2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.09.13 (Mon)

オードリー踊るなら

2010 年 9 月 5 日 11:45 からの日テレ『スクール革命』

小ネタ。「『光宇宙 (ピカチュウ)』は非実在?」の続きみたいなもの。

2ちゃんねるのスレに、YouTube の URL を書き込んでくれた人がいたので、せっかく
だから、聞き逃していた分を――ということで。

http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/books/1284039393/587
>587 :無名草子さん:2010/09/12(日) 22:45:51
>スクール革命HQ 2010年9月5日放送

>Part1 http://www.youtube.com/watch?v=bJ4_bFOxCN4&feature=related
>Part2 http://www.youtube.com/watch?v=98ag9VBvqQ0&feature=related
>Part3 http://www.youtube.com/watch?v=cMa2gOdkXnE&feature=related
>Part4 http://www.youtube.com/watch?v=3ZtgfyvYDVk&feature=related

>唐沢テンテー最新出演作



http://www.youtube.com/watch?v=bJ4_bFOxCN4

ちなみにですね、コンビ名のオードリー。このオードリーってのはオードリー
ヘップバーンからコンビ名つけたといいますけど、 「オードリー」の語源は
何かというと、「貴族がもっている精神の強さ」っていうのが語源です。


×貴族がもっている精神の強さ ○高貴な力

「からコンビ名つけたといいますけど」の部分は、聞き取りに自信なし。今回のテレビも
そうだったが、唐沢俊一、しゃべりがあまりに下手すぎないか。

で、唐沢俊一のいう語源は、「貴族がもっている精神の強さ」とのことだけど、「貴族が」
というのは、下でいう「"aethel"(高貴)」からきていると解釈するにしても、「精神の強さ」
の「精神」というのは、どこからきたものか、よくわからない。

ÆÐELÞRYÐ (æðel "noble" 高貴 + þryð "strength" 力)

Aethelthryth ("nobel strength" 高貴な力)

Audrey

「7世紀のノーサンブリア(イングランド北部の古王国、七王国のひとつ)の女王「聖オー
ドリー」(本来の名は゛St Etheldreda")に由来」という話になると、高貴は高貴でも、貴族
というより、王族または聖人というべきではないかと思うし。

http://sekainohanko.com/jindex5.htm
>オードリー ヘップバーン
>オードリーという名前は、古英語(アングロサクソン語)で"Aethelthryth"「高貴な力」
>という意味です。
>この"Aethelthryth"のさらなる語源は "aethel"(高貴)と"thryth"(力)から成り立って
>います。これは、7世紀のノーサンブリア(イングランド北部の古王国、七王国のひと
>つ)の女王「聖オードリー」(本来の名は゛St Etheldreda")に由来してそれにちなんで、
>広く知られるようになりました。
>しかし中世になって、聖オードリーの短縮型「トードリー」が市(定期市の市)などで売っ
>ている安物の装飾品の名前につけられてそれと混同された為、人気がなくなったそう
>です。
>20世紀初め頃までは、現在のかたち「オードリー」で広く使われることは、ありません
>でした。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1128262556
>「オードリー」という言葉は、「オードリー・ヘップバーン」のように女性の名前で使われ
>ています。イギリスに多い。
>もとは古英語(アングロサクソン語)で、"Aethelthryth"と表記され、意味は「高貴な
>力」 ("aethel"(高貴)と"thryth"(力))という意味です。


http://en.wikipedia.org/wiki/Audrey
> Audrey is a given name meaning "noble strength" from the old Anglo-Saxon
> Ethel.[1]. It was the name of Saint Audrey or Saint Æthelthryt, a 7th century
> saint.[2] Audrey was the 51st most popular name for girls born in 2007 in the
> United States and was the 173rd most common name for females in the United
> States in the 1990 census. It was also ranked in the top 100 most common
> names for girls in France, Belgium, and Canada in the past five years.[3] The
> name has gained some popularity due to the fame of the actress Audrey Hepburn.

http://www.behindthename.com/name/ae32th30elth31ryth30
> ÆÐELÞRYÐ
> Gender: Feminine
> Usage: Anglo-Saxon
> Derived from the Old English elements æðel "noble" and þryð "strength".


正確さに難がありそうというだけの話ではなく、「貴族がもっている精神の強さ」だと、
「高貴な力」などと比べて、ややぎこちなく不自然な言いまわしのため、ムダに意味が
わかりにくくなっているという問題もあると思う。

スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

01:28  |  本以外の媒体 間違い探し編 (13) +  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●アインシュタインにトフラー

>・このadelを含む人名には
> Adelheid(heidは女性名詞語尾、現代ドイツ語の-heitに同じ)、つまり
>アルプスの少女ハイジの本名や、
> Adolf(adel+wolfに由来、すなわち「高貴な狼」の意)がある。
>・アルプスを代表する花エーデルワイスの「エーデルedel」もadelの派生語。

( ・∀・)ノシ∩へぇ~へぇ~へぇ~


いや、しかし、

>で、具体的な語形aethel-thrythを出していれば、少なくとも以下のように
>話を繋げます

というのは素人には難しいといいますか、教わったものを、

http://www.behindthename.com/name/adelheid
http://www.behindthename.com/name/adelaide

とか

http://en.wikipedia.org/wiki/Adolf

とかで確認するのは比較的容易であっても、その逆となると、なかなか……ですね。

http://www.behindthename.com/php/search.php?nmd=md&terms=aethel

で片っ端から確認してみる手もあるかも、ですが。ALBERT、ALVIN (ÆÐELWINE) などはこれで拾えます。
トンデモない一行知識 |  2010年09月13日(月) 22:08 |  URL |  【コメント編集】

●オードリー…

YouTubeの「スクール革命」、見てみました。
いつものことながら、唐沢氏はフックになりそうな話題をことごとくスルーしてますね。
特に、オードリーの語源については、古アングロサクソン語の具体的な語形に触れず、かつ不正確な説明でわざわざ話の幅を狭めてしまっているのが残念。
語形の表示自体はフリップなりテロップなりを使えば容易なはずなので、どうも意図を掴みかねます。
で、具体的な語形aethel-thrythを出していれば、少なくとも以下のように話を繋げます(人によってはもっと広がるかも)。
・アングロサクソン語と近縁のドイツ語では、「高貴な、貴族」という意味の語はadel。発音も似ている。
・このadelを含む人名には
 Adelheid(heidは女性名詞語尾、現代ドイツ語の-heitに同じ)、つまりアルプスの少女ハイジの本名や、
 Adolf(adel+wolfに由来、すなわち「高貴な狼」の意)がある。
・アルプスを代表する花エーデルワイスの「エーデルedel」もadelの派生語。

とまあ、これくらい話をつなげれば、ウッチャンに「先生の話を聞け~!」と助け船を出してもらわなくても済んだはずなんですが。
幻灯機 |  2010年09月13日(月) 15:15 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/520-ce35d3b8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。