2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.09.27 (Mon)

笑う藤原氏

2010 年 9 月 5 日 11:45 からの日テレ『スクール革命』

「光宇宙 (ピカチュウ)」は非実在?
オードリー踊るなら
一という名字だったら一という名前をつけたくなるかな人情として
時々でいいからお公家さんのことも思い出してください
実在しない名字をカウントするのは止めましょうということで 10 万種類
元データ不明の「知念」は「約20倍いる」
唐沢俊一に“スミス”を扱わせたのがいけなかったんじゃなかったかという話も
ほにょ、ほんにょ、ほにお、すずきの木
佐藤さんといえば大ムカデ退治と西行法師
天国への梯子だったり天皇の料理人だったりの高橋さん

の続きのようなもの。ええと、名前関連のネタだけあって、寿限無みたくなっているのは、
仕様だということで。

http://matodoga.blog24.fc2.com/blog-entry-6407.html で動画を発見し、以前見た
ときに気になった、「藤原」さんその他、「藤」のつく名字について。「佐藤」さんについて
のときに話されていたことだけど、http://www.ntv.co.jp/s-kakumei/onair/100905.html
には載っていない。

----------------- (キャプション)
名字
「あとからつけたもの」「先祖伝来」

-----------------

唐沢俊一「そして実は日本で一番そのまあ何と言いますか子孫というか一族というのが
多いというか藤原氏という一族なんです。」

----------------- (キャプション)
藤原氏
日本の古代から近世まで繁栄した貴族

-----------------

----------------- (キャプション)
「佐」という職位をつとめた藤原氏
→「佐藤」

-----------------

唐沢俊一「藤原氏につかえている人間、藤原氏の子孫の人間、藤原氏に何か関係した
人間というのが、あのいわゆるあの藤というのが名前につく字、名字というのが多い。」

----------------- (キャプション)
藤原氏の繁栄で藤が付く名字が多い
藤井・藤本・伊藤・加藤・近藤など

-----------------

唐沢俊一「藤本、藤井、藤田……」
“藤原さんという方は”
唐沢俊一「もちろん」
“直系の”
唐沢俊一「直系のほうです。」

“藤原さんは直系なの”
唐沢俊一「直系です。もちろん直系ばかりではなく、それに憧れて、あやかろうとして、
その名をつけた方もいます。」


……唐沢俊一は二度も「直系」と断言していたが、公家の藤原氏の直系で、現在の名字
が「藤原」という人は、まずいないという話では、なかったっけ。日テレ『スクール革命』の
サイトにこの話が載っていないのは、さすがにまずいと思ったせいなのか。そういえば、
キャプションにも「直系」とか書いてはいなかったですね、と。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1998707.html
>現在公家の藤原氏の一族で、藤原さんはいないと考えてください。鎌倉時代ごろから
>は、藤原は氏族の総称になり、嫡流は九条家・近衛家・二条家・一条家・鷹司家の五
>摂家になり、その分家も御子左家・四条家・勧修寺家・日野家・中御門家などを名乗
>るようになります。
>現在藤原を名乗る方は、明治維新のときに藤原氏にあこがれて名乗った方と藤原氏
>の部曲(かきべ)や部民(べみん)といった、隷属関係にある方々の子孫で、それに
>ちなんで名乗った方などです。
>加藤とか伊藤という苗字もこういった由来はありますが、直接藤原氏の子孫という訳で
>は無いようです。


http://logsoku.com/thread/kamome.2ch.net/min/1018538398/
>99 :天之御名無主 :04/01/05 00:16
>藤原さんはね、ほとんど藤原氏とは血縁なかよ。
>いや、交雑の進んでる現代において200代も遡れば皆兄弟って説もあるから、
>中にはどこかでつながってる奴もいるだろうけど。

>藤原氏の「藤原」は姓(かばね)なので、公家の藤原さんはほとんど
>近衛とか九条とかの苗字名乗ってるの。
>公家系藤原氏(道長とか)と武家系藤原氏(純友とか)との違いも意識しないと。

>由来のひとつは、由緒正しい藤原氏に源流をもつものがあるよね。
>それ以外に、武家藤原が地方に任官したときの現地領民が名乗ったパターンもある。
>さらに、地名が藤原という場合も少なくない。地名自体は藤原氏の荘園由来だったり
>するけど。
>あとは、明治時代に国民皆姓で出自を詐称したものも含まれるよね。

>みんな藤原氏に影響されてはいるけど、血縁はほとんどの場合ないやねえ


「藤原氏の嫡流は近衛家・鷹司家・九条家・二条家・一条家の五摂家に分立」したのは
鎌倉時代のこと。これらの家の人たちが明治維新のときに、戸籍に藤原という名字を
登録したという話も聞かない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/藤原氏
>姓から家名へ
>鎌倉時代に入ると藤原氏の嫡流は近衛家・鷹司家・九条家・二条家・一条家の五摂
>家に分立し、五摂家が交代で摂政・関白を独占し続け公家社会においては一定の
>影響力を持ち続けるが、政治の中枢とは隔絶し明治に至る。
>五摂家以外にも、三条家・西園寺家・閑院家・花山院家・御子左家・四条家・勧修寺
>家・日野家・中御門家など数多くの多くの支流・庶流がある。
>公家の他に、北家の藤原道兼の子孫の宇都宮氏流や、同じく北家の藤原長家の子孫
>の那須氏流、同じく北家の藤原房前の子の藤原魚名の子孫の藤原利仁、藤原秀郷
>からは、多くの武家も輩出した。

>現代の藤原(氏)
>現在の研究では、庶民の苗字は明治初めにもともと先祖伝来のものを戸籍に載せた
>場合が多いとされ、現代の藤原氏の多くは全国各地に存在する藤原という地名が発
>祥と考えられる[3]。また藤原氏の部民(部曲。農業労働者)として仕えたという由来
>から、明治新姓の際に登録したケースもあるようだ。
〈略〉
>3. ^ 「姓氏家系大事典」丹羽基二(新人物往来社)



それから、気になったのは、「藤原氏の繁栄で藤が付く名字が多い」ということで挙げら
れていた「藤井・藤本・伊藤・加藤・近藤など」について。

「伊藤・加藤・近藤」のような、漢字一文字+「藤」のタイプについては、斉藤や工藤など
を含め、藤原氏が由来という話はよく聞くところではある。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1244627
>近藤は、近江国の藤原氏。遠藤は、遠江国の藤原氏。というようなことを聞きますが、
>藤が付けばすべて藤原氏の子孫とはいえないでしょう。日本人の8割が百姓だったの
>ですから。


http://ja.wikipedia.org/wiki/藤原氏
>藤原氏の子孫とされる苗字
>ただし、これは苗字の由来であり、これらの苗字だから藤原氏の子孫とはいえない。
>つまり藤原氏の子孫の伊藤氏や加藤氏もあれば、藤原氏とは関係がない伊藤氏や
>加藤氏もある。また、藤を「とう」と読まなかったりする。[4]。
>・伊藤 - 伊勢に移った藤原氏。
>・加藤 - 加賀に移った藤原氏。
>・後藤 - 備後に移った藤原氏。単に藤原氏の後裔を示す場合も[4]。
>・近藤 - 近江に移った藤原氏。
>・佐藤 - 佐渡、佐野に移った藤原氏。藤原氏の繁栄を祈した藤重などがある。左衛門
> 尉(さえもんのじょう)や佐(すけ)など律令制の役職との合体も含まれるとされる。
〈略〉
>4. ^ a b ビーバップ!ハイヒール、2009年7月2日放送(ABCテレビ(朝日放送))


http://www.houbunkan.jp/shopping/10202/index.shtml
>丹羽 基二シリーズ3
>苗字のはなし(I) -苗字は歴史のエッセンス-
>A5判/上製/カバー付/238頁 価格:2,415円(税込み)
〈略〉
>◆第一章:大姓・珍姓いろいろある(代表的な131の苗字を取り上げて解説)
>たとえば、佐藤さん=佐野の藤原氏、加藤さん=加賀の藤原氏、斎藤さん=斎宮頭
>の藤原氏。金持さん=平家が滅んで陰栖、伯耆国の豪族・・・など。


すぐ上に引用したように、姓氏研究家の丹羽基二は、「佐藤」と「加藤」を特定の地名
と藤原氏の「藤」を組み合わせたもの、「斉藤」を「斎宮頭の藤原氏」としているし、
『よくわかる!名字と家紋』 (武光誠) http://books.google.co.jp/books?id=-JV4pjoJiHAC
では、加藤と伊藤、工藤と斉藤を「藤原氏+官職が由来」のものとしている。

しかし、「藤井・藤本」、そして、キャプションにはないが唐沢俊一が口走った「藤田」に
ついては、そういう話はあまり聞かないような……。

ざっとググってみたところ、「藤本」は藤原氏由来らしい。

http://plaza.rakuten.co.jp/context1176/43006
>●中野 高井郡中野郷発祥。
>●小出 伊那郡
>●国分 小県郡国分庄発祥。
>●志賀 佐久郡志賀邑発祥。
>●藤本 小県郡上塩尻の名族

>以上は、藤原氏


「藤井」は、『よくわかる!名字と家紋』 (武光誠) には「藤井は藤原系の名字」と書かれ
ている一方、「卜部氏の流れを汲む堂上家」としての「藤井家」があったり、井戸の側に
藤があったことに由来する地名が存在したりで、ちょっと微妙。

http://books.google.co.jp/books?id=-JV4pjoJiHAC
>藤井は藤原系の名字で、「藤原氏の中に居る」ことを現す藤居が変化したものとされ
>ます。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1119320131
>藤井は西日本に活躍した藤原系の武士です。
>自分が藤原氏の流れを示す「藤居」でしたが、字の形がよくないとのことで、「藤井」
>となりました。
>公家(家紋:柏)、清和源氏系(家紋:撫子)、武家(三藤巴)に藤井がいます。


http://ameblo.jp/minami-fujii/entry-10344770087.html
>アナタの苗字SHOWを見ています。
>藤井さん、全国ランキング42位です!!!
>可も不可もない。
>いや・・・多いのか。
>番組はとっても面白かったです
>藤井の由来は「藤の咲く井戸のほとりの意」・・・・・・・まんますぎる。むう。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1342756618
>地名に関して言えば、
>・茨城県常陸太田市玉造町の「藤井」は
>『風土記』に見える玉の清井に藤の木があったことに由来しています。


http://ja.wikipedia.org/wiki/藤井家
>藤井家(ふじいけ)は卜部氏の流れを汲む堂上家。代々平野社預かりを兼ねた家で、
>藤井充行(従二位・民部大輔・右京権大夫)(1722年 - 1792年)を祖とする。
> 家格は半家。従二位・非参議を極官とする。
> 江戸時代の家禄は30石。明治時代以降子爵。


「藤田」の方は、藤原氏由来の名字ではない模様。これをキャプションからはずしたのは
賢明だったということか。

http://office-maeta.jp/office/contents/060828.htm
># 順位はなるほど日本知図帳 04-05(昭文社)から → これも第一生命資料から
>のようだ
〈略〉
>藤田
># 名字ランキング33位。
># 武蔵国榛沢郡藤田郷に代表される地名姓。同国の桓武平氏畠山氏の支族で、
>西日本、特に瀬戸内海沿岸に多い。藤原氏由来の名字かと思ったが、植物の藤に
>由来するものの他、「縁」や「淵」由来の地名姓のようだ


その他関連 (多分しない) URL:
- http://logsoku.com/thread/yutori7.2ch.net/news4vip/1267800111/


で、まあ、実際に日テレ『スクール革命』がどのように製作されているかは、外部の素人
は想像するしかできないが、収録の後で、唐沢俊一の話したことをこっそり取捨選択
して、文字情報として出すものと出さないもの、後日サイトにアップするものとしないもの
とを、それなりの手間をかけて分別して (?) いるのかなあ。

貴族がもっている精神の強さ」とかいうのについては、しょうがないので「諸説あります」
で対処したりして。

これは、ネタ集めが唐沢俊一によるものだったせいなのだろうか、それともいざ収録の
際に、唐沢俊一が余計なことを勝手につけ加えてしゃべったりしたせいなのだろうか。

スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

00:22  |  本以外の媒体 間違い探し編 (13) +  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/530-6d66d9e1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。