2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.25 (Sat)

パクリ+ガセ=あなた

http://www.tobunken.com/news/news20101223114447.html

イベント
2010年12月23日投稿
別格だった男 【訃報 野沢那智】
榊原郁恵に『アル・パシーノ+アラン・ドロン<あなた』
というへんてこな唄があって(“<”は“より”と読む)、
1977年のヒット曲だったから、アルパチもトウが立ち始めていたし
ましてやドロンなんかにかぶれる若い男なんざもういやしねえだろう、
作詞(森雪之丞)のセンスが古い、と当時喫茶店で駄弁っていたら、
そのころつきあっていた女の子が
「ドロンもパシーノも野沢那智が吹き替えている。この女性が
慕っている“あなた”というのは野沢那智のことなのではないか」
という説を唱えて、なるほど、と妙に納得した(?)のを覚えている。
「アル・パシーノのまねなんかしてちょっとニヒルに笑う」
のも、
「アラン・ドロンのふりなんかして甘い言葉ささやく」
のも、吹き替えで役に入るための練習で、それをあこがれを持って
みつめている女の子の心の叫びが“アル・パシーノ+アラン・
ドロン<あなた”というわけだ。
当時、第一次声優ブームで、神谷明や山田康雄を追いかけている
女の子は周囲に山ほどいたから、そういう子の、あこがれが高じた
妄想の歌がこれだ、と言われても信じられてしまう雰囲気だったのだ。


×第一次声優ブーム ○第二次声優ブーム

「へんてこな唄」だとは当時思わなかったけどなあ……というのは、おいといて。

「そのころつきあっていた女の子」に聞いたとかいう話は、ああまた、何かに書かれて
いたことを、脳内知人に直接聞いた話としてアレンジしているのかな、と最初は思った。
『世界の超リッチ』(6) - バッキンガム宮殿」のエントリーで以前取り上げたことがある
けど、本に書いてあったことを、「こういう話を愉快そうに話してくれるイギリス人たち」
とか、外人の知り合いに直接聞いたことであるかのように書いたりするのが唐沢俊一
なので (ちなみに、元ネタが書いてあった本の著者は「イギリス人たち」ではなくて
フランス人であるというオチ)。

で、本当かどうかは別にして、実は「アル・パシーノ+アラン・ドロン<あなた」は、作詞
の森雪之丞は、この両スターの吹替えを担当している野沢那智のことを念頭において
つくった――という話は、雑誌かなにかで誰かが解説していた記憶があるのだけども、
探しても元ネタは見つからなかった……。野沢那智の訃報に際して、『アル・パシーノ+
アラン・ドロン<あなた』に言及していた人は結構多いから、誰がいつ最初にいったとか
いうのはあまり問題ではなくて、同案多数で少なからぬ人が思いつくことなのかもしれ
ない。

http://logsoku.com/thread/hayabusa.2ch.net/livejupiter/1288429172/
>【速報】俳優の野沢那智さん死去 アラン・ドロン
>1 :風吹けば名無し :2010/10/30(土) 17:59:32.75 ID:9izM1YMF (1 回発言)
>http://www.47news.jp/CN/201010/CN2010103001000567.html
〈略〉
>35 :風吹けば名無し :2010/10/30(土) 18:07:45.04 ID:nJBs1dmC (2 回発言)
>あとで榊原郁恵の「アル・パシーノ+アラン・ドロン<あなた」を聴こう


http://ameblo.jp/mercurymania/entry-10692273627.html
>アル・パシーノ+アラン・ドロン<あなた

>アラン・ドロンさん吹き替え、野沢那智さん死去


http://ameblo.jp/makomakoki/entry-10693855623.html
>野沢那智さんって、役作りをきちんとして、役になる人だったらしい。
>ERのカーターのときはカーターだったんだろうな……。
>プロだわ。

>「ダスティン・ホフマンになれなかったよ」よりも、「アル・パシーノ+アラン・ドロン<
>あなた」。

>歌のタイトルだけで、野沢那智を語るつもりはないけれど。


しかし、「ドロンもパシーノも野沢那智が吹き替えている」と「そのころつきあっていた
女の子」に教えてもらって、「神谷明や山田康雄を追いかけている女の子は周囲に
山ほどいたから、そういう子の、あこがれが高じた妄想の歌がこれだ、と言われても
信じられてしまう雰囲気」とかいうのは、悪い意味で唐沢俊一の独創性が出てしまって
いるように思う。

唐沢俊一の書いているエピソードがどこまで嘘か本当かは別にして、「ドロンもパシーノ
も野沢那智が吹き替えている」と解説する役はあくまで「つきあっていた女の子」の方
で、「アルパチもトウが立ち始めていたしましてやドロンなんかにかぶれる若い男なんざ
もういやしねえだろう」という役が少年嗜好 (?) の唐沢俊一 (こことかここを参照) である
のは、ある意味興味深い。

自分が唐沢俊一で、どうせ過去の捏造もありなら「当時つきあっていた女の子」の方に
「アルパチはもうオジサンだし、今さらドロンの真似する男とか、この作詞家のセンスは
古いんじゃないの」とかいわせておいて、「どちらも声は野沢那智だ。アラン・ドロンや
アル・パチーノが日本で男性にも人気が高いのは、吹替えをしていた野沢那智の功績
も大きいんじゃないかな」とか蘊蓄をいう役を自分にふるけどなあ。で、野沢那智は、
とても魅力的な声をしていたという方に話をもっていくとか。

http://rabuchan.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-5420.html
>高校時代に刷り込まれた「美しくて翳りのあるいい男像」の三分の一か四分の一ぐら
>いは野沢那智さんの声によって形作られたのかもしれません。

>それぐらい野沢那智さんの声はスターのイメージを壊さず、なおかつお茶の間むけに
>誰の耳にも心地よく響かせることができたということなのでしょうね。

>そしてまた、アラン・ドロンやアル・パチーノのイメージが、野沢那智さんのイメージを
>華やかなものにしていたこともあったのではないかしら。

>そういう意味で、野沢那智さんは声優とスターとの幸せな互恵関係を示してくれた方
>でした・・・。


まあ、野沢那智はとてもよい声をしていたとか、二枚目スターの声にぴったりはまる
魅力的な声だったとか書くのを、唐沢俊一は極力避けているフシのある今回の“追討”
の文章なのだから、そのようなことを望むだけ無理かもしれないけど。

また、2ちゃんねるのスレでも指摘があったが (Read More 参照)、時期的には第二次
声優ブームの頃 (1977 年) の思い出話をしているのに、「当時、第一次声優ブームで」
とか書いてしまっている唐沢俊一である。「ドロンもパシーノも野沢那智が吹き替え」と
解説する役は自分には荷が重いと自覚していて、そしてそれにかぎっては正しい判断
だった――といえるかもしれない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/声優
>第一次声優ブーム
>民放テレビの草創期には、1961年の五社協定でテレビ局への日本映画の供給停止
>が決まったことなどによるソフト不足から、海外ドラマや洋画などのいわゆる外画の
>日本語吹き替え版が数多く放送された[12][13][14]。これを背景として声優人気が高
>まっていった。当初、NHKは基本的に字幕スーパーで海外作品を放送していたため、
>日本語吹き替え版は民放が中心となっていた。

>以後、海外作品は1960年代前半をピークとして放送された。ブームの中心人物は
>アラン・ドロンを持ち役とした野沢那智[15]。
〈略〉
>第二次声優ブーム
>1970年代中頃からの『宇宙戦艦ヤマト』のヒットによるアニメブームと並行して起こっ
>たブーム。そのブームに押される形で声優業と並行した音楽活動も盛んになり、神谷
>明、古谷徹、古川登志夫などのアニメの美男子キャラクターを持ち役とする人気声優
>によるバンド『スラップスティック』を結成してライブ活動を行った他[20]、多くの声優
>がレコードを出すなどした。当時万単位のレコードを売り上げる声優として、潘恵子、
>戸田恵子、神谷明、水島裕、スラップスティックの名が挙げられている[21]。



それから、「ましてやドロンなんかにかぶれる若い男なんざもういやしねえだろう、作詞
(森雪之丞)のセンスが古い」について。

これについては「藤岡真blog」の「徹底検証 唐沢俊一追討日記 その36 野沢那智
の本文およびコメント欄で散々突っ込まれているが、やはりアラン・ドロンは海外二枚目
大スターの代名詞として当時は普通に名前を出されていたし、もしも彼を出すとセンス
が古いってことになるとしたら、森雪之丞だけじゃなくて松本隆もセンスが古かったと
いうことになるよねえ、と思う。

http://tulip21.blog95.fc2.com/blog-entry-156.html
>雑学=1976年の太田裕美のヒット曲「赤いハイヒール」では、少女がボーイフレンド
>をアラン・ドロンと比べるという描写が・・、1977年の榊原郁恵のヒット曲「アル・パ
>シーノ+アラン・ドロン<(より)あなた」でも名前が登場しているほどです。


今回、ググってみた「アラン・ドロンちょいで」というサイトによると、『ルパン三世』でも
「美男の代名詞的に」使われているわ、『キン肉マン』や『Dr.スランプ』でも使われて
いるわ、で。唐沢俊一的にいうと、全部「センスが古い」ということなんだろう、きっと。

- http://bcaweb.bai.ne.jp/harumaki/Alain3.htm

上のサイトに並んでいる事例は、少年漫画など、男性向けの作品からの引用が多い。
それで、ふと思ったのだけど、唐沢俊一は「ドロンなんかにかぶれる若い男なんざもう
いやしねえだろう」と書いてしまっているが、二枚目男性スターには、同性から「けっ、
あんな奴のどこがいいのかよ」と思われがちなタイプと、「確かにイイ男だからなあ」と
認められやすいタイプがいて、アラン・ドロンというのは後者にあたるのではないかと。
唐沢俊一のような特殊同性にも受けるタイプだったかどうかは別にして。

実際、オヤジ向け週刊誌なんかにも、アラン・ドロンが受けるのは、あれは黒い髪に
青い瞳の組み合わせが珍しいからだとか嬉しそうに解説した文章が載っていたように
記憶している (うろ覚えだから、間違っていたらゴメン)。

だから、唐沢俊一も、センスうんぬんで突っ込みを入れるなら、「ドロンなんかにかぶれ
る若い男なんざもういやしねえだろう」ではなくて、歌詞の中に出てくる男の子のセンス
の微妙さに突っ込むべきだったんじゃないかという気がする。

「“あなた”というのは野沢那智のこと」から、「声優ブームで、神谷明や山田康雄を追い
かけている女の子は周囲に山ほどいたから、そういう子の、あこがれが高じた妄想の歌
がこれだ」とかトンデモな方に話をもっていく唐沢俊一には無理な注文っぽいけど。

だいたい、「吹き替えで役に入るための練習で、それをあこがれを持ってみつめている
女の子の心の叫びが“アル・パシーノ+アラン・ドロン<あなた”というわけだ」であり、
追っかけも辞さない声優のファンの子たちの「あこがれが高じた妄想の歌」なんて解釈
は、「アル・パシーノ+アラン・ドロン>あなた」の歌詞のどこをどうすれば出てくるのかと
いった代物でしかなく……。

- http://listen.jp/store/artword_1007607_1951.htm
- http://www.youtube.com/watch?v=PSm1wIIANSY

声優のファンだったら、役になり切ろうと努力をするアナタの姿が素敵、とかいうことに
ならなければいけないのではないか。しかし、上のリンクを見ればわかる通り、歌詞の
中では、照れ屋で優しいあなたが好きなのに、アル・パシーノやドロンの真似なんか
されると恋も醒めてしまいそうですぅ~とか歌っているわけで。素のあなたが最高だと
主張しているだけならまだよいけど、「気取りすぎ」だの「うわべだけのまぶしさ」だの
いっているので、野沢那智ファンの妄想の歌にしては、ファンにはあるまじき野沢那智
の仕事の否定になりかねないことをいっているような……。

まあ、追っかけの子の心境をうたったというのとは真逆で、自分のつきあっている彼女
には、どんな二枚目の大スターよりもあなたが一番なんだといってもらいたいという願望
を、うまくすくった歌詞なんじゃないかなあと思う。

もちろん、この歌詞にうたわれていることは女性の本音とは異なるともいえないだろう。
いや外人の大スター (それも翳りのあるタイプ) とか、そこまでハードルあげようと思わ
ないから、真似しなくてもいいから、っていうかお願いだからやめて (泣) というのは、
本音としても充分ありだと思えるし。

http://neoretro.blog96.fc2.com/?mode=m&no=696
>楽曲のタイトルに使われている、アル・パシーノもアラン・ドロンも当時人気がある
>俳優さんでしたから、映画とか観られた後には特に、上に引用させて頂いた歌詞に
>出て来るように真似られた方も多かったのかも知れませんね。仮に楽曲に出て来る
>あなたが二枚目だとしても、そこは日本人ですから、二人の二枚目俳優さんのように
>決める事は難しいでしょうね。


つまり、誰もがアラン・ドロンやアル・パシーノの真似をうまくできるとはかぎらないし、
当然ながら、誰もが野沢那智のようなことができるわけでもないのだ、ということで。


More...

http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/books/1291896477/847-
-------
846 :無名草子さん:2010/12/23(木) 23:13:32
ところで、本日アップされた野沢那智には誰も突っ込まないの?

857 :無名草子さん:2010/12/24(金) 08:17:53
>榊原郁恵に『アル・パシーノ+アラン・ドロン<あなた』
>というへんてこな唄があって(“<”は“より”と読む)、
>1977年のヒット曲だったから、アルパチもトウが立ち始めていたし
>ましてやドロンなんかにかぶれる若い男なんざもういやしねえだろう、
>作詞(森雪之丞)のセンスが古い、と当時喫茶店で駄弁っていたら、
>そのころつきあっていた女の子が
>「ドロンもパシーノも野沢那智が吹き替えている。この女性が
>慕っている“あなた”というのは野沢那智のことなのではないか」
>という説を唱えて、なるほど、と妙に納得した(?)のを覚えている。


アル・パシーノ+(たす)アラン・ドロン<(より)あなた (1977年10月1日)
作詞:森雪之丞 作曲:森雪之丞 編曲:小六禮次郎


ほほう、1977年10月以降という事は札幌での浪人時代ですな。
当時付き合っていた彼女ですか、例の東京まで追いかけてきた彼女ですか?
古本屋の前で「もう知らない」といって去っていった彼女ですか?
それとも取っ替え引っ替え同じ映画を見に行った中の一人ですか?


パチーノがパシーノだった1977年はまだ人気凄かったと思うよ。
「狼たちの午後」は1975年製作だけど、日本では1976年公開
アラン・ドロンもまだ二枚目の代名詞として使われていた時代。


858 :無名草子さん:2010/12/24(金) 08:23:19
>ましてやドロンなんかにかぶれる若い男なんざもういやしねえだろう、

相変わらずの江戸っ子気取りw

>そのころつきあっていた女の子が
>「ドロンもパシーノも野沢那智が吹き替えている。この女性が
>慕っている“あなた”というのは野沢那智のことなのではないか」
>という説を唱えて、なるほど、と妙に納得した(?)のを覚えている。

そっちの方が無えよハゲ


859 :無名草子さん:2010/12/24(金) 08:36:24
1977年当時の雑誌ロードショウなんかでも、パシーノ&ドロンはしょっちゅうグラビアに登場している。
新作映画が無くても、何かのパーティに出席したとかの話題で。


860 :無名草子さん:2010/12/24(金) 09:33:57
まだ『ゴッドファーザー』PART1から5年後じゃないか。
当時海外では二枚目の代名詞としてパシーノがドロンを上回ってたのに、
日本で二枚目の代名詞といえば依然ドロンで、映画をまったく知らない
層にまではパシーノの知名度が浸透していなかったと思う。
歌詞がアル・パシーノから始まるのは、そこに目をつけたのかもしれない。

910 :無名草子さん:2010/12/24(金) 23:32:02
ヴィヴィビのガセパク男
http://tondemonai2.blog114.fc2.com/blog-date-20101224.html

さっき藤岡さんとこの最新エントリも読んできた。
テンテーが野沢那智を「追討」したの、自分の声がいいとおだてる馬香な信者の口車に乗って、
本職のプロを敵に回しちゃったんだなって読んでてわかった。

911 :無名草子さん :2010/12/25(土) 03:03:00
あいかわらずサークルの女性は誰某構わず
「つきあっていた女の子」なんだな。

912 :無名草子さん:2010/12/25(土) 04:04:04
藤岡さんのブログで野沢那智の「追討」を読んだ。
血圧急上昇中。
まず自分の親戚を「上品な、教養ある紳士」「いい生まれの人」と
しているのが笑止千万。

>第一次声優ブームで、神谷明や山田康雄を追いかけている女の子は周囲に山ほどいた

これは第二次声優ブーム。
第一次声優ブームの中心になっていたのが野沢那智、山田康雄、若山弦蔵ら。
山田康雄は第二次の頃も大人気だったけど、その下の世代の方が話題になっていた。
富山敬、古谷徹、井上真樹夫…あたりの名前が出なきゃ嘘だよ。
もう一世代下の曽我部、水島、古川、三ツ矢を入れればさらによし。


913 :無名草子さん:2010/12/25(土) 07:35:11
第二次声優ブームを経験しているような年代の方はもう血圧を心配しなくちゃいけないお年頃。
その世代の血圧を無意味に上げさせる唐沢は殺人昆虫だな。

-------
スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

17:59  |  その他の雑学本 間違い探し編 (324) +  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2013年04月17日(水) 10:16 |   |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/584-9fc7060b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。