2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.14 (Mon)

いろんな意味で謎なギリシャのコマーシャル

『トンデモ版 ユーチューブのハマり方』 P.145

日本人誤解アニメ「ハシモトさん」

 さっき「スター・ウォーズ」のいろいろなパロディを見てもらいましたけど、
「スター・ウォーズ」のイメージというものが、徐々に徐々に少しずつ手を
加えられて変わっていく。それを意識的にやったのがあの「スター・ウォー
ズ」のパロディであり、意識的でなくやっているのがギリシャのコマーシャル
なのだと思います。


どういう意味か一応は解読しようとしたのだけど、結局わからなかった文章。

同書の P.102 で唐沢俊一は、「そして『スター・ウォーズ』のパロディも、30年の間にかな
りいろいろ変化していることがわかるのですね」と書いているのだが、そこからして少し
意味不明なきらいがあって……。

唐沢俊一の紹介しているパロディーは、「ハードウェア・ウォーズ」 (1997 年、家電製品で
作った「スター・ウォーズ」)、「サイレント・スター・ウォーズ」 (サイレント映画風に加工
した「スター・ウォーズ」)、「TROOPS」 (1997年、「全米警察24時」のパロディーでもあり、
「白い鎧を着た」「帝国群の戦士の日常を描いたドキュメント」 P.105) の 3 作品。

30 年の間には、パロディーにも様々なバリエーションが出てくるものだというのはうかが
えるとして、「いろいろ変化していることがわかる」といわれても、たとえば初期にはこの
ような作品が多かったのが最近ではこういう種類の作品が出てきて――などといった傾向
の変化について述べられているわけではないので困る。

まして、「徐々に徐々に少しずつ手を加えられて変わっていく」といわれても……。

まあ、「スター・ウォーズ」のパロディーについては、「パロディが行き着くところまで行き
着くとああいう名もない戦闘員の方を中心にして話がまとまり始める」 (P.110) という
ことを主張したいのかな、と推測することが可能だからまだよいけれど、どうしてもわから
なかったのが「ギリシャのコマーシャル」。

引用した文章の直前の P.143 から P.145 に紹介されているそれは、「スター・ウォーズ」
とは、まったく関係がない。

『トンデモ版 ユーチューブのハマり方』 P.144

01 (日本語で)「主任、君はこの車のことを知っているのかぁっ!?」
02 「うちの車でこんな故障なんて、あり得ないじゃないか!」
03 切腹を迫られる主任……「えいっ!」
04 ああ、夢でよかった……


唐沢俊一によると、「ギリシャで作っている」ダイハツのCMで、登場人物のセリフの音声
は日本語、字幕やナレーションはギリシャ語とのこと。

ちなみに、この動画については、YouTube にアップされた実物を見つけることができな
かったため、詳細を自分で確認することはできなかった。唐沢俊一の書いたこの本は、
紹介している YouTube の動画には URL が示されていないのが普通というすごい本で
あるため、探し方のせいなのか削除されたからのかも不明なままである。

で、まあ、表題の「日本人誤解アニメ『ハシモトさん』」とか、次ページ (P.1146) に唐沢
俊一の書いている「“好意的な誤解”というのもあるわけですね。国と国との間に、これは
多い」とかから想像すると、「イメージというものが、徐々に徐々に少しずつ手を加えられ
て変わっていく」の「イメージ」は、「スター・ウォーズ」ではなく「日本」のイメージという
ことと思われる。

ただし、「徐々に徐々に少しずつ手を加えられ」というのは謎のまま残る。この本で紹介
されている「ギリシャのコマーシャル」は、本をいくら探しても、切腹がどうのこうのといっ
ている「ダイハツのCM」しか紹介されていない。「徐々に徐々に少しずつ」というのは、
いったいどこからでてきたものなのか……。

「それを意識的にやったのがあの『スター・ウォーズ』のパロディであり、意識的でなく
やっているのがギリシャのコマーシャル」だとしている理由も、実はよくわからない。
素で日本を誤解していると思えるようなCMだったらわかるのだけど、会社はダイハツと
いうのは前述の通りだし、唐沢俊一によれば役者も多分日本人、セリフの日本語には
おかしなところはなかったというし。

類似 (?) ガセビア:
コアでレアな「眼帯フェチ」にしてはモデルの選り好みが激しすぎるような……

スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

00:06  |  その他の雑学本 間違い探し編 (324) +  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>藤岡真さん
意図しないで大ボケをかます CM というのもありえないとはいいきれなくて、唐沢俊一はそれに違いないと思い込んでいるみたいです。

本文にも書いたようにダイハツの CM だし日本語もちゃんとしているし、わかっていてやっていることかとは思うのですが。ギリシャで受ける日本のイメージというのが、日本人からみると、わかるようなわからないような……という話かもしれないなと思いました。
トンデモない一行知識 |  2010年06月16日(水) 08:51 |  URL |  【コメント編集】

>KAZさん
http://www.youtube.com/watch?v=bbJ1JAOCKSY

これですこれです、ありがとうございます。(_ _)

P.145 の唐沢俊一の似顔絵のあたりに「ギリシャのCM」と書いてあったので、それを検索キーワードにしていたせいで見つけられなかった (←言い訳) のですが、「ギリシャのコマーシャル」とかで探せば見つかったはずということですね。^^;


>この辺と絡めて言ってるつもりだったと好意的に解釈してみました。
http://www.youtube.com/watch?v=9uVUvJSd4M4
http://www.youtube.com/watch?v=Qk7tvMhLy54

TOYOTOMI の CM については、本の P.160 に載っていました。

……「おや」と思ったら、前に戻るだけでなく、後ろのページもチェックしろと?
いろいろ難しい本だなあと思います。
トンデモない一行知識 |  2010年06月16日(水) 08:22 |  URL |  【コメント編集】

●並べて論じることではない

面白がって勝手に作っているパロディと、ものを売るためにマーケティングに基づいて制作しているCMを並べて論じるのが、そもそも変。大体、「無意識」に作られるCMがあると思いますか?
藤岡真 |  2010年06月14日(月) 14:25 |  URL |  【コメント編集】

ダイハツのCMというのはこれだと思います。
http://www.youtube.com/watch?v=bbJ1JAOCKSY

これ以外だと下の物がありましたが、
時期が合わない上に、日本人出てこないので関係ないかな。
http://www.youtube.com/watch?v=l6IQ5TwJFw4
http://www.youtube.com/watch?v=VPoVtHXAp_c

ギリシャの日本企業CMは以下のものもあり、
この辺と絡めて言ってるつもりだったと好意的に解釈してみました。
http://www.youtube.com/watch?v=9uVUvJSd4M4
http://www.youtube.com/watch?v=Qk7tvMhLy54

まー、この辺が「意識的でなく」「徐々に徐々に少しずつ手を加えられて変わっていく」サマを表しているかどうかは異論があるとは思いますが。
KAZ |  2010年06月14日(月) 02:36 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/471-d8d67728

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。