2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.10 (Wed)

http://www.soniavelasquez.com/ はスペイン語のサイトとはいえないような

『トンデモ版 ユーチューブのハマり方』 P.50

 ウソかマコトか、この方がアイパッチの美人レポーター、ソニア・ベラス
ケスさんです。ただ気が付いた方もいると思いますけれども、ワンシーン
だけアイパッチの位置が変わっているのがあって、これが果して裏焼き
なのか、本当に片目じゃなくて目立つためにこのアイパッチをやっている
のかというのがちょっと疑問なところです。
 彼女個人のサイトに行ってみても、ひとつはスペイン語なのでよくわから
ないのと、もうひとつは写真ばかりで説明とか経歴をほとんど書いてない
ので、なんでこの女性がアイパッチをしているのかというのは謎なのであ
ります。


コアでレアな『眼帯フェチ』にしてはモデルの選り好みが激しすぎるような……」に引用
した文章の続き。唐沢俊一が、「『アイパッチや眼帯をするんだったら、これくらい 美人
じゃないと駄目なのだよ』という実例」として出してきたのが「ソニア・ベラスケスさん」。

それはよいとして、いきなり「ただ気が付いた方もいると思いますけれども」とか書かれて
も意味不明のきらいがある。

確かに、この P.50 の上の方には、「コロンビアのモデル兼TVレポーター、ソニアさん」
という説明のついた写真が 1 枚、「なぜかワンカットだけ眼帯の向きが逆に……」という
説明つきの写真が 1 枚ある。しかし、それを指して、「ただ気が付いた方もいると思いま
すけれども、ワンシーンだけアイパッチの位置が変わっているのがあって」とか言われて
も……「ワンシーンだけ」とか、どうやったら気がつくことができるのかわからない。。

これは多分、『トンデモ版 ユーチューブのハマり方』の「まえがき」P.2 に書かれている
製作方法、「白夜書房の小ホールで3時間ほど講義のようなものを行った、そのトークを
記録したのである」というのが理由なのだろうとは思う。その「白夜書房の小ホール」で
の講演とやらで、実際の動画を流した後に「気が付いた方もいると思いますけれども」と
やったのを、何も考えずにそのまま本文に入れたものと思われる。

しかし、紙の本で、しかも該当する YouTube の動画の URL も示すことなく、そういうこと
を書かれても困るのだが……。

前のエントリーにも引用したが、裏モノ日記の方には、YouTube の動画の URL:
http://www.youtube.com/watch?v=gUewzYVnkfI
もあれば、「彼女のサイト」 http://www.soniavelasquez.com/ の URL も存在する。
しかし、『トンデモ版 ユーチューブのハマり方』にはそのような情報がいっさいないため、
意味の通りにくい記述となってしまっているのだ。

裏モノ日記 2007年 07月 27日(金曜日)
http://www.tobunken.com/diary/diary20070727193743.html

http://www.youtube.com/watch?v=gUewzYVnkfI
↑アイパッチの美人テレビレポーター、ソニア・ベラスケス。
これくらいでなきゃ顔が眼帯に負ける。
彼女にしたって、いい顔とイマイチな顔がある。
幼稚園での表情が最高(ワンシーン、アイパッチが逆な
場面があるが、わざとか、逆焼きか?)。
http://www.soniavelasquez.com/
↑彼女のサイト。ほぼ写真しかない。



ちなみに、前述の、「なぜかワンカットだけ眼帯の向きが逆に……」と説明されているの
は、http://www.youtube.com/watch?v=gUewzYVnkfI の 1 分 35 杪時点の絵である。
アイパッチが逆のこのシーンだけは服が右前あわせに映っている気がするので、「本当
に片目じゃなくて目立つために」という可能性は薄いのではないかと思うけど、確信を
もっていえるほどには画像が鮮明ではないのがつらい (?) ところ。

なお、この動画は、http://www.soniavelasquez.com/ で TV Reel のタブをクリックして
「Play Reel」の文字をクリックすることによっても参照可能。ただ、こちらもサイズがやや
小さめなので確実なことはいいにくい。


で、http://www.soniavelasquez.com/ を参照してみればわかるけど、唐沢俊一が本に
書いている「スペイン語なのでよくわからない」というのはガセ。

「写真ばかりで説明とか経歴をほとんど書いてない」というのもちょっとガセで、サイトで
Fashion のタブをクリックして、「More Informaion Here」のリンクをクリックすると、一応
以下のような説明 (英語) は読める。

> SOVE Communications - Event Planning
> Sove Communications offers high end event and party planning services directed
> by Reporter- Model Sonia Velasquez. For over 10 years Sonia Velasquez has
> graced the spotlight as both model and spokesperson for numerous television
> and radio stations. She brings this experience and knowledge to SOVE
> communications, a company that specializes in events and parties for up to 120
> guests, focusing on personalized service.


ただし、「写真ばかり」というのは確かにあって、eyepatch の理由まではサイトの中に
見つからなかったし、Magazine のタブをクリックして表示される雑誌のページの画像に
含まれている文章はスペイン語のようだったりする。


なお、ググったかぎりでは、Sonia Velasquez が、たとえば James Joyce のように、
「never lost an eye」なのに eyepatch を着用しているという話は見つからなかった。
ただ、本当に「lost an eye」なのかまでは、よくわからなかった。

http://en.allexperts.com/e/e/ey/eyepatch.htm
> * James Joyce (he was known to wear one even though he never lost an eye)
〈略〉
> * Sonia Velasquez ([1])


その他参考 URL:
- http://www.eye-grafx.com/famous_people.htm
- http://www.facebook.com/group.php?v=wall&gid=2401267864



追記:「『有名なやつ』というけどルールも何も知らないんですね<おっぱいチラ見ゲーム
のエントリーでも少しふれたけれど、Sonia Velasquez さんの写真を本に掲載しているの
って、ちょっとマズいかも。

『トンデモ版 ユーチューブのハマり方』に掲載している彼女の写真は、元は彼女のサイト
http://www.soniavelasquez.com/ に掲載のプロモーションビデオの一部であり、サイト
の Copyright の表記は以下の通りなので。

> ©2006 Sonia Velasquez. All Rights Reserved. The photos shown on this site are
> not in the public domain. Any use of the photographs on this website including
> downloading, reproduction, modification, distribution, republication, printing or
> selling is prohibited without my prior written consent.


引用だとするには、引用元の表記がないし……。サイトの URL はもちろん YouTube の
動画の URL さえも、『トンデモ版 ユーチューブのハマり方』という本の中には示されて
いないのだ。

いや実は許可をもらっているのでは……という可能性も考えてはみたけれど、だとすると、
「スペイン語なのでよくわからない」というのは何だという話になるし、サイトに記載されて
いるメールアドレスにメールしたならば、眼帯の向きの問題について質問することも容易で
あっただろうに、あえて確認することもなく、「裏焼きなのか、本当に片目じゃなくて目立つ
ためにこのアイパッチをやっているのか」とか書き散らすのは、かなり質の悪い話では
ないかと思う。

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

21:48  |  その他の雑学本 間違い探し編 (324) +  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>金平糖さん
>キャンドルの位置と背景の位置から見て
>まったく違う席でもないかぎり不自然ですから

そうなんですよ。

ただ、他の場面から推測するに、もともと適当な位置に鏡があって……とも思いにくいので、どうしてわざわざ反転させているんだろうとも思いました。

もっとも、着ている服も背景もいっしょの場面なので、撮影の途中でアイパッチを逆につけてしまったというのは、まず考えにくく……。アイメイクとかはどうしているんだという話になりますし。


で、メールもしないで、「片目じゃなくて目立つためにこのアイパッチをやっているのか」とか本に書くのは、ちょっとないんじゃないかという話は、本文の方に追記しました。
トンデモない一行知識 |  2010年03月11日(木) 21:27 |  URL |  【コメント編集】

逆写しのシーンは鏡がなにかに写ってるようにみえますね
キャンドルの位置と背景の位置から見て
まったく違う席でもないかぎり不自然ですから
キャンドルが手前、彼女が左、背後に外の景色だとあからさまにおかしいので
反転した画像と考えて問題ないと思います。
金平糖 |  2010年03月11日(木) 02:15 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/407-6ff9e04c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。