2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.09.19 (Sun)

実在しない名字をカウントするのは止めましょうということで 10 万種類

2010 年 9 月 5 日 11:45 からの日テレ『スクール革命』

「光宇宙 (ピカチュウ)」は非実在?
オードリー踊るなら
一という名字だったら一という名前をつけたくなるかな人情として
時々でいいからお公家さんのことも思い出してください

の続きみたいなもので、なぜか「毒を食らわば皿まで」という言葉が脳裏にちらつく今日
この頃。いや別に名前ネタをやることが、罪だとか悪だとか思っているわけではないのだ
けれど。

さて、日テレ『スクール革命』の唐沢俊一担当部分では、よくある名字の順位づけという
のもやっていて、これは「*出典:村山ランキングより」となっている。

http://www.ntv.co.jp/s-kakumei/onair/100905.html
>第3位 「高橋」
〈略〉
>第2位 「鈴木」
〈略〉
>第1位 「佐藤」
〈略〉
>4位 「田中」
>5位 「渡辺」
>6位 「伊藤」
>7位 「山本」
>8位 「中村」
>9位 「小林」
>10位「加藤」   *出典:村山ランキングより


http://www2s.biglobe.ne.jp/nazuke/myouji.html
> いろいろな名字の人数、そして順位については、いくつかの調査があります。
> 第一生命では契約者の名字の順位を、上位のものだけ発表しています。ふりがな
>の集計ですので、たとえば堺、酒井、坂井、阪井、坂居さんなどは同じ分類になります。
> また、かつて姓名研究家の佐久間英氏が上位6,000位を発表したいわゆる佐久間
>ランキングも有名です。漢字別の集計ですので、たとえば大谷(おおたに、おおや)
>さんは同じ分類になります。ただしこのランキングは、たとえば推定人数が5万人の
>名字が90種類ある、というようにグループ別で表現しており、同じ人数の名字では細
>かい順位は不明だとしています。
> 佐久間先生が調査されたときは、電話の普及率が地方によって差があったため、
>資料はおもに都道府県別の「教職員名簿」によったそうですが、パソコンもない時代、
>家族全員で8年近い歳月をかけ、まさに気の遠くなるような作業を完成されたのです。
> 今の時代はほとんどの家庭に電話はあり、電話帳での順位は信憑性があります。
>電話帳にのせない人もいますが、ランキングにはあまり影響しません。電話帳はもち
>ろん漢字別ですが、ちがう名字で人数が一致することは少なく、細かい順位が出ます。
> 電話帳では、第一生命発表の順位や、佐久間ランキングとはややちがう順位になり
>ます。
> 全国個人電話帳の検索ソフト、写録宝夢巣ver5以降(日本ソフト販売)では、上位
>10,000位までの名字の順位が表示されるようになっています。
> 名字の順位でもっともくわしく、信頼性の高いのが、熊本県在住の村山忠重氏の調
>査による、村山ランキングです。
> これは写録宝夢巣をはじめ多くのデータをもとに永い年月をかけて集計し、ベスト
>30,000位を確定させたもので、写録宝夢巣の年度版だけでの順位とかなりちがい
>ます。
> この村山ランキングは、別冊歴史読本「日本の苗字ベスト30,000」(新人物往来社)
>で発表されています。ぜひ入手して、ご自分の名字について調べていただくと面白い
>でしょう。このような大規模な集計が個人によって行われたのは前代未聞のことです。


「村山ランキング」の人は「苗字舘」 http://park14.wakwak.com/~myj/ というサイトを
公開していて、そちらで名字の順位を確認することも可能。

先の引用に出てきた「佐久間ランキング」、後述の姓氏研究家の丹羽基二などと同様、
名字関係は一個人が「気の遠くなるような作業を完成」した、その成果を第三者が享受
することが多いのだなと思った。

http://park14.wakwak.com/~myj/kaisetsu.html
>制作方法
> 使用したデータは電話帳です。前回同様日本ソフト販売(株)の「写録宝夢巣」という
>電話帳ソフトをメインの資料として利用させていただきました。
> 十数万種類の苗字を用意してこのソフトを使って件数を割り出し、その3年分の件数
>の平均を出しています。順位の決定にはさらにそれ以前3年分のデータと(株)エンデ
>バーズの「黒船」というパソコン用電話帳データを使用しました。


感動的だったのは http://park14.wakwak.com/~myj/lankings.html の「いろいろな苗字
ランキング」で、「色々な苗字ランキングを集めて、それぞれ100位まで掲載しました」
というもの。子どもの頃に聞いた覚えのある、1 位は鈴木、2 位は佐藤、3 位は田中とか
いう話は、おそらく佐久間ランキングからきていたものだということが今回わかった。

また、日テレ『スクール革命』のサイトでは出典をはっきり書いていない以下のデータも、
村山ランキングからであることもわかった。どの調査でも同じ結果になるとは限らなくて、
たとえば第一生命やユニバックのランキングだと「山田」は 13 位になっていたりするし、
21 位には「長谷川」や「清水」が入っていたりする。

http://www.ntv.co.jp/s-kakumei/onair/100905.html
>▽スクール革命のメンバーで名字ランキング上位は?
>1位 「山田」 ⇒名字ランキング12位
>2位 「山崎」 ⇒名字ランキング21位

>※スクール革命のメンバーで一番珍しい名字は?
>「八乙女」⇒名字ランキング27292位


「八乙女」が 27292 位は http://park14.wakwak.com/~myj/lanking/zenkoku3b.html
に載っていた。実は、素人考えでは、ここまで下位のランキングの名字を調べるのは、
どこかにある特殊な有料 DB で検索するか、名字を多数集めている本をあたらなければ
いけないのかなと何となく想像していたのだが、そんなことはなかったようだぜ、と。


そして、ランキングが出典によって相違があるのと同じように、日本の名字の数というの
も、いろいろな説が混在する。そこで首をひねるのが、日テレ『スクール革命』のサイト
に書かれている「名字が多いと言われている日本でも約15万種類」との記述である。

http://www.ntv.co.jp/s-kakumei/onair/100905.html
>Q.世界で一番名字が多い国は日本「×」
>⇒世界で一番名字が多い国は「アメリカ」で100万種類以上あると言われている:
>アメリカは多くの国から人が移住している移民の国であるので
>*名字が多いと言われている日本でも約15万種類である。


この数字も村山ランキングからきているのならば、名字の順位の蘊蓄と整合性がとれて
一番なのだが、村山ランキングのサイトの方には、「十数万種類の苗字を用意してこの
ソフトを使って件数を割り出し」としか書いていない。この「十数万種類」というのが日本
の名字の数だと主張しているわけでもない。主要な元データとなった「写録宝夢巣」と
いう電話帳ソフトの方で、名字の数としては何件収録とか公表したりもしていない。

下に引用するページの「数え方」の分類でいえば、村山ランキングは「漢字の区別」を
「する」で、「字体の統合」をしない、「方式2」にあたる。となると、名字の件数は「約10
万件」となるはずで、「約15万種類」というのは多過ぎる。

http://www.myj7000.jp-biz.net/q&a/fq&a.htm
>Q1.日本の苗字の数は世界一ですか?
>A1.残念ながら間違いである。
> 何と言っても世界一は多民族国家のアメリカで、姓の数は100万以上と言われてい
>る。(1964年「社会保障番号書類に見られる姓の分布」に関する報告書による)
> 日本が約30万で2位、フィンランドが約6万で3位、英国が1万数千で4位、中国が
>10,129(中華姓氏書法大詞典)で5位、お隣の朝鮮はわずか326姓(現在の韓国
>は258姓あるいは284姓)である。
> 世界で一番人口の多い姓は、中国の王姓で約1億人と言われる。

>Q2.日本の苗字の数は数え方により増減する?                         
>A 2.苗字の数え方の定義は、下記の表に示す様に大まかに四つの方式に分類出来る。

>数え方 漢字の区別 字体の統合 読み方の区別 苗字件数 コメント
>方式1 する      -       する       約30万件 丹羽基二編「日本
>                                       苗字大辞典」が採用
>方式2 する      -       -        約10万件 Webサイト「全国の
>                                       苗字」が採用
>方式3 する      する      -        約6万件 「佐久間ランキング」
>                                       が採用
>方式4 -       -       する       約5万件 「第一生命ランキング」
>                                       が採用


日本の名字の数というだけだったら、丹羽基二の「約30万件」というのもあるが、これは
この番組で採用するわけにはいかなかった数字だろう。「読み方の区別」を「する」タイプ
のため、番組の他の部分で使用した村山ランキングが出典の順位と一致する保証は
ないし、丹羽基二の説を採用しながら、「日本は世界一、姓のバリエーションが多い国」
という方は否定する○×問題をつくるというのもおかしな話となるので。

http://www.ringolab.com/note/daiya/archives/001909.html
>苗字研究の第一人者が語る苗字学。大抵の苗字の由来に触れられているし、珍しい
>苗字の人にも参考になる情報が多い。
>日本人の苗字は30万姓。姓の数は、同じアジアの中国では350、韓国では250と少な
>く、ヨーロッパは全土合わせて5万程度で、日本は世界一、姓のバリエーションが多い
>国なのだそうだ。


日経新聞のコラムに書かれていたというのは 12 万種だという話だし、研究家の森岡浩
は「十数万と考えています」としかいっていないし、「約15万種類」をとなえる者はあまり
見あたらない。

http://questionbox.jp.msn.com/qa1448274.html
>今朝の日経新聞の「一面コラム」に、「日本の姓は12万」と書いてありました。もしか
>して世界一苗字の種類が多い国なのではないでしょうか?


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1434810809
>日本 30万種
>(姓氏研究家の丹羽基二による。漢字の字体の違いや読みの違いを考慮してカウント
>した場合。同じく研究家の森岡浩は十数万種としている)


http://home.r01.itscom.net/morioka/myoji/kazu.html
> なお、私は日本人の名字の総数は、十数万と考えています。

村山ランキングと同種の数え方をしている Webサイト「全国の苗字」では、約 10 万件を
主張している。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~suzakihp/my502.html
> 全国の苗字数(初期の目標)は、10万種[漢字]であることが推定できました。
〈略〉
>「全国の苗字(名字)」は、10万種。<案外と少ない>
> 苗字に興味のある方々は、おかしいと思われるのではないでしょうか。
>現に、苗字数は10万、12万、15万説や30万説があります。
> 私も日本人の苗字は、30万あると思っていました
>a)年賀状ソフトの筆王が、28万の苗字掲載となっているではないか?
> (漢字数は、126,554種です。<存在しない苗字が含まれています>)
> 28万と言うのは、読みで28万なのです。
>b)でも、漢字で15万説がはあるのでは?
> 発表されている苗字は、15万近くありますが、
> 存在する苗字は、その7割位です。
> (現に、私は3万種の「存在しない苗字」データを保存済みです)
> 難読苗字や珍名の存在は、大変疑問です(3割程度しか存在しません)。

> 苗字数に諸説があるのは、調査した人がいない(できない)からだと思います。
>それならば、30年かけて全国の苗字を調査して見ようと思い立ちました。
> 色々調べて行くうちに、「NTTの電話帳」の電子データ・ソフトが安価(1万以下)で
>入手でき、それらを上手く利用することで、調査ができました
>c)3年弱で9万種の苗字を収集できました。
>d)この1年間で、再度、全国の苗字調査をして2003/6/末にほぼ完了しました
>e)4年弱で当初の目的(全国の苗字数・推定)を達成しました


「15万」という数字が出てくるページも見つかったのだけど、その「15万」というのは、
「静岡大学 城岡研究室」が出典というわけでもない。

http://www.myouji.info/sekai.html
>世界で一番多い名字を持っている国はアメリカでその数約150万といわれてます。
>アメリカは移民の国で、その民族的多様性を見れば名字の多さもうなずけるでしょう。
>日本の名字は読み方の区分も含めてその数27万ともいわれてますが、15万から
>27,8万の間でしょうか。
>ドイツでは15万から30万の幅で推計されているようです。(静岡大学 城岡研究室)
>フィンランドには3万ほどとのことです。


実は「静岡大学 城岡研究室」の「データベースには日本にある姓が約10万種類集め
てあります」とのことで、これが「現在日本に存在するほとんどの姓」としている。つまり、
ここでは日本の名字は約 10 万種類 (読みの考慮なし) としている。

http://www.ipc.shizuoka.ac.jp/~jjksiro/kensaku.html
>データベースには日本にある姓が約10万種類集めてあります.
>特殊な漢字を使わない姓であれば現在日本に存在するほとんどの姓について順位と
>全国の電話番号登録件数が検索できるようになりました.なお,読みの違いは考慮し
>ていません.電話帳には読みが入っていないためです.

>読みの違いと姓の数について(クリックで非表示と表示の切り替え)

>このデータベースの姓は表記形で約10万種類の姓ですが,読みの違いまで考慮すれ
>ばもっと多くなります.姓氏研究で知られる丹羽基二さんは,読みの違いや表記の違
>いをすべて考慮すると日本には30万程度の姓があるとしています.
>日本は韓国や中国とくらべると姓の数がはるかに多いのですが,世界にはもっと多い
>国があるかもしれません.ドイツでは日本と違いあまり大規模な姓氏辞典は出ていな
>いようですが,dtv-Atlas Namenkunde (「名称学」,1998)によると,ドイツの姓の数に
>ついて15万から30万の巾の推定がされていると述べています.アメリカ合衆国のよう
>に世界各国の姓の集まるところでは150万ぐらいになるだろうとも書いていますが,推
>定の根拠はしめしていません.まあ,日本人のかなりの姓もアメリカ移民の姓として
>アメリカ合衆国にはあるわけですし,多くの国からの移民を受け入れているアメリカ合
>衆国に非常に多くの姓があるというのは当然のことかもしれません.
〈略〉
>そんなこんなで2003年12月までに4万姓をちょっと超えるところまでデータベースが
>育っていましたが,そこへ姓氏研究家の村山忠重さんから村山さんが『写録宝夢巣』
>Ver.1 でしらべた約10万姓のリストを提供しましょうという思いもよらぬ申し出をいただ
>きました.村山さんのデータは日本の姓の網羅的なデータです.なぜならテキストファ
>イル で提供されていた別の全国版電子電話帳のデータをもとに『写録宝夢巣』でしら
>べたものだからです.事実,いただいたリストにはわたしが集めた4万姓のリストは3姓
>をのぞいてすべて含まれていました.
> 村山さんのデータを加え,これで一挙に約10万姓のデータベースが完成です.


さらに、上に引用したように、村山ランキングから提供されたリストも「約10万姓」とのこと
なので、村山ランキングを採用するなら、やはり「約10万」という数字となるということで。
したがって、日テレ『スクール革命』の以下のページ:

http://www.ntv.co.jp/s-kakumei/onair/100905.html
>Q.世界で一番名字が多い国は日本「×」
>⇒世界で一番名字が多い国は「アメリカ」で100万種類以上あると言われている:
>アメリカは多くの国から人が移住している移民の国であるので
>*名字が多いと言われている日本でも約15万種類である。


×約15万種類 ○約10万種類

と、させていただく。

ただ、今気がついたんだけど、日本の名字を 10 万種類だとすると、アメリカだけでなく
ドイツにも抜かれてしまう可能性が高いのかな。まあ 15 万でも微妙、30 万なら勝てる
という感じで。番組ではドイツについて言及していなかった気がするけど。

スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

15:02  |  本以外の媒体 間違い探し編 (13) +  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/524-5a160da2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。