2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.12.12 (Sat)

だがしかし駄菓子屋。それと、内地なめるな。

別冊宝島360 『レトロおもちゃ大図鑑』

北海道の駄菓子屋はゴチャゴチャしているのであった
唐沢俊一(カルト物件評論家)

駄菓子屋、という名称を少なくとも子どもの頃の僕は用いていなかったと
思う。明治生まれの祖母がそういう店のことを「一文菓子屋」と呼んでいた
ので、それにならっていた。
しかしまあ、ここでは便宜上、駄菓子屋で通すことにする。
北海道における駄菓子屋の特徴をひと言で言えば、
「全部のものが店内に詰め込まれている」
ということになる。東京下町の駄菓子屋の平均的な店がまえとしては、
店先に商品が並べられた棚が置かれ、その外、すなわち軒先に出っぱる
形でガチャポンの販売機だの、ジュースやラムネが使ったトタン張りの
水槽だの、あとオデンの鍋だのが並べられている、というのが基本的構造
だと思う。ベンチを小さくしたような椅子が置かれていることも多いし、そこ
では冬はラーメン、夏はかき氷なんかを食べさせる店もある。以前、東京・
葛飾で見た駄菓子屋は、こういった路上に台を置いて陳列されている商品
のほうが、店内のものより数が多かったくらいである。店と店の前の路の
境界線が限りなくアイマイである、というあたりも、駄菓子屋のひとつの
特徴と言えるのではないか。
しかし、北海道ではこれは不可能だ。

■駄菓子屋で売っている雪かきとは?

まず、1年の半分近くが雪に埋もれる土地柄から、こういう路上における
物品販売が不可能なのである。北海道の雪の特性は、東北地方などと
違い、“降った後で凍る”ということにある。気温の低い北海道では、地上
の温度のほうが、降ってくる雪より低い。したがって、雪はまずふわりと
降り積もり、しかるのちに再度凍りつく。新潟や山形の雪は積もっても軽く、
固めてかまくらなどを作ることが可能だが、北海道の雪はひと晩たつとカン
カチコに固まってしまって、スコップも歯が立たないようになってしまうことが
あるのだ。東北や北陸ならば、降った雪に埋もれてしまった物や人は(人は
さすがに無理だが)、翌年の春に掘り出してもちゃんと使用に耐えるが、
今延べたようなわけで、北海道においては、いったん雪に埋もれてしまった
ものは、車だろうとなんだろうと、凍りついた雪の圧縮力で押しひしゃがれ、
つぶされたようになってしまう。ガシャポンの販売機など、イチコロで破壊
されてしまうだろう。したがって、外に物が置けない。そうでなくても、冬の
季節など、店の前が数十センチもある積雪などで完全にふさがれてしまう。
毎朝、雪かきをしなくてはならぬ。
あ、この「雪かき」という言葉も内地(北海道では本州のことをこう言う)の
人には通じないかもしれぬ。雪かき、という言葉は除雪作業と、それに使用
するシャベル状の器具(昔は竹製だったが、現在はプラスチック製が主流)
のことを両方を差す言葉である。
「雪かきを使って雪かきをする」
という大雑把な言葉遣いが、いかにも北海道的である。

北海道では、この雪かき(道具のほう)は雑貨店、燃料店、コンビニ、まず
どこへ行って も販売している。大学に入って上京した年、東京に十数年ぶり
という大雪が降ったことが あった。さっそく、近くの雑貨屋に行って、
「雪かきをください」
と言って、妙な顔をされた。そもそも東京には「雪かき」という道具がない、
と知ったときにはいささかカルチャー・ショックを受けた。北海道ではどこに
でも、そう、もちろん「駄菓子屋」にも大小揃えて売り物としておいてあるもの
だったのだ(最近はさっぱり事情を知らないので、少し状況が変わったかも
しれない)。
高校の頃、大雪のなかをある古本屋さんに出かけたことがあった。馴染み
の店だったが、昼1時頃からの開店で、近くまで行ってみると、なんと店の
前が1メートル近い積雪で、すっかり埋まってしまっていた。これではとても
入れやしない、帰ろうと思ってきびすを返したとたん、
「おーい」
と声がして、その店の店主が、玄関から手をふり、せっせと雪をかいて(笑)
僕の立っている場所まで1本、路をつけてくれたことがあった。
こいう状況のなかで、北海道の小売店というのは営業しているのである。


上は2ちゃんねるのスレからのコピペ。この文章の載った別冊宝島は、「1998年2月9日
発行」とのこと。

で、まあ、2ちゃんねるのスレでのいろいろな指摘書き込み (Read More 参照) を見る
だけでも充分かもしれない駄菓子屋ネタ。「『昭和三十年代の子どもたち』にしていれば
よかったかもの貸本屋
」と似た展開の部分もあり、レトロガセの範疇におさまらない部分
もあり、という感じ。

まず、唐沢俊一の書く「東京下町の駄菓子屋の平均的な店がまえ」だが。「店先に商品
が並べられた棚」や、「軒先に出っぱる形でガチャポンの販売機だの、ジュースやラムネ
〈略〉の水槽」まではまあよいとして、「オデンの鍋だの」は「基本的構造」に入らないと
思う。

おでんについては、2ちゃんねるのスレ (Read More 参照) に「オデンは静岡じゃなかっ
たけ?」と書いてあったので検索してみたら、下に引用するもの↓があった。

http://portal.nifty.com/special06/02/20/
>久々に会った友人に「今度、静岡におでんを食べに行くんだー」と自慢気に語ったとこ
>ろ、こんなことを言われた。
>「静岡って駄菓子屋でおでんが食べられるんだってね」。
>…駄菓子屋でおでん? 初耳だ。駄菓子屋でもんじゃ焼き、というのは聞いたことがあ
>るが、おでんか。駄菓子を買いに来た子どもがおでんを食べるのか。
〈略〉
>外に面したガラス越しに、お菓子が売られているのが見えた。おでんと書かれた暖簾
>がなければ、いたって普通の駄菓子屋に思える。
〈略〉
>思い切ってドアを開けたところ、目の前に、鍋があった。


上に引用の文章にある「駄菓子屋でもんじゃ焼き」なら、「東京下町の駄菓子屋」っぽい
んだけどねえ……。唐沢俊一の書いている「冬はラーメン」ってのも微妙。ベビースター
ラーメンの間違いか、六本木にあるという「駄菓子屋」というラーメン屋からの混同かと
疑ってみたり。新横浜ラーメン博物館内に駄菓子屋があるそうなので、そこからかも。

- http://ja.wikipedia.org/wiki/ベビースターラーメン
- http://ralph.blog10.fc2.com/blog-entry-33.html
- http://www.raumen.co.jp/home/virtualzone.html

そして、「以前、東京・葛飾で見た駄菓子屋は、こういった路上に台を置いて陳列されて
いる商品のほうが、店内のものより数が多かったくらいである」と唐沢俊一はいうが……
いったいどこの駄菓子屋を見たのかは謎。

葛飾で有名な駄菓子屋には、TBS ドラマ 『 こちら葛飾区亀有公園前派出所』で使われ
たという店、映画『20世紀少年』のロケで使われたという店があるけど、どちらもそんなに
派手に商品を路上に陳列したりはしていない。

http://72768102.at.webry.info/200908/article_12.html (写真)
>子供達が入った駄菓子屋さん。中には慎吾くんが射的をしたところがあったそうです。
>息子は手につけて、煙をだすなつかしいおもちゃ?を買っていました。


http://blog.livedoor.jp/fantasisitaksk10/archives/51948224.html (写真)
>先日、映画「20世紀少年」のロケにも使用されたという、駄菓子屋さんを訪れてきまし
>た。私が生まれ育った葛飾区内のお店なんですが、


その他、駄菓子屋の画像を検索してみたけど、店内からはみ出して何か置くといっても、
だいたいは軒やひさしの届く範囲のようで。そうでなければ、雨の降る日などは、いったい
どうやって営業するのかと。

- http://kirarinnette.blog43.fc2.com/blog-entry-55.html (写真)
- http://yan.nu/blog/entry/001727.html (写真)
- http://www.nipponstyle.jp/exhibition/spot10/3chome.html (写真)
- http://torys1224.blog36.fc2.com/blog-entry-27.html (写真)
- http://blog.livedoor.jp/burzum_555/archives/599246.html (写真)
- http://igukun.exblog.jp/2962737/ (写真)
- http://retro-club.com/dagashiya.html (写真)

また、上に並べたもののいくつかをみると、
×ラーメン ○お好み焼きや焼きそば
じゃないかという気もしてくる。アイスクリームを入れる冷蔵庫とか、ガラスの容器に入れ
られたお菓子などを、唐沢俊一がスルーしているのも気になってくるし。

その他参考 URL:
- http://nisi93.exblog.jp/8535702/ (東北の昔の駄菓子屋)
- https://secsvr.com/carayoko.com/map/index.html
- http://homepage2.nifty.com/cxturbo/DAGASI.html
- http://ja.wikipedia.org/wiki/駄菓子屋
- http://www.tbs.co.jp/gacchiri/archive/oa20080203-mo1.html


……で、上に書いたようなことだけだったら、まだよかったんだけど。

唐沢俊一は、「北海道ではこれは不可能だ」、「1年の半分近くが雪に埋もれる土地柄
から、こういう路上における物品販売が不可能なのである」と書く。

その説明に、「ガシャポンの販売機など、イチコロで破壊されてしまうだろう。したがって、
外に物が置けない」などと書く。別に豪雪地帯でなくたって、その手のものを、閉店時間
を過ぎても外に置きっぱなしにしている店の方が珍しいだろうと思うが。

そして、「北海道の雪の特性は、東北地方などと違い、“降った後で凍る”」とか、「新潟
や山形の雪は積もっても軽く」とか、「東北や北陸ならば、降った雪に埋もれてしまった
物や人は(人はさすがに無理だが)、翌年の春に掘り出してもちゃんと使用に耐える」
とか、読者の頭をクラクラさせることを平気で書く。

2ちゃんねるのスレでも、「だいたい雪が重く固まるのは日中に気温が上がって溶けた
雪が夜間に凍り付くからで当然気温の低い北海道の雪の方が本州の雪より軽くて柔ら
かい場合が多い。 北海道に来るスキー客だってパウダースノーを求めてくるんでしょうに」
と突っ込まれていたが……唐沢俊一はパウダースノーを何と思っているのかと。

それに、「北海道の雪はひと晩たつと〈略〉スコップも歯が立たないようになってしまうこと
がある」って、じゃあ馴染みの古本屋の前に「1メートル近い積雪で、すっかり埋まってし
まっていた」のを、「店主が、玄関から手をふり、せっせと雪をかいて(笑)僕の立ってい
る場所まで1本、路をつけてくれた」というエピソードは何なのかと。スコップも歯が立た
ない雪を、あっという間に処理した古本屋主人の超人ぶりを紹介したつもりなんだろうか。

その他、2ちゃんねるのスレでの指摘書き込みには、「ウチの実家は岐阜だが、ひどい
ときは2メートルは積もるぞ。内地なめんな」、「小学校の社会の時間に『豪雪地帯では
雪かきをする』って習ったんだけどしかもその豪雪地帯というのは東北地方のことだった
んだけどな」、「小学校の社会では雪が凄いのが新潟、寒いのが北海道だったが」、
「雪で家が潰れないように、合掌造りってあるんじゃないの?」などがあった。つまり、
小学校で習うだろうよそんなこと状態。

ええと、それからこれも突っ込まれまくっていたけど、「『雪かきを使って雪かきをする』
という大雑把な言葉遣いが、いかにも北海道的」と唐沢俊一は書いているが、雪かきの
道具のことを「雪かき」と呼ぶのは、別に北海道限定ではない。

- http://www.rakuten.co.jp/i-order/479560/513253/
- http://www.yumetai.co.jp/shop/g/g18737000000/
- http://www.asaka-ind.co.jp/tools/livingware/ploughing_01.html
- http://www.asaka-ind.co.jp/tools/livingware/ploughing_02.html

そりゃ、唐沢俊一の下宿先の「近くの雑貨屋」には、雪かきの道具は置いてなかった
かもしれないけど。


追記: おでんのある駄菓子屋とは、ここ↓のことだったのかも。

http://ch07812.kitaguni.tv/e328626.html (写真)
>最近お気に入りのブログ『東京雑派』に紹介されていたのを見て、おでんの売っている
>懐かしの駄菓子屋を訪ねてみました。


でも、それ、東京の「駄菓子屋の平均的な店がまえ」には入らないから。



More...

http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1259900393/902-
-------
902 :無名草子さん:2009/12/11(金) 17:19:52
別冊宝島360『レトロおもちゃ大図鑑』1998年2月9日発行

北海道の駄菓子屋はゴチャゴチャしているのであった
唐沢俊一(カルト物件評論家)

駄菓子屋、という名称を少なくとも子どもの頃の僕は用いていなかったと思う。明治生ま
れの祖母がそういう店のことを「一文菓子屋」と呼んでいたので、それにならっていた。
しかしまあ、ここでは便宜上、駄菓子屋で通すことにする。
北海道における駄菓子屋の特徴をひと言で言えば、
「全部のものが店内に詰め込まれている」
ということになる。東京下町の駄菓子屋の平均的な店がまえとしては、店先に商品が並べ
られた棚が置かれ、その外、すなわち軒先に出っぱる形でガチャポンの販売機だの、ジュ
ースやラムネが使ったトタン張りの水槽だの、あとオデンの鍋だのが並べられている、と
いうのが基本的構造だと思う。ベンチを小さくしたような椅子が置かれていることも多い
し、そこでは冬はラーメン、夏はかき氷なんかを食べさせる店もある。以前、東京・葛飾
で見た駄菓子屋は、こういった路上に台を置いて陳列されている商品のほうが、店内のも
のより数が多かったくらいである。店と店の前の路の境界線が限りなくアイマイである、
というあたりも、駄菓子屋のひとつの特徴と言えるのではないか。
しかし、北海道ではこれは不可能だ。

903 :無名草子さん:2009/12/11(金) 17:20:46
別冊宝島360『レトロおもちゃ大図鑑』1998年2月9日発行

■駄菓子屋で売っている雪かきとは?

まず、1年の半分近くが雪に埋もれる土地柄から、こういう路上における物品販売が不可
能なのである。北海道の雪の特性は、東北地方などと違い、“降った後で凍る”というこ
とにある。気温の低い北海道では、地上の温度のほうが、降ってくる雪より低い。したが
って、雪はまずふわりと降り積もり、しかるのちに再度凍りつく。新潟や山形の雪は積も
っても軽く、固めてかまくらなどを作ることが可能だが、北海道の雪はひと晩たつとカン
カチコに固まってしまって、スコップも歯が立たないようになってしまうことがあるのだ。
東北や北陸ならば、降った雪に埋もれてしまった物や人は(人はさすがに無理だが)、翌
年の春に掘り出してもちゃんと使用に耐えるが、今延べたようなわけで、北海道において
は、いったん雪に埋もれてしまったものは、車だろうとなんだろうと、凍りついた雪の圧
縮力で押しひしゃがれ、つぶされたようになってしまう。ガシャポンの販売機など、イチ
コロで破壊されてしまうだろう。したがって、外に物が置けない。
そうでなくても、冬の季節など、店の前が数十センチもある積雪などで完全にふさがれて
しまう。毎朝、雪かきをしなくてはならぬ。
あ、この「雪かき」という言葉も内地(北海道では本州のことをこう言う)の人には通じ
ないかもしれぬ。雪かき、という言葉は除雪作業と、それに使用するシャベル状の器具
(昔は竹製だったが、現在はプラスチック製が主流)のことを両方を差す言葉である。
「雪かきを使って雪かきをする」
という大雑把な言葉遣いが、いかにも北海道的である。

904 :無名草子さん:2009/12/11(金) 17:21:34
別冊宝島360『レトロおもちゃ大図鑑』1998年2月9日発行

北海道では、この雪かき(道具のほう)は雑貨店、燃料店、コンビニ、まずどこへ行って
も販売している。大学に入って上京した年、東京に十数年ぶりという大雪が降ったことが
あった。さっそく、近くの雑貨屋に行って、
「雪かきをください」
と言って、妙な顔をされた。そもそも東京には「雪かき」という道具がない、と知ったと
きにはいささかカルチャー・ショックを受けた。北海道ではどこにでも、そう、もちろん
「駄菓子屋」にも大小揃えて売り物としておいてあるものだったのだ(最近はさっぱり事
情を知らないので、少し状況が変わったかもしれない)。
高校の頃、大雪のなかをある古本屋さんに出かけたことがあった。馴染みの店だったが、
昼1時頃からの開店で、近くまで行ってみると、なんと店の前が1メートル近い積雪で、
すっかり埋まってしまっていた。これではとても入れやしない、帰ろうと思ってきびすを
返したとたん、
「おーい」
と声がして、その店の店主が、玄関から手をふり、せっせと雪をかいて(笑)僕の立って
いる場所まで1本、路をつけてくれたことがあった。
こいう状況のなかで、北海道の小売店というのは営業しているのである。

916 :無名草子さん:2009/12/11(金) 18:41:08
>>903

>北海道の雪の特性は、東北地方などと違い、“降った後で凍る”というこ
>とにある。気温の低い北海道では、地上の温度のほうが、降ってくる雪より低い。したが
>って、雪はまずふわりと降り積もり、しかるのちに再度凍りつく。新潟や山形の雪は積も
>っても軽く、固めてかまくらなどを作ることが可能だが、北海道の雪はひと晩たつとカン
>カチコに固まってしまって、スコップも歯が立たないようになってしまうことがあるのだ。

北東北に生まれ育って現在札幌在住ですが
何を言ってるのか全然分かりません。
『地上の温度のほうが、降ってくる雪より低い。』ってどういうこと?
上空のマイナス数十度の寒気より地上が寒いってこと?

だいたい雪が重く固まるのは日中に気温が上がって溶けた雪が夜間に凍り付くからで
当然気温の低い北海道の雪の方が本州の雪より軽くて柔らかい場合が多い。
北海道に来るスキー客だってパウダースノーを求めてくるんでしょうに。
本当に北海道で暮らしたことあるのかな唐沢テンテーは。

918 :無名草子さん:2009/12/11(金) 18:47:07
>東京下町の駄菓子屋の平均的な店がまえとしては、店先に商品が並べ
>られた棚が置かれ、その外、すなわち軒先に出っぱる形でガチャポンの販売機だの、ジュ
>ースやラムネが使ったトタン張りの水槽だの、あとオデンの鍋だのが並べられている、と
>いうのが基本的構造だと思う。ベンチを小さくしたような椅子が置かれていることも多い
>し、そこでは冬はラーメン、夏はかき氷なんかを食べさせる店もある。以前、東京・葛飾
>で見た駄菓子屋は、こういった路上に台を置いて陳列されている商品のほうが、店内のも
>のより数が多かったくらいである。

店の中より、外に並べている物の方が多い駄菓子屋?
それは縁日の屋台じゃないのか?
そしてオデンは静岡じゃなかったけ?

なんか東京の駄菓子屋が凄い文化になっているな。

921 :無名草子さん:2009/12/11(金) 18:54:15
>>918
98年の本の記事なんだ。はっきりした事は言えないが、印象としては、ごく特殊な例としか思えないな。
>店の中より、外に並べている物の方が多い駄菓子屋?

公道にあまりはみ出させていると、いくらなんでも注意されると思うけどね。ど田舎じゃないんだから。
たまたま私道に面した店で、そこも利用してたって事なのかなぁ…考えにくいけど。

922 :無名草子さん:2009/12/11(金) 19:00:27
>>918
そりゃ西岸良平の漫画だ!
昭和40年ごろには無くなてるって

923 :無名草子さん:2009/12/11(金) 19:02:34
これも何か雑誌で見た「東京下町の駄菓子屋」とかいう写真を元にでっち上げた話なのかな?
その写真が昭和30年代の物とかで....
色々な駄菓子屋の写真を1つの店の事だと思いこんでいるとか。

もうワケわかりませんよ。

924 :無名草子さん:2009/12/11(金) 19:03:43
もしかしたら滝田ゆうの漫画かも知れない。


925 :無名草子さん:2009/12/11(金) 19:04:35
カルト物件評論家ねえ・・・

926 :無名草子さん:2009/12/11(金) 19:09:12
1998年2月って、ニフで議長としてブイブイ言わせていた頃だね。
好調に書き飛ばしていて、やはりこの酷さかw

927 :無名草子さん:2009/12/11(金) 19:13:35
>>924
おいおい、もしそうなら戦前だぞw

928 :無名草子さん:2009/12/11(金) 19:16:44
こち亀じゃないの。

929 :無名草子さん:2009/12/11(金) 19:17:30
>>918
東京だおでん屋台から買うが多いんじゃない?
三ノ輪にはおでんがある駄菓子屋あるんだけどあまり一般的じゃないな。

930 :無名草子さん:2009/12/11(金) 19:18:59
>>928
こち亀は西岸良平から引用してる(作中で言明がある)
秋本治は子供のころ松戸で育っているからこち亀の駄菓子屋は千葉ので東京のとはちょっと違うんだよ。

931 :無名草子さん:2009/12/11(金) 19:43:11
品川に住んでたんだけど、近所にあった駄菓子屋さんはたばこ屋さんがやってたよ。
ばあちゃんが店番しててね、確かに店ん中は所狭しと怪しげなものが並んでたけど
店の外、ましてや路上に商品なんか並べてなかったよ。
見たこと無いなぁ、大体そんなことしたらご近所迷惑じゃないか。

932 :無名草子さん:2009/12/11(金) 19:45:17
23区内で路上で品物並べてたら警察に怒られるゾ

933 :無名草子さん:2009/12/11(金) 20:28:50
>>903
>あ、この「雪かき」という言葉も内地(北海道では本州のことをこう言う)の人には通じ
ないかもしれぬ。雪かき、という言葉は除雪作業と、それに使用するシャベル状の器具
(昔は竹製だったが、現在はプラスチック製が主流)のことを両方を差す言葉である。
「雪かきを使って雪かきをする」
という大雑把な言葉遣いが、いかにも北海道的である。

ちょっと待てw
神奈川県民だが余裕で知ってるわ。

934 :無名草子さん:2009/12/11(金) 20:31:25
いや雪かきなんて東急ハンズで全国的に売ってるつーの!

935 :無名草子さん:2009/12/11(金) 20:49:29
>>904
大学に入って上京した年ならアパート住まいでしょうに
雪かきってどこの雪をかくつもりだったの?
1mの積雪を見る間に片付ける古書店の人ってのも凄いな。

十年も前からこんなヨタ話ばかり書き散らしてたんだなあ。
あいたたた。

936 :無名草子さん:2009/12/11(金) 20:54:37
>1mの積雪を見る間に片付ける古書店の人ってのも凄いな。

ありえね~w

937 :無名草子さん:2009/12/11(金) 20:58:42
大雪の中とはいえ、俊一が店の前まで行けたんだから、
道の除雪はされていたんだろう。
道から店の前までの間だけ雪かきをしないといけないという
ことだと思われるが、それだと「おーい」と声をかけてとか、
一本の道をつけてくれたという描写は大げさすぎる。
これがもうちょっとマトモな書き手の文章なら、多少茶目というか、
面白おかしくしてんだなと思うところだが、相手が俊一だからなぁ。

938 :無名草子さん:2009/12/11(金) 21:04:17
>>886
そりゃ若い頃の話だろ?
うっかり屋さんだなぁw

939 :無名草子さん:2009/12/11(金) 21:05:40
イッセーの所にいて「天才少年」と呼ばれていたのは25~26歳の頃。


940 :無名草子さん:2009/12/11(金) 21:16:57
ここ10年くらいは暖冬で東京でも積雪は珍しいけど雪かきはあったよ。
なんでそんな見え透いたウソをつくのか。
というか東京を舐めてんのか?

941 :無名草子さん:2009/12/11(金) 21:22:30
赤恥のトテキモ

真っ赤なウソ書く トテキモさんは いつもみんなの笑いもの
でもその年の冬コミは不備 落選したけど ラッキーでした
 悪い頭はピカピカに 光っているけど錆びているのさ
いつも着ている ヨレヨレのシャツ コレハコレハと つぶやきました

942 :無名草子さん:2009/12/11(金) 21:29:15
メシークソスマス

949 :無名草子さん:2009/12/11(金) 22:39:28
凄いな唐沢さん。
内地の雪は軽いから冬の間中雪かきしなくても大丈夫だってか。
どこの雪だって何もせず放っとけば、雪の重みで屋根は抜けるし潰されるものもあるよ。だから雪かきするのさ。
内地の東京だって、何年か前、大雪降って積もってポルノ映画館の屋根と天井が抜けた事あったはず。

950 :無名草子さん:2009/12/11(金) 22:41:28
ウチの実家は岐阜だが、ひどいときは2メートルは積もるぞ。
内地なめんな。

951 :無名草子さん:2009/12/11(金) 22:54:41
確か積雪では、岐阜とか滋賀、兵庫あたりが記録を持っているんだよね。
長野とかの雪で出来た壁の道路とか知らないの?
http://livedoor.blogimg.jp/yappyyy/imgs/7/5/751dfec5.jpg



952 :無名草子さん:2009/12/11(金) 22:57:52
>まず、1年の半分近くが雪に埋もれる土地柄から、こういう路上における物品販売が不可
>能なのである。

1年の半分近くが「雪に埋もれる」って、どこの北極圏の話?
雪が残っている季節は長いかもしれないが、埋もれるほどの雪は半年も無いよw
それとも唐沢薬局があった道庁前のあの一体はそんなに豪雪地帯だったの?

953 :無名草子さん:2009/12/11(金) 22:59:35
北の国からに憧れて富良野移住のことを色々調べていたんだけど、
ドラマの舞台になった麓郷のあたりはやっぱり雪がサラサラしてて、
雪かきの必要ってそんなにないような話を市役所の人に聞いた。
じゃあ、北の国から83で正吉が雪かきして雪崩に遭うのはあれは
いつの季節なんだろうってのがちょっと不思議だったけど。
雪がサラサラっていえば連続の方で竹下景子と純の車が
雪だまりの中に埋もれちゃうのも、あれも唐沢論でいけば
そんなことはたぶん起こらないんだろうねw

954 :無名草子さん:2009/12/11(金) 22:59:57
1年の半分近くが雪に埋もれるからオタクが多いんだっけ?
だから北海道でメイド喫茶も流行るハズって……

雪が多いので出歩かないからオタクが増えるらしいが
メイド喫茶はその雪をかき分けて行かなくちゃいけないので
凄い矛盾w

マジに唐沢俊一というのは「北海道=雪が凄い」ってのを
どっかで聞きかじっただけって感じだな。

955 :無名草子さん:2009/12/11(金) 23:05:38
東京の事を語っても酷いが、地元北海道の事を語っても酷い。
常に安定しているね。

956 :無名草子さん:2009/12/11(金) 23:07:17
つうか、>>950と同じく岐阜出身だけど(うちは雪少なめの地域)
却って普段そう降らないぶん20cmくらいでも大騒ぎで雪かきしたぞ。
大雪に耐えるようにできてなかったからな。
こーいうのの「大丈夫さ」は必ずしも絶対的な気象データに比例するわけじゃない。
札幌より木曽あたりの民家の方がヒーティング弱くて寒かったりするのと同じ。

957 :無名草子さん:2009/12/11(金) 23:07:29
北海道生まれ、育ちも嘘だってか。
誰の戸籍を買ったんですか、唐沢さん。

958 :無名草子さん:2009/12/11(金) 23:08:47
唐沢さんは本当に札幌出身なの?

959 :無名草子さん:2009/12/11(金) 23:10:31
唐沢俊一って本当に存在するのか?
ここにいる全員の共通の幻想を抱いているのか?

960 :無名草子さん:2009/12/11(金) 23:12:01
CGだったのかな、あの緑色の生き物は。

964 :無名草子さん:2009/12/12(土) 01:27:46
日本一の豪雪地帯と言われるのは北海道ではなく●●地方だというのもご存知ないようで

968 :無名草子さん:2009/12/12(土) 01:54:58
神戸出身だけど小学校中学校の時は
毎年学校周りの雪かきで授業が潰れてたよ
4月まで雪が残ってたなあ
いや確かに屋根が潰れるような危険なものじゃなかったけどさ
道路に雪積もってたら危ないじゃん
兵庫県北部ならかなり雪積もるよ

道具自体を雪かきと呼ぶ、
地元ではどこででも道具を売っていて
東京でも売ってると思ってたってのは
十分面白いネタなのにね
書き方、ネタの膨らませ方がひどすぎて
これだけ反感買ってるんだろな
とりあえず「これとはこういうものだ」と勝手に
上から目線で断定してからネタに入るのはどうかと思う

969 :無名草子さん:2009/12/12(土) 02:39:32
八鹿あたりとかすごい積もりそうだよね。スキー場もあるし。

970 :無名草子さん:2009/12/12(土) 02:45:57
そういえば倉本聡の「風船が上がる時」ってドラマでは、
フランキー堺が凍った雪の上で転倒する場面があった。
でも札幌だし、大規模な除雪をやった後で晴れて路面が凍るっていうことも
できるから、唐沢説とは違うな。
唐沢は除雪車というものを見たことがなかったりして。

971 :無名草子さん:2009/12/12(土) 03:29:56
生まれてから上京するまで隔離病棟にでもいたんじゃないか?

976 :無名草子さん:2009/12/12(土) 05:12:58
沖縄の人だって「雪かき」という言葉ぐらい知ってるだろう

977 :無名草子さん:2009/12/12(土) 05:43:13
小学校の社会の時間に
「豪雪地帯では雪かきをする」って習ったんだけど
しかもその豪雪地帯というのは東北地方のことだったんだけどな

978 :無名草子さん:2009/12/12(土) 07:03:51
小学校の社会では雪が凄いのが新潟、寒いのが北海道だったが。

979 :無名草子さん:2009/12/12(土) 07:16:31
>新潟や山形の雪は積も
>っても軽く、固めてかまくらなどを作ることが可能だが、北海道の雪はひと晩たつとカン
>カチコに固まってしまって、スコップも歯が立たないようになってしまうことがあるのだ。

北海道の雪はかまくらも作れないくらいにカチンコチンになるんだね。
だったら、札幌で毎年開催される雪祭りの雪像をつくる雪はどこから持ってきたものだ?
さっぽろ雪まつりは1950年から開催されているらしいけど

開催場所って、唐沢薬局からも近いんじゃないの?
でも、そういう想い出って語ったことないよね。

980 :無名草子さん:2009/12/12(土) 07:19:57
>>979

>ことがあるのだ

www

981 :無名草子さん:2009/12/12(土) 07:35:59
雪で家が潰れないように、合掌造りってあるんじゃないの?
本土の雪も十分重たいと思うが

-------
スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

21:06  |  その他の雑学本 間違い探し編 (324) +  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/321-8a87d929

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。