2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.08.15 (Sun)

「イルカ オタクの憎めないオッサン」にみえるのは、そういう演技だからさ……?

「社会派くん」の Web 連載。
http://www.shakaihakun.com/vol102/05.html

唐沢 この映画、オレも見たけどさ、ドキュメンタリー映画として盗撮した
映像をそのまま流すのは倫理的に問題かもしれないけど、「早く撮れ!
誰か来るぞ!」って切羽詰った撮影をやっているくだりは、単純に映画的
に面白いんだよね。さすが、『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』みたいな擬似
ドキュメンタリーよりは、はるかに面白くできている。首謀者のリック・オバ
リーという人は、若いころに「わんぱくフリッパー」っていうイルカのドラマで
人気があった俳優で、あれでイルカを虐待してしまったという罪悪感から、
いまはイルカショーに忍び込んでイルカを逃がしたりとか犯罪すれすれ
(いや、露骨に犯罪)のことやっている人なんだけど、見ているとなんだか、
何かの自然保護活動の一環としてやってるというよりは、単なるイルカ
オタクの憎めないオッサンなんだよね。そのあたりの人間性も面白かった
し、映画としてはよくできてるよ。


『猟師フェチ』の『フェチ』というのも、なあ…… 」のコメント欄でやった件を少々。

まあ「唐沢俊一のいうような原理主義者はどこにイルカ」を書いた時点では、以下の記事
をそのまま引用し、特に疑問をさしはさまなかった自分は、「大丈夫だろうか、そんなに
素直で
」と唐沢俊一のことをいう資格はあまりないのだけど……。

http://cinesc.cplaza.ne.jp/news/100701/20100701post-d73fN.html
>「私は、シーシェパードやグリーンピースとは全く関係がありません。彼らは、日本を
>ボイコットしてイルカを救いましょうという強力な運動を始めていますが、私たちはすべ
>ての日本人が悪いといった人種差別的な活動は絶対に反対です。私たちは、日本の
>人たちと協力してこの問題を解決したいと考えています」と語るオバリー氏。


それにしても、「何かの自然保護活動の一環としてやってるというよりは、単なるイルカ
オタクの憎めないオッサンなんだよね」は、ちょっとないんじゃないかと。以下の引用は
コメント欄の繰り返しになるけど、シーシェパードと「全く関係がありません」と嘘をつく
「リック・オバリーという人」は、「単なるイルカオタクの憎めないオッサン」とかほのぼの
した人物とはいえない。

http://movie.maeda-y.com/movie/01477.htm
>ちなみに中心となるリック・オバリー元調教師などは、太地町で抗議活動をしたい
>から、形式上SSの名簿から名前を削除した人物。SSは賞金の名目で、金も出して
>いる。こういうことは、SSの公式サイト(英語)に書いてある。過激な行動をすることで
>注目と資金を集めるビジネスモデルであるから、栄えあるオスカー受賞作に自分たち
>が深くかかわっていたこれらの「不都合な真実」は、いまだに削除される気配もない。


http://ja.wikipedia.org/wiki/リック・オバリー
>オバリーはシーシェパードの顧問会議に名をつらねていたものの、現在はその名前を
>除去し[1]、イルカ漁を批判的に描いたドキュメンタリー映画『ザ・コーヴ』に本人役で
>主演した


前田有一のいう「SSの公式サイト(英語)」には、題からして「Shepherding “The Cove”
to an Osca」というページがあったり。

http://www.seashepherd.org/news-and-media/editorial-100310-1.html
> One thing that Ric was forced to do in order to continue his efforts at Taiji was
> to remove his name from the Sea Shepherd Advisory Board and to deny an
> affiliation with Sea Shepherd. Had he not done this, he would have been unable
> to even get close to Taiji.
〈略〉
> Although Sea Shepherd helped to lay the groundwork for this amazing film and
> participated in the making of the film the real credit for the incredible success
> of “The Cove” lies with the vision of Louie Psihoyos and the courageous
> determination and patience of Ric O’Barry.


Sea Shepherd Advisory Board から名前を抹消しなかったら太地町に近づくこともできな
かったといいたいのかなあ。しかし、映画がとっくに完成し、日本での公開のときの記者
会見の時点でもまだシーシェパードと無関係と公言しているのだから、理由はそれだけ
ではないような。

また、以下のようなことを読むと、ますます「単なるイルカオタクの憎めないオッサン」だ
とは思いにくくなる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/リック・オバリー
>また、アメリカの市民運動に顕著な「わざと逮捕されて悪法に注目を集める」目的で、
>イルカを捕らえた網を切る事もあるが、日本国内では「単なる犯罪者」になってしまい、
>そういった効果が望めないので行わないとコメントしている[3]。


いやあくまで映画のみを観た印象が「単なるイルカオタクの憎めないオッサン」だった
のだ――といいはることも可能かもしれないが、唐沢俊一は「そのあたりの人間性も面白
かった」とか、実体もそうであるかのように書いてしまっているしなあ。

スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

02:23  |  その他の雑学本 間違い探し編 (324) +  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>Sawahara さん
……まあ私は『ザ・コーヴ』を見ていませんし、製作サイドに金が渡らない、かつ、合法的に視聴する方法がないかぎり、今後も見るつもりはいっさいありませんが……。

唐沢俊一の方はどうでしょう、本当に見ていて素朴な観客としての感想を語っただけのようにも見えますし、実際に見ていなくても書ける程度のことしかいっていないようにも思えます。

http://www.asyura2.com/10/hasan68/msg/541.html
>【想田】やっぱり、あの ・盗撮大作戦・ をやりたかったんだと思います。
>監督自身が言ってましたよね、「『オーシャンズ11』ばりだ」って。金庫破り
>ならぬ盗撮をするために、世界のエキスパートを集める、そして犯罪スレスレ
>のことをやってのけるというサスペンスフルな演出をするためなんです。
>リアリティTVという、アメリカでは非常に発達したジャンルがあるんですが、
>その手法をそのまま使っているわけで、「ザ・コーヴ」の手法は決して新しい
>ものではありません。

まあ、この↑対談では、ある意味唐沢俊一よりイラつくなあという森達也のお話も聞けたりもします。
トンデモない一行知識 |  2010年08月16日(月) 22:59 |  URL |  【コメント編集】

そもそも唐沢はちゃんと『ザ・コーヴ』を見たのかという疑問もふつふつと。
まあ、下調べもろくろくやってなかったんだなあ、この「暇つぶしの社会派気取り」は、と。
Sawahara |  2010年08月16日(月) 20:18 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/506-a2196d10

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。