2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.06 (Sun)

「取材というのに出演者に挨拶にも来ない」「マルクス経済学の先生」が実在したかどうかは不明

裏モノ日記 2007年 05月 18日(金曜日)
http://www.tobunken.com/diary/diary20070518122757.html

何か、マルクス経済学の先生が“資本主義社会における現象としての
オタク”を観察にスタッフとやってきているらしい、と聞いてちょっとカチン、
とくる。聞いたらその先生は研究室の中からほとんど出たことのない学究
で、そういう人をオタクイベントに連れてきて感想を聞くという雑誌企画
らしい。

それはかまわないのだが、取材というのに出演者に挨拶にも来ないし、
そもそもその企画というのは、そのセンセイとオタクたちと、どっちを
“社会における基準”として扱っているのだろう。オタクは社会性がない、
というのなら、研究室の中に閉じこもっていまどきマルクスを研究している
センセイの方に社会性というものはあるのか?引きこもりということ、一般
的な会話が出来ない(取材先に挨拶に来るような常識もない)という意味
ではどっちも同じではないか。『ドイツのゲームフリーク少年』にみんな
会場のお客さんたちが
「いたたたたた」
と、爆笑しながらも声をあげていたことでもわかるが、オタクたちは自分
の立ち位置や、自分たちの持つイタい要素などをちゃんと認識している。
アカデミズムの人たちは、そういう自己認識を持っているのかね?


2ちゃんねるのスレでは、「単にアカデミズムには無条件で反発する病気だったことが
バレた w」とか、「多分、大学というものが嫌いなんだよね。その理由は、韜晦趣味の
向こうに見え隠れしている」とか指摘された (Read More 参照) 日記。

参考 (唐沢俊一の「韜晦趣味」):
「青山学院大文学部英文科卒」という韜晦大自信
たまに違うことが書いてある Wikipedia、しょっちゅう違うことが書いてある唐沢俊一の本
見よ韜晦の今日泊亜蘭 (?)

スレには、「唐沢の批判は意味がわからないし何にカチンと来たのかも分からない」との
書き込みもあったわけだが、「取材というのに出演者に挨拶にも来ない」だの「取材先に
挨拶に来るような常識もない」だの、しつこく怒りを表明するその理由と対象が、確かに
ちょっとよくわからない。

唐沢俊一は、「聞いたらその先生は研究室の中からほとんど出たことのない学究で、
そういう人をオタクイベントに連れてきて感想を聞くという雑誌企画らしい」などと書いて
いるが、それを誰に聞いたのかは書いていない。唐沢俊一に話した人間が、その情報を
どこからどう入手したのかも不明なまま話は進むので、読んでいる側としては、出演者
以外の誰か (ロフトプラスワン側のスタッフとか?) に「挨拶」があってそこから話が伝わっ
たものなのか、それとも単なる噂話としてなのか、そもそもそんな雑誌企画が本当にあっ
たものなのかどうか、判断に苦しむ次第となる。

で、「出演者に挨拶」が常識かどうかは、記事の内容にもよるのではないかと思うが、
とにかく挨拶は必須で、しないのは非常識であると仮定するならば、非難されるべきは
「研究室の中からほとんど出たことのない学究」の先生より、「そういう人をオタクイベント
に連れてきて感想を聞くという雑誌企画」を立てた側――つまり、唐沢俊一の同業者の
方ではないかという気が。唐沢俊一は非難の矛先をひたすら「マルクス経済学の先生」
にのみ向けているけど。

さらに、ある意味興味深いのが、「その企画というのは、そのセンセイとオタクたちと、
どっちを“社会における基準”として扱っているのだろう」との疑問が、「オタクは社会性
がない、というのなら」という仮定にすんなり移行し、「研究室の中に閉じこもっていまどき
マルクスを研究しているセンセイの方に社会性というものはあるのか」という言いがかり
めいた非難へとごく自然にたどりつく流れ。

2ちゃんねるのスレにも、「『ここに引き籠りの宮崎勤がいます』って指さして笑われた
→お前も人のこといえるか、なわけじゃないんでしょ?」との書き込みがあったが、
「オタクは社会性がない、という」記事は、少なくともこの日記の時点では唐沢俊一の
脳内にしか存在しないわけであり、それをベースに非難されるマルクス経済学の先生
が気の毒ではある。まあ好意的に補完すれば、オタクへの偏見に満ちたひどい記事の
数々を目にしてきた経験をもとにした牽制のつもりという可能性もあるとしても、想像や
妄想と事実との区別をあまり明確にしないまま、他人の悪口に精を出すというのは、
公正さに欠く姿勢といえるだろう。


さて、唐沢俊一のアカデミズム嫌いといえば思い出されるもののひとつに、東浩紀に
よる「唐沢俊一氏の『悪口』について」というページがある。

そこには、「それにしても東氏ファンに聞きたい。今日の書評もそうだったが、彼、文章が
あまりに下手すぎないか?」、「読みやすい面白い文章を、という要求を大学というところ
はそもそもされないところなので致し方ないが」等々、唐沢俊一が裏モノ日記で展開した
「悪口」が引用されている。

「悪文ならまだよろしい。単なる幼稚な文章なのである」など、誰かが唐沢俊一の文章を
評した言葉ではなく、当の唐沢俊一が他人の文章について語った言葉というのにはただ
驚くしかないのだが、まあその点については、おいておくとして。

「唐沢俊一氏の『悪口』について」には、以下のようなことが書かれている。

http://www.hirokiazuma.com/texts/karasawa.html
>(2)つぎに唐沢氏は、斎藤氏と僕がオタクを「メシのタネ」として捉えていると考え、
>「オタク諸君、今なら自分を高く売れるぞ」と煽っている。この「高く売れる」がもし普通
>の経済的な意味で言われているのなら(「メシのタネ」という表現からしておそらくそう
>だ)、唐沢氏の状況認識は完全に間違っている。斎藤氏も僕も、オタク関係のリサー
>チや分析をしてもあまり経済的な恩恵はない。出版全体が不況のなかで、アカデミズ
>ム系の著者が書いたオタク関係の評論はそれほど(現代思想と比べても!)売れない
>し、また必要ともされていない。『エヴァ』ブームのときには確かに小谷真理氏の著作
>のような例外があったが、それは決して一般的なことではない。例えば、僕や野火ノビ
>タや宮台真司や香山リカが原稿を寄せた『エヴァンゲリオン快楽原則』(第三書館)
>は、僕の記憶が正しければ5000部も売れていない。もしかしたら唐沢氏の本はバカ
>売れしているのかもしれないが、それは僕たちとは関係ない。
〈略〉
>最後に付け加えれば、この短い文章には、唐沢氏の、オタク文化への内容的な過小
>評価と経済的な過大評価の両者がともに現れていると言える。彼はオタク文化を「一
>般には重要だと見なされていないに決まっている」(過小評価)と考えているからこそ、
>「そこに近寄ってくる言論人は経済的な利益が目当てだ」(過大評価)と考えざるをえ
>ない。しかし実際には、オタク文化について論じても僕には何もいいことはないし、そも
>そもオタク系の媒体全体がそんなに金回りがいいわけではない。


「オタク文化への内容的な過小評価」うんぬんは自分には関係がないもんねとスルー
させていただくとして (←おい)、「経済的な過大評価」というのは、唐沢俊一でなくても、
あるのかもしれないなあとは思った。

もっといえば、「オタク文化」との比較がどうこうというより、アカデミズムへの経済的な
過小評価というようなもので……。かたいことの書かれている難しい本より、やわらかい
ことが書いてある一般向けのやさしい本の方が、部数も絶対多いし経済的にもオイシイ
はずだといった類いの思い込みである。

2ちゃんねるのスレの方には、「ソ連崩壊等の事実を以って社会主義を『時代遅れ』と
批判するのはわからんでもないが」との書き込みもあった。そういった思い込みもあって
唐沢俊一は、「研究室の中に閉じこもっていまどきマルクスを研究しているセンセイ」など
と、「いまどき」という表現つきで揶揄しているのだろうか。

しかし、唐沢俊一いうところの「メシのタネ」にこだわるにしても、「マルクス経済学」の
知名度およびそれを背景にした経済効果は、決してあなどれるものではないのでは。
エヴァならエヴァのアニメや漫画そのもの、フィギュアなどの関連商品を相手にするなら
ともかく、「オタク評論」との比較ならば、軽く勝てそうな気も……。

http://www.amazon.co.jp/dp/4062566923
>ナニワ金融道 ゼニのカラクリがわかるマルクス経済学 (講談社プラスアルファ文庫)
>(文庫)
>青木 雄二 (著)


http://www.amazon.co.jp/gp/product/4344901452/
>知識ゼロからのマルクス経済学入門 (単行本)
>弘兼 憲史 (著), 的場 昭弘


http://www.amazon.co.jp//dp/4434101854/
>マルクスる?-世界一簡単なマルクス経済学の本 (単行本(ソフトカバー))
>木暮 太一 (著)


http://www.amazon.co.jp/gp/product/4921190496/
>現代マルクス経済学 (単行本)
>長島 誠一 (著)


そして、大学で「マルクスを研究」することが、唐沢俊一の言葉のように「いまどき」という
にふさわしいかどうかについては、まあ「昭和30年頃まで」の状況と比べたら随分減った
のかもしれないけど、「いまどき」といわれるほど珍しいものでもないという感じ。

- http://web.econ.keio.ac.jp/staff/nobu/
- http://www.lian.com/HASAMOTO/univ/socialhistory2.html
- http://www.chuo-u.ac.jp/chuo-u/economics/b03_01_03_j.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/経済学部
>戦後の日本における経済学部は、大学によって差はあるものの、昭和30年頃までは
>マルクス経済学が優位であった。しかし、日本においても近年では数理モデルを用い
>るアメリカ・西ヨーロッパ流の近代経済学が盛んになり、数学的手法を取り入れた教
>育課程を編成している。


http://okwave.jp/qa/q898237.html
> 以上の一般的な留意点をおさえたうえで、全体としてマルクス経済学系の教員
>スタッフが比較的充実している大学としては、関西なら、京大(経済)、大阪市立大
>(商)、関西大(経済)、立命館大(経済)があげられると思います。ほかに私が知って
>いるところでは福島大、東北大です。首都圏はあまりわかりませんが、一橋大にもま
>だ一定のスタッフがいるでしょう。


その他参考 URL:
- http://www.youtube.com/watch?v=nIgL3oNkQdI
- http://www.akibablog.net/archives/2005/12/post_170.html


More...

http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1273391101/536-
-------
536 :無名草子さん:2010/06/03(木) 17:36:14
「裏モノ日記2007年05月18日(金曜日)
>何か、マルクス経済学の先生が“資本主義社会における現象としてのオタク”を観察に
>スタッフとやってきているらしい、と聞いてちょっとカチン、とくる。聞いたらその先生は
>研究室の中からほとんど出たことのない学究で、(略)
>オタクは社会性がない、というのなら、研究室の中に閉じこもっていまどきマルクスを
>研究しているセンセイの方に社会性というものはあるのか?引きこもりということ、一般的な
>会話が出来ない(取材先に挨拶に来るような常識もない)という意味ではどっちも同じではないか。

その経済学の先生がどんな人物かはともかく、「いまどきマルクスを」とは。
ソ連崩壊等の事実を以って社会主義を「時代遅れ」と批判するのはわからんでもないが、
マルクス経済学を全否定する人間がどれだけいるものか……
マルクスによって解明された資本制の構造もトンデモな学説ですか?

542 :無名草子さん:2010/06/03(木) 23:08:21
>>536
そもそも社会性がないからどうしたのかと。
いや、社会性のない人とつき合うのが大変なのは分かるのだけど、唐沢の批判は意味が
わからないし何にカチンと来たのかも分からない。
「ここに引き籠りの宮崎勤がいます」って指さして笑われた→お前も人のこといえるか、
なわけじゃないんでしょ?

てか、毛沢東語録片手に革命アジりながら大学に勤めてたらそれはそれで文句言ってそうだが

544 :無名草子さん:2010/06/04(金) 01:31:08
>>536
昔は「オタク」として部外者からオタクを語られることを怒ってるのかと思ってたが
実はオタクでもなんでもなかったので
単にアカデミズムには無条件で反発する病気だったことがバレた w

545 :無名草子さん:2010/06/04(金) 02:08:13
流行りモノに乗り遅れた腹いせに貶すくせにオトナ帝国にはハマった唐沢は今考えてもよくわからん。
昭和=メシのタネ の発送か?
きっちり「この映画は俺たちのものだ、ガキどもざまあみろ」的な痛くてバカな文章残していたが。

546 :無名草子さん:2010/06/04(金) 02:42:44
>>545
単にねむたなんとかさんの受け売りなんじゃないかな?
誰だか忘れたけど

547 :無名草子さん:2010/06/04(金) 02:50:05
唐沢の妄想敵のニューアカデミズムは過去をレトリックで語って唐沢曰く「過去を美化する」という
けしからん行為をしているという妄想に取り憑かれてしまって、そういう現実には存在しない
唐沢の頭の中にしか存在しないニューアカから、しんのすけはオトナ帝国という形であり得るべき
過去の姿を取り戻してくれたとか何とか、クレしん映画読本で語っていたような気がする。

548 :無名草子さん:2010/06/04(金) 07:07:02
せいぜい揚げ足取りに勤しんでいたまえよ(藁)

549 :無名草子さん:2010/06/04(金) 07:12:12
>>544
多分、大学というものが嫌いなんだよね。
その理由は、韜晦趣味の向こうに見え隠れしている。

-------

http://mimizun.com/log/2ch/quiz/game14.2ch.net/quiz/dat/1068165902.dat
-------
453 :( ・∀・)つ〃∩ヘェーヘェーヘェー:2007/05/08(火) 21:33:58
唐沢俊一って、弟の才能に足元にも及ばないね

454 :( ・∀・)つ〃∩ヘェーヘェーヘェー:2007/05/22(火) 01:15:15
唐沢 アウシュビッツ強制収容所
http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=241699

455 :( ・∀・)つ〃∩ヘェーヘェーヘェー:2007/05/24(木) 00:12:43
唐沢なをきって、兄の才能の足元にも及ばないね
って、最近は言われそう。

456 :( ・∀・)つ〃∩ヘェーヘェーヘェー:2007/05/26(土) 23:23:04
“資本主義社会における現象としてのオタク”を観察に来てたマルクス経済学者って誰?

457 :( ・∀・)つ〃∩ヘェーヘェーヘェー:2007/06/01(金) 09:01:54
鶴 岡 法 斎 の 漂 流 天 国
http://cgi.cyborg.ne.jp/~koyamax/cgi-bin/oogiri/oogiri.cgi

名のある人間のサイトとは思えぬ荒れっぷりw
唯一のコンテンツ『ドリフト道場』ではとうとう殺人依頼まで出る始末。
これ本業にも悪影響するんじゃないのか

458 :( ・∀・)つ〃∩ヘェーヘェーヘェー:2007/06/04(月) 21:47:36
June 04, 2007
これは盗作とちゃうんかいっ
ttp://mandanatsusin.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_a49c.html

これはまずいんじゃ…弟子かなんかが手を抜いたのかも知れないが、ちょっと
ひどいね。


459 :( ・∀・)つ〃∩ヘェーヘェーヘェー:2007/06/04(月) 22:17:59
自分で書いてないのかよ(笑)

460 :( ・∀・)つ〃∩ヘェーヘェーヘェー:2007/06/05(火) 05:31:56
【朝日新聞書評員】唐沢俊一が著書で個人サイトから文章をパクっていた?【雑学王】

http://mandanatsusin.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_a49c.html

http://www.tobunken.com/news/news20070530155748.html

-------

スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

00:01  |  資料編 (14) +  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>猫遊軒猫八さん
>それにあくまで客として来てるのなら放っておきゃいいのに。

ロフトプラスワンの見解としてはそうだったという可能性も高いと思います。
本当に「挨拶」が必須との判断があれば、大学の先生なり企画した雑誌のスタッフなりに、それとなくうながしてもよさそうに思いますし。

もっとも、この件、タイトルにも書いた通り、そのマルクス経済学の大学の先生とか雑誌企画とか、そもそも実在したかどうかさえ不明なので……。

本文に引用したのは「2007年 05月 18日(金曜日)」の日記で、その次の日、また次の日と日記をたどっていっても、続報らしきものは見つかりませんでした。

そのうち 6 月にはいると、例の漫棚通信さんからの盗作騒動が日記にも記述されるようになり……。

>藤岡真さん
>しかし、「挨拶なしか?」ってのはヤクザの常套句なんですが。

あはは、実は私もそう思いました。^_^;

まあ「挨拶」の重要性は、『星を喰った男』の中の潮さんの述懐にも出てきますし、芸人指向の強い唐沢俊一という人からすると、「挨拶なしか?」は自然な発想なのかもしれません。

そうでなくとも、何かの件の Twitter 中継で話題になったことがありましたが、発言内容をオープンな媒体で紹介するなら、あらかじめ了承をとってくれというツイートを見た覚えがありますから、そういう意味で「挨拶」といっているのかもしれません。それだと、本文でもふれましたが、企画した雑誌側でなく大学のセンセイのみを責める理由が、ますますわからなくなりますが……。

まあ唐沢俊一に「挨拶」を要求されるのはどの範囲かはわかりません。ブログで取り上げるのみの一般人などは対象外の気もしますし。ただ藤岡さんは作家で著名人なので、「挨拶」は必須ということになりそうにも思います。
トンデモない一行知識@レス遅延気味すみません |  2010年06月06日(日) 16:52 |  URL |  【コメント編集】

●挨拶なしか?

 おれも唐沢のイベントにいったら、挨拶しにいかなきゃならないんでしょうね。いくらでもしますけど。しかし、「挨拶なしか?」ってのはヤクザの常套句なんですが。
藤岡真 |  2010年06月06日(日) 07:48 |  URL |  【コメント編集】

●なにかヘンだよコマ劇の裏の半地下イベント居酒屋

変ですねこの店は舞台と客席に隔たりがないのが売りなのに。
それにあくまで客として来てるのなら放っておきゃいいのに。
演者で来てるなら舞台でこき下ろせばいいにに。

こんなのを有難がってるなんて重ねて変な店です。
猫遊軒猫八 |  2010年06月06日(日) 00:25 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/467-fdaf70f1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。