2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.29 (Sun)

ミラクルアイランドのジパングを信じなさいってピンクレディーもうたっていたよ

http://www.fujiokashin.com/criticism.html の「ラジオライフ 5月号(2009/03/25)・      
第44回「世界を変えたサギ的名著」の巻」の後追いのようなもの。

「ラジオライフ」 5 月号

 果たして『東方見聞録』は貴重な歴史の記録なのか、それとも稀代のサギ
的偽書なのか。少なくとも800年以上に渡り、世界をだまし続けてきたという
ことを考えれば、まさに史上最大級のサギ書といって過言でないだろう。

「1296年に書かれた東方見聞録を『800年以上』と言うカラサー時空がスルーされて
いる件」という指摘にはじまり、「しょうがないねえ、日本一の学が粗雑な王は。」で
おわる2ちゃんねるのスレでのやり取りは、Read More を参照のこと。

http://ja.wikipedia.org/wiki/東方見聞録
>1271年にマルコは、父ニコロと叔父マッフェオに同伴する形で旅行へ出発した。1295
>年に始まったピサとジェノヴァ共和国との戦いのうち、1298年のメロリアの戦いで捕
>虜となったルスティケロと同じ牢獄にいた縁で知り合い、この書を口述したという。


「800年以上に渡り、世界をだまし続け」と書くのは、2100 年になるのをまってからに
しろ、話はそれからだと。あえて唐沢俊一に好意的な解釈をすれば、それがまてない
のが SF ファンかもしれないが。

2ちゃんねるのスレには、「『オハイオ州でおはよう』レベルの人」との指摘もあったが、
これは唐沢俊一に対する適切な評価とはいえないのでは。唐沢俊一は、「トンデモさん
をも超えたトンデモ」なのだから……。

「オハイオ州でおはよう」ならば、アメリカにオハイオという州があって――というまでは、
別に間違っていない。へべれけの語源がギリシャ語の“ヘーベーエリュケ”という珍説
があるが、これもヘーベーエリュケ(Hebe erryke) がギリシャ語というのまではあって
いる。それをイタリア語ということにしてしまう唐沢俊一は、トンデモとしてのレベルが
より高い。

唐沢俊一は、800 年以上前の『東方見聞録』とやらかしたのと同じ号の「ラジオライフ」
に、ジパングはジンバブエが語源との説もあると紹介しているが、これも多重の誤りに
より、わけがわからなくなっている複合構造 (?) のガセではないかと。

通常いわれているジパングの語源は、中世中国語では「日本国」を「リーベングォ」と
発音されていて、それをマルコ・ポーロが Cipangu (Chipangu) としてヨーロッパに紹介し
広めたというもの。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ジパング
>語源については、「日本国」を中世の中国語で発音した音[1]が語源とされ、ヨーロッ
>パにはマルコ・ポーロがCipangu(あるいはChipangu)として最初に紹介したと言われ
>る。
〈略〉
>1. ^ 大元朝時代後期に編纂された韻書『中原音韻』(1324年)などから再現される大
>元朝時代前後の近古音を対応させると「日」は riət (入声)、「本」は puən (上声)、
>「国」は kuo (入声)に比定される。一方、同じ大元朝時代にパスパ文字と漢字音を
>対応させた朱宗文 撰の韻書『蒙古字韻』(1308年)によると、「日」は ži の入声、
>「本」は bun の上声、「国」は guŲ の入声にそれぞれ分類されている。現代ピンイン
>の場合 /rí-bĕn-guó/ となり「リーベングォ」と発音。


Wikipedia にも、「マルコ・ポーロのジパングが日本のことを指すという見方が現在一般
的であるが、異説もある」と、「元が遠征した東南アジアの小国家群を示す『諸蕃国』
(ツィァパングォ)の訛り」説などが紹介されているし、マルコ・ポーロがジパングという
言葉を広めた説をとらないというだけならよいのだけど、唐沢俊一のいうジンバブエ説の
方は、困ったことに、それがどこからきたものなのか、そもそもそんな説があるのかどうか
すら不明なのである。……駄洒落にしても、最初の「ジ」しかあっていないし。

ジンバブエの方は、ショナ語で「石の家」の意味で、優美な石の曲線をえがく建造物が
みられるグレート・ジンバブエ遺跡が有名。この「人々が誇りとする遺跡の名前を国名に
した」のが、現在のジンバブエという国とのこと。

http://ja.wikipedia.org/wiki/グレート・ジンバブエ遺跡
>ジンバブエとは、ショナ語で、首長、王の宮廷の意味を含んだ「石の家」という一般語
>であるため、特定して最も大規模で著名なこの遺跡を指すときは、語頭に「グレート」
>を付けるのが慣例となっている。
>最近の研究の進展にともない遺跡を築いたと想定されるショナ族の国家の通称名と
>して「グレート・ジンバブエ」の名称を用いるようになってきた。


http://www.nhk.or.jp/sekaiisan/card/cards521.html
>アフリカ南部の国ジンバブエ。国名のジンバブエとは「石の家」のことで、この遺跡に
>由来します。植民地時代にはローデシアと呼ばれていましたが、独立後、人々が誇り
>とする遺跡の名前を国名にしたのです。〈略〉后の家とも神殿とも言われる巨大な円
>形の建造物、グレート・エンクロージャー。優美な曲線を描く石積みの壁からは、王国
>が高度な文明を持っていたことが伺われます。


- http://www2s.biglobe.ne.jp/%7Et-ohashi/africa/greatz.html
- http://4travel.jp/traveler/kirimarukun/album/10166076/

遺跡の写真をみると、まさに「石の家」で黄金伝説とは関係なさそうだし、マルコ・ポーロ
ともジパングとも特に接点はなさそうだが……。

ただまあ、高度な文明の存在をにおわせる非ヨーロッパ圏内の遺跡のため、何かと
妄想のネタにされていたようだ。

http://solidas.blog29.fc2.com/blog-entry-175.html
>通称:グレート・ジンバブエ

>西洋人の手によって「発見」されたのは19世紀も後半に差し掛かりつつあった1860年
>代のことらしいが、もうのっけから妄想爆発である。

>「シバの女王国の首都オファールの遺跡に違いないのじゃ!」
>「いや、これは古代フェニキア人が建てたに違いない! だってレバノン杉の匂いがす
>るぞ」
>「ユダヤ人が作ったに決まってるだろ。あいつらは(以下陰謀史観を延々)だ」
>「これはアラビアの金の鉱山で、アラビア人の手による」
>「アホか、これは西アジア(要するにユダヤ人に近い人々)の作り方だ。石組み見ろ」
>「これが伝説のプレステ・ジョアンの国だ!」

>当時の白人絶対優位の中で、現地の住民による文化であるとは認めたくなかったん
>だろう。20世紀になってようやく現地ショナ人の手による遺跡だと判明したわけだが、
>つい2,30年前までは、まだ白人優位主義だったので、公式見解は「謎に包まれてい
>る」のままだったのである。


2ちゃんねるのスレで言及されていたオファール (Read More 参照) をはじめ、何だか
いろいろあるようで。

で、このブログの続きを読んでいくと、マルコ・ポーロやジパングとのつながりも、わかっ
てきたような気がしてきた。(わかりたくなかったような気もするが)。

http://solidas.blog29.fc2.com/blog-entry-175.html
>このプレステ・ジョアン伝説。実は変な方向に繋がることがある。

>アトランティス伝説だ。まあ、一度は聞いたことがあるアトランティス伝説。ここにどう
>繋がるのかというと、これがまたホラ話みたいなもので、オットーの二国年代記という
>本がある。

>この中に、「東方のどこかにアトランティス大陸がある」という記述があるらしい。これ
>がどうやら巡りめぐってプレステ・ジョアンになったというのだが、まあ着想はこんなと
>ころからなんだろう。

>で、どうせ、着想をもらったんだったら、わからないように風呂敷広げようぜ! で作ら
>れたのがプレステ・ジョアンの手紙。もう内容は無茶苦茶である。

>「国は横断するだけで3ヶ月かかる。72の州都と統治の王がおり、領土はインドを含
>む極東とバベルの塔の間に広がる。アマゾン女族(3人の女王に支配された10万の
>女戦士達)、バラモン僧族、使徒聖トマスの聖所、青春の泉、黄金、銀、白銀、宝石
>が流れ来る河、健康と永遠の若さを与える魔法の泉などである」引用元 ドードーの
>絶滅・インド洋モーリシャスの悲劇

>どこのSFかと思われるだろうが、こんな話を聞かされて、漲らない商人はいない。で、
>この中にある黄金の河伝説が、今度は南米のエル・ドラド伝説に結びつく。で、まあ
>予想通りというかこれとジパング伝説が結びつく。そりゃマルコ・ポーロも漲るって話で
>ある。


しかし、唐沢俊一のいうジパング=ジンバブエ説は、さらにもう一段階、トンデモ飛躍を
はさまないといけないかも。


More...


http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1237548620/507-
-------
507 :無名草子さん:2009/03/26(木) 21:13:43
1296年に書かれた東方見聞録を「800年以上」と言うカラサー時空がスルーされている件

508 :無名草子さん:2009/03/26(木) 21:23:55
>>507
本当だ・・・そこまで読んでなかった。
というか、いくら唐沢でもまさかそこまでトンデモない間違いをやらかすとは!

ジパングとは日本ではなくジンバブエだという説があるとも書いてるけど、本当にそんな説あるの?
東方見聞録ではジパングのことを島国だと書いているはずなんだが。

509 :508:2009/03/26(木) 21:30:37
それと中国経由の伝聞なのにジンバブエの話が出てくるというのも疑問。

「ラジオライフ」買ってないから、どんなふうに書かれていたか確認できないけど。

510 :無名草子さん:2009/03/26(木) 21:38:53
>>507
と学会的には下二桁の誤差はセーフ

511 :無名草子さん:2009/03/26(木) 21:45:01
>ジパング
古い中国語で日本を「じー・ぺん・ぐぉ」と呼んだのだが、ジンバブエというのはどこから出てきた説?
(すまん漢字忘れた、ぐぉは国)


512 :無名草子さん:2009/03/26(木) 21:49:15
Jih-pen-kuo
日本国

513 :無名草子さん:2009/03/26(木) 22:08:58
ジンバブエという説もあるらしい
たしか唐沢が書いてた

514 :508:2009/03/26(木) 22:26:27
自信がなくなってきた。「ラジオライフ」確認しないと。
たしか唐沢はジンバブエと書いていたと思うのだが・・・

515 :無名草子さん:2009/03/26(木) 22:33:56
陣場笛。
元々、鎌倉時代に戦場で兵士を鼓舞するために吹かれた笛が語源。
転じて、アフリカの小国の名に。

516 :無名草子さん:2009/03/26(木) 23:25:42
>>514
東方見聞録を懐疑的に見る説の中に、ジパングがジンバブエだという説がある。ジパングだと日本だとわからない、
というようなことを「ラジオライフ」で。
ジパングが中国語の日本の意味だと、唐沢は知らないようだ。

517 :無名草子さん:2009/03/26(木) 23:28:57
そもそも「東方見聞録」を嘘偽り無い歴史書として扱っていた事実自体、あったのか?

518 :無名草子さん:2009/03/26(木) 23:31:04
東方見聞録のうさんくささをそのまま再現した高等テクニックだろ
そこまで読み取れるようじゃないと、唐沢に笑われるぞ

519 :無名草子さん:2009/03/26(木) 23:34:04
>>518
ソノハッソウハナカッタワ~

520 :無名草子さん:2009/03/26(木) 23:36:22
>>515

ばってん=but then
みたいなもの?

676 :無名草子さん:2009/03/28(土) 13:27:45
『ラジオライフ』で唐沢は確かに、ジパングにジンバブエ説があると書いてるね。
フィリピン説があるのは知ってたけど、ジンバブエ説とは初耳。
当時中国と交易があったのは確からしいけど『東方見聞録』の記述とは地理的に全く一致しないんだが。
それにジンバブエ共和国が成立してからまだ30年も経ってないよ。↓その国名の由来にしても・・・

「ジンバブエ」(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%96%E3%82%A8
>国名はショナ語で「石の館(家)」を意味し、ジンバブエ国内にあるグレート・ジンバブエ遺跡に
>由来する。かつては南ローデシアと呼ばれていた。
>1980年の総選挙の結果、ジンバブエ共和国が成立し、(略)

「グレート・ジンバブエ遺跡」(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%96%E3%82%A8%E9%81%BA%E8%B7%A1
>ジンンバブエとは、ショナ語で、首長、王の宮廷の意味を含んだ「石の家」という一般語であるため、
>特定して最も大規模で著名なこの遺跡を指すときは、語頭に「グレート」を付けるのが慣例となっている。
>最近の研究の進展にともない遺跡を築いたと想定されるショナ族の国家の通称名として「グレート・
>ジンバブエ」の名称を用いるようになってきた。

679 :無名草子さん:2009/03/28(土) 13:50:27
>ジパング=ジンバブエ説
ひょっとして、オフィールと間違えてる?

http://www.geocities.com/genitolat/Utopia/index.html
>オフィール: 旧約聖書に出て来る黄金郷。現在のマリ共和国(あるいは
>ジンバブウェ)ではないかとされている。

681 :無名草子さん:2009/03/28(土) 13:55:55
>>679
それだ!

682 :無名草子さん:2009/03/28(土) 16:10:55
ジパング=ジンバブエの珍説もどっかにあるのかもしれないけど。最初から唐沢先生が
出典を書いてくれたら、どういう勘違いだったのかも分かりやすかったのにね。w

693 :無名草子さん:2009/03/28(土) 20:03:36
http://www.interq.or.jp/www1/infomat/info34000.htm

>●「ジパング」について..........................................................
>マルコ・ポーロの「東方見聞録」に「Cipangu/Cipancu(チパング)」と言う言葉が出てくるが、
>これが「日本」を指すことは誰でも知っている。現在は一般的に「ジパング(Zipangu)」で通って
>いるが、ベニス〔イタリア〕の旅行家マルコ・ポーロが中国に出向いた時に、現地の中国人が「日本」
>のことを「ジイベンクオ(日本国)<方言?>」と話しているのを、彼は「Cipangu/チパング(伊語発音)」
>と聞きとり、耳にした発音(伊語発音)のままベニスに伝えた。その後、オリジナルな言葉であるCipangu
>(チパング)は欧州の引用者によってZipangu(ジパング)とかJipangu(ジパング)などと書き表されるよ
>うになった。
>※マルコ・ポーロが聞きとった「チパング」は、「ジイベンクオ」に極めて近い発音であり、ともに同じ
>「日本」を指すことから、「チパング」は前記の中国語に由来していることが分かる。「ジイベンクオ」、
>「チパング」...と早口で何回も唱えてみると、両者の発音に相通ずるもののあることを感触できるであ
>ろう。勿論、中国の標準語である北京語では「日本国」を「ジーベンクオ」とは発音せず、「リーベンクオ」
>と発音する。ちなみに、「日本」のことを各国語で書き表すと次の通りである。
>(英)Japan〔ジャパン〕、(独)Japan〔ヤーパン〕、(仏)Japon〔ジャポン〕、(西)Japon〔ハポン〕、
>(葡)Japaon〔ジャパン〕、(伊)Giappone〔ジャッポネ〕、(ノルウェー)Japan〔ヤーパン〕(瑞/スウ
>ェーデン)、Japanska、〔ヤパンスカ〕、(露)Япония〔ヤポーニャ〕。
>即ち、英語のJapan(ジャパン)は「チパング/ジパング(Cipangu/Zipangu/Jipangu)」から転化したもの
>である。その他の国語による呼び名も同様に転化語である。
>※参考までに示すと、韓国語では日本のことを「イルボン」と言う。

ジンバブエw

696 :無名草子さん:2009/03/28(土) 20:50:49
グレート・ジンバブエ遺跡
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%96%E3%82%A8%E9%81%BA%E8%B7%A1

>「オフィール伝説と初期のずさんな調査」
>1860年代にはグレート・ジンバブエ遺跡の起源について全く誤った仮説が立てられていた。
>南アフリカのトランスヴァールで活動していたドイツ人宣教師A.メレンスキーなどは、
>ショナ族居住地にあるという巨大な遺跡についてソロモン王を訪ねた「シバの女王国」の
>首都オフィールに違いないと考え、同国人の若い探険家カール・マウフにそのことを伝えた。

>「本格的な考古学調査の時代の到来」
(略)
>また、発見時の遺物の層位学的な位置関係に注目するとともに、アラブやペルシャ製ビーズ、
>中国産陶磁器などの搬入品はソロモン時代の紀元前どころか、早くても11世紀をさかのぼる
>ことはなく、これらの遺跡は15世紀ごろのものであると論じた。

705 :無名草子さん:2009/03/28(土) 21:39:29
「グレート・ジンバブエ遺跡 」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%96%E3%82%A8%E9%81%BA%E8%B7%A1

>最近の研究の進展にともない遺跡を築いたと想定されるショナ族の国家の通称名として
>「グレート・ジンバブエ」の名称を用いるようになってきた。

>研究者によって「グレート・ジンバブエ国」ともよばれるこの政体の「王」は、(略)
>中国の元、明代の陶磁器などの出土品が当時のグレート・ジンバブエのさかんな交易と
>産業の発展を物語っている。


つまり「ジンバブエ」とは後世の通称で、繁栄当時はそう呼ばれてなかったってことかな?
大体、「Zipangu」と「Zimbabwe」じゃ、頭の「Zi」が合ってるだけじゃないか。

706 :無名草子さん:2009/03/28(土) 21:46:05
やべえ、「オハイオ州でおはよう」レベルの人がと学会にいるよ~

707 :無名草子さん:2009/03/28(土) 21:55:16
やっぱりオフィールと混同した馬鹿頭が有力か。
しょうがないねえ、日本一の学が粗雑な王は。

------


スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

13:06  |  その他の雑学本 間違い探し編 (324) +  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/58-e2f2657b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。