええ。

791 :無名草子さん:2011/03/16(水) 12:31:54.23
メルトダウンなんてするわけない、私はわかっているんである、とも。

>781
>最近ではmixi上で原発の安全性についてしきりにつぶやいてるらしいよ。テンテー。

792 :無名草子さん:2011/03/16(水) 12:38:12.43
先生が箱根以西に逃げるなんてことはないだろ

793 :無名草子さん:2011/03/16(水) 12:47:34.38
>>787

母の室とmixiだけです、羽根を伸ばせるのは

794 :無名草子さん:2011/03/16(水) 12:51:47.43
2006年06月28日(水曜日)
>オノとスケジュールばなし、8月に原発関係の団体から講演が入っているという。
>いろいろ“唐沢先生は原発に対しどうお考えで”などと聞いてきているそうな。

2006年06月29日(木曜日)
>例の原発関連の講演先から電話、私で公演者はほぼ、決まったという。
>何度も“すいませんが先生の原発に対するお考えはいかがでしょう”と訊かれた。

2006年08月20日(日曜日)
>米原駅で急行しらさぎに乗り換え。25分ほどで敦賀市。駅で今回の講演の
>プロデュースをしてくれたパケット北陸のSさんと落ち合う。
>タクシーで講演先の若狭湾エネルギー研究センターへ。
>ここで夏休みの子供・家族向け科学イベントでの講演である。

>2時、講演。雑学クイズから始まって人類とエネルギーの関係を雑学で語り、
>ゴジラの話に持っていき(ちょっとNHKの番組も宣伝)、
>最後は原発の話にして〆る。ちょうど90分、時間通り。
>Sさんが感心していたそうだ。所長の新宮先生、
>「私どものようにいつも固い話ばかりしておりますと先生のようなお話は新鮮です」
>と。さて、どこまで本音か。



795 :無名草子さん:2011/03/16(水) 13:15:56.65
2000年10月06日(金曜日)
>キオスクの新聞に“鳥取大地震!”の見出しが大文字で。
>マグニチュード7.3で、死者が出ていないというのも、いかにも鳥取らしい。

2002年08月16日(金曜日)
>新連載も、大体こちらの出した案でGOサイン。
>9月からまた、毎週忙しくなる。思えば週刊連載が途切れたというのは
>ほとんど十年ぶりで、こんなに体が楽なものとは、という感じだった。
>もっとも、家計にも阪神・淡路沖地震なみの大被害だったが。

2003年07月26日(土曜日)
>東北で震度六の地震とか。あのつくんの野菜は大丈夫だろうかと心配になる。
>“あのつくんは大丈夫だ ろうか”でないところが鬼畜である。

796 :無名草子さん:2011/03/16(水) 13:27:12.43
>>789
>>790
藤岡さんは日常がどうのなんてゴタクを垂れてご自分の行動を縛るようなマヌケはしてらっしゃらないからな。
唐沢と選択肢の数を揃えるのはおかしいね(笑)

797 :無名草子さん:2011/03/16(水) 13:29:01.48
メルトダウンしたら唐沢が必ず言う言葉

ふしぎなメルト

確か以前も言ってると思う。

798 :無名草子さん:2011/03/16(水) 13:30:48.18
>>794
>>795
うーん、今このタイミングで、このノリから日寄らなければ、唐沢俊一もなかなかのものである、と認めてやってもよい。
リアル袋叩きだろうけど。

799 :無名草子さん:2011/03/16(水) 13:32:04.88
>>797
今度も言ったら、恐ろしいな。

803 :無名草子さん:2011/03/16(水) 15:00:53.06
>>789
>>790
なんか色々と突っ込みたい。ウズウズ

804 :無名草子さん:2011/03/16(水) 15:03:30.56
必殺コレワコレワ走法の藤岡先生への優位性はすでに実証されてるので。

805 :無名草子さん:2011/03/16(水) 15:03:58.90
>>803
アンカーミスった。
>>794
>>795だった


806 :無名草子さん:2011/03/16(水) 15:42:44.79
いままで唐沢のミクシィ日記ってコピペされたことないよな
アンチって何気にマナーいいよなw

807 :無名草子さん:2011/03/16(水) 16:09:40.65
>なんで放射線がどうのプルトニウムがこうのSFっぽいのに、入れ物が建屋「たてや」なの?(45分前)
>裏亭
>土木用語だとか。プレハブっぽくてチャラく聞えますね。(7分前)

ああ、確かにミクシィだと息災で何よりですな

809 :無名草子さん:2011/03/16(水) 16:28:56.64
>>807
たったこれだけでムカつく唐沢の才能…w

810 :無名草子さん:2011/03/16(水) 16:58:29.99
>裏亭2011年03月16日 13:15
>ご夫婦とコレクションの無事を喜び、一日も早い日常への復帰を祈ります。
>わが家で私が揺れている最中にしたことは棚の上の人体解剖模型の
>ガラスケースを下に下ろすことでした。

811 :無名草子さん:2011/03/16(水) 16:59:12.10
さすが腐ってもオタク

-------
スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

11:18  |  その他の雑学本 間違い探し編 (324) +  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

お気遣い、ありがとうございます。(_ _)
私は被災してなくて身体的にも元気なのですが、何かいろいろ長丁場になりそうかなと思っています。
お互い息切れしないように気をつけつつ頑張りましょう、ですかしら。
トンデモない一行知識 |  2011年03月19日(土) 02:00 |  URL |  【コメント編集】

遅ればせながらご無事で良かったです。
検証もご無理なさらず。
ラーオ |  2011年03月18日(金) 20:39 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/629-97aa2719

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。