2017年03月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.03 (Wed)

唐沢俊一はサリンジャーの訃報を書くか―― 1月 29日の裏モノ日記を待とう

裏モノ日記 2010年 01月 27日 (水曜日) ――この日の日記に書かれていたことについて
は別エントリーでアップする予定だけど、その前に、この日には書かれていなかったこと
について言及しておこうかと。

1月 27日にはサリンジャー (「ジョン・サリンジャー」ではなく、ジェローム・デイヴィッド・
サリンジャー
) が亡くなっているのだけど、「有名人が亡くなると必ず追悼文を書く」とも
いわれた唐沢俊一が、この日の日記にはサリンジャーのサの字も出していない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/J・D・サリンジャー
>ジェローム・デイヴィッド・サリンジャー(Jerome David Salinger、1919年1月1日 -
>2010年1月27日[1])は、アメリカ合衆国の小説家。ニューヨーク市マンハッタン生ま
>れ。小説『ライ麦畑でつかまえて』で知られている。


http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2688345/5249983
>【1月29日 AFP】代表作「ライ麦畑でつかまえて(The Catcher in the Rye)」で知られ
>る米国の作家、J・D・サリンジャー(J.D. Salinger)氏が27日、米ニューハンプシャー
>(New Hampshire)州の自宅で亡くなった。91歳だった。ニューヨーク(New York)に
>ある同氏の出版エージェント、ハロルド・オーバー・アソシエーツ(Harold Ober
>Associates)が28日明らかにした。死因は明らかにされていない。


まあ報道されたのは 1月 29日なので、まだアップされていない 29日の日記に唐沢俊一
が書いてくる可能性は、まだ消えてはいないのだけど。


町山智浩ブログに「唐沢俊一はサリンジャーに土下座しろ!」というエントリーがアップ
されたのが 2010年 1月 29日。同じ日の早朝、そして翌日に、Twitter に以下のような
ツイートが書き込まれてもいる (リツイートの人数にも注目)。

http://twitter.com/TomoMachi/status/8335595072
>サリンジャーが可哀相。http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20100129
4:45 AM Jan 29th from web
>55人がリツイート


http://twitter.com/TomoMachi/status/8341603703
>文春は朝日の左派偏向報道を叩き続けるけど、朝日で叩くべきはこんな男に何年も
>書評委員をやらせてたことだ。こいつの「アフリカという国」などという妄言を校閲なし
>で印刷したことだ。 http://bit.ly/dCMmIc
7:42 AM Jan 29th from web
>16人がリツイート


http://twitter.com/TomoMachi/status/8375824985
>唐沢俊一のサリンジャー書評を取り上げたのは、有名人が亡くなると必ず追悼文を
>書く唐沢が加藤和彦さんについて書いたようなことをサリンジャーについて書かせない
>ためです。http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20100130
2:15 AM Jan 30th from web
>80人がリツイート



上でいう「こいつの『アフリカという国』などという妄言」については、「アフリカという国
などないっ!
」のエントリーを参照のこと。

また、「サリンジャーが可哀相」と書かれるのも無理はない――という感じの、唐沢俊一に
よる『ライ麦畑でつかまえて』のトンデモ書評については、以下を参照のこと。要するに、
『ライ麦畑でつかまえて』の作者名も主人公の名前も間違えるわ、主人公は大学生だっ
たことにするわ、1950 年代のアメリカに生まれた世代はロスト・ゼネレーションたちで、
この小説を熱狂的に受け入れたんだとか時空を歪ませまくるわ、『ライ麦畑でつかまえ
て』は殺人教唆の「悪魔の書」と巷間いわれていることにしてしまうわと、もう無茶苦茶。

『月刊ほんとうに怖い童話』掲載の書評:
似ているようで違う――サリンジャーとサレンダー
似ているようで違う――失われた世代と打ちひしがれた世代
『ライ麦畑でつかまえて』は殺人教唆はしていない
『ライ麦畑でつかまえて』が「悪魔の書」である平行世界の話?

さらに、「加藤和彦さんについて書いたようなこと」については、「唐沢俊一にとっての
『プロデュース』とは
」のエントリーを、「唐沢にサリンジャー追悼記事を書かせないため
です
」のブログで言及されている「忌野清志郎さんの死について」は「聞いたことのない
『雨上りの夜空に』
」も参照のことというか。追悼を追討と誤記したりする唐沢俊一だけ
あって、ヒドい追悼文が本当に多いのだ。

なお、資料置き場には、今までの「唐沢俊一による書評いろいろ」や「失礼な訃報たち」
も集めておいてあるので、興味のある方はどうぞ。

唐沢俊一は他にどんなトンデモなことを書いているのかに興味をもった人は、「そして
百バカは百を超える」や「いろいろ『と』リンク」などを参照していただくのがいいかも。


で、Twitter での反響の方に話を戻すと、http://togetter.com/li/2549 にも収録させて
いただいているが、大森望や豊崎由美といった人たちも反応しているのが興味深い。

http://twitter.com/nzm/status/8354083561
>バットで打ち返さないとね! RT @EnJoeToh: 下で受け止めちゃ駄目だろ……。
http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20100129
1:24 PM Jan 29th from TweetDeck


http://twitter.com/toyozakishatyou/status/8376284033
>これ、必読。 RT @TomoMachi 唐沢俊一のサリンジャー書評を取り上げたのは、有名
>人が亡くなると必ず追悼文を書く唐沢が加藤和彦さんについて書いたようなことをサリ
>ンジャーについて書かせな// http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20100130
2:28 AM Jan 30th from web
>5人がリツイート


独立したブログのエントリーとして書くほどではないが、自分はこの件について知ってい
るぞ、それなりに興味をもっているぞといった意思表明みたいなものが可視化されやす
いのが Twitter というものなのかなとも思った。RT を使う人が多いのは、他の人にも
積極的に知らせたいという意図をもつ人が多いということでもあるし。
(はてなブックマークというのものもあるけど、Twitter の方が、より素直な反映かなあと、
何となく思ったり)。
http://b.hatena.ne.jp/entry/d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20100129
http://b.hatena.ne.jp/entry/d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20100130


で、まあ、前述したように、唐沢俊一がサリンジャーの訃報について裏モノ日記に書くか
書かないかについては、1月 29日の裏モノ日記がアップされるのを待つということで。

http://twitter.com/goito/status/8386279457
>町山智浩さんが「唐沢俊一はサリンジャーに土下座しろ!」というエントリーを書いた
>理由を「サリンジャーの追悼文を書かせないため」と説明している。唐沢の追悼文は
>本当にひどいからだ。だが「自滅志向」のため、馬鹿な追悼を書く可能性は残る。
http://qurl.com/1n9td
7:15 AM Jan 30th from web
>2人がリツイート


http://twitter.com/goito/status/8386417891
>もっとも、唐沢俊一はたいへん小心でもあるので、サリンジャー追悼はスルーする可能
>性はある。できればそうしてほしい。だがもし「追悼」が書かれたら、サリンジャーの読
>者をコケにするような、それはひどいものになることが予想される。
7:19 AM Jan 30th from web
>5人がリツイート


http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1264084003/953
>953 :無名草子さん:2010/02/02(火) 16:08:09
>今日、連続して28日以降の日記がアップされないってのは
>書いていない(書けない)って事なんじゃないのかな?

>これまで、常に亡くなった人の事を熱心に書いているのに
>サリンジャーの死にまったく触れないというのは
>異常に不自然なので、触れないワケにはいかない
>でも・・・・・

>それか、一旦書いてしまったけれど、現在慌てて書き直しているとか



おまけ (漫棚通信からの盗作発覚直後の唐沢俊一スレではテンプレに入れていたやつ):

http://www13.atwiki.jp/tondemo/pages/16.html
>「週刊新潮」記事に対する大森望の意見
>http://www.ltokyo.com/ohmori/
>> ■2007年06月14日 週刊新潮・唐沢俊一盗作疑惑記事の謎
>>  「漫棚通信ブログ版」はけっこうマメに読んでるので、騒動の最初からウォッチ
>>してたわけですが、 今日届いた週刊新潮6月21日号の記事、『朝日新聞“書評
>>委員”に浮上した「ブログ盗用疑惑」』の 書きっぷりはちょっとひどいんじゃないか
>>と思った。
>>
>>まるで、匿名クレーマーの地雷をうっかり踏んで大変な目に遭ってる被害者に同情
>>するかのような論調。全然そういう性格の問題じゃないと思うんですが。
>>もうひとつ、週刊新潮の記事で謎なのは、唐沢氏が「書評委員をつとめる朝日に
>>対しては、当分、原稿を自粛したいと申し入れた」という一節。「裏モノ日記」を読む
>>と、 出稿・出演を自粛しない媒体もたくさんあるようなので、なぜ朝日新聞だけ特別
>>に自粛する のか意味がわからない。世間を騒がせると新聞の書評原稿は自粛す
>>るのが社会常識なんでしょうか?

>狂乱西葛西日記2007年6月1日~6月30日


http://www13.atwiki.jp/tondemo/pages/17.html
>唐沢俊一の謝罪文に対する大森望の意見
〈略〉
>>他人の原稿について、「文章がヘタ」と指弾することで有名な人としては非常な悪文。
>>目的語が二つあったり、やたらくりかえしが多かったりして意味が分かりにくい。  
>>「とはいえ」っていうのも、なにが「とはいえ」なんでしょうか。
>>
>>さらに、終始一貫、「『サンナイン』のあらすじ紹介」部分の盗用(借用)しか認めて
>>ない。
>>平野威馬雄『空飛ぶ円盤のすべて』からの引用箇所がすべて漫棚通信と一致して
>>るのは偶然ということか。
>>それにしても、「あらすじ引用という当該部分の性質上、原稿チェック時にその文章
>>の同一性につい意識が回らぬまま、結果的に」って部分はばっさり削除したほうが
>>まだしも印象がいいだろうに。
>>あらすじ紹介はだれが書いても大差ないので……と言いたげな書きっぷりは、あら
>>すじをどう書くかに日々アタマを悩ましている人間としてはけっこうむっとするね。
>>
>>「最終的にこれを商業的な単行本として出版したことは完全に唐沢に責任があるこ
>>とであり、執筆者としての最終判断をないがしろにしてしまった過失」というのもわざ
>>わざ書く意味が分からん。執筆者じゃなくて「監修者」なら意味が通じますが。


追記: 結局 1月 29日の日記は、「日記予定地」で対応した、と。2ちゃんねるのスレでの
盛り上がりぶりは、Read More を参照のこと。

裏モノ日記 2010年 01月 29日(金曜日)
http://www.tobunken.com/diary/diary20100129172144.html

日記予定地
12時までベッドの中。
朝鬱ひどし。
昼は山かけご飯。
鳩山首相の演説。
「いのちを守りたいのです」
と言う声が裏返っていた。
面白過ぎ。
原稿書き。夜は昨日に引き続きどぶろく鍋。




More...



http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1265097764/280-
-------
280 :無名草子さん:2010/02/04(木) 16:07:46
ポンコツのご隠居日記はまーだ更新してないんだなぁ。
疑惑の入院した時だってここまで延ばしたかな?

281 :無名草子さん:2010/02/04(木) 16:09:58
>>280
サレンジャー以降の事態の急展開にコレハコレハ。
まあ普通の神経ならしれっと日記なんか書けないよ。

282 :無名草子さん:2010/02/04(木) 16:10:15
裏亭 (10分以内)

283 :無名草子さん:2010/02/04(木) 16:17:55
30日のコントライブにも出てるから体調面での言い訳は無理。
ミクにちょくちょくログインしてるし(笑)。

もう書いてる筈の日記、書き直し中?

284 :無名草子さん:2010/02/04(木) 16:20:20
(日記予定地)で逃げるんじゃないかな?

去年、2009年1月12日の「名古屋『楽』落語会」も、何かあったらしいので
日記予定地になったまんま。

285 :無名草子さん:2010/02/04(木) 16:25:27
今年の日記は予定地がどんどん増えそうですね

286 :無名草子さん:2010/02/04(木) 16:28:18
結構書き込んであっても”日記予定地”って書いてあるのもあるね。
駄洒落が思いつかなかったのはそうなってるのかな?

http://www.tobunken.com/diary/diary20091226124140.html
これとかはタイトルがなくて日記一覧からは行けなくなってる

何かと思ったらやはり訃報

講談師・田辺一鶴師22日死去。80歳。
私が子供の頃はオリンピックの開会式を講談でやって、
入ってくる国の克明をスラスラと並べ読み立てるのがネタの芸をよく
テレビでやっていた。途中で釈台の裏のカンペをチラチラ見る、と
いうところで笑いを誘っていたが、もちろんそんなものを読んでいる
はずもなく、全て記憶していたわけだが、私の両親などは、一鶴は
滑舌がよくない、噛みが多い、下品だ、と徹底して嫌っていた。
当時講談界の人気者は二枚目で洒脱な芸風の一龍斎貞鳳であって、
大きなヒゲをはやし、いかにも怪しげな風貌でポルノ講談をやり、
エロ雑誌のお色気記事などにも平気で名前を出していた一鶴師は、
あきらかに異端の講談師、であった。そう言えば松鶴家千とせと
二人で、三流雑誌のエロ通販広告にも名前を出していたっけ。

287 :無名草子さん:2010/02/04(木) 16:29:58
>284
ほんとだ、前の11日も予定地で

>※NHK『熱中夜話』収録。
>詳細は後ほど。

ってだけか。もう二度と埋める気ないんだろうな、忘れてそうだしw

288 :無名草子さん:2010/02/04(木) 16:32:52
このあたりは完全な予定地が続いてる


日記 :: 2009年 :: 03月 :: 26日(木曜日)
日記予定地

公演3日目。D社原稿前書き・後書き シヴヲさん、乾きょん、麻衣夢親子などといくどん。


日記 :: 2009年 :: 03月 :: 27日(金曜日)
日記予定地

公演4日目ソワレ T社前書き 新雪園~キタザワ


日記 :: 2009年 :: 03月 :: 28日(土曜日)
日記予定地

トンデモ演芸大会 打ち上げ福福屋 品川プリンスで睦月影朗さん300冊記念パーティ2次会


日記 :: 2009年 :: 03月 :: 29日(日曜日)
日記予定地

公演千秋楽マチソワ 打ち上げえん屋 朝5時まで



289 :無名草子さん:2010/02/04(木) 16:34:01
大晦日ぐらいまでもうずっと予定地でいいんジャマイカ


290 :無名草子さん:2010/02/04(木) 16:36:00
ガセとぱくりと日記予定地で隙間なく埋まるなぁ。

291 :無名草子さん:2010/02/04(木) 16:39:03
仕事予定地や出版予定地も埋まってますよ

292 :無名草子さん:2010/02/04(木) 16:39:58
長い引用で失礼します。2001年9月3日の日記より

>日記つけ。ネット日記もこの9月で三年目になる。
>日記は十数年前から断続的につけているが、公開日記という形が
>これほど自分の性に会うとは意外だった。
>よく“あんなに何でも日記で書いていいんですか”と言われるが、
>もちろん公開してはまずい部分は削除しているし、
>心にもないことを書いている場合もある。
>完全に本音のみで構成された完全版日記は私と関係者の
>全員が死に絶えたらどこかで公開されるかもしれない。
>もっとも、人間の本音なんてものは案外つまらぬ平凡なもので
>ある場合が多いと思う。世の中とのしがらみで言いたいことも言わず、
>思ってもいないことを言う、その世間的存在としての自分の声が
>本当の声なのではないか。公開日記を書くという作業は、その、本音と
>世間との距離や位置関係を、自分で確認する行為でもある。よく、
>公開日記が途中で中断されたまま残骸のように放置されている
>サイトがあるが、あれはそういう距離をうまくとれずにしまった結果だろう

293 :無名草子さん:2010/02/04(木) 16:41:47
予定が一杯で充実した人生ダナオ。

294 :無名草子さん:2010/02/04(木) 16:49:01
>288は多分忙しかったんだとは思うけど
過去ログあさったら
【お声の発生が】盗作家・唐沢俊一69【素人略】
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1237548620/l50
(俺たちはまだアン恥垢じゃなく唐沢監視員だ)
その直前に藤岡にかなりきつくやられてる事が書かれてることが判明
コレがきつかったのかな
一応冒頭だけコピペ、地と引用が色分けされてるだけだから元ページをご覧下さい
アドレスの16.htmlは日が経つとずれるから注意ね
しかしこの仕様はなんとかならんもんかね

http://www.fujiokashin.com/criticism/16.html
『ラジオライフ5月号』の特集が「盗み・サギの手口を全部バラす」であることを
受けて、トンデモ本の専門家を以って任ずる唐沢は上記のテーマを書き下ろしてい
るのだが。
 今回は、こんな文章から始まる。

 文藝春秋発行の雑誌『マルコ・ポーロ』が、『ナチ「ガス室」はなかった』とい
う医師・西岡昌紀の記事が元でユダヤ人団体とイスラエル大使館の抗議を受け、廃
刊になった事件があった。この記事は、発表されたのがあの阪神・淡路大震災の起
こった 1995年1月17日であったにも関わらず、日本のマスコミ・アカデミズム界
を巻き込む大きな騒動になったので、記憶している方も多いだろう。

 これだけの文章にも間違いとガセがある。雑誌名は『マルコ・ポーロ』ではなく『MARCOPOLO』。日本語の表記も『マルコポーロ』である。



295 :無名草子さん:2010/02/04(木) 17:00:53
額田氏、また唐沢にメールしないかな。
『日記が上がってきませんが、どうかしたんですか?』とかw

296 :無名草子さん:2010/02/04(木) 17:09:05
>295
『大きなお世話なんである』

流石に今回はサリンジャーの件しらずに連絡する奴はいないだろうね

297 :296:2010/02/04(木) 17:09:58
orz
×大きなお世話
○迷惑

298 :無名草子さん:2010/02/04(木) 17:10:42
「迷惑なのである」

299 :無名草子さん:2010/02/04(木) 17:13:48
ホントに好意で連絡したのにその対応だ。額田氏もそこまで
お人好しじゃあるまい。

300 :無名草子さん:2010/02/04(木) 17:16:44
>完全に本音のみで構成された完全版日記は私と関係者の
>全員が死に絶えたらどこかで公開されるかもしれない
関係者(取巻き)以外でそんなゴミを公開しようとする
物好きもいるまい。

301 :無名草子さん:2010/02/04(木) 17:17:35
>300
ポーズだけで絶対書いてないと思うよ、完全版日記なんてw

302 :無名草子さん:2010/02/04(木) 17:33:40
日記予定地キター!w

303 :無名草子さん:2010/02/04(木) 17:43:36
見事すぎるチキンな対応w

サリンジャーに関する訃報を書かないためにはそれしか方法無かったよねw
31日に「朝青龍問題」とか書いている瞬間、
ネットでは「サリンジャー問題」が凄い事になっていたんだが

304 :無名草子さん:2010/02/04(木) 17:45:17
28日分を飛ばしているのは焦ってるから?
あー腹痛いw

305 :無名草子さん:2010/02/04(木) 17:45:32
これでまたtwitterでは唐沢俊一にみんなが呆れて大騒ぎかな?

306 :無名草子さん:2010/02/04(木) 17:46:26
>2月からテープ起しのための収録作業を2本連続でこなさねば
>ならず、そのレジュメも作らねばならず。
>ヒーヒー状態。

「サリンジャーに関する訃報を何とかせねば」が
抜けてますよw


307 :無名草子さん:2010/02/04(木) 17:48:25
>306
>ヒーヒー状態

ここだけリアリティがあるね(笑)。

308 :無名草子さん:2010/02/04(木) 17:48:38
28日はブランクw

31日、
まあ、ボカロについてはクチをつぐんでた方がいいだろうなw

>端役どころか、ギャグあり長ゼリフありメインキャラとのチャンバラ
>あり、さらにはラストで革命の女戦士となるというその後を
>呈示されるわであり、凄い抜擢じゃないか、と驚く。
革命の女戦士ってMEIKO?

>そしてツンデレ王女と、
舞台見てないけど原作ではツンデレなんかじゃないんだが
つかツンデレにしたら台無しじゃないか?
他の人の評をみてみう

309 :無名草子さん:2010/02/04(木) 17:49:54
あれだけtwitterで騒ぎになっているのに、それに一切触れないというのが
完璧にビビって居る事を表しているね。

昔だったらそれすら笑い飛ばしてネタにしていたハズなのに
一切触れないというのは、触れて欲しくないという事。
本当にこの人は、書く内容だけじゃなく、心根からダメな人になったね。
何ビビってんだよ、鬼畜だろ?

310 :無名草子さん:2010/02/04(木) 17:51:28
唐沢用語解説

・母の室(ははのへや)
・鬼畜(ちきん)

322 :無名草子さん:2010/02/04(木) 18:38:25
>>292
>私と関係者の
>全員が死に絶えたら

じゃあ誰が出版するんだよw


323 :無名草子さん:2010/02/04(木) 18:38:33
>朝鬱ひどし。

それで29日は日記が書けませんでした、と。
次の日元気にライブ出て飲んだくれてるのに、ヘッタクソな言い訳w

324 :無名草子さん:2010/02/04(木) 18:40:53
>>322
偉い文学者とかになっている予定なんじゃないの?
死んだ後も延々と「この作家がこの作品を書いた時の心情は」とか
研究されているようなイメージで。

325 :無名草子さん:2010/02/04(木) 18:42:48
>>309
一緒に笑ってくれる取り巻きが減っちゃったということかもね。
以前はチャットや会議室等でヨイショしてくれる奴隷達が沢山居たんだよきっと。

28 :無名草子さん:2010/02/04(木) 18:45:27
1月31日
朝10時半、起床。
風呂沸かしたが仕事の連絡などで入浴の機会を逃す。
2月からテープ起しのための収録作業を2本連続でこなさねば
ならず、そのレジュメも作らねばならず。
ヒーヒー状態。

2月1日
朝4時に目が覚め、そこから携帯の充電が切れるまで
ニュースなどを見まくり、6時半ころ眠くなって二度寝し、
結局起きるのが昼近くという最悪のパターンが繰り返されている。

読書などダラダラやって起き出せば、身震いするほどの寒さ。

昼食に向う。

夜8時、夕食。

2月2日
朝4時に目が覚め、携帯でニュースみたりメールしたりして、
その後、二度寝して10時過ぎに起きる。

12時、昼食。
自室に帰り日記つけなど。
5時半、氷雨の中、新宿へ出る。
(社会派くん対談)
帰宅、仕事少し。
9時、夜食。

-------------------------
どこでヒーヒー言う箇所があるんですか?
凄く優雅な仕事薄々状態ですが。

329 :無名草子さん:2010/02/04(木) 18:48:04
普通のサラリーマンだったら絶対あり得ないほど、時間を持てあましているなw

朝、6時に起きて寒い中、あわてて会社に出かけ
昼食もそこそこに仕事して
夜の帰宅は10時過ぎ。
それでも普通の日のスケジュールだよ。

330 :無名草子さん:2010/02/04(木) 18:50:10
社会派くんでサリンジャーに触れるかな?

犯罪者を大量に生み出した悪魔の作家が遂に死んだ!
ヤツは絶対に天国にはいけねえよな

ぐらいの事は言っているよね、鬼畜だとしたら。

331 :無名草子さん:2010/02/04(木) 18:53:45
この立場でネットを見てたらヒーヒー言うだろ(笑)

332 :無名草子さん:2010/02/04(木) 18:54:43
「社会派くんは鬼畜キャラだから批判するのは野暮というもの。」

…そんな勝手な理屈通用しないから。
誰も頼んでないのに、勝手に鬼畜気取って放言してるんだから。
今回は特にチキンなんだろうな、自称鬼畜w

340 :無名草子さん:2010/02/04(木) 19:09:30
28日がいつまでたっても来ないね
訃報は28日に書いてたのかな?

342 :無名草子さん:2010/02/04(木) 19:10:26
サリンジャーの訃報は29日に報じられたハズ。

345 :無名草子さん:2010/02/04(木) 19:16:02
>>340
29日分をいかにさらっと流すか、だけを考えてた唐沢が更新を
忘れているのかも。

346 :無名草子さん:2010/02/04(木) 19:17:10
訃報が無いのは自粛してるからかな?
今までだったら無理矢理書いてそうな人もいらっしゃるのに

訃報ドットコムより
最近の物故者

* 2月2日 黒井敦史 レーシングドライバー
* 2月1日 デイヴィッド・ブラウン アメリカ合衆国の映画プロデューサー
* 2月1日 ジャック・ブリスコ アメリカ合衆国の元プロレスラー、元NWA世界ヘビー級王者
* 1月30日 川村たかし 日本の児童文学者
* 1月29日 相原真理子 日本の翻訳家
* 1月29日 ザヒド・シェイク パキスタンのホッケー選手
* 1月28日 松村劭 日本の軍事評論家
* 1月28日 山元峯生 日本の実業家、全日空副会長
* 1月28日 戸部けいこ 日本の漫画家
* 1月28日 J・D・サリンジャー 小説家
* 1月27日 アジメール・シン インドの短距離走選手
* 1月27日 夏夕介

-------
スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

05:57  |  資料編 (14) +  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/380-91091227

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

フラニーとゾーイー (新潮文庫) |サリンジャー

フラニーとゾーイー (新潮文庫)サリンジャー新潮社 刊発売日 1976-04?『Franny and Zooey』(邦題『フラニーとゾーイー』)は、それぞれ別に発表された「Franny」(1955年)と「Zooey」(1957年)を1つにまとめた作品である。名門女子大で演劇や詩を学ぶグラース家の末娘?...
2010/02/04(木) 20:01:50 | アマゾン探検隊

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。