2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.18 (Sun)

「地下へ潜れ!」の次は「離れ孤島に独立国家」それが唐沢俊一ナルシズム

「社会派くん」の Web 連載より
http://www.shakaihakun.com/vol099/01.html

唐沢 今回の抗議でちょっと感心したのは、ネットでの呼びかけ人が、
「規制派議員のブログを炎上させるようなことは謹もう」と言っていたこと。
これまでネットを中心にした活動が現実社会の人たちにうさんくさがられ
ていたのは、確かにあのネット攻撃手段があったからだからね。やっと
ネットにも良識的・現実的な思考の持ち主が出てきた。


×「規制派議員のブログを炎上させるようなことは謹もう」
○「FAX を送りつけるのは謹もう」

『地下へ潜れ!』と唐沢俊一は言った」もあわせて参照のことの非実在青少年ネタ。

「2010年3月まで、『良識的・現実的な思考の持ち主』はネットには存在しなかった!
さすがパソコン通信黎明期からネットを知るベテランネットワーカーの唐沢センセイ」と
2ちゃんねるのスレでは揶揄されてもいた。

何だか恐ろしいことに唐沢俊一の脳内での「ネットを中心にした活動」は、これまでは
自分の意見に反する相手の「ブログを炎上させる」ようなことばかりやっていて、その
ような「攻撃手段があったから」、「現実社会の人たちにうさんくさがられていた」という
ことになってしまっているらしい。ブログってそんな昔からあったっけ、一般的になったの
は 2005 年頃からじゃないかと思うのだが。

そして、唐沢俊一は、「呼びかけ人が、『規制派議員のブログを炎上させるようなことは
謹もう』と言っていた」というのだが、非実在青少年関連をそれなりに追いかけてきた
自分からみても、そんなこと誰かいっていたっけ、という感じ。だいたい、「規制派議員」
でコメント欄つきのブログを開設しているのって誰だよという話だし。猪瀬直樹のことか
とも思ったが、彼は「議員」というより副知事だしなあ。

そもそも、ブログを炎上させるような人たちは、「ブログを炎上させるようなことは謹もう」
という呼びかけなんて聞きやしないんじゃないかという問題もあるし。

これに対し、非実在青少年絡みで、非推奨という感じで話題にあげられていたのは
FAX の方である。まあ昔の幸福の科学みたいなことをやれば相手の業務がストップ
しかねないし、そこまでいかないにしても、「経済的負担がかかるのでいただけない」
という理屈はよくわかる。

http://hijituzai.ehoh.net/
>■議員秘書の方からのアドバイス
〈略〉
>・各所での運動やホームページを参照したが(注1)、FAXでの意見が少なく非常に
> 助かっている(注2)。
>・特定団体の元に攻撃的なデモや類似行為が発生していない事で(注3)、
> 規制賛成派がいうような一般論で議論すべきでないという論調が強くなっており(注4)、
> 有識者へ個別にコンタクトし、意見を集めたい動きがある。(注5)
〈略〉
>(注1)HP等を見ているのはあくまでも秘書の方だそうです。
>(注2)FAXの件は実際問題として、経済的負担がかかるのでいただけないとの事です。
>(注3)デモの件は特定団体の便乗行為だと認識されておりました。
>(注4)少なくとも規制反対側は、「暴力に訴えている訳ではないという事は、論理的な
> 問題点が指摘 できうる」と考えているそうです。
> ただし、「一般論で論ずるべきではないとしたとしても、議論の材料が諮問機関から
> 提出されるもののみで議論になるのかは疑問」とのこと。
>(注5)「但し、時間的な制約等から積極的に有識者にコンタクトできるかはわからな
> い」との事でした。
〈略〉
>■じゃあどうすればいいの?■
>ずばり都議員さんに反対意見を伝えること!
>直接陳情>電話>封書>葉書>メール の順で効果が高いです。

>議員さんは「区民の要望」には敏感です。
>東京都民の人は特に、積極的に自分の選挙区の議員さんにコンタクトを取って下さい。
>また、議員さんの中には「反対派=ロリエロ本の愛好家」という偏見を持っている方も
>多いので、女性からの注進も効果的です。
>特に特にお手紙を出して欲しいのは「お子さんをお持ちの女性」。
>子供がいる親の立場から「今回の条例案は子供のためにならない」と主張して下さい!
>更にある都議会議員の事務所の方によれば、
>「特に、実際に仕事をしている作家さんからペンネーム・メールアドレス・住所・個人ブ
>ログのアドレス・出版社の名前が添えられた手紙が届くとさすがに無視できなくなる」。


上記のような細かい記述のあるページにも、「ブログ」の文字は出てこないことに注意。

そして、どこまで有効か微妙だと見られていた向きのあったのが「メール」なのだが、これ
については、以下のような話がある。

http://www.webdice.jp/diary/detail/3904/
>そこで、とにかく今は、
> 『お礼状』
>を送って欲しい、とのことです。
>手紙はもちろん、メールでも「名前」「住所」がしっかり書かれていて、かつ「自分の
>言葉」で綴られていれば、問題ないそうですよ。
>というのも、今回。議員側が驚いたのは、その「名前」「住所」「自分の言葉」がメール
>に書かれてある、という点だったようで。
>これまでは、メールを「どうせ匿名だから言いたい放題できるんだろう」という感じに軽
>視していたらしいです。
>けれども今回、大勢の人たちがちゃんと、実名で自分の思いを書いたことで、
>「メールも馬鹿にできないな」 と、重く受け止めざるを得なくなったらしくて。


上に引用した文章を読んで思い出したのが、「『地下へ潜れ!』と唐沢俊一は言った
でも取り上げた、唐沢俊一のいっていた「地下へ潜れ」。

「署名をつのるなどの規制反対運動に賛成できない。敵に名簿を渡すようなものだ。
それよりは、『地下へ潜れ』と唐澤氏は説く。」

議員にコンタクトを取った人たちが、唐沢俊一みたいに、「敵に名簿を渡すようなもの」
なんて発想をしなくて本当によかったね、というオチ。

まあ、「敵に名簿を渡す」うんぬんは、あくまで「唐澤俊一と落語家某氏のトーク・ライヴ」
の観客による報告なので、信憑性や実際に発した言葉のニュアンスについては慎重に
考えなければいけない部分はあるとしても、だ。


さて、これもまた「『地下へ潜れ!』と唐沢俊一は言った」と引用が重複するけれど、
唐沢俊一は以下のようなことを裏モノ日記に書いている。

裏モノ日記 2000年 06月 13日(火曜日)
http://www.tobunken.com/diary/diary20000613000000.html
> 帰って資料整理し、6時、新宿へ出る。ロフトプラスワン『今あえてロリコン を語る』。
>ご禁制ロリビデオなどをいろいろ持っていく。“オタクには政治意識がないから児童
>ポルノ法案を通してしまった”なんてことを平野店長が前に言っていたが、一旦法案
>が通ってしまうと、このテの全共闘世代あがり、 反権力ヒョーボー者たちというのは、
>もう、ロリの味方などしなくなる。なんでも反対、とわめいているだけが能なのである。
>本当のロリたちは派手な政治運動などというナルシズムにひたることなく、地下にしぶ
>とく根を張って生きている。


この「派手な政治運動などというナルシズム」という表現、そして2ちゃんねるのスレに
書き込まれた「自分や岡田こそがオタクの代表になるはずだったとでも言いたげだな、
テンテー」との突っ込み (Read More 参照) を踏まえて、社会派くんでの以下のやり取り
を読むと、結構笑えるような。

http://www.shakaihakun.com/vol099/03.html

唐沢 オタクは金も技術もある人が多いから、迫害されるのがイヤなら、
この際、離れ孤島に独立国家作ったほうが手っ取り早いような気がする
(笑)。まあ、本格的に規制派と話し合おうとするのなら、誰がオタクの
利益を代弁して代表に立つのか、それすらよくわかってないのが現状
だからね。

村崎 今回は藤本さんが頑張ってくれたからここまで注目されたわけで、
あの人がいなかったら本当にヤバかったぞ。やれマンガ博物館を作る
だの、国営マンガ喫茶を作るだの、かかる金だけではでかい無駄な事業
ばっかりやっていて、実際は何一つマンガのためには役立っていないっ
ていうのが、いまの政府のやり方だからな。


実は「藤本さん」について村崎は、今回の社会派くんでは「大事なことなんで二度言い
ましたよ」状態なのだ。

http://www.shakaihakun.com/vol099/01.html
>村崎 ネットでの反対運動が無ければ、あのデタラメな法案はホントにあっさり通って
>しまってたかもね。その中でも漫画評論家の藤本由香里さんの頑張りは凄かったね。
>「表現の自由を侵害するメチャクチャな法案が、ろくに審議もされずに都議会で可決さ
>れようとしている!」ってネットで呼びかけて、そのおかげでミクシィ経由で8万人ぐら
>いの署名が集まったり、都庁での記者会見にも注目が集まったわけでしょう。


2ちゃんねるのスレで唐沢俊一のいっていることの引用ばかりを読んでいると、どうして
くれようという気になるが、今回の社会派くんは、全体を通して読めば、非実在青少年
問題について結構マトモなことが書かれていると思う。このときなどと同様、村崎百郎が
頑張ってくれたおかげみたい。



More...

http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1269507905/937-
-------
937: 無名草子さん 2010/04/15(木) 12:36:55  
>唐沢 今回の抗議でちょっと感心したのは、ネットでの呼びかけ人が、
>「規制派議員のブログを炎上させるようなことは謹もう」と言っていたこと。
>これまでネットを中心にした活動が現実社会の人たちにうさんくさがられて
>いたのは、確かにあのネット攻撃手段があったからだからね。やっとネットにも
>良識的・現実的な思考の持ち主が出てきた。


>やっとネットにも良識的・現実的な思考の持ち主が出てきた。

2010年3月まで、「良識的・現実的な思考の持ち主」はネットには存在しなかった!
さすがパソコン通信黎明期からネットを知るベテランネットワーカーの唐沢センセイ、
言葉に重みがありますね。

989: 無名草子さん 2010/04/16(金) 07:11:23  
>誰がオタクの利益を代弁して代表に立つのか、
>それすらよくわかってないのが現状だからね。
表現の自由は国民全体の利益の問題じゃないのか
何で矮小化するんだよ
それからこの人は各党の反対派議員さんが
どれだけ頑張ってきたのか全く知らないんだな

>反対派がネットで感情的な議論でやいのやいの言って、全然まとまらない間にね。
99年に児童ポルノ禁止法が制定されてから何回法改正の危機があったと思ってるんだ
反対運動してる人たちはずっと活動してたんだよ
知らないなら偉そうに語るな

991 : 無名草子さん 2010/04/16(金) 08:07:30  
自分や岡田こそがオタクの代表になるはずだったとでも言いたげだな、テンテー。
2002年の改正のときには、テンテーが大嫌いな東浩紀や伊藤剛が動いたし、
今の都条例問題じゃ、本当にいろんな人が動いてる。テンテー、何も知らずに書いてるのが見え見え。

994 : 無名草子さん 2010/04/16(金) 08:48:10  
>>991
唐沢さんはもう演劇の人で、それもメディアとしては非常にユーザーの少ない
小劇場である以上、官憲wの規制を受けるはずもない。
都条例もオタクも表現の自由も関係ないのにね。

退職した人が未練がましく元の職場に「近くまできたから」
みたいに顔出すのと同じくらいうざくてみっともないので、
オタク上がったんだったら、もうこの件については何も言わないほうがいいのに。
(そもそもロリエロにせよ最近のマンガにせよ、読んでない
 知識ない評論なんかできるはずもないの三重苦のクセに)

995: 無名草子さん 2010/04/16(金) 09:04:01  
>>994
演劇の人なのに、いつまでたっても特別出演の枠について

996: 無名草子さん 2010/04/16(金) 09:14:38  
演劇の人wwww

-------
スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

19:11  |  その他の雑学本 間違い探し編 (324) +  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>うさぎ林檎さん
>自分がチキンだからと謂って他人も同じだとは思わないで欲しいですよ。

ただまあ唐沢俊一の場合は実写派ですからねえ……。

以前に http://tondemonai2.blog114.fc2.com/blog-entry-155.html
こう書いたことがありますが↓

>自分は小心者なので、この『トンデモ美少年の世界』の P.53 に引用
>されている『少年期 ハードスペシャル』の表紙だけで、いいのかよ、
>これと思ったりするし。13 歳の少年の顔もバッチリ写っていてTバックの
>下着のみの姿だから、児童ポルノ禁止法の改正案が通った日には、
>この『トンデモ美少年の世界』の所持だけで処罰対象になるかもと心配。

唐沢俊一と同じ嗜好をもち、同じような蔵書を揃えていてなお、チキンにならないでいられる人は少ないのではないかと想像しています。年代が新しいためモデルの多くは存命と思われるのに加えて、やれ冤罪の可能性があるとか、いやこれは芸術または学術の分野の本だからとか、フォローできる要素が皆無ですから……。

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100321k0000m040101000c.html
>児童ポルノ:日弁連が「単純所持」禁止…規制で方針転換


>>オタクの利益
>ご本人は未だしがみついているつもりなんですねぇ。

『トンデモ創世記2000』を出したあたりで、時間が止まっているのかもしれません。


>ラーオさん
>藤本由香里さんのネットでの活動

本文でもふれましたが、2 度も言及している村崎に対して、徹底的にスルーしている唐沢俊一ですから……。藤本氏だけではなくて、今回の唐沢俊一は、ほとんど誰のことも、そしてどの作品のことも褒めていないのがスゴいなあと思っています。

>非実在の脳内敵に向かってえらそうに何事かを言っているだけ。

言い得て妙ですね……<非実在の脳内敵
今回、Twitter でも2ちゃんねるのスレでも、唐沢俊一レベルの者にどうこういわれるような低レベルのやり取りは、私は見かけなかったです。しょうがないので、自分でも批判可能な脳内敵をつくるしかなかったのでしょう。

本当にしょうもない感情的なやり取りがあったとしても、それしか目に入らなかったとすれば、本人の資質や能力に難があったためといえるでしょうし。
トンデモない一行知識 |  2010年04月21日(水) 00:54 |  URL |  【コメント編集】

唐沢俊一という人間は基本的に不勉強だと思います。
非実在青少年のことに関して言えば、唐沢は「ロリコン」という言葉を連呼してますがそういう小さなくくりの話ではないことに多くの方が危機感を持ったわけですよね。
また、乱暴なことにいくつかの問題を一緒くたにしてこの条例でなんとかしようとしているんじゃないかという懸念もありますし。

私もそんなに詳細には調べていませんが、このたびはマスコミの報道はかなり遅れを取っていますので、ネットだけで十分必要な資料にあたれると思うんです。
「2010年3月15日東京都による青少年健全育成条例改正案と『非実在青少年』規制を考える」集会はニコ生での実況もありましたね。
ここにいたるまでの藤本由香里さんのネットでの活動があってこの問題がクローズアップされた部分が大きいですし。
唐沢の発言を読んでいると、そういう下調べもしているように感じませんし、この条例案の何が問題視されているのかを全く把握していないようです。
非実在の脳内敵に向かってえらそうに何事かを言っているだけ。
言ってることもめちゃめちゃだし。運動嫌いもいいですが、表現者を気取っているならちゃかしてないでちゃんとしろと言いたいです。
まあ、ちゃんとできる人間なら漫棚さん事件なんて起こしませんけどね。

それにしても、(自分が言われた訳ではないけど)藤岡さんに田舎と言われてちょっと悲しくなるのでした>札幌市民のわたし
ラーオ |  2010年04月19日(月) 12:14 |  URL |  【コメント編集】

●独りであること、未熟であること

ワタクシ都民の端くれとして、選挙区の都議会議員に実名でメールしたり、ブログに書き込んだりしました。
自分がチキンだからと謂って他人も同じだとは思わないで欲しいですよ。

私は安保の頃は子供過ぎてよく覚えてません。東大安田講堂事件も浅間山荘事件もTVで一日中放送していて異様な雰囲気だったのは記憶にありますが、なんだかよく理解していませんでしたねぇ。高校生の頃に「二十歳の原点」あたりを読んで雰囲気だけを理解した口です。
年上の兄弟でもいると影響を受けたりする事もあるかもしれませんが、当時私の周りは無風でした。

>オタクの利益
ご本人は未だしがみついているつもりなんですねぇ。
うさぎ林檎 |  2010年04月19日(月) 11:24 |  URL |  【コメント編集】

>藤岡真さん
70年安保については私の理解も相当怪しいのですが、作者も題名も定かではない漫画 (劇画?) については何か印象に残っています。安保の継続にも米軍基地を維持したままの沖縄返還にも断固反対だけど、基地がなくなると即生活に困る人たちのことを考えるとどうしてよいかわからないと、女子大生の子がボロボロ泣きじゃくるものでした。ガキ向けの漫画にもそのくらいの描写はありました。

唐沢俊一で不思議なのは、「なんでも反対、とわめいているだけが能なのである」という粗雑かつ紋切り型の罵倒を、いつも世話になっているであろう実在の人物に安直にぶつけるところかと思います。

http://tondemonai2.blog114.fc2.com/blog-entry-21.html には、「唐沢を追い落とすため、LPOと私の仲が悪くなっていることにつけこみ、あの場を乗っ 取ろうという魂胆」という唐沢俊一の書き込み (1996 年時点) を孫引用していますが、松沢氏相手にこういう被害妄想を爆発させる前に、ちょっとは普段の言動に気をつけていた方がよかったんじゃないかとも思います。

さらに不思議だなと思うもうひとつの点は、単に左翼的なこと (?) を忌避したり非難したりにとどまらなくて、「派手な政治運動などというナルシズム」、「誰がオタクの利益を代弁して代表に立つのか」などといった、物欲しげで他人を羨むような表現が目につくところだったりします。
トンデモない一行知識 |  2010年04月18日(日) 23:26 |  URL |  【コメント編集】

>一旦法案が通ってしまうと、このテの全共闘世代あがり、 反権力ヒョーボー者たちというのは、
>もう、ロリの味方などしなくなる。なんでも反対、とわめいているだけが能なのである。

 この馬鹿は、70年安保ってなにか分かってるんでしょうかね。たとえ田舎の小学生だったとはいえ。
藤岡真 |  2010年04月18日(日) 21:28 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/434-68a1069d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。