2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.05.15 (Sat)

今夜つれていかれたい上海――というわけではない

「社会派くん」の Web 連載。
http://www.shakaihakun.com/vol100/01.html

唐沢 丹下左膳の林不忘こと牧逸馬に『上海された男』て作品がある。
“上海する”ってのは「街を歩いている男をいきなりかっさらって、船に
無理矢理乗せて船員にして奴隷同様にこき使う」ということなんだけど、
上海航路の船でそういう行為が一番多かったんで、動詞になっちまった
んだな(笑)。そういう土地柄だってこった。


「そういう土地柄だってこった」がガセだということは、2ちゃんねるのスレへの書き込み
――「牧逸馬(長谷川海太郎)はアメリカ帰りだから、英語のスラング“Shanghaied“
Shanghaiing”を 知っていて、日本語で『上海された』と表現したのだろう。 しかし、
『そういう土地柄』というのは濡れ衣だ」や、「『街を歩いている男をいきなりかっさらって、
船に無理矢理乗せて船員にして奴隷同様にこき使う』というのは主にアメリカ人がアメ
リカでやっていたこと」など――や、そこで参照されている URL のリンク先で、ほぼ言い
尽くされている (Read More 参照)。

英語版 Wikipedia での説明は下記の通り。

http://en.wikipedia.org/wiki/Shanghaiing
> Shanghaiing refers to the practice of conscripting men as sailors by coercive
> techniques such as trickery, intimidation, or violence. Those engaged in this
> form of kidnapping were known as crimps. Until 1915, unfree labor was widely
> used aboard American merchant ships. The related term press gang refers
> specifically to impressment practices in Great Britain's Royal Navy.[1]
〈略〉
> The role of crimps and the spread of the practice of shanghaiing resulted from
> a combination of laws, economic conditions, and the shortage of experienced
> sailors on the American West Coast in the mid-1800s. Crimps flourished in port
> cities like San Francisco in California, Portland[2] and Astoria in Oregon,[3] and
> Seattle[4] and Port Townsend in Washington.[5] On the West Coast, Portland
> eventually surpassed San Francisco for shanghaiing. "On the East Coast, New
> York easily led the way, followed by Boston, Philadelphia, and Baltimore.[6]
〈略〉
> The verb "to shanghai" joined the lexicon with "crimping" and "sailor thieves"
> in the 1850s.[17] The most widely accepted theory of the word's origin is that it
> comes from the Chinese city of Shanghai, a common destination of the ships
> with abducted crews.[1][17] The term has since expanded to mean "kidnapped"
> or "induced to do something by means of fraud."[18]


「Great Britain's Royal Navy」が出てくる以外は、2ちゃんねるのスレで紹介・引用されて
いたページとも内容が一致している。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1218322047
>動詞のshanghai は元々は書かれているように「成人男性を水夫にするために誘拐す
>る」ことを指し、同義語はcrimpだったのですが、現在ではkidnapやabductと同じように
>広い意味での「誘拐」にも使われます。

>ただ、語源については上海でそのような事件が多発したのではなく、19世紀アメリカ
>西海岸の港町(サンフランシスコ・ポートランド・シアトルなど)で多発し、連れ込まれた
>商船の目的地が上海であることが多かったからとする説が一般的です。
>当時カリフォルニアでゴールドラッシュが起きたため、多くの人が一攫千金を夢見て、
>過酷な労働条件の水夫になろうという人がほとんどいなかったからです。


http://mamo.huu.cc/bd20327.htm
>2. 偽計・甘言など非暴力的手段を用いるのが誘拐罪。英語ではこれもabduct。他に
>  kidnapとかshanghaiという語もある。shanghaiは

>   「アメリカ西海岸では今でもよく使うそうである。かっての金鉱ラッシュの頃、
>   サンフランシスコに集まった労働者たちを泥酔させて船に連れ込み、無理矢理
>   上海航路の水夫にしてしまったということが実際に多かったそうである。その
>   時代(19世紀半ば)から使われだした。サンフランシスコと上海の間には、綿花
>   貿易船が頻繁に往復していた。19世紀半ばから欧米列強の租借地として発達
>   した上海は、その地理的条件から水運を中心とした国外・国内貿易の窓口と
>   なっていた。阿片密売・売春・賭博。この三つが上海では19世紀初頭には解禁
>   になっていた。この事実から、動詞としての「上海」のイメージが生まれたようで
>   ある。」(PDICによる)


ええと、たとえるなら、この場合の上海は、借金返済のためのマグロ漁船でいえば遠洋
みたいなものだろうか (←ちょっと違う?)。唐沢俊一のいう「そういう土地柄」というのは、
マグロ漁船で漁をする場所の方を「そういう土地柄」といってしまうのと同じようなもん、と
いうことで。

- http://www.gekiura.com/guest/pu00000055.html
- http://tochuo.blog74.fc2.com/blog-entry-12.html
- http://news.ameba.jp/2007/05/4901.php

で、唐沢俊一が読んだという小説『上海された男』 (初出:「新青年」 1925(大正14)年
4月号) の中に、上海とは「そういう土地柄」だという描写があるかというと……。

http://www.aozora.gr.jp/cards/000304/files/1879_18782.html
>「Shanghaiされた」
> 上海(シャンハイ)された!
> 通行人を暴力で船へ攫(さら)って来て出帆後、陸上との交通が完全に絶たれるの
>を待って、出帆後過激な労役に酷使することを「上海(シャンハイ)する」と言って、世
>界の不定期船(トランパア)に共通の公然の秘密だった。罪悪の暴露を恐れて上海
>(シャンハイ)した人間に再び陸(おか)を踏ませることは決してなかった。絶対に日光
>を見ない船底の生活、昼夜を分(わか)たない石炭庫の労働、食物其他の虐待から
>半年と命の続く者は稀だった。


「19世紀アメリカ西海岸の港町(サンフランシスコ・ポートランド・シアトルなど)で多発」
や、「サンフランシスコに集まった労働者たちを泥酔させて船に連れ込み、無理矢理
上海航路の水夫にしてしまった」に相当する記述はないものの、「通行人を暴力で船へ
攫(さら)って来て出帆」というのが上海で多発していたと説明されているわけでもない。

作中で上海された、および、上海した舞台となっているのは日本で、船はノルウェーの
会社の船となっている。

http://www.aozora.gr.jp/cards/000304/files/1879_18782.html
> 錨を巻く音がした。岩壁の一外国船に黒地に白を四角に抜いた出帆旗が翻(ひるが
>え)っていた。一眼でそれが諾威(ノルウェー)PN会社の貨物船(フレイタア)であるこ
>とを為吉は見て取った。出帆に遅れまいとする船員が三人、買物の包みを抱えて為
>吉の前を急足(いそぎあし)に通った。濃い咽管(パイプ)煙草の薫(かお)りが彼の嗅
>覚を突いた。と、遠い外国の港街が幻のように為吉の眼に浮んで消えた。彼は決心し
>た。
>「靴擦れで足が痛え――」ひょいと踞(しゃが)み乍ら力任せに為吉は刑事の脚を浚
>(さら)った。
> 夢中だった。呶声(どせい)を背後(うしろ)に聞いたと思った。通行人を二人程投げ
>飛ばしたようだった。そして縄梯子(ジャコップ)に足を掛けようとしている外国船員の
>ところへ一散に彼は駈付けた。
>「乗せて呉れ!」と彼は叫んだ。船員達は呆気(あっけ)に取られて路を開いた。
>「乗せて行って呉れ、悪い奴に追っかけられてる。何処(どこ)へでも行く、何でもする。
>諾威(ノルウェー)船なら二つ三つ歩いてるんだ」船乗仲間にだけ適用する英語を為吉
>が流暢に話し得るのがこの場合何よりの助けだった。


http://www.aozora.gr.jp/cards/000304/files/1879_18782.html
>「手前生きて居たのか」
>「うん。歯が痛んで血が出て仕様がねえから医者を起しに出たところを掴まえられて
>上海(シャンハイ)された。停船(ストップ)してるじゃねえか、何処だ此港(ここ)は? 
>大連か、浦塩(ウラジオ)か、何処だ」
> 「神戸だ」
> 「なに、神戸? 四、五日機関(エンジン)が廻っていたと思ったが――」



More...

http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1273391101/153-
-------
153 :無名草子さん:2010/05/14(金) 14:54:30
http://www.shakaihakun.com/
>唐沢 丹下左膳の林不忘こと牧逸馬に『上海された男』て作品がある。“上海する”ってのは
>「街を歩いている男をいきなりかっさらって、船に無理矢理乗せて船員にして奴隷同様にこき使う」
>ということなんだけど、上海航路の船でそういう行為が一番多かったんで、動詞になっちまったん
>だな(笑)。そういう土地柄だってこった。

牧逸馬(長谷川海太郎)はアメリカ帰りだから、英語のスラング“Shanghaied“Shanghaiing”を
知っていて、日本語で「上海された」と表現したのだろう。
しかし、「そういう土地柄」というのは濡れ衣だ。
「チノクロス」が中国産の生地でないのと同じで、語源は・・・


“Shanghaiing” (Wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/Shanghaiing

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1218322047
>ただ、語源については上海でそのような事件が多発したのではなく、19世紀アメリカ西海岸の港町
>(サンフランシスコ・ポートランド・シアトルなど)で多発し、連れ込まれた商船の目的地が上海
>であることが多かったからとする説が一般的です。
>当時カリフォルニアでゴールドラッシュが起きたため、多くの人が一攫千金を夢見て、過酷な
>労働条件の水夫になろうという人がほとんどいなかったからです。

154 :無名草子さん:2010/05/14(金) 15:19:36
>そういう土地柄だってこった。

当時のそれは中国の風土や国民性より欧米列強の政策に問題があるのではないか?

「上海租界」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E6%B5%B7%E7%A7%9F%E7%95%8C

http://mamo.huu.cc/bd20327.htm
>2. 偽計・甘言など非暴力的手段を用いるのが誘拐罪。英語ではこれもabduct。他にkidnapとか
>shanghaiという語もある。shanghaiは
>「アメリカ西海岸では今でもよく使うそうである。かっての金鉱ラッシュの頃、サンフランシスコに
>集まった労働者たちを泥酔させて船に連れ込み、無理矢理上海航路の水夫にしてしまったということが
>実際に多かったそうである。その時代(19世紀半ば)から使われだした。サンフランシスコと上海の
>間には、綿花貿易船が頻繁に往復していた。19世紀半ばから欧米列強の租借地として発達した上海は、
>その地理的条件から水運を中心とした国外・国内貿易の窓口となっていた。阿片密売・売春・賭博。
>この三つが上海では19世紀初頭には解禁になっていた。この事実から、動詞としての「上海」の
>イメージが生まれたようである。」(PDICによる)

『』上海された男』牧逸馬
http://www.aozora.gr.jp/cards/000304/files/1879_18782.html


155 :無名草子さん:2010/05/14(金) 16:42:58
わざわざ牧逸馬の話から入るということは、アメリカのスラングを
知らなかったのか、または「自分はこういう小説を読んでいるんだぞ
(エヘン!)」と言いたかったのか?

そもそも「チノ」という言葉には欧米人から見た中国人に対する
差別的意味合いがあるため、現在の欧米ではチノパンも「カーキパンツ」
という呼称の方が一般的と聞く。
“Shanghaied”というスラングにもアジア人蔑視の偏見が含まれて
いることに気づくべきだ。
上海を「そういう土地柄」(と思われるように)にしたのは誰かってこった。

156 :無名草子さん:2010/05/14(金) 17:43:35
そもそも本人が偏見の固まりだしなあ。しかもそのほとんどが無知から来る偏見w

169 :無名草子さん:2010/05/14(金) 23:31:08
唐沢はアヘン戦争の原因となったアヘン貿易や、終戦・南京条約調印・上海開港・
租界の形成といった経緯も知らんのか。
歴史的経緯を見れば「上海された」なんて俗語が生まれた時代の上海の
状況の背景が判りそうなもんだ。
村崎も「国民性」とか「大陸的な気質」とか言ってるし。
「街を歩いている男をいきなりかっさらって、船に無理矢理乗せて船員にして奴隷
同様にこき使う」というのは主にアメリカ人がアメリカでやっていたこと。
それを「上海された」なんて表現するのは「そういう土地柄だってこった」 ではなく
アジア人蔑視から来ているのだ。

-------

スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

14:21  |  その他の雑学本 間違い探し編 (324) +  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>猫遊軒猫八
情報ありがとうございます。(_ _)
面白そうなので注文してみましたが、いつ受け取れるかは不明だったり<USAカニバケツ。
トンデモない一行知識 |  2010年05月16日(日) 09:41 |  URL |  【コメント編集】

●上海トンネル

町山智浩さんのUSAカニバケツで実際にポートランドを訪れて上海トンネルについて書かれていますね。ご参考までに。
猫遊軒猫八 |  2010年05月16日(日) 03:13 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/450-683000b8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。