2017年03月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.03 (Sun)

脳内ではなく腸内での変換

『地上最強のムダ知識』 P.97

 ちなみに、大便の色は、肝臓で生成される胆汁に含まれる、胆汁色素
(ビリルビン)の色。小便の色も同様。


スカトールについてのこれもスカですね」に引用した文章の続き。

ビリルビンは確かに大便や小便の「色の原因」、「色の源」とはいえるのだけど、腸内で
細菌によって、ステルコビリノーゲン、ステルコビリン、ウロビリノーゲン、ウロビリン等の
物質に変わるので、「大便の色は~の色」とするなら、それら変換・分解後の物質の名を
あげた方がよいだろう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ビリルビン
>ビリルビン (bilirubin) はヘモグロビンなどに含まれるヘムの生分解産物で、赤褐色の
>胆汁色素である。ヒトなど多くの動物の糞や尿の色の原因となっている。
〈略〉
>ビリルビンは水溶解度が低いためほとんどが血清アルブミンに結合して肝臓に運ば
>れる。肝臓ではさらにグルクロン酸抱合を受け、水溶性の抱合型ビリルビン(直接ビリ
>ルビン)となる。肝臓で抱合される前のアルブミン結合型ビリルビンは非抱合型ビリル
>ビン(間接ビリルビン)ともいう。この抱合型ビリルビンは胆汁に入り、胆管を通って胆嚢
>に貯留され、さらに十二指腸に出る。腸内のビリルビンの一部は再吸収される(腸肝
>循環)。腸内では細菌によってステルコビリノーゲン (stercobilinogen) に変換され、こ
>れが糞の褐色色素である。尿の黄色はやはりビリルビンの分解産物であるウロビリン
>(urobilin) による。


http://kensa.sfuji.com/2007/06/post_148.html
>ビリルビンは腸管で腸内細菌叢によってウロビリノーゲンとなり、さらにステルコビリ
>ノーゲンをへてステルコビリンとなって大便中に排出されます。ステルコビリンによって
>大便の色が黄色になるわけです。


http://physiology1.org/doc/chapter.php?Id=1174&ExamId=43120
>腸管内のウロビリノーゲンは、代謝されてウロビリンとなる。ウロビリンは排出され、
>糞便の色を呈する。


まあ、ビリルビン自体も便の中には含まれているとする資料もあるが、それは少量という
ことで。

http://wiki.livedoor.jp/youkyon76885117/d/%A5%D3%A5%EA%A5%EB%A5%D3%A5%F3%C2%E5%BC%D5
>腸内のビリルビンの多くは細菌の酵素により無色のウロビリノーゲンに変換され便の
>褐色色素のステルコビリノーゲン(stercobilinogen)や残りのビリルビンとともに便とし
>て排泄されます


変換・分解前の物質を「~の色」としてあげてもよいではないかという考え方をするなら、
「ヘモグロビンなどに含まれるヘムの色」という言い方をしてもよいわけだし。もとをただ
せば血の色だった、というか。

http://cocoa.2ch.net/body/kako/994/994713530.html
>6 名前: 病弱名無しさん 投稿日: 2001/07/10(火) 06:45 ID:???
>尿や便の色の源は胆汁に含まれるビリルビンです。この胆汁は肝臓でつくられます。
>ビリルビンは赤血球の主成分のヘモグロビンが代謝されてでき、黄色をしています。
>ですから、尿や便の黄褐色はもとはヘモグロビンに由来すると言えます。
>胆汁は十二指腸に分泌され、そこで腸内細菌によってビリルビンが分解され、無色の
>ウロビリノーゲンに分解されます。その一部分は小腸で吸収され、小腸で吸収されな
>かった残りのウロビリノーゲンはさらに、腸内細菌によって分解されてステルコビリノー
>ゲンになります。このステルコビリノーゲンが少し酸化されて便の色を黄色くします。
>また、このステルコビリノーゲンは酸化されればされるほど色が濃くなりますので、便
>秘したときには便が黒みがかることになります。


スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

20:54  |  その他の雑学本 間違い探し編 (324) +  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/348-2549f3ee

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。