2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.12 (Fri)

ライナス・ポーリングのネタだけあって何だかちょっと量子力学 (←違う)

『史上最大のムダ知識』 P.83

 なお、ライナス・ポーリング博士という人が、ワトソンと似たようなアイデア
を、彼らより9年も前に思いついていた。が、ポーリング博士は、DNAの
構造を「三重らせん構造」としたために、ノーベル賞を取り損ねた。
 その後、ポーリング博士は、翌1954年に「化学結合の本性、ならびに
複雑な分子の構造研究」で、ノーベル化学賞を受賞し、名誉挽回した。
 そのうえ、1962年には、核兵器に対する反対運動の功績で、ノーベル
平和賞も受賞している。全く別ジャンルで2つのノーベル賞を受賞している
のは、このポーリング博士だけである。


×彼らより9年も前に思いついていた ○彼らより数ヶ月前に発表していた
×全く別ジャンルで2つのノーベル賞を受賞
○他の人物と共有せずにノーベル賞を2度受賞

上は「A Structure for Deoxyribose Nucleic Acid だけが全てじゃないよのノーベル賞
のエントリーに引用した文章の続きでもある。

唐沢俊一の文章だけ読むと、まるで、ライナス・ポーリングが三重らせん構造のモデル
を思いついた、その 9 年後にワトソンらが二重らせん構造のモデルを思いついたかの
ようである。また、ポーリングは 1953 年に「ノーベル賞を取り損ね」た後、「翌1954年」
に「ノーベル化学賞を受賞し、名誉挽回した」みたいに読める。

実際の時系列は、以下の通りである。

1. 1953 年にジェームズ・ワトソンとフランシス・クリックが、DNA の分子構造について、
  二重らせんのモデルを Nature 誌に発表。その数ヶ月前にライナス・ポーリングは、
  三重らせんのモデルを提案していた。

2. 1954 年に、ライナス・ポーリングは、「化学結合の本性、ならびに複雑な分子の構造
  研究」で、ノーベル化学賞を受賞。

3. 1962 年に、ワトソン、クリック、そしてモーリス・ウィルキンスらは、「核酸の分子構造
  および生体における情報伝達に対するその意義の発見」に対して、ノーベル生理学・
  医学賞を受賞。
  同じく 1962 年に、ライナス・ポーリングは、ノーベル平和賞を受賞。

つまり、「9年」というのは、ワトソンとクリックが Nature 誌に二重らせんのモデルを発表
(1953 年) してから、ワトソン、クリック、ウィルキンスらがノーベル生理学・医学賞を受賞
(1962 年) するまでに経過した年月なのだ。

ところが、唐沢俊一は脳内で、Nature 誌への論文掲載とノーベル賞受賞をイコールで
結びつけているらしい。前エントリーで取り上げたように、「ノーベル生理学・医学賞を
受賞した論文」とか書いているし、Nature 誌に掲載の文章の著者ではないウィルキンス
は、いなかったことにしているというか、いっさい名前を出していない。彼もノーベル賞を
ワトソン、クリックとともに受賞したのに。

で、これについては、唐沢俊一が単に間違ったのか、故意に時空を歪ませていたのか、
判断をつけにくい。前エントリーを書いたときに思ったけど、参照したのが Wikipedia でも
他の資料でも、ワトソンらのノーベル生理学・医学賞受賞が 1962 年と気づかないまま
最後までいくのは、逆に難しいんじゃないかという気がするので。

しかし、それが 1962 年だったということに目を向けてしまうと、「翌1954年に『化学結
合の本性、ならびに複雑な分子の構造研究』で、ノーベル化学賞を受賞し、名誉挽回し
た」とは絶対に書けなくなるので、もしも「名誉挽回」というストーリーに固執するならば、
あえて無視する必要がある。

でも、まあ、そもそも「名誉挽回」という表現自体、違和感をともなうもので、受賞を逃した
からといって、それは挽回が必要なほど不名誉なことかと思ったりもする。事実関係の
誤りを抜きにしても、変なことを書いているなと思わせる箇所でもあった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ライナス・ポーリング
>量子力学を化学に応用した先駆者であり(原理上、量子力学は化学と分子生物学の
>全情報を記述出来る)、化学結合の本性を記述した業績により1954年にノーベル化
>学賞を受賞した。また、結晶構造決定やタンパク質構造決定に重要な業績を残し、分
>子生物学の祖の一人とされる。ワトソンとクリックが1953年にDNAの超微細構造であ
>る「二重らせん」を発見した時に、ポーリングはほぼそれに近い形を発見していた。
〈略〉
>1962年、地上核実験に対する反対運動の業績によりノーベル平和賞を受賞した。
>ポーリングは他の人物と共有せずにノーベル賞を2度受賞した唯一の人物である。
>他にノーベル賞を2度受賞した人物は、マリ・キュリー(物理学賞と化学賞)、ジョン・
>バーディーン(物理学賞を2回)、フレデリック・サンガー(化学賞を2回)である。後年、
>大量のビタミンCや他の栄養素を摂取する健康法を提唱し、更にこの着想を一般化さ
>せて分子矯正医学を提唱した。分子矯正医学は現代でも伝統的な医学から非正統
>的と看做されている。


http://ja.wikipedia.org/wiki/二重らせん
>光学異性体の研究で有名なライナス・ポーリングもDNAの立体構造について研究し、
>ワトソンとクリックの論文の数ヶ月前に三重らせんモデルを提案している。後にDNA密
>度測定により二重らせんが正しいことが証明された。


http://ja.wikipedia.org/wiki/ジェームズ・ワトソン
>ジェームズ・デウィー・ワトソン(James Dewey Watson, 1928年4月6日 - )は、DNAの
>分子構造における共同発見者の一人として知られる、アメリカ出身の分子生物学者
>である。ワトソン及び、フランシス・クリック、モーリス・ウィルキンスらは、「核酸の分子
>構造および生体における情報伝達に対するその意義の発見」に対して、1962年にノー
>ベル生理学・医学賞を受賞した。



そして唐沢俊一の書いている「全く別ジャンルで2つのノーベル賞を受賞しているのは、
このポーリング博士だけ」というのは、上に引用した Wikipedia でいう「マリ・キュリー
(物理学賞と化学賞)」がいるため、間違いにカウントさせていただくということで。

唐沢俊一がこのように書いた理由は、『史上最大のムダ知識』 (2007年 4月 10日刊) を
書いた時点では、Wikipedia の記述が以下のようなものだったためだろう。

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ライナス・ポーリング&oldid=11527534
>化学賞と平和賞を受賞という共有のない分野でノーベル賞を受賞した唯一の人物で
>ある。


ちょっと面白いのは、『史上最大のムダ知識』の「第一版第一刷」の日付けとちょうど同じ
「2007年4月10日」に、Wikipedia の記述が下記のものに切り替わっていること。何だか
ぎりぎりアウトという感じ。

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ライナス・ポーリング&oldid=11829986
>ポーリングは他の人物と共有せずにノーベル賞を二度受賞した唯一の人物である。
>他にノーベル賞を2度受賞した人物は、マリ・キュリー(物理学賞と化学賞)、ジョン・
>バーディーン(物理学賞を2回)、フレデリック・サンガー(化学賞を2回)である。


スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

19:47  |  その他の雑学本 間違い探し編 (324) +  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●機械でつくればメカビタミン

酸っぱいもので思い出すのは、レモン、梅干し、グレープフルーツ、酢の物等々、風邪や熱を出したとき、食欲のないときによさそうな食べ物が多いので問題はないのではないかと。^_^;

ワインにハチミツとレモンを混ぜた飲み物がよいというのも、どこかで聞いたような気がします。ライムやパイナップルをお酒に混ぜてカクテルをつくってもおいしそうですね。(←話が違う方向にいっている)
トンデモない一行知識 |  2010年02月14日(日) 00:49 |  URL |  【コメント編集】

●ライナス・ポーリング博士というと

私は風邪をひいたり、熱がでると酸っぱいものが食べたくなります。
どうやら、ポーリングにかつがれていらい、身体が求めるようです。(これがインプリンティグとか条件反射とかいうものなのか・・・違うって。)
トンデモブラウ |  2010年02月13日(土) 23:29 |  URL |  【コメント編集】

>momo さん
>『全く別ジャンル』とは言えないのである

そうですねー、これはそう主張する余地があるなと思わないでもなく、本文を書いているときに、「×全く別ジャンルで2つのノーベル賞を受賞」は、「△」にするかどうか正直迷いました。マリ・キュリーの 2 回の受賞理由は、それぞれ以下の通りのため。

http://ja.wikipedia.org/wiki/マリ・キュリー
>ノーベル賞受賞者
> 受賞年:1903年
> 受賞部門:ノーベル物理学賞
> 受賞理由:放射能の研究
>ノーベル賞受賞者
> 受賞年:1911年
> 受賞部門:ノーベル化学賞
> 受賞理由:ラジウムおよびポロニウムの発見とラジウムの性質および
> その化合物の研究

しかし、物理学賞と化学賞は「全く別ジャンル」では_ない_というスタンスをとり、平和賞と化学賞は「全く別ジャンル」で_ある_とするならば、では平和賞と「全く別ジャンル」では_ない_賞とはあるの、あるとすればどれをさすのという問題にもなり……。@_@ そもそも「全く別ジャンル」という切り口自体が何か違うんじゃないかと思います。
トンデモない一行知識 |  2010年02月13日(土) 02:19 |  URL |  【コメント編集】

●物理と化学の違いがわかるかな…

もしかしたら「物理も化学も似たようなモンなので『全く別ジャンル』とは言えないのである」とか言い出すかも。なんせ、アフリカ大陸を一つの国にまとめちゃうようなアバウトな感性のお人ですから。

>受賞を逃したからといって、それは挽回が必要なほど不名誉なことかと思ったりもする。

共産主義国(今は無きソ連とか)なら「不名誉」としてバッシングされるかも?
momo |  2010年02月12日(金) 22:41 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/389-7d07ea34

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。