2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.17 (Wed)

ゾンビのしたたり

『アジアンコミックパラダイス』 P.19

シュワルツェネッガーみたいな男が、ゾンビの首にやたら長い舌でナメられ
ている。この絵に限らず、タイのゾンビ描写は、なぜか必ず汗をかいている。
汗ではなくて、腐って体液がしたたっているのか? タイトルは「クーピーロー」。


コミックスの表紙についての説明で、その表紙では、シュワちゃんに似ているといえなく
もない男が右手でゾンビの首の髪をつかみ、そのゾンビの首の長い舌が、男の首に蛇
のように巻き付いているのだけど……これって「長い舌でナメられている」っていうのか
なあと、ちょっと疑問に思う。

で、唐沢俊一は「タイのゾンビ描写は、なぜか必ず汗をかいている」と書いているけど、
この『アジアンコミックパラダイス』という本に載っているタイの作品を見ると、到底そうは
思えなくて。

『アジアンコミックパラダイス』に掲載のタイの漫画 15 作品のうち、ゾンビが登場するの
は、「お化けと闘いましょう」、「頭はどこにいった!?」という 2 作品なのだけど、どちらの
ゾンビも、別に汗のようなものはかいていない。「頭はどこにいった!?」という作品の方は、
首なしゾンビが首から血をしたたらせているけど。他の漫画に登場の化け物にも、特に
「汗をかいている」感じのものはいない。

また、本の P.8 から P.21 にかけては、1 ページあたり 4 冊ずつ、タイのコミックスの
表紙が載せられている。この 14 ページ、56 冊のコミックスのうち、ゾンビが描かれて
いるのが 26 冊で、「汗をかいている」、「腐って体液がしたたっているのか?」 に該当
しそうなものは、多めに数えても 7 冊程度。

「必ず汗をかいている」どころか、汗または腐った体液のようなものをしたたらせている
化け物は、そうでないものと比べて明らかに少数派なのだ。

で、まあ、「ゾンビだらけとも下手な絵ばかりとも思えないんだけど……のタイ漫画」の
エントリーを書いたときにも思ったけど、このような齟齬は、些細かもしれないけど結構
無視できない問題ではないかと。常に元の作品を実際に目にすることができるのならば
よいが、いつもそれが可能とは限らない。そのような場合には、唐沢俊一がその漫画に
ついて語っていることをうっかり信用しないように、警戒しながら読まなければいけないと
いうことを意味しているのだから……。

スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 本・雑誌

22:47  |  その他の雑学本 間違い探し編 (324) +  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>藤岡真さん
どうもです。(_ _)
この本に収録されている漫画のセリフの部分は、もっとヒドいです。
日本語がわかるタイ人女性に訳してもらったそうですが、タイらしい感じを出すために、「日本語にしてはいささかコナれない言いまわしの部分」も、あえて残したとか書いています。
これについては別エントリーでやろうかと思っています。
トンデモない一行知識 |  2010年03月21日(日) 01:17 |  URL |  【コメント編集】

●文才

>ゾンビの首にやたら長い舌でナメられている

 日記の書きなぐりならともかく、出版された書籍に書かれた文章とは到底思えません。いやはや。
藤岡真 |  2010年03月20日(土) 00:46 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/414-80cceb78

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。