2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.25 (Mon)

鹿せんべい以外のエサを食べさせたがるのもゴミ放置も仕方ないことだとでも?

裏モノ日記 2010年 01月 20日(水曜日)
http://www.tobunken.com/diary/diary20100120225739.html

先日、テレビで奈良の鹿の数が激減、というニュースがあった。
原因は人間によるエサのやり過ぎだという話。
専門家の、“鹿は満腹感を感じないので限度を超えていくらでも
エサを食べてしまって死に至る”という説明に驚く。
鹿の脳というのはどうなっているのか。

それより興味深かったのは、禁止されても怒られても、なお
鹿にエサをやり続ける人間たちの姿である。おじさん、おばさんに
多いようだ。中にはトラックにキャベツの芯やパンの耳を山積みにして、
山中の道路で“こっそり”やっているおばさんもいる。あれが毎日だと
したら、いったいいくらかかるのだろう。
番組の中で注意されたおじさんは逆ギレしていた。
いくら、奈良の鹿は飽食状態なのだ、と言っても聞き入れない。
こうなると、エサをやること自体、彼ら彼女らにとって、
快感なのだと思わざるを得ない。以前住んでいた参宮橋にも、
公園でいくら注意されても、毎日大量のエサを持ってきてハトに
やっているおばさんがいた。

いや、鹿やハトに限らない。おじさん、おばさんはたいてい、若いものに
食事をおごるのが好きだ。私も若い頃は、もう食べられませんと
言っているのに、年配者に“いい若いもんがなんだ”と言われて
食事を強いられた。自分がおじさんになってみると、やはり
若い劇団員などにおごるのは一種の楽しみである(中年の劇団員に
おごるのはあまり楽しくない)。以前読んだプロレスラーの裏話本では、
阿修羅・原が借金まみれになってプロレス界を追放されたた原因は、
後輩たちにおごるのが道楽で、それで大借金を作ったため、とあった。
ホントかどうかしらないが、読んでちょっと戦慄した。
世の中にはギャンブルや女狂い以外に、こんなことで破産する人間も
いるのか、と知って、我が身を省みてゾッとしたのである。

他人に食事をおごり、それをその人がおいしそうに食べるのを見る
という行為は、どこかで人間の心の空白を埋める効果があるのだろう。
鹿やハトにエサをやっている老人たちを見ると、たいていが身なりに
まったく気を使っていない。気を使うべき人間が周囲にいないのだろう
と思われる。人間は愛を受けるだけでは満足できず、愛を与えなければ
生きていけない動物だ。食事を与えるという行為は最もダイレクトな
愛情の表現である。彼らはそれで、寂しい心をなぐさめているのである。
エサを与えられすぎて死亡する鹿も問題ではある。しかし、その番組は
踏み込んでいなかったが、鹿にエサを与えないではいられない人間の
増加が、鹿の病死の増加につながっているのではないか。

http://megalodon.jp/2010-0125-0218-51/www.tobunken.com/diary/diary20100120225739.html

×追放されたた原因 ○追放された原因

2ちゃんねるのスレに「2010/01/24(日) 23:31:50」に「こんな時間に裏モノ日記更新。」
と書き込まれてから、あっという間にいろいろと突っ込まれていた。そのスピードには
驚くものが。

で、スレでも突っ込まれていた (Read More 参照) けど、唐沢俊一の書いている「原因は
人間によるエサのやり過ぎだという話」というのは、要約として適切ではない模様。

日記にある「先日、テレビで奈良の鹿の数が激減」の「テレビ」というのは、1月 28日の
『ひるおび』をさしているものと思われるが、番組の感想を書いているブログによると、
鹿の健康にはよくない食べ物をエサとしてあたえる人間が多いことと、ゴミとして捨てら
れたビニール袋を鹿が食べてしまうことが鹿の激減の原因 (交通事故も原因) と考えら
れるため、『鹿せんべい』以外のエサをあたえないこと、ゴミは持ち帰ることが大切だと
いう番組内容だったとのこと。

エサの量が主な問題ではない。鹿が食欲旺盛であることが原因とはいえるだろうけど、
量を多めに食べてしまうことよりも、何でも食べてしまうことが問題となっている。

「奈良の鹿愛護会」のトップページにも、「野菜や果物、お菓子類を食べると体調をこわし
ます」と書いてあるし、そりゃ「キャベツの芯やパンの耳を山積み」にしてもってきて、鹿に
あたえるおばさんとかは、注意されるのも無理はないという感じ。

http://blog.oricon.co.jp/miyunonaka/archive/2939/0
>2010年01月18日
>奈良の鹿激減…
>以前から奈良の鹿さんが減ってると言われてましたが、今『ひるおび』で特集されて
>ました。
>観光客が増えるであろう平城遷都1300年祭の今年
>鹿さんの為にも『鹿せんべい』以外は与えないで下さい。
>ゴミも持ち帰りましょう。

>ごくごく当たり前のことですが、誰かがやってたしいいよね?
>みたいな甘い考えが鹿さんの命を奪ってるんですね。
>自分の大切なペットがビニール食べたり、人間と同じ物を食べたら心配
>になりますよね?


http://yomoyuki.blog45.fc2.com/blog-entry-569.html
>今日は休みなので、「ひるおび!」を見ながらご飯を食べてた。
>すると、奈良のシカの特集をやっててね。
>そのシカが、近年数が激減してるんだって
〈略〉
>何で『人間のえさやり』が激減の原因かというとね。 シカは食欲旺盛な生き物。
>で、奈良公園のシカは人に慣れてるから、人間によくおねだりをするんだって。

>でもエサも鹿せんべいをやってれば問題はないんだけど。。。
>シカがおねだりすると、ついせんべい以外のモノ
>(パンとかスナック菓子etc...)
>をやってしまう人が多いそうな。

>  シカは草食動物だから本来食べることのない
>  甘味や肉はよくないんだって。
>  それに野菜も少しならいいけど、たくさん食べると
>  中毒を起こして死んでしまうらしいよ。

> <参考>財団法人 奈良の鹿愛護会
>     鹿からのメッセージ

>それとか道に落ちてたお菓子をビニール袋ごと食べて、
>そのビニールが消化されずに胃に残ってしまってね。
>それが原因で、栄養不良て死んでしまうシカもいるんだとか。


http://naradeer.com/index.htm
>鹿たちは、奈良公園に自生する植物(シバや木の実など)を主食として生息しています。
>そのため、野菜や果物、お菓子類を食べると体調をこわします。
>鹿には、鹿せんべい以外の食べ物を与えないでください。


で、この論旨のねじ曲げは、どこまで意図的なものなのだろうと、つい考えてしまったり。

「エサをやること自体、彼ら彼女らにとって、快感なのだと思わざるを得ない」と唐沢俊一
は日記に書いているが、エサをやるのが快感というだけの話ならば、鹿せんべいを多め
に買ってあたえればよいではないかという気もする。

もっとも、唐沢俊一が「いったいいくらかかるのだろう」と書いている「キャベツの芯やパン
の耳」よりは、鹿せんべい (http://mikasaya.ftw.jp/u33970.html によると 10 枚 150 円)
の方がずっと高くつきそうだけど。というか、「キャベツの芯やパンの耳」って、鹿がいな
ければゴミとして捨てるものをもってきているだけではないかという気もするし……。

いや何がいいたいかというと、この件については、単に唐沢俊一が勘違いしてガセビア
を書いているのか、強引にでも「もう食べられませんと言っているのに」、「“いい若いもん
がなんだ”」といって食事をおごりたがる年配者に話をもっていきたかったのかが、判然
としないのだ。

強引といえば、「後輩たちにおごる」のが好きだったという阿修羅・原と、鹿やハトにエサ
をやっている「身なりにまったく気を使っていない。気を使うべき人間が周囲にいない」
老人たちといっしょくたにして、「おごり、それをその人がおいしそうに食べるのを見ると
いう行為は、どこかで人間の心の空白を埋める効果があるのだろう」だの、「彼らはそれ
で、寂しい心をなぐさめている」だのと書いているのも、どうかと思う。おごる対象の後輩
たちは、唐沢俊一にとっては鹿やハトと変わらないのか、と。

それと、かつて唐沢俊一におごってくれた年長者って、食糧難の時代をしる世代だから、
量を食べさせたがる傾向があったのではないかとも思う。その人たちがまるで、身なりに
構わず、おごる相手の迷惑や健康も考えず、ただ心の空白をうめるために唐沢俊一に
おごっていたという解釈を彼自身がしているとすれば、かなり失礼で恩知らずな話という
ことにもなりかねない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/阿修羅・原
>同じ長崎県出身の後輩、長与千種をかわいがり、試合会場が近いときは長与のほ
>か、ライオネス飛鳥、大森ゆかり、デビル雅美ら全日本女子プロレスの選手らと頻繁
>に飲み会を開いていた。当時、過密スケジュールで試合をしている彼女らを労い、
>支払いはすべて原が持っていた。原本人は酒が嫌いだったが、酒好きの天龍らとの
>付き合いを重視し、スタッフやマスコミも誘って連日飲み歩いた。お金が足りなくなると
>当時若手だった冬木弘道や川田利明に馬場の元へ金を借りに行かせるなどさせた。
>借金を重ねた原因の一つにに、これらのサービス精神があった。


そうまでして鹿のエサの話を、おごりの話に結びつけたい理由は……唐沢俊一自身が
寂しいからおごりたがるタイプの人間なのだという寂しさアピールなのか、いやそれとも
破産が怖いので人におごるのは控えようという意思表明なのかと、いろいろ想像して
しまう。



追記: コメント欄で指摘があったけど、「阿修羅・原が借金まみれになってプロレス界を
追放された」もまた、唐沢俊一のガセ。阿修羅・原は「プロレス界を追放」されていない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/阿修羅・原
>その後1988年11月に控室や事務所まで「借金取り」が来るほど金銭にルーズである
>ことを理由に全日本を解雇となり、札幌で隠遁生活を余儀なくされる。しかしまもなく
>盟友・天龍の願いを受け1991年に天龍が所属していたSWSにて復帰。SWS崩壊後は
>天龍らとWARへ移籍。






More...

http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1264084003/227-
-------
227 :無名草子さん:2010/01/24(日) 23:31:50
こんな時間に裏モノ日記更新。

228 :無名草子さん:2010/01/24(日) 23:37:11
業者こんな時間に働いてんのか

229 :無名草子さん:2010/01/24(日) 23:43:42
>>227
この日も仕事をしとらんな

230 :無名草子さん:2010/01/24(日) 23:48:23
やっぱり料理は上手そうだな
ラム肉とか買おうと思わないもんな普通

231 :無名草子さん:2010/01/24(日) 23:54:10
>いろいろと気弱になっている部分があるな今の自分は、と
>客観的に見てニヤニヤ。

全然仕事しないで無駄に自我を肥大させている。
今後の唐沢は更に迷走するんだろうな、と読んでてわかった。

232 :無名草子さん:2010/01/24(日) 23:58:32
俯瞰でモノを見るタイプだからな

233 :無名草子さん:2010/01/24(日) 23:58:51
母親がいないと食事を取らないとか
>コーヒーとジュースで朝食。
とかを見ると、昔のブドー喰っていた当時の財力がもう無いんだなという感じにしか見えない。

>いろいろと気弱になっている部分があるな今の自分は、と
>客観的に見てニヤニヤ。

今の状態で強気になられても困るよなぁ
明らかに仕事が激減して、三流芝居ばかりで....
でも客観的になってニヤニヤされても困るが。


234 :無名草子さん:2010/01/25(月) 00:00:47
>世の中にはギャンブルや女狂い以外に、こんなことで破産する人間も
>いるのか、と知って、我が身を省みてゾッとしたのである。

もう「おごりません」という前振りなのですね。

235 :無名草子さん:2010/01/25(月) 00:04:10
>他人に食事をおごり、それをその人がおいしそうに食べるのを見る
>という行為は、どこかで人間の心の空白を埋める効果があるのだろう。
>鹿やハトにエサをやっている老人たちを見ると、たいていが身なりに
>まったく気を使っていない。気を使うべき人間が周囲にいないのだろう
>と思われる。人間は愛を受けるだけでは満足できず、愛を与えなければ
>生きていけない動物だ。食事を与えるという行為は最もダイレクトな
>愛情の表現である。彼らはそれで、寂しい心をなぐさめているのである。

ふ~ん、ひとに食事をおごったりするのは「寂しい心をなぐさめて」いるのか。
そんでもって「たいていが身なりにまったく気を使っていない」かあ
で、俊坊はその前にこんな事も書いているんだよね。

>食事を強いられた。自分がおじさんになってみると、やはり
>若い劇団員などにおごるのは一種の楽しみである

随分と周回距離の短いブーメランを投げるようになって来ましたね。

236 :無名草子さん:2010/01/25(月) 00:06:43
>先日、テレビで奈良の鹿の数が激減、というニュースがあった。
>原因は人間によるエサのやり過ぎだという話。

ごみ食べさせられ中毒死…天然記念物・奈良公園の鹿が激減
http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/091119/sty0911191445008-n1.htm
>交通事故や野犬の被害に加え、近年は観光客のごみを食べて死んでしまうシカが増加。

財団法人 奈良の鹿愛護会
胃の内容物の調査
http://www.naradeer.com/res3.htm
>奈良公園で死亡するほとんどのシカの胃からは、このような異物が、
>まるで石のような塊となって摘出されています。

おそらく唐沢テンテーと同じ番組を見ただろう人のブログ
ttp://ameblo.jp/gabugabu99/entry-10437155874.html
>お昼の情報番組で、奈良公園の鹿さんの数が激減しているというリポートがありました。
>原因は病気でした。
>その病気の大半は誤食だそうです。

エサのやり過ぎも病気の原因になるとはあるけど
頭数激減の直接の原因は異物を誤食したことみたいですよ、唐沢テンテー。
あと、その後の「エサやりだけが趣味の寂しい人達評」はそっくりブーメランですねー。


237 :無名草子さん:2010/01/25(月) 00:07:51
朝、目が覚めて時計をみたらもう9時半。
コーヒーとジュースで朝食。
メール連絡、間近のトンデモ本大賞実行委員会議の議題について、ちょいと討議。
スケジュール立て、雑用の整理、その他いろいろ。
12時、昼食。野菜サラダ(繊切りハムのせ)、牛肉とピーマン、
タケノコの細切り炒め、油揚げの味噌汁、タクアンでご飯一膳。
デザートは小粒イチゴとスチューベン。大変に美味。
午後、原稿書き、不捗。
入浴し損ね、今日はいいか、と思いかけるが、
髪の毛がばさばさになっていたので、4時過ぎになって入浴。
年賀状の返事、書き続け。
7時、早めに食事の支度。
羊肉とニンジンの煮込料理。ネットでレシピを調べた
マッコリのソーダ割で。
夜半になり急に寒くなる。本を片手に早々とベッドの中へ、それでも1時くらい

これが能書きを抜いた1日の日記

238 :無名草子さん:2010/01/25(月) 00:10:31
12時に食事をしてから原稿を書き始め
4時に入浴し
年賀状の返事を書き始め
7時に夕食の支度をする

つまり3時間ぐらいしか仕事していないんでしょうか?

239 :無名草子さん:2010/01/25(月) 00:12:13
いや、
>年賀状の返事、書き続け。
だから、
4時の入浴前から原稿書きではなく、年賀状の返事書きだったんだよ。

240 :無名草子さん:2010/01/25(月) 00:15:56
>>230
単に北海道出身者はジンギスカンでなじんでるから
ラム肉に抵抗がないんだと思いますよ。
プロ級なのー?とか藤岡さんに言われちゃうと
必死にわびしい夕食の写真載せちゃったりするところが
なんとも…昆虫みたいに行動原理が分かりやすい人。

241 :無名草子さん:2010/01/25(月) 00:16:11
実内容薄っ(笑)。

>>238
ちょっとでも原稿が進めば今の唐沢は自慢げに冒頭の要約に記す。
それがこの日は【※ネット討議】だけだから、ほとんど何も
書けていない可能性の方が大きい。

242 :無名草子さん:2010/01/25(月) 00:19:27
ラム肉安いもんな。

243 :無名草子さん:2010/01/25(月) 00:22:47
ニンジンの切り方が雑でとてもプロ級とは思えない。

-------
スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

03:16  |  その他の雑学本 間違い探し編 (324) +  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>shimojo さん
>プロレスでポカをやり続けた人の「俺はこれだけ勉強してんだぞ」という
>アピールかとも感じました。

どうもです。(_ _)
唐沢俊一は自分が「プロレスでポカをやり続けた人」という自覚があるのかどうか……と、つい、しみじみ考え込んでしまいました。

>阿修羅原は借金が元で全日本プロレスから解雇されましたが、プロレス界
>からは追放されてません。

あ……、唐沢俊一は「修羅・原が借金まみれになってプロレス界を追放されたた」と書いてしまっていますね。本文にも後で追記しようかと思います。ありがとうございます。

トンデモない一行知識 |  2010年01月26日(火) 22:47 |  URL |  【コメント編集】

●阿修羅原の名付け親は野坂昭如

「以前読んだプロレスラーの裏話本」は、「別冊宝島 プロレス『悪夢の10年』を問う」か、同じ漫画が採録された「別冊宝島 プロレス地獄変」ですかね。
プロレスでポカをやり続けた人の「俺はこれだけ勉強してんだぞ」というアピールかとも感じました。
でも、この文章にもポカがあるんですよね。
阿修羅原は借金が元で全日本プロレスから解雇されましたが、プロレス界からは追放されてません。メガネスーパーの社長が借金のカタをつけて、SWSで龍原砲を復活させています。
shimojo |  2010年01月26日(火) 00:23 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/373-e5f7c116

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。