2017年03月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.12.05 (Sat)

最後のパレードは唐沢俊一と中村克、最初のパレードは織田信長と明智光秀

『史上最強のムダ知識』 P.188

大名行列の発案者は明智光秀。



『史上最強のムダ知識』 P.189

 明智光秀は、室町時代の儀式に通じていた。ある時、主君の織田信長
から、「なにか天下に織田軍の威勢を示す行事を考えろ」と命じられ、大名
行列を様式化し示威的な性格にすることを思いつく。
 こうして、作法が整えられた大名行列は、美々しい鎧武者などを立て並べ
た華麗な演出で、見る者の度肝を抜く行列となった。要は、北朝鮮や旧ソ連
などの軍事パレードの先駆である。
 江戸時代には、大名行列は、幕府が諸大名の経済力を削る手段となった。


2ちゃんねるのスレでは、「参勤交代の大名行列は露営も辞さない臨戦態勢の行軍だ
が、軍事パレードじゃない。」と指摘されていた (Read More 参照) が、いったん考えはじ
めると、そもそも大名行列とは、軍事パレードとは――と、こっちの頭が混乱してきたり。
(なお、唐沢俊一は参勤交代というものを激しく誤解していた件については、「唐沢俊一
検証blog
」の「男だけの世界。」を参照のこと。

Wikipedia の定義によると、大名行列とは「大名が公用のために随員を引き連れて外出
する際に取る行列のこと」で、「本来、戦時の行軍に準じた臨戦的・軍事的な移動形態」
だったとのこと。この定義をとるなら、「大名行列の発案者は明智光秀」などというのは、
かなりトンデモない。本来の大名行列には、「室町時代の儀式」も、「様式化し示威的な
性格にする」も、あったもんじゃないのだから。

http://ja.wikipedia.org/wiki/大名行列
>大名行列(だいみょうぎょうれつ)は、大名が公用のために随員を引き連れて外出する
>際に取る行列のこと。参勤交代における江戸と領地との往来が典型的な形態である。
>概要
>大名行列は本来、戦時の行軍に準じた臨戦的・軍事的な移動形態(帯刀する刀の長
>さも通常の長さより大きなものでもよいなど)であったが、江戸時代の太平が続くと次
>第に大名の権威と格式を誇示するための政治的なものに変容した。随員には騎馬・
>徒歩の武士の他、鉄砲、弓などの足軽や道具箱や槍持ちなどの中間(人足)、草履
>取や医師などの大名身辺に仕える者たちが連なる。
>参勤交代などの幕府の公用のために行う大名行列は幕府によって人数が定められて
>おり、1万石の小大名でも50人から100人を引き連れることを義務付けられ、102万石
>の加賀藩では最盛期に4,000人に及んだ。これは、大名行列のために出費を強いるこ
>とで諸大名が経済的実力を持つことを抑制しようとする政治的意図による。そして諸
>大名は、ある意味この幕府の企みに乗せられた格好になり、自らの体面を守り、藩の
>権勢を誇示するため、幕府に義務付けられた以上の供を引き連れ、行列の服装も贅
>を凝らしたものとなる傾向があった。


http://ja.wikipedia.org/wiki/参勤交代
>参勤交代制度の目的は、諸大名に出費を強いることでその勢力を削ぎ、謀反などを
>起こすことを抑止するためだったとされる[4]。ただし、幕府としても本来の趣旨は軍役
>奉仕であったため、藩財政が破綻して軍役が不可能となることは、参勤交代の趣旨を
>根底的に否定する事になるため、大名行列の制限を行うなどの措置を採っている。
>参勤交代は軍役であるから、大名は保有兵力である配下の武士を随員として大量に
>引き連れて江戸に出仕し、領地に引き上げねばならないため、移動の際に大名行列
>という大掛かりな行進を行う必要があった。このために費用がかさみ、参勤交代は大
>名の財政を圧迫することとなった。
〈略〉
>4 ^ これには異論もあり、出費を強いて謀反を起こすのを防ぐというのは結果論でしか
>なく当初幕府にその意図はなかったという説が現在では有力である。


では、大名行列と聞いてまず思い出す、太平の世になってからの参勤交代のアレなら、
諸大名が「自らの体面を守り、藩の権勢を誇示する」ため、かなり華美かつ大規模に
なっていたというし、「様式化し示威的な性格」を帯びていたともいえるから、唐沢俊一
のいう「大名行列」はそういう狭義の大名行列と定義すればオッケーかというと……何か
そうもいかないみたいで。

唐沢俊一の書いたものだけを読んでいても、明智光秀が「大名行列を様式化し示威的
な性格にすることを思いつく」ということは、すでに存在していた大名行列というものを
アレンジしたのが光秀だったということで、それを「大名行列の発案者は明智光秀。」と
一行知識にまとめるのは変。

また、明智光秀が関わったとされるのは 1581 年に織田信長が京都で催した馬揃えで
あるが、馬揃えのことを大名行列といってもよいのか、馬揃えという行事は 1184 年に
源義経がやっていたという話があるから、光秀が発案者とかいうのは無理があるぞ、と
いった問題もある。

http://bsi.fc2web.com/mitsuhide/syougai.htm
>1581 2月28日 信長、禁裏東門外で馬揃えを催し、光秀はこれに奉行する

http://ja.wikipedia.org/wiki/馬揃え
>馬揃え(うまそろえ・馬汰)とは、騎馬を集めてその優越を競いあう武家の行事の1つ。
>軍事行進(パレード)としての色彩もある。
>歴史的に著名なのは、1184年に源義経が駿河国浮島原で行った馬揃え、1581年に
>織田信長が京都で行った馬揃え(京都御馬揃え)、1632年に徳川家光が江戸郊外品
>川宿で行った馬揃え、1863年に松平容保が孝明天皇の勅命を奉じて行った馬揃えが
>ある。


その他参考 URL:
- http://blog.livedoor.jp/nobunaga_1534/archives/51112683.html
- http://ja.wikipedia.org/wiki/馬の儀にて喧嘩

ついでに、この京都御馬揃えが、武家諸法度の制定に大きな影響を与えたという話も
特に聞かない。

http://reposit.lib.kumamoto-u.ac.jp/handle/2298/2729
>参勤交代の制度化についての一考察: 寛永武家諸法度と細川氏
〈略〉
>小稿の課題は、端的にいえば、大名の参勤交代を規定した寛永武家諸法度第二条
>が、実は肥後熊本藩主細川忠利が提示した意見(献策)を相当に組み込む形で審議
>・制定されたのではないか、この知られざる事実とその政治的意義を明らかにすること
>にある。


以上、書いたようなことだけだったらまだよかった (?) のだけど、今回気になったのは、
「要は、北朝鮮や旧ソ連などの軍事パレードの先駆」との部分。「美々しい鎧武者などを
立て並べた華麗な演出で、見る者の度肝を抜く行列となった」と唐沢俊一の書く「大名
行列」とは、信長の京都御馬揃えのことか、江戸時代の参勤交代の際のそれか、まあ
どちらをさすとしても、それが「軍事パレードの先駆」ということがありうるのか、と。

いやまあ、前述の馬揃えを軍事パレードの一種と定義するだけで、明智光秀の時代に
「軍事パレードの先駆」がくるってのは、ナシということになるのだけど。

しかも、唐沢俊一の書いているのは、「北朝鮮や旧ソ連などの軍事パレードの先駆で
ある」である。何だかワールドワイドである。

でも、「観兵式・閲兵式」を軍事パレードの一種であるとするならば、紀元前 600 年より
も前、アッシリア帝国ですでに閲兵式が行われていたという話もあるんだけど。5 世紀の
ローマ帝国にも閲兵式はあったし、古代中国にも……と考えていくと、16 世紀の日本に
その「先駆」があったというのは無理があり過ぎ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/パレード
>観兵式・閲兵式もパレードの一種である。

http://ja.wikipedia.org/wiki/観兵式
>観兵式(かんぺいしき)とは、軍事パレードの一種。記念行事として国家元首などに
>兵隊をお披露目する目的の場合を言う。


http://ja.wikipedia.org/wiki/アッシリア
>時代による変化はあるが、アッシリア帝国の時代、アッシリア軍は中央軍と地方軍か
>らなっていた。〈略〉
>王は儀式として閲兵式を取り行ったことも知られており、閲兵のための砦も建設され、
>平時の武器の貯蔵庫としての役割も果たした。


http://polylogos.org/soc21.html
>この後半部では、花瓶に手を触れることを禁じられたクロヴィスは、このことを根にも
>ち、閲兵式でこの戦士を見掛けた際に、手斧で脳を一撃して殺し、「ソワソンの花瓶を
>よく覚えておけ」と言ったという。


関連 (?) ガセビア
唐沢俊一と中村克は似た者同士のよしみで、いっしょに最後のパレードしてほしい


『史上最強のムダ知識』

ちなみに、時代劇などでは、「下に~、下に~」のかけ声と共に進んでいく
大名行列をよく見るが、実際には、「下に~」の掛け声を使えたのは徳川
御三家だけで、他の大名は「よけろ~、よけろ~」という掛け声を用いていた。


「かけ声」と「掛け声」の不統一は原文ママ。Wikipedia からのほぼ完全コピペの部分は
「掛け声」となっている模様。

http://ja.wikipedia.org/wiki/大名行列
>時代劇等では、大名行列が往来を通り過ぎるときには必ず先導の旗持ちの「下にー、
>下にー」との声にあわせ百姓、商人などは脇により平伏しているシーンが登場する
>が、実際にはこの掛け声を使えるのは徳川御三家(なお水戸藩は例外で参勤交代は
>なかった)だけで、ほかの大名家は「よけろ~、よけろ~」という掛け声を用い、脇に
>避けるだけでよかった。


ムンクのときも思ったけど、この『史上最強のムダ知識』では、Wikipedia からちょこちょこ
コピペする傾向が強くなっているような。それでもオリジナリティあふれるガセもまた健在
ってところが、唐沢俊一のすごいとことかもしれない。


More...

http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1259326977/502-
-------
502 :無名草子さん:2009/12/01(火) 14:59:06
>>490
唐沢って、ずーーっと参勤交代の意味を間違えてたんだな。恐ろしいヤツだ。

511 :無名草子さん:2009/12/01(火) 15:57:42
>>502
二三年前に出たコンビニ本では
「大名行列の基礎を定めたのは明智光秀」
とのたまっていたなあ。
1581年、信長が京で行った「馬揃え」を取り仕切ったのが光秀だからだと。
参勤交代の大名行列は露営も辞さない臨戦態勢の行軍だが、軍事パレードじゃない。
どこで何を読みかじって勘違いしたものやら。

-------
スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

15:24  |  その他の雑学本 間違い探し編 (324) +  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/313-be8ff793

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。