2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.21 (Thu)

iTunes Store 経由でもハイチへの募金は可能

裏モノ日記 2010年 01月 17日(日曜日)
http://www.tobunken.com/diary/diary20100117190757.html

ハイチの地震の報道に心痛む。
しかしハイチと言えばブードゥー教の本家というイメージがある。
ニュースを見るとやはり、今回の地震の被害者を集団墓地に
儀式もせず埋葬するのはブードゥーの教義に反する、とブードゥーの
指導者が大統領に苦情を申し立てた、とある。
被害者の集団埋葬は伝染病などの第二次被害が広まらないための
必要な措置なのだが、宗教上の理由でそれがなかなか進まないらしい。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2010011702000072.html
ハイチときてブードゥーとくれば連想はゾンビ、となるが
不謹慎につきその連想は割愛。
ウィキペディアによれば、ハリウッド映画でゾンビものが作られた
のは、20世紀初頭にハイチを占領したアメリカがブードゥーの
イメージダウンをはかったため、とあるが本当か?
(19日のニュースだが、中国の中央日報によるとアメリカの
キリスト教保守派の大物パット・ロバートソン牧師が今回の地震は
ブードゥーを信じたことによる神の罰だ、と発言したそうである)

http://megalodon.jp/2010-0120-2334-50/www.tobunken.com/diary/diary20100117190757.html

×中国の中央日報 ○韓国の中央日報

「不謹慎につきその連想は割愛」と書いておきながら、「そっから下の文章ずっとゾンビ
話とかブードゥーの悪口でしっかり不謹慎じゃないかよ」――と2ちゃんねるのスレでは
突っ込まれていた (Read More 参照)、それをおいとくとしても、よくわからない日記。

唐沢俊一のいう「儀式もせず埋葬するのはブードゥーの教義に反する、とブードゥーの
指導者が大統領に苦情を申し立てた」というのは、日記に書かれている URL:
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2010011702000072.html
に書かれていることかと思ったが、実際にそのリンク先を見ると、そうは書いていない。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2010011702000072.html
>衛生か 信仰か 路上に犠牲者放置 儀式前は触らせず
>2010年1月17日 朝刊
> 【ニューヨーク=加藤美喜】中米ハイチの大地震から四日がたった十六日、首都
>ポルトープランスでは依然として路上に大量の死者が放置され、衛生状況の悪化が
>深刻になっている。遺体処理が進まない背景には、被害そのものの大きさに加え、
>遺族感情への配慮やハイチ独特の民間信仰の影響を指摘する声がある。
> ハイチのビアンエメ内相は十五日、「これまでに五万人の遺体を収容した。死者は
>全体で十万人から二十万人に及ぶ可能性がある」と述べ、まだ多数の犠牲者が放置
>されている現状を指摘した。
> カリブ海の島国ハイチでは、日中の気温は三〇度近くにも上る。AP通信は、遺体が
>あえて建物の中ではなく路上や倒壊家屋の前に置かれたままなのは、生存者が、身
>内の遺体を見つけやすいようにという地元の人々の配慮があると伝えた。
> またハイチでは、アフリカからの黒人奴隷が持ち込んだ民間信仰とキリスト教が融
>合したブードゥー教の信仰が根強く残る。国連ハイチ安定化派遣団の主力部隊である
>ブラジルの国防省は「ブードゥー教にのっとった儀式をきちんと執り行うまで、遺体を
>触らせないという遺族が多い」と述べ、尊厳ある扱いを望む遺族の思いを指摘。
> 一方で、腐敗した遺体から感染症が広がるのを防ぐために、人々の信仰を尊重した
>墓地の設営を早急に行うことを、ハイチ政府に提案した。


上記の記事を、唐沢俊一は、「被害者の集団埋葬は伝染病などの第二次被害が広まら
ないための必要な措置なのだが、宗教上の理由でそれがなかなか進まないらしい。」
――と要約しているが、これもちょっとどうかと思う。

記事で言及されている「被害そのものの大きさ」や、「生存者が、身内の遺体を見つけ
やすいようにという地元の人々の配慮」 (「遺族感情への配慮」) を無視して、「宗教上
の理由」のみが原因と報じられているかのように、唐沢俊一は書いているのだ。

また、唐沢俊一の日記のみを読んだ時点では、「集団埋葬は伝染病などの第二次被害
が広まらないための必要な措置」で、「宗教上の理由でそれがなかなか進まない」という
ことは、伝染病の発生防止には集団埋葬以外の方法はないのか、そしてブードゥー教の
教義では集団埋葬を禁じているから「なかなか進まない」という話なのかと、首をひねっ
ていたのだけど……。

ニュース記事の方を読むと、「路上に大量の死者が放置」されている状況は、なるほど
「腐敗した遺体から感染症が広がる」原因となる恐れはあるだろうということがわかる。
そして、このニュース記事によると、ブラジル国防省が「ブードゥー教にのっとった儀式を
きちんと執り行うまで、遺体を触らせないという遺族が多い」という「尊厳ある扱いを望む
遺族の思いを指摘」して、「人々の信仰を尊重した墓地の設営を早急に行うことを、ハイ
チ政府に提案した」という。

「儀式をきちんと執り行う」ことを望むのは、別にブードゥー教にかぎらず、その宗教への
信仰があつければ遺族としては自然な感情ではないかと思う。そして、「人々の信仰を
尊重した墓地の設営を早急に行う」という提案が有効ならば、ブードゥー教が集団埋葬を
禁じているという話ではなさそうだ、と。いや、ブードゥー教が集団埋葬を禁じているうん
ぬんについては、単に自分が唐沢俊一の日記を誤読していただけだといわれると、それ
までの話でしかないけど。


要約としてどうかというのは、「ウィキペディアによれば、ハリウッド映画でゾンビものが
作られたのは、20世紀初頭にハイチを占領したアメリカがブードゥーのイメージダウンを
はかったため」についてもいえる。

Wikipedia のゾンビの項目 http://ja.wikipedia.org/wiki/ゾンビ には、そのような記述は
なくて、唐沢俊一の日記のもととなったのは下記の「ブードゥー教」の記述と思われる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ブードゥー教
>20世紀初頭にハイチを占領したアメリカは、ハリウッド映画などでゾンビを面白おかしく
>題材にし、ブードゥーのイメージダウンを行った。


上記の Wikipedia の記述自体「要出典」というやつではないかと思うが、それをおいて
おくとしても、Wikipedia でいっているのは、「ブードゥーのイメージダウン」のために、
「ゾンビを面白おかしく題材」にしたハリウッド映画がいくつか作られたということでしか
ないのではないか。

これが唐沢俊一にかかると、「ハリウッド映画でゾンビものが作られたのは、20世紀
初頭にハイチを占領したアメリカがブードゥーのイメージダウンをはかったため」となり、
ハリウッド映画のゾンビ映画は、最初のものから、どれもこれも、アメリカがブードゥーの
イメージダウンをはかったため」のような印象をあたえる。

最初に製作されたゾンビ映画は、ベラ・ルゴシ主演の『White Zombie』ということになって
いるようだけど、これも「アメリカがブードゥーのイメージダウンをはかったため」ということ
になるのだろうか。まあ裏モノ日記の方はともかく、Wikipedia の方はそこまではいって
いないと思うけど。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ゾンビ映画の一覧
>1932 恐怖城 White Zombie アメリカ合衆国 ヴィクター・ハルペリン ベラ・ルゴシ
>主演。ビデオ題は『ホワイト・ゾンビ』もしくは『ベラ・ルゴシの ホワイト・ゾンビ』



で、絶対に何か間違っていると思うのが、「(19日のニュースだが、中国の中央日報に
よるとアメリカのキリスト教保守派の大物パット・ロバートソン牧師が今回の地震はブー
ドゥーを信じたことによる神の罰だ、と発言したそうである)」のくだり。

http://japanese.joins.com/ を参照すると、タイトルヘッダは「中央日報 - 韓国の最新
ニュースを日本語でサービスします。」となっているので、唐沢俊一の書いている「中国
の中央日報」とは間違いで、「韓国の中央日報」が正しいということになるが、間違いは
それだけではない。

中央日報のパット・ロバートソン牧師の顰蹙発言について報じたのは、唐沢俊一自身が
書いている通りで「19日のニュース」。どうしてわざわざ 2010年 01月 17日 (日曜日) の
裏モノ日記に、その 2 日後に報じられた記事について書かなくてはいけないのかと。

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=125277&servcode=100§code=120
> 「ハイチは神の呪いを受けた!」最悪の地震で数えきれない命が散り失せた悲劇を
>前に出た声だ。米国キリスト教保守派の大物パット・ロバートソン牧師がひどい言葉の
>張本人だ。18世紀末、フランスの残酷な殖民支配に苦しんだハイチの人々が自由の
>対価として悪魔に仕えるという契約を結んだのだ。その結果、独立は得たが、神の怒
>りのせいで災いが相次ぎ、今日の生き地獄を経験することになったというのだ。
〈略〉
>2010.01.19 11:20:03


そんなに、パット・ロバートソン牧師の発言をネタにしたかったのならば、1月15日の AFP
の記事を引けばよかったのに……と思う。これならば日記内時間跳躍の必要もないし、
パット・ロバートソンのトンデモ発言については、ホワイトハウスも遺憾の意を示している
ことが明確になっている。

http://www.afpbb.com/article/life-culture/religion/2682913/5169634
>「ハイチ大地震は悪魔と契約した神罰」、米伝道師が過激発言
>【1月15日 AFP】過激な発言で知られる米テレビ伝道師パット・ロバートソン(Pat
>Robertson)師(80)が、ハイチで12日起きた大地震について、「悪魔と契約したことに
>対する神罰だ」と発言し、物議を醸している。ホワイトハウス(Whitehouse)は14日、
>発言について「まったくバカげている」とのコメントを出した。
>  ロバートソン師は13日、自身が運営する米キリスト教系テレビ局「クリスチャン・ブ
>ロードキャスティング・ネットワーク(Christian Broadcasting Network、CBN)」の番組
>で、「ハイチはかつて、フランスに支配されていた。そこで人びとは悪魔と契約したの
>だ」と述べた。
>「ハイチの人々は、『フランスから自由にしてくれたらおまえに従おう』と悪魔に約束
>し、悪魔は『よし、契約成立だ』と答えた。これは真実の話だ」「だから、それ以来ハイ
>チは呪われ、次々と災難に見舞われている」
>  さらにロバートソン師は、ハイチと同じイスパニョーラ(Hispaniola)島にある隣国ドミ
>ニカ共和国に言及。ドミニカが「繁栄し健康で、多数のリゾート地に恵まれているの
>に、ハイチは絶望的な貧困状態にある。同じ島にあるのにだ。ハイチの人々、そして
>われわれは、神がこの悲劇をくつがえして下さるよう祈らねばならない。私は事態が
>好転するとの楽観的な見通しを持っている」などと持論を展開した。
>  ハイチは、数世紀にわたりスペイン、フランスの植民地支配を受けた後、1804年に
>奴隷反乱により独立した歴史を持つ。
> 一連の発言について、ロバート・ギブス(Robert Gibbs)米大統領報道官は定例記者
>会見で、「恐ろしい災害が起きた時にこんなバカげたことを言い出す人がいるとは、驚
>きを禁じ得ない。だが同様のことはしばしば起きる」とコメントした。
>  ロバートソン師は扇動的な発言でたびたび物議を醸しており、同性愛や中絶に反
>対の立場を取っている。1988年の大統領選挙では共和党の指名獲得争いを繰り広
>げ、当時の副大統領で、前大統領の父親のジョージ・ブッシュ(George Bush)氏に敗
>れた。(c)AFP




More...

http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1263791311/602-
-------
602 :無名草子さん:2010/01/20(水) 20:33:13
>ハイチの地震の報道に心痛む。
>しかしハイチと言えばブードゥー教の本家というイメージがある。
>ニュースを見るとやはり、今回の地震の被害者を集団墓地に
>儀式もせず埋葬するのはブードゥーの教義に反する、とブードゥーの
>指導者が大統領に苦情を申し立てた、とある。
>被害者の集団埋葬は伝染病などの第二次被害が広まらないための
>必要な措置なのだが、宗教上の理由でそれがなかなか進まないらしい。
>http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2010011702000072.html
>ハイチときてブードゥーとくれば連想はゾンビ、となるが
>不謹慎につきその連想は割愛。
>ウィキペディアによれば、ハリウッド映画でゾンビものが作られた
>のは、20世紀初頭にハイチを占領したアメリカがブードゥーの
>イメージダウンをはかったため、とあるが本当か?
>(19日のニュースだが、中国の中央日報によるとアメリカの
>キリスト教保守派の大物パット・ロバートソン牧師が今回の地震は
>ブードゥーを信じたことによる神の罰だ、と発言したそうである)

まあ唐沢テンテー、ちゃんと情報のソースを書くことを学習したのね!えらいえらい。
でもブードゥーのお題で語れるのがネットでググッたニュースとWikipediaって、
しかもそれを得意げに長文で書き散らすって、
雑学博覧強記の人のはずが頭の中からっぽなの皆にモロバレだね!

603 :無名草子さん:2010/01/20(水) 20:43:18
>>602

>不謹慎につきその連想は割愛。

そっから下の文章ずっとゾンビ話とかブードゥーの悪口で
しっかり不謹慎じゃないかよ。
冗談抜きで頭悪い人間だろ。ソバ岡と変わんないw

-------
スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

00:02  |  その他の雑学本 間違い探し編 (324) +  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●それにしても裏モノ日記はブードゥー教に悪意あり過ぎ

>真夜中の散歩者さん
>誰でも知ってるような話で穴埋めとは雑学王唐沢俊一らしくない。

『地上最強のムダ知識』あたりで、「誰でも知ってるような話」路線へのシフトを試みているかなあと思っています。

個人的には、誰も知らないデタラメ話よりは、「誰でも知ってるような話」の方がまだマシかと思います。「聞いたことあるような気がするけど……あれ、そういう話だっけ?何か違うよ?」というのばかりなのは困ったモノですが、誰も知らないデタラメ話の方みたいに、「悪魔の証明かよっ」になりやすいやつに比べると裏をとりやすいので……。
トンデモない一行知識 |  2010年01月21日(木) 02:29 |  URL |  【コメント編集】

●劣化した雑学王

この前のチャップリンがえび天が好きだったとか今回のハイチの話とか誰でも知ってるような話で穴埋めとは雑学王唐沢俊一らしくない。
しかも間違いや引用ばかりとは。
真夜中の散歩者 |  2010年01月21日(木) 01:34 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/369-fc99dfe6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。