2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.17 (Sun)

美容店でのパーマを付随しない男性カットは本当は法律違反とな

『史上最強のムダ知識』 P.198

理容師

 髪型を整える職業のこと。
 一般的には、「理容師」とは、男性向けにそうしたサービスを行う者。
女性を対象にした人は、「美容師」である。
 ちなみに、法律上では、「理容」と「美容」とは区別されている。
「頭髪の刈込、顔そり等の方法により、容姿を整えること」が「理容」。
「パーマネントウエーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくする
こと」が「美容」である。なお、「理容」と「美容」の両方を、1つの店で
行うことはできない(美容室での顔ぞりや、理容店でのパーマは、
本当は法律違反だ)。


×美容室での顔ぞりや、理容店でのパーマ
○美容室での化粧に附随しない本格的な顔そりや、理容店での女性へのパーマ、
 美容店でのパーマを付随しない男性カット

「顔そり」と「顔ぞり」の表記不統一は原文ママ。

「理容」の定義も、最初の文では「髪型を整える」、法律上の定義うんぬんのところでは
「容姿を整える」と不統一になっているのが少し気になる。顔そりを話題にしているのに。

で、上に引用した唐沢俊一の文章のコピペ元は、以下の Wikipedia の記述と思われる。
(『史上最強のムダ知識』は 2007年 4月の刊のため、同年 2 月の:Wikipedia から引用)

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=理美容師&oldid=10673159
>理容師と美容師の違い
>おおまかに言えば、男性を対象とするのが理容師、女性を対象とするのが美容師で
>ある。 厳密には法律によって、
>理容
>  頭髪の刈込、顔そり等の方法により容姿を整えること(理容師法第1条の2)
>美容
>  パーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法により容姿を美しくすること(美容師法
>  第2条)
>と定義されている。 さらに、理容業・美容業は一つの店舗を共用して同時に営業する
>ことはできない。 つまり、整髪の方法・場所を理美容毎に限定することで住みわけを
>図っていた。 (これは保育園と幼稚園との関係に似ていなくもない。)
>しかし現実には、どちらの業種とも顧客ニーズの多様化への対応と新規顧客を獲得
>するために相手の領域に進出しようしている(業権争い)。 理容業でもパーマを行うと
>ころもあり、 美容業側も数年前から、1948年の旧厚生省通達
>  「化粧に附随した軽い程度の「顔そり」は化粧の一部として美容師がこれを行っても
> 差し支えない」
>をたてに、顔そりを行うようになりつつある。


最新版の Wikipedia では、「理容師と美容師の夫婦が一つの店舗を敷居で区切って
個々に営業している例は見られる」という記述が追加されたりしているが、おいといて。

唐沢俊一のいう「(美容室での顔ぞりや、理容店でのパーマは、本当は法律違反だ)」
は、Wikipedia の「理容業でもパーマを行うところもあり、 美容業側も数年前から、〈略〉
顔そりを行うようになりつつある」を、「本当は法律違反だ」と劣化コピーしてガセ化した
ものと推測する。

「化粧に附随した軽い程度の『顔そり』は化粧の一部として美容師がこれを行つてもさし
つかえない。」は、1948 年 (昭和 23 年) に「各都道府県知事あて厚生省公衆衛生局長
通達」として出された 「理容師法の運用に関する件」の一部である。この通達で「さしつ
かえない」とされているものまで「本当は法律違反」であるように書いてしてしまうのは、
言い過ぎであり独自解釈に過ぎるだろう。

「理容店でのパーマ」についても同様。1978 年 (昭和 53 年) に「理容師法及び美容師
法の運用について」という通達があり、「理容師が、刈込み等の行為に伴う理容行為の
一環として男子に対し仕上げを目的とするコールドパーマネントウエーブを行うことは差
し支えない」とされている。一概に「理容店でのパーマは、本当は法律違反だ」とはいえ
ない。

http://homepage3.nifty.com/medix/law/20tuuchi.html#01
>◆顔そりは美容師もできます。しかし、化粧にともなう場合のみ
>化粧の一部として行ってもいいというのが、厚生労働省の昭和23年の通知です。当時
>はまだ美容師法は制定されていませんでした。50年以上も経過した平成の世になっ
>て、この通知をもとに、美容組合では顔そり技術に取り組みましたが、それはあくまで
>も「化粧に付随する」という条件付の顔そり。本格的な顔そりは理容の業務になります。

>○理容師法の運用に関する件
>(昭和二三年一二月八日)
>(衛発第三八二号)
>(各都道府県知事あて厚生省公衆衛生局長通達)
〈略〉
>三 化粧に附随した軽い程度の「顔そり」は化粧の一部として美容師がこれを行つて
>もさしつかえない。


http://homepage3.nifty.com/medix/law/20tuuchi.html#05
>◆理容師の女性へのパーマへは無条件で法律違反、美容師の男性カットはパーマ
>がともなう場合だけOK
>理容師法から分かれて、昭和32年に制定された美容師法、当時は男性は理容店、女
>性は美容店を利用していました。法の定義でも理容はカット、顔そり、美容はパーマ、
>結髪、化粧とうたわれているのは、それぞれ男性客、女性客を前提にしているからです。
>ところが時代は変わり、ジェンダレスの時代に。この通知が出された当時、理容業界・
>美容業界間で、「パーマ戦争」といわれた業権闘争が起こり、その妥協の産物として
>出されたのがこの通知です。
>この通知が出されてからすでに四半世紀以上が経過し、さらに社会情勢は変わり、美
>容店を利用する男性客は増える一方ですが、この通知はいまでも生きています。めっ
>たに表面化しませんが、美容店での男性カットが指導される例はいまでもあります。
>法的には、美容店でできる男性カットは、パーマに付随したカットだけです。パーマを
>かける男性客はそうはいないでしょうが、法的にはそうなっています。
〈略〉
>○理容師法及び美容師法の運用について
>(昭和五三年一二月五日)
>(環指第一四九号)
>(各都道府県知事あて厚生省環境衛生局長通知)
>理容師法第一条第一項に規定する理容の行為及び美容師法第二条第一項に規定す
>る美容の行為の範囲については、昭和二三年一二月八日衛発第三八二号厚生省公
>衆衛生局長通知をはじめたびたび通知してきたところであるが、近年における理容及
>び美容技術の変化、利用者の社会風俗の変化等に伴い、理容所又は美容所におい
>て行われる行為について種々疑義が生じている向きがあるため、今後は次により運
>用することとしたので、この旨十分御了知のうえ、貴管下営業者に対する指導につき
>遺憾のないようされたい。
〈略〉
>一 理容又は美容には、それぞれ理容師法第一条第一項又は美容師法第二条第一
>項に明示する行為のほかこれに準ずる行為及びこれらに附随した行為が一定の範囲
>内で含まれるものであり、理容師又は美容師は、それぞれこれらの行為を業として行
>い得るものであること。
>二 一の趣旨にもとづき、理容師のコールドパーマネントウエーブに関する行為及び
>美容師のカツテイングに関する行為並びに染毛については、次により取り扱うもので
>あること。
>(一) 理容師の行うコールドパーマネントウエーブについて
>理容師が、刈込み等の行為に伴う理容行為の一環として男子に対し仕上げを目的と
>するコールドパーマネントウエーブを行うことは差し支えないが、これ以外のコールド
>パーマネントウエーブは行つてはならないこと。
>(二) 美容師の行うカツテイングについて
>美容師が、コールドパーマネントウエーブ等の行為に伴う美容行為の一環として、カツ
>テイングを行うことは、その対象の性別の如何を問わず差し支えないこと。また、女性
>に対するカツテイングは、コールドパーマネントウエーブ等の行為との関連の有無に
>かかわらず行つて差し支えないこと。しかし、これ以外のカツテイングは行つてはなら
>ないこと。


ちなみに、美容師の顔そりについては、以下のような声も。どこまで一般化できる話か
どうかはともかく、「ついでにひげを剃ると言った強引なメニゥー」、「組合で火をつけよう
として失敗」、「化粧している女性が、なかなか美容室ではスッピンにはなりません」など
興味深いものが。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1031272.html
>こんにちは、今はちょつと事情が変わって美容室でもカミソリを使用できるんです(昔
>からやってたんですけど)ただ、レディースシェイビング、シェイビングだけのメニューで
>はダメなんですけど!ついでにひげを剃ると言った強引なメニゥーですけど!2年前に
>流行しそうになったが、今は衰退しています!収益があがると言うより、組合で火をつ
>けようとして失敗したんですよね!化粧している女性が、なかなか美容室ではスッピン
>にはなりませんからね!なっていたら、もっつとエステをやってる美容室が多いでしょ
>うに


そういえば、眉毛を整えるとかのシェイビングとかがメニューにある店もあるしなあ。


さて、先に引用した通達では、理容師が女子に対してコールドパーマネントウエーブを
行うこと、美容師が男性に対し「コールドパーマネントウエーブ等の行為に伴う美容行為
の一環」ではない「カツテイング」を行うこと、どちらも「行つてはならないこと」であり、
「本当は法律違反」ということになる。

前者については、理容店に行ってパーマをかけようという女子は多分いないだろうから
よい (?) として、後者については、美容院で男子がパーマなしのカットのみは法律違反
なのかと意外に思える。

しかし、高知新聞によると (以下に孫引用)、 2004 年に「理容師の組合幹部」が「パーマ
なしで男性客の髪だけを切っている美容室をカメラで撮影」したうえで、これは法律違反
だと告訴状まで用意。この大騒ぎのせいで、高知市内の一部美容室では、男性客を
カットした後に、ロッドを 1 個巻いてパーマ液をつけ、すぐにほどいて洗い流す「パーマ
のふり」をしているそうだ。「美容師法で決まってます。形だけなんですみません」という
ことだが、「美容師法で決まってます」って何か少し違う気もするけど……。

http://rikusentai.jp/2009/11/post-15.html
>高知市内の美容室。男性がカットを頼むと「すみません。カットのみはできないんです
>よ」と店員さん。一通リカットが終わると、「美容師法で決まってます。形だけなんです
>みません」と後ろ髪にロッドを1個巻き、パーマ液をつけた。パーマはかかりませんか
>ら」と店員さん。ロツドはすぐにほどき、パーマ液も洗い流した。つまり「バーマのふり」。
>2、3分の手慣れた作業だ。
>「全国でもこんなことをしているのはおそらく高知だけ」と業界関係者が話す流儀の
>始まりは、5年ほど前。きっかけは、美容師の組合と、理容師の組合のあつれきだ。
>2004年、高知市内の理容師の組合幹部が、パーマなしで男性客の髪だけを切って
>いる美容室をカメラで撮影し、「美容室で男性が髪を切る場合、パーマとセットでなけ
>ればならないはず。法律違反だ」として告訴状を用意。告訴は取り下げたものの、
>全国の理容組合と美容組合の理事長がともに高知市を訪れ、収拾に乗り出す事態に
>なった。
〈略〉
>こうした経緯の中、一部美容室で始まったのが「パーマのふり」。関係者は 「取り締ま
>りを逃れるための苦肉の策」と話す。
> 出典:高知新聞 平成21年11月3日号 24面


その他参考 URL:
- http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1331551453

おまけ (まつげカールは使用する液によっては薬事法にも違反):
http://chiefblog.royal-hair.com/2009/03/post_172.html
>まつげカールローションとして厚生労働省認可の”化粧品登録”の薬剤を使用。さらに
>美容所内で美容師の施術による薬事法にも美容師法にも適合した安心施術。

スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

15:26  |  その他の雑学本 間違い探し編 (324) +  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

書き込んでくださった内容自体は、全文引用しても問題ないですよね?

# マズい箇所があるようでしたら、その旨、また書き込んでください。 (_ _)

>昭和58年に理容店には、料金表に男性パーマ 

>看板は、男性パーマ専門と表記するように通達が来てますが・・・ 

>

>美容にも同じようにカット× 

>            レディースカット○
>とメニュウ表に表記してくださいと通達が来てましたが…

>家の地方だけですかね?


本文に引用したのは、主に:

http://homepage3.nifty.com/medix/law/20tuuchi.html#05
>○理容師法及び美容師法の運用について
>(昭和五三年一二月五日)
>(環指第一四九号)

に含まれる文章の方ですけど、同じページには翌年の昭和 54 年の通知について
も書いてありました。これにそった通達ということではないでしょうか。

>○理容師法及び美容師法の運用について
>(昭和五四年二月一日)
>(環指第八号)
>(各都道府県衛生主管部局長あて厚生省環境衛生局指導課長通知)
>理容師法第一条第一項に規定する理容の行為及び美容師法第二条第一項に
>規定する美容の行為の範囲については、昭和五三年一二月五日環指第一四九
>号厚生省環境衛生局長通知(以下「局長通知」という。)をもつて既に通知したと
>ころであるが、同通知にもとづく店頭等における表示については、左記によること
>とするので、営業者に対する指導につき遺憾のないようされたい。
>記
>一 店頭等における表示の文言について

>店頭等における表示の文言については、「局長通知」による理容又は美容の行
>為の範囲を逸脱することのないよう次により指導されたいこと。
>(一) 理容所においてコールドパーマネントウエーブに関する表示を行う場合
>は、「パーマ」、「女性(又はレディス、婦人等)パーマ」又はこれに類する表示は
>不適当であり、「男性(又は男子、メンズ等)仕上げ」の文言を付すること。
>(二) 美容所において、カッティングに関する表示を行う場合には、「男性(又は
>男子、メンズ等)カット」又はこれに類する表示は不適当であること。
トンデモない一行知識 |  2010年12月11日(土) 23:03 |  URL |  【コメント編集】

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2010年12月11日(土) 16:17 |   |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/366-b5194248

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。