2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.13 (Tue)

「(しばらくの間、笑)」じゃ怪しさ三割増なんですが<モンティ・パイソン

「あぁルナ本公演『悪役照会』稽古場日誌!」のコメント欄より

http://keikoba.blog48.fc2.com/blog-entry-862.html#comment1366

>ケンショーN子さん
公演に関係ない書き込みはお控えくださいね。

しかしどうも書き込みから判断するに、検証をやって
いらっしゃる方々の調査もずさんなようです(笑)。
あの時代の札幌で私が出していたアニメ研究同人誌くらい
探せばまだ持っている人も大勢いると思いますし、
あの当時、私の活動を指示してくださっていた
書店の店長さんもまだご健在な筈です(名前とか、
昔の裏モノ日記に記してありますよ)。
第一“あの時代モンティ・パイソンが放映されてなかった”って
(しばらくの間、笑)。
こんな人たちに経歴詐称だと言われてもマジに反論する
のもアホらしいでしょう。

繰り返します。
ここは私の掲示板ではありません。
公演に関係ある書き込みをお願いしますね。
ファンなら言うことを聞いてもらえますよね?
2010/04/07 14:04 | 唐沢俊一 #- URL [ 編集 ]

http://megalodon.jp/2010-0409-2333-22/keikoba.blog48.fc2.com/blog-entry-862.html

「私の活動を指示してくださっていた書店の店長」「私が出していたアニメ研究同人誌」
にも引用した文章。 この唐沢俊一のコメントは、下に引用するコメントに返答したもの。

http://keikoba.blog48.fc2.com/blog-entry-862.html#comment1364
>ところが、数々の過去の先生の文章から、年代が合わないとか、証拠が見つからない
>とか、その時代に札幌ではモンティ・パイソンは放映されてないとか、「アニメファン
>じゃなかった」という記述があったとか何とかで、ヤマトのファン活動自体の存在も疑
>われています。
>その結果、「唐沢俊一はオタクでもなんでもなかった」という評判になったしまっていま
>す。


「その時代に札幌ではモンティ・パイソンは放映されてないとか」が、唐沢俊一のコメント
では、「第一“あの時代モンティ・パイソンが放映されてなかった”って」と微妙に改ざん
――それもご丁寧に“”で囲んで引用っぽい表記にして――というのは、細かいことだが
注目に値するかもしれない。

以前、「弟に見送られて逝った山城新伍」のエントリーには、以下のように追記した。
-------
追記: 「本当は少し怖いスペクトルマンについての日記」の流れから、当時の北海道の
番組欄を図書館で調べてくれた人あり (Read More 参照)。本当にお疲れ様です。(_ _)

で、結論は、1970 年代、モンティ・パイソンは北海道では放映されていなかった。
したがって、唐沢俊一のいう「『空飛ぶモンティ・パイソン』で知ったタモリを追いかける
ため」は、真っ赤な嘘。

-------
で、「当時の北海道の番組欄を図書館で調べてくれた人」は、うちのブログにコメントを
書いてくれたり。

http://tondemonai2.blog114.fc2.com/blog-entry-204.html#comment989
>昨日図書館で北海道新聞縮刷版を調べました一札幌市民です。
>百馬鹿(笑)の記事の際にはレスありがとうございました。

>念のために確認させて下さい。
>私が調べたのは「空飛ぶモンティ・パイソン」が(現)テレビ東京で
>放送開始された76年4月~77年3月までのテレビ欄です。
>77年4月以降に放送された可能性も・・・一応あると思います。

>ただ、盗作屋スレで書いた通り「うわさのチャンネル」は札幌でも
>遅れることなく放送していましたのでタモリが76年に出演を
>開始しているんですよね。
> この時点で唐沢氏の『モンティパイソンで知ったタモリを見たくて
>うわさのチャンネルを視聴』という話に信憑性が無くなります。



さて、「第一回唐沢俊一検証プレイベント報告」では、3 月 15 日から 16 日にかけて、
以下のようなコメントが書き込まれていた。

>一札幌市民 2010/03/15 23:23
>はじめまして、この度はお疲れ様でした。
>私が図書館で見て当該スレッドで確認をお願いした「空飛ぶゲバゲバ」の文字にムズ
>ムズしておりました(笑)。
>札幌市中央図書館2階で北海道新聞の縮刷版が読めます。
>76年の分ですと簡単な手続きの後、職員の方に奥から出して頂く事になります。
>「空飛ぶゲバゲバ」は…確か12月からラテ欄に登場しました。 本当にタイトルのみの
>表示でしたから、放送していた北海道テレビに資料があるといいんですが。

>岸田裁月 2010/03/16 15:29
>「『空飛ぶゲバゲバ』が『空飛ぶモンティパイソン』だったのではないか?」
>との説を掲げたのは実は私であります。
>というのも、当時の読売新聞では『空飛ぶモンティパイソン』は「イギリスのゲバゲバ」
>と紹介されていたからです。
>アニメがコントをリンクするために、そのように評価されたのでしょう。だから『空飛ぶ
>ゲバゲバ』が『空飛ぶモンティパイソン』だった可能性も十分にあるわけです。
>検証サイドがガセを流すことは唐沢氏の二の舞になるので、私は「疑似擁護派」の
>立場から検証サイドの誤謬を指摘して行きたいと思っております。


これなどを読んで、そうか、「1970 年代、モンティ・パイソンは北海道では放映されてい
なかった」との記述は、事実が判明し次第、訂正のうえ謝罪する必要があるかなあとか
思ってはいた。

唐沢俊一も、このあたりの、『空飛ぶゲバゲバ』が『空飛ぶモンティパイソン』ではないか
という話を受けて、「(しばらくの間、笑)」とか強気の反応 (?) をしたのかなと想像してい
たりする。でも、『空飛ぶゲバゲバ』がどうのこうのとは、唐沢俊一自身はいっていないと
いうこともまた、注目に値するのではないかと。

http://d.hatena.ne.jp/kensyouhan/20100411/1270988918
>唐沢俊一に有利な材料としては、『モンティ・パイソン』と『ゲバゲバ90分』は当時確か
>に関連づけられていたということだ。『空飛ぶモンティ・パイソン“日本語吹替復活”
>DVDボックス』のブックレットP.96には『読売新聞』1976年4月9日のテレビ欄が載って
>いるのだが、そこでも「一口で言えば英国BBC放送が製作した“ゲバゲバ90分”」と紹
>介されている。だから、『空飛ぶゲバゲバ』=『空飛ぶモンティ・パイソン』の線は有り
>得るのではないだろうか。


もっとも、上記の唐沢俊一検証blogによると、『空飛ぶゲバゲバ』=『空飛ぶモンティ・
パイソン』というわけでもないようだけど。

そして、「『空飛ぶゲバゲバ』=『空飛ぶモンティ・パイソン』」だったとしても、「『空飛ぶ
モンティ・パイソン』で知ったタモリを追いかけるため」の方は、「真っ赤な嘘」のままで
よさそうだという問題もある。

モンティ・パイソンが当時北海道で放映されていたという事実が判明したとしても、それ
が『空飛ぶモンティ・パイソン』を冠した番組ではないかぎり、「弟に見送られて逝った
山城新伍
」に引用した、この唐沢俊一の記述は嘘ということになると考えるため。

裏モノ日記 2009年 08月 14日(金曜日)
http://www.tobunken.com/diary/diary20090814144259.html

バラエティ番組を見る習慣のなかった70年代の唐沢家だった
が、初めて毎回チャンネルを合わせるようになったのが和田アキ子
司会の『うわさのチャンネル!』だった。
もちろん、『空飛ぶモンティ・パイソン』で知ったタモリを
追いかけるためだったが、山城新伍の三日月刑事と、せんだみつお
の痴漢満五郎のコントが見られることも大きな理由だった。



で、以前にコメント欄に引用した元ネタ疑惑をここにも再掲しておくテスト。

>タモリに関して「モンティパイソン」で知り「うわさのチャンネル」で...
>という話はこれが元ネタかい?

http://tisen.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_9ae2.html
>>その生意気な中学時代に「タモリ」という芸人がテレビに出現した。
>こっそりと夜見ていた東京12チャンネルの「空飛ぶモンティパイソン」で
>>アイパッチを付けた変な男が出現し、田舎の中学生には完璧には理解出来
>>ないネタをやっていた。その後「うわさのチャンネル」にも出演するよう
>>になって、さらに「オールナイトニッポン」の水曜日パーソナリティを務
>>めるようになり、気が付いたらタモリ一色の中学時代になっていた。


このブログを書いた人は、雑学ネタを唐沢俊一に豪快にパクられている人でもある。

☆ガウディと☆まで同じにしなくとも……


追記: コメント欄で指摘のあった、重複行を削除しました。(_ _);
ご指摘ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

09:17  |  資料編 (14) +  |  TB(0)  |  CM(14)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●自己申告してください

>HTBへの正面からの問い合わせについては、ここら辺が限界

 ということは、あの当時札幌で『モンティ・パイソン』が放映されていたことは、それを見ていたという人の口から具体的な証言がなければ、“ガセ”認定ということになりますね。「しばらくの間」か「半日」だか笑い続けても、全く意味はないってことで。
 で、いつ、どの局で、なんという番組見ていたんですか、俊一さん。
藤岡真 |  2010年04月21日(水) 09:59 |  URL |  【コメント編集】

>pippi さん、
>過日HTBに電話で問い合わせた結果についてお知らせします。

すごい、情報ありがとうございます! (_ _)(_ _)

# この件については (も?) 自分ではほとんど何もやっていないワタクシ……。
# ただただ、頭の下がる思いです。

> 先ずは番組制作局を確認してもらう必要がある。

なるほど、『空飛ぶモンティ・パイソン』の題名だけすげかえたか、その局で編集したかと何となく思っていましたが、他の局で制作した可能性もあると。

>HTBへの正面からの問い合わせについては、ここら辺が限界かと思います。

そうですね……もっと後の時代の話ならともかく、1970 年代の話となると、記録もそうは残っていなくても無理はないでしょうし、人も入れ替わっているようですし。


直接関係はないのですが、『タイムトラベラー』のオリジナルのテープが NHK に残っていなかったとかの話が頭に浮かんだりもしました。……あれのように実は録画していた人がいましたーというのは、かなり難しそうですが。

http://www2.plala.or.jp/ARGONAUTS/time/index.html
トンデモない一行知識 |  2010年04月21日(水) 09:13 |  URL |  【コメント編集】

過日HTBに電話で問い合わせた結果についてお知らせします。
なお、HTBの回答は問い合わせ先スタッフ数人の記憶によるものです。
※ 過去に放映した番組のデータベースはなく、問い合わせについてはスタッフの記憶に基づき 回答る システムのよう。

>空飛ぶゲバゲバについて
 記憶にない。
 当局で制作した番組であれば記録は残っているので調べることは可能だが、
 先ずは番組制作局を確認してもらう必要がある。

>空飛ぶモンティ・パイソンについて
 過去に放映したことはある。
 ただ放映年月日は不明である。
 買付番組なので当社に記録は残っていない。買付け担当者も退社している。

あまり参考にはなりませんでしたが、HTBへの正面からの問い合わせについては、ここら辺が限界かと思います。
pippi |  2010年04月20日(火) 22:25 |  URL |  【コメント編集】

をを、ありがとうございます! > poi さん、一札幌市民さん

http://ronso.biz/hakodate/bbs_ronso/mibbs.cgi?mo=p&fo=ronso&tn=1083&rs=111&re=116&rf=no&al=on
の 112 さんの書き込みの情報を加えてまとめると、こういう感じになるでしょうか (勘違いあれば指摘お願いします (_ _))

A. 東京 (そして静岡等) では、1976 年 4 月から 10 月頃にかけて、
タモリ出演の『空飛ぶモンティ・パイソン』が放映されていた。
そしてタモリは、1976 年 10 月頃から、『金曜10時!うわさのチャンネル!!』
に出演するようになっていた。

B. 北海道でも、1976 年 10 月頃から『金曜10時!うわさのチャンネル!!』に
(タイトルに「金曜10時!」の文字はなかったかも) でタモリを見ることができた。
タモリ出演の『空飛ぶモンティ・パイソン』の方は、『空飛ぶゲバゲバ』という
タイトルで、東京の 7ヵ月遅れ、1976 年 12 月から金曜深夜に放映。

で、やっぱり、「もちろん、『空飛ぶモンティ・パイソン』で知ったタモリを
追いかけるためだった」のくだりは、知泉さんからのパクリ、と。

見はじめたのは、うわチャンが先、モンティ・パイソン番組の方が後となると、
http://tondemonai2.blog114.fc2.com/blog-entry-204.html
首をかしげる原因になっていた「初めて毎回チャンネルを合わせるように
なったのが和田アキ子司会の『うわさのチャンネル!』」との記述が、
それなりに綺麗に説明がつくような気がしますし。この部分は、つい本当の
ことを書いてしまったのでしょう。

まだ、ちょっとはっきりしないのが、『空飛ぶゲバゲバ』は本当に『空飛ぶ
モンティ・パイソン』とイコールなのか、藤岡さんの書き込みにあるように、
「オリジナルの「空飛ぶモンティパイソン」から、モンティパイソンの部分を
除いた」って可能性はないのか、ということでしょうか。
トンデモない一行知識 |  2010年04月16日(金) 22:59 |  URL |  【コメント編集】

●おお、そうかも!

poiさん、情報ありがとうございます。

「空飛ぶゲバゲバ」はHTBで金曜深夜の放送でした。
11月5日からラテ欄に登場しましたので7ヶ月遅れ。
なるほど合致しますね。

これが「空飛ぶモンティ・パイソン」だったのかもしれませんね。
唐沢氏がひとこと言及していれば済む話だったのに。
ホントに当時観てたのかなあ・・・?
一札幌市民 |  2010年04月16日(金) 20:31 |  URL |  【コメント編集】

はじめまして。
いつも面白がってみています。

「空飛ぶゲバゲバ」と「空飛ぶモンティ・パイソン」について、
ちょっと検索してみたのですが以下のような掲示板への書き込みを見つけました。
これが正しいとすれば、
やはり「空飛ぶゲバゲバ」は「空飛ぶモンティ・パイソン」ではないかと思います。

【再放送でも】なつかしテレビ放送局【リメイクでも】@函館タウン情報
http://ronso.biz/hakodate/bbs_ronso/mibbs.cgi?mo=p&fo=ronso&tn=1083&rs=111&re=116&rf=no&al=on
>112: 名前:へろへろ名無しさん投稿日:2005/01/20(木) 09:51
>>>111
>タモリのTVレギュラーデビューは、76年4/9放送開始の
>「空飛ぶモンティパイソン」内の、“TheTAMORIShow”ってミニコーナーです。
>四カ国麻雀やら北京放送やら、伝説の“密室芸”を披露してましたよ。
>(今も変わらず素人芸ですけどねw)
>ちなみに北海道では数ヶ月遅れで、HTB金曜深夜に放映してました。
>
>「うわチャン」出演は同年秋頃でしたから、「パイソン」(24回)終了後だったのでしょう。
>

唐沢は「空飛ぶモンティ・パイソン」を知っているということより
タモリについて、デビューから知っているとミスリードさせるのが狙いだったのではと思いました。
poi |  2010年04月16日(金) 17:58 |  URL |  【コメント編集】

昨夜、試しに Twitter でも情報募集してみたのですが、反応はないですね。
まあこれは適切なタグをつけていなかったからかもしれないですが。
唐沢俊一関連は、悪魔の証明かよっ、と思わせるのが多くて困ります。w
トンデモない一行知識 |  2010年04月16日(金) 09:09 |  URL |  【コメント編集】

●ああ、みっともない

唐沢(贋)は本当にしょうがない。タモリを噂のチャンネルで初めて見た、となぜ言えん。
altnk |  2010年04月16日(金) 00:27 |  URL |  【コメント編集】

●謎の番組「空飛ぶゲバゲバ」

私が図書館で見つけた「空飛ぶゲバゲバ」はラテ欄にサブタイトルやキャストはおろか、放送終了時間も書かれていませんでした。
つまり何分番組かも判明しておりません。

どなたか観た記憶の有る方から情報を貰えると私も嬉しいのですが。唐沢氏が当時モンティパイソンを観ていた証拠になりそうな番組はこれ以外考えられませんし。
一札幌市民 |  2010年04月15日(木) 23:58 |  URL |  【コメント編集】

>藤岡真さん
>オリジナルの「空飛ぶモンティパイソン」から、モンティパイソンの部分を除いた

ああ、なるほど。それでしたら、番組名に「モンティパイソン」とついていない理由が綺麗に説明できますね。


>NNT さん
>「空飛ぶゲバゲバ」の手がかりが無いって不思議ですね。

2ちゃんねるのスレでも指摘していた人がいましたが、本当に唐沢俊一関係のブログまたはスレ以外は検索にもヒットしませんね。これが 10 年前ならまあ、ネットにすべてがアップされているわけではないからの一言ですませることもできたのですが、当時と今とではコンテンツの量が桁違いですし……。

http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1269507905/
>891 :無名草子さん:2010/04/13(火) 13:12:31
>しかし、このネット時代「空飛ぶゲバゲバ」という番組名が
>唐沢検証の関係でしかヒットしないってのが凄く気持ち悪い。

>例えばモンティパイソン好きの北海道人とかがその事を語っているページとか
>ありそうだし
>そもそも北海道のテレビ局が独自にそんな番組に編集する必然性があるんだろ
>うかとか
>北海道人で現在50歳前後でモンティパイソン好きはいないのかな?


それと、今回も前回も、地元が北海道の人が、見た覚えがないと書き込んで
いるのが印象的です。

http://tondemonai2.blog114.fc2.com/blog-entry-355.html#more
>787 :無名草子さん:2010/01/08(金) 00:59:36
>北海道にテレ東系のテレビ北海道開局したのが1988年。
>しかも札幌以外で放送されるようになったのは数年遅れ。
>それまではテレ東系の番組は適当な放送局でたまにかかるだけ。
>当然、、うわさのチャンネル!の裏番組ではありえない。
>当時札幌で、眠い目をこすってうわさのチャンネル!を当時見ていた俺が言うん
>だから確かだ。

http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1269507905/l50
>892 :無名草子さん:2010/04/13(火) 13:31:40
>札幌育ちだがモンティは地上波放送してないと思う(70年代から海外ドラマ
>マニアだったので)
トンデモない一行知識 |  2010年04月15日(木) 00:19 |  URL |  【コメント編集】

●謎

濃いファン、マニアが結構存在しているはずなのに、
「空飛ぶゲバゲバ」の手がかりが無いって不思議ですね。
それこそトリビアだと思うのに。
NNT |  2010年04月14日(水) 20:27 |  URL |  【コメント編集】

●全くの想像ですけど

「空飛ぶゲバゲバ」って、オリジナルの「空飛ぶモンティパイソン」から、モンティパイソンの部分を除いた、タモリのコントなんかの30分番組のような気がしますね。タイトルは「空飛ぶ」の部分はいただき、なんとなく「ゲバゲバ」っぽいんで「「空飛ぶゲバゲバ」。
藤岡真 |  2010年04月14日(水) 10:39 |  URL |  【コメント編集】

>幻灯機さん
>唐沢氏が「空飛ぶゲバゲバ」というインパクト大の番組名に言及しないのは
>それこそ不思議ですよね。

そうなのですよねえ。
「空飛ぶゲバゲバ」の話が出て、札幌時代の唐沢俊一がモンティ・パイソンを見ていた可能性はアリかなと思いはじめていた――「『空飛ぶモンティ・パイソン』で知ったタモリを追いかけるためだった」は、知泉氏あたりからのパクリという線はウスくならないものの――のですが、「第一“あの時代モンティ・パイソンが放映されてなかった”って」という言い換え、そして「(しばらくの間、笑)」のみの誤摩化し (?) で、なさそうだなこりゃと思うようになりました。

せいぜい好意的に解釈して、北海道で放映されていたモンティ・パイソンまたはそれ風の番組を数回見た程度じゃないかと思っています。


>「空飛ぶゲバゲバ」という番組名から、当時のテレビやお笑いの話に繋げて
>いくことはいくらでも可能なはず(それこそ唐沢俊一を検証する皆さんのやって
>いる通り)なのに…

http://d.hatena.ne.jp/kensyouhan/20100411/1270988918 のコメント欄のような? ああ、唐沢俊一には無理無理無理無理――と即座に思ったのですが、ニフの会議室や一行知識掲示板が、あんな風に盛り上がったこともあったかもしれないのですよね。

http://tondemonai2.blog114.fc2.com/blog-entry-204.html#more
>923 :無名草子さん:2010/01/08(金) 17:08:31
>「モンティパイソン」を70年代から知っているというのは、
>ある種「お笑い感度が高い」というステイタスだったんよ。
>唐沢は「俺はみんながあんまり注目していなかったモンティ・パイソンを
>日本初紹介の時から見ていたんだぜ」みたいな感じで
>これまでも語ってきて、そういう記憶改竄が行われたんじゃないの?

>957 :無名草子さん:2010/01/08(金) 18:42:53
>ニフティのコメディフォーラムには
>本が書けるほどのパイソンファンが何人も集まって日夜語り合ってたわけで
>その人達の記憶や思い入れが自分とごちゃごちゃになってるんじゃね?
トンデモない一行知識 |  2010年04月14日(水) 08:29 |  URL |  【コメント編集】

実際、「空飛ぶゲバゲバ」が「空飛ぶモンティパイソン」だったとして、唐沢氏が「空飛ぶゲバゲバ」というインパクト大の番組名に言及しないのはそれこそ不思議ですよね。いつも通り、体験談なのにリアリティを欠くというか。
唐沢俊一は本当に実在する北海道出身者なんでしょうか。
「空飛ぶゲバゲバ」という番組名から、当時のテレビやお笑いの話に繋げていくことはいくらでも可能なはず(それこそ唐沢俊一を検証する皆さんのやっている通り)なのに…って、そういういいネタをスルーしてまでも追討に夢中になるのが唐沢俊一という人なのでした。


今回のエントリ、最後の二行が重複しています。
幻灯機 |  2010年04月13日(火) 12:11 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/430-25b38ed0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。