2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.24 (Sat)

「看護婦」という慣用的な呼称の使用を、一般市民生活の場において制限されるものではない ―― Wikipedia より

「社会派くん」の Web 連載より
http://www.shakaihakun.com/vol099/03.html

村崎 やっぱり同時期の70年代のジャンプに掲載された手塚治虫先生の
『泥だらけの行進』という作品は、「実は主人公は精神病患者だった」と
いうオチが問題視されたのか、今でもどこの単行本にも未収録なんだけど、
いま読むとオウム事件のようなテロを予見していたかのような、時代を
先取りした暗示的な内容なんだよ(出て来るテロ組織の名前が「オウム」
ではなく「ふくろう党」だったりする)。だからこういうのに規制をかけるって
いうののほとんどの場合は、単なる言葉狩りなんだよね。

唐沢 たとえばいま看護婦というのは公的には「看護士」と呼ばなければ
いけないことになっているけど、そのまま「看護婦」と呼んだところで、誰が
傷つくのかって話だよね。政府に文句言う前にまず、「私は傷つきました」
という誰かと話をさせてほしいってのはあるよね。子供のいるオタクなんか
は実際に子供に読ませて害がないと証明したところで、実害があるという
人たちと話し合いの場をつくるのがいちばん有効だと思うんだ。政治家な
んてのは、単に主婦層の票がほしいってだけで、実はこの問題について
そんなに深く理解しているわけではないんだろうから。


×「看護士」 ○「看護師」

『表現の自由』という言葉を発するそのことを抑圧する側にだけは回りたくない」の
続きのようなもの。

表現の自由を話題にしていれば、「言葉狩り」についての話に流れるのも不自然な
ことではないが、どうしてまたそこで「看護婦」の話を、それも「誰が傷つくのかって話」
として持ち出さなければいけないのか、ただただ理解に苦しむばかりなのだが……。

http://ja.wikipedia.org/wiki/看護師
>看護師(かんごし)とは、医療、保健、福祉などの場において以下の事柄を行う医療
>従事者の呼称である。医師等が患者を診療する際の補助病気や障害を持つ人々の
>日常生活における援助疾病の予防や健康の維持増進を目的とした教育現代では、
>看護師の業務を行うためには、多くの国でその国が定めた看護専門学校や看護大学
>等の看護師養成課程における基礎看護教育を受けた上で国家試験等の資格試験に
>合格し、看護師免許を有している必要がある。
>日本国においては、2002年3月以前まで法律上、女性を看護婦(かんごふ)、男性を
>看護士(かんごし)として区別していた。詳細は、名称変更を参照。
〈略〉
>名称変更
>1948年(昭和23年)公布の「保健婦助産婦看護婦法」においても、女子について「看
>護婦」として規定するとともに、男子である看護人については看護婦に関する規定を
>準用するとされていた(大正4年施行の看護婦規則でも、この点に関しては同様)。
>昭和43年法律第84号による改正で男子である看護人について「看護士」または「准
>看護士」と称することが規定された。
>2002年3月からは、法律の題名が「保健師助産師看護師法」と改正されるとともに、
>男女関わりなく「看護師」または「准看護師」として規定されるように改正された。
>2002年3月の上記名称変更に伴い、医療施設にて「看護婦長(婦長と略称)」、「看護
>士長」などと称されていた職位は、「看護師長(師長と略称)」[5] 、「看護係長」[6]、
>「看護長」[7][8] などと称されるようになった。 なお法律上、行政上の名称変更であ
>り、「看護婦」という慣用的な呼称の使用を、一般市民生活の場において制限される
>ものではない(女性警察官を「婦警」と呼ぶように)。


http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%C7%B8%EE%BB%CE
>看護士 かんごし (一般)
>看護婦が女を示すのに対し、看護士は男を示す。
>最近では両者ひっくるめて看護師と呼ばれることが多い。


上に引用の資料でもわかるように、「看護婦というのは公的には『看護士』と呼ばなけ
ればいけないことになっている」というのは、単純な唐沢俊一の間違いであり、現在
正式名称とされているのは「看護師」。また 2002 年以前でも、「看護士」とは「男子で
ある看護人」をさす言葉として使われていて、女性の「看護婦」を「看護士」と呼ぶよう
なことはあまりなかったはず。

まあ社会派くんは対談形式なので、文字起こしのミスで「看護師」が「看護士」になって
しまった可能性もなくはないのだが、それにしたって原稿をチェックした唐沢俊一の責任
は責任としてあるだろうし、以前の唐沢俊一の日記を見ると、「看護婦」と「看護師」、
「看護士」が意味なく混在していたりするし。

ホスピタルに入りびたる日記――「看護婦そして夢」編

また、他の分野 (?) では「士」が男性をさすとはかぎらないのは「保育士」の例などから
あきらかなので、それも混乱の原因かなと思ったりもした。

- http://ja.wikipedia.org/wiki/保育士


で、唐沢俊一のいっていることは、「看護士」を「看護師」に訂正すれば問題ないかと
いうとそうでもなくて、「そのまま『看護婦』と呼んだところで、誰が傷つくのかって話だ
よね」というのは、どこから出てきた話なのかという問題は残る。

想像するに、唐沢俊一の脳内では、言葉狩りといえば差別問題、差別といえば「誰が
傷つくのかって話」にすべて集約されるのではないかと。

しかし、看護婦が看護師になったのは、男性の看護人を看護婦と呼ぶのはおかしいし、
女性は看護婦、男性は看護士と名称を使い分けしていたのを看護師に一本化される
ように「法律上、行政上の名称変更」がされただけの話だと思うけど。

それが「政治的に正しい」ことを目指した変更かはわからない。それにしては 2002 年と
いう時期は流行りを過ぎているような気がするし。また、たとえそうであっても、「誰が傷
つくのかって話」につなげられるものとはかぎらないのであって……。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ポリティカル・コレクトネス
>ポリティカル・コレクトネス(英: political correctness, PC)は、言葉の表現や用語に
>人種・民族・宗教・性差別などの偏見が含まれていない公平な表現であることを指
>す。1980年代に多民族国家アメリカにて始まった、「用語における差別・偏見を取り除
>くために政治的(Political)な観点から見て正しい(Correct)用語を使う」、という意味
>で使われる言葉である。
>またこれらの「偏った用語を追放し中立的な表現を使用しよう」という運動のみでなく
>差別是正全体を指す事もある。この運動は日本にも持ち込まれ、いくつかの用語が
>修正されるに至った。ポリティカル・コレクトネスは名詞形で、形容詞形は「ポリティカ
>リー・コレクト」(politically correct) となる。
>また、日本語では「政治的に正しい」と訳される場合がある(これを皮肉った書の書名
>『―おとぎ話』等)。
〈略〉
>英語では、職業名に"-man"とつくものは女性差別的でありポリティカル・コレクトネスに
>反するとして、"-person"などに変更される。議長は、"chairman"から"chairperson"
>又は単に"chair"、警察官は"policeman"から"police officer"、消防は"policeman"
>から"fire fighter"、実業家は"businessman"から"businessperson"、キーパーソン
>は、"key man"から"key person"など、すでに定着している表現も多い。専業主婦な
>ど、女性であることが当然と決め付けるような表現も問題となる。


つまり、「実はこの問題についてそんなに深く理解しているわけではないんだろうから」
というのは、さて誰の話なのかというオチ……。


それと、唐沢俊一にとっては、長年慣れ親しんだ名称の変更はどうも苦手科目――という
のもあるみたい。

ohm の逆は mho
華氏 451 は名作だと思いますけれど


追記: 2ちゃんねるのスレでの書き込みを Read More に追加


More...


http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1271375173/20-
-------
20 :無名草子さん:2010/04/16(金) 15:32:33
社会派くん、看護婦の呼び名を「看護士」にしたのは、
呼び名が二通り(看護士・看護婦)なのは不便だからってだけで、
「誰かが傷付くから」という理由で変えたわけじゃないのでは?

26 :無名草子さん:2010/04/16(金) 16:41:18
>>20
あれは法律の改正に伴って呼称も統一されただけ。
慣用的には現在でも「看護婦」の呼称は通用している。

28 :無名草子さん:2010/04/16(金) 16:57:26
>唐沢 たとえばいま看護婦というのは公的には「看護士」と呼ばなければいけないことに
>なっているけど、そのまま「看護婦」と呼んだところで、誰が傷つくのかって話だよね。

× 看護士
○ 看護師

37 :無名草子さん:2010/04/16(金) 19:10:18
>>28
実家が薬局だというのに、どうしてそういう名称を間違えるのかなあ。
あなたの生活を支えてくれているのは、同じ薬剤「師」さんでしょ。

38 :無名草子さん:2010/04/16(金) 19:27:55
>>37
テンテーじゃなくて編集の人が間違えたんだろこれは。
落ち着こうよみんな

42 :無名草子さん:2010/04/16(金) 19:58:32
>>38
テンテーがゲラチェックしていてこのザマなんである

------
スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

21:12  |  その他の雑学本 間違い探し編 (324) +  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/437-3539fa27

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。