2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.07.19 (Mon)

似ているようで違う ―― あなたに似た人とあなたを好きな人

「社会派くん」の Web 連載。
http://www.shakaihakun.com/vol102/01.html

唐沢 それだけ賭博って人間にとって魅力のある娯楽なんだから、だったら
ホントに全部、国で管理することを考えなくちゃいけない。「この賭博はいい
けど、この賭博は悪い」という線引きをどこでしているのか、まずそこから
明確にしないと話は始まらないよね。人間の欲望を禁止することなんか
出来ないのだから、だったら国が管理すべきでね。

村崎 ホントいうと賭博の対象は、単純で八百長抜きで人智の及ばなくて、
厳正に公平に勝敗が決まる物件がいいんだよな。たとえば「明日の正午の
気温賭博とか空模様賭博」とか(笑)。

唐沢 特に近頃、異常気象で天気が変わりやすい日が続いているから、
今だったらオッズが上がるぜ(笑)。いや、ロアルド・ダールの名作
『南から来た男』(ハヤカワ・ミステリ文庫「あなたに似た人」所収の短編)
を読めばわかるが、人間、どんなことだって賭けの対象になるからね。


「賭博って人間にとって魅力のある娯楽なんだから、だったらホントに全部、国で管理
することを考えなくちゃいけない」、「人間の欲望を禁止することなんか出来ないのだか
ら、だったら国が管理すべき」と、大事なことなんで二度言いましたよ状態の唐沢俊一
なのだが、正直何を主張したいのかよくわからないので困る。

別に今の日本で賭博が全面禁止というわけではないし、公営ギャンブルもそれぞれ監督
省庁というのをもっているし、賭博に関する法も国の法律としてあれこれ決められている
のだし。

まさか地方自治体や独立行政法人に運営させるなという意味で「国で管理」「国が管理
すべき」とかいっているわけでもないだろうと思うのだが……。

http://ja.wikipedia.org/wiki/賭博
>日本では、地方自治体などによって主催される(いわゆる)公営ギャンブルおよび
>パチンコなどのギャンブル的な要素を持つ各種遊技が行われている。それぞれに
>適用される法律が異なる。公営競技は20歳以上、パチンコは18歳以上であれば
>学生・生徒でも遊技できる(自主規制で、高校生は遊技できない店もある)。かつて
>公営競技は学生・生徒の投票券の購入・譲受ができなかったが、それぞれの根拠法
>が改正され現在は学生・生徒でも20歳以上であれば購入・譲受が可能となっている。

>公営ギャンブル
>日本における公営ギャンブルは、大別して公営競技と公営くじの2つに分類できる。
>なお、「公営ギャンブル」といえば広義ではこの2つを指すが、狭義では公営競技のみ
>を指す。それぞれ監督官庁があり、税収の一部となっている。これ以外にも財源難に
>苦しむ地方自治体を中心に、特別法の制定による公営カジノの設置を求める動きが
>みられる。

>それぞれの監督官庁
>・競馬:農林水産省
>・競艇:国土交通省
>・競輪:経済産業省
>・オートレース:経済産業省
>・スポーツ振興くじ:文部科学省
>・宝くじ:総務省

>公営競技
>現在開催が許可されている公営競技は以下の4つに限られている。頭文字をとって
>三競オート(さんけいおーと)と呼ばれる。
>・競馬
>・競艇
>・競輪
>・オートレース

>これらの公営競技では、投票券が販売されており、勝利する競走対象を予想した投票
>券を購入し、予想が的中すれば、配当金を受け取ることができる。
〈略〉
>公営競技は長年にわたり地方自治体の貴重な財源となってきたが、近年では一般
>大衆の「ギャンブル離れ」の影響を強く受けて不採算化が著しいため、公営競技事業
>そのものを廃止する事例が出始めている。
〈略〉
>公営くじ
>公営くじは大別して宝くじとスポーツ振興くじの2つに分類できる。
>宝くじは当せん金付証票法に基づき、都道府県知事又は指定都市によって行われる
>富くじの一種である。宝くじ(ナンバーズ、ミニロト、ロト6などの数字選択式全国自治
>宝くじを含む)は、他の公営ギャンブルとは違い、くじの購入・当せん金の受け取りに
>年齢制限は無い。
>また、2001年よりJリーグを対象としたスポーツ振興くじ (toto) も日本で行われ始めた
>(地方自治体ではなく、独立行政法人「日本スポーツ振興センター」によって運営され
>ている)。
〈略〉
>関連法律
>・刑法 第2編第23章 賭博及び富くじに関する罪
> ・(賭博)
> ・第185条 賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時
>  の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。
> ・(常習賭博及び賭博場開帳等図利)
> ・第186条 常習として賭博をした者は、三年以下の懲役に処する。
> ・2 賭博場を開帳し、又は博徒を結合して利益を図った者は、三月以上五年以下の
>  懲役に処する。
> ・(富くじ発売等)
> ・第187条 富くじを発売した者は、二年以下の懲役又は百五十万円以下の罰金に
>  処する。
> ・2 富くじ発売の取次ぎをした者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処
>  する。
> ・3 前二項に規定するもののほか、富くじを授受した者は、二十万円以下の罰金又
>  は科料に処する。
>・競馬法
>・モーターボート競走法
>・自転車競技法
>・小型自動車競走法
>・当せん金付証票法
>・スポーツ振興投票の実施等に関する法律
>・風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律


「『この賭博はいいけど、この賭博は悪い』という線引きをどこでしているのか、まずそこ
から明確にしないと」という唐沢俊一の言も、今ひとつ意味不明である。

いや上の引用にもある「賭博及び富くじに関する罪」の、「ただし、一時の娯楽に供する
物を賭けたにとどまるときは、この限りでない」というのが、常に明確な線引きになって
いると主張したいわけではないけど、唐沢俊一は何が不満なのか具体的に書いてくれ
ているわけではないし。

- http://oshiete.goo.ne.jp/qa/268677.html
- http://oshiete.goo.ne.jp/qa/846907.html
- http://www.ceres.dti.ne.jp/~chu/law/toku_020.htm
- http://ja.wikipedia.org/wiki/賭博及び富くじに関する罪
- http://ja.wikipedia.org/wiki/三店方式

それで「線引き」だの「明確にしないと」だの言い出すと、真っ先に突っ込みを入れられ
がちなのが、パチンコやパチスロ、賭けマージャンあたりではないかと。唐沢俊一は、
『パチスロ必勝ガイドNEO』の連載をもっているが、「ホントに全部、国で管理することを」
うんぬんともいっていることだし、パチスロも公営ギャンブル化するべきと思っているという
ことなのだろうか。それとも何も考えていないと解釈するべきなのだろうか。

http://www27.atwiki.jp/karasawa/pages/13.html
>【エンサイスロペディア】
>白夜書房発行の雑誌『パチスロ必勝ガイドNEO』で連載されている唐沢俊一のコラ
>ム。パチスロの台のモトネタの作品を解説するという趣旨なのだが、唐沢がその作品
>をまるで知らないままに書いていることが多く、オタクとしていかに薄いかがバレてし
>まっている。
>また、プロフィール欄に「学生時代、パチンコ・パチスロの鬼だった」とあるが、コラムの
>中にパチスロの経験者ならばありえない記述があることから、ウソをついている可能
>性もある。


そして村崎が、「賭博の対象は、単純で八百長抜きで人智の及ばなくて、厳正に公平に
勝敗が決まる物件がいい」と言い出した流れで、なぜか出てくるロアルド・ダール作の
『南から来た男』。

かつて唐沢俊一は「久生十蘭の小説だけでチベットを語る?」ということを、『トンデモ一行
知識の世界』と『社会派くん』でやってくれたことがあったが、今度はロアルド・ダールで、
『あなたに似た人』である。

「読めばわかるが、人間、どんなことだって賭けの対象になるからね」と唐沢俊一はいう
が、その「賭けの対象」というのが村崎のいう「気温」や「空模様」、野球賭博でいえば
「野球」をさすとするならば、この小説ですごいのは、そこではないぞといいたくなるの
だが。

上記の意味で、この小説で「賭けの対象」となっているのは、ライターで十回連続して
火をつけることができるかどうか。賭けに応じる若い男は、自分のライターを自分自身の
手でつけるのだから、プレーヤーも兼ねているわけで、村崎のいう「人智の及ばなくて」
には該当しないような。「賭けの対象」というのが賭けの賞品という意味なら、若い男が
賭けに勝ったら得るのはキャデラック、負けたら失うのは自分の指、というのは、かなり
すごいと思うけど。

で、今回ググってみて少し驚いたのは、この作品はもう著作権切れで、ネット上で全文を
読むことができるようになっていること。

http://f59.aaa.livedoor.jp/~walkinon/south.html からも読めるし、
http://blog.goo.ne.jp/hocuspocushr/e/647835b6ce3a89926021ef90c6410d86
から順にたどっていって
http://blog.goo.ne.jp/hocuspocushr/e/cbecf35cfa30c2018f153c0d94e40f4a
まで読んで、ついでにコメント欄を参照しても面白いかも。

「人間、どんなことだって賭けの対象になるからね」よりも、どうしたって賭けに手を出さず
にいられなかったり賭けをやめようともしなかったりする人間の姿の方が印象深い作品
ではないかなあと思う。


スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

18:51  |  その他の雑学本 間違い探し編 (324) +  |  TB(1)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●賭けについては別途?

どうもです。(_ _)

そういえば、タコのせいで大損したと嘆いている (?) ブックメーカーの人たちとかいたっけ……と思って、ざっとググってみました。^^;

http://japan.cnet.com/blog/sasaki/2007/10/01/entry_post_16/
>ブックメーカーというのは、日本語に訳せば「賭け屋」「胴元」。サッカーや
>野球といったスポーツのほか、選挙の勝敗や政党支持率、映画の興行
>ランキング、テレビの視聴率、明日の天気まで数字になるものなら何でも
>賭けの対象にしてしまう業者のことだ。

http://www.unkar.org/read/namidame.2ch.net/news/1220518595
>110 : WBC監督(東京都):2008/09/04(木) 18:38:41.66 ID:dliKCzzK0
>そういや黒点だけみて天気をズバズバ当てて
>どっかのブックメーカーで荒稼ぎしてる奴いたっけな。

http://gamez.itmedia.co.jp/games/articles/1005/11/news071.html
> スポーツの試合結果から芸能ネタ、果ては火山の噴火まで、とにかく
>何でもかんでも賭けの対象にしてしまう、イギリスのブックメーカーサイト
>「Paddy Power」。そこで先日、対戦格闘ゲーム「スーパーストリートファイターIV」
>を対象とした賭け試合がはじめて行われました。

http://oriharu.net/jlogbbsASH_NATURE.htm
>英大手賭博業者、「神」発見のオッズを4対1に引き下げ(テクノバーン)
>【Technobahn 2008/11/7 14:20】
>英ブックメーカー(賭博)最大手のパディー・パワーが欧州原子核研究機構
>(CERN)の大型ハドロン衝突型加速器(LHC)で2009年末までに「神の粒子」
>が見つかるオッズ(確率)を4対1に引き下げていたことが5日、同社の発表に
>より明らかとなった。

腰を落ち着けて捜せば、「人間、どんなことだって賭けの対象になるからね」で〆るためのネタはいろいろ入手できたと思います。いや「『対談』の態」をなしているような対談をしようという気がそもそも唐沢俊一にあったならばの話ですが。
トンデモない一行知識 |  2010年07月21日(水) 00:10 |  URL |  【コメント編集】

リンク先を見てきましたが、主題がハッキリしないし
そもそも「対談」の態を為していない気が(笑)。



>たとえば「明日の正午の気温賭博とか空模様賭博」とか(笑)。
イギリスではこれらが賭けの対象になっていると聞いたことが。

15年ほど前に
「太陽黒点の観測で短期の天候予想が可能である」と主張する人物が
この賭けに連勝して専門家を驚かせた……なる番組を見た記憶があります。


二毛猫 |  2010年07月20日(火) 09:26 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/491-b7560b96

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

☆ ナンバーズ4攻略の法則 ☆ ~驚異の的中率!遂に攻略法が解禁~〔検証結果あり〕

「当選確率の高い数字を簡単に選択する法則」 ★購入した多くのユーザーが「ナンバ...
2010/07/24(土) 19:05:18 | 教えてあげたい

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。