2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.28 (Sat)

北海道にはゴキブリがいない説についても少し気になったり

2005 年 4 月 13 日放映の『ごきげんよう』での唐沢俊一雑学披露によると、

1. クモのいる家にはゴキブリがいない
2. 人が生活をし始め生ゴミが出るようになると、それを求めてゴキブリが出るようになる
3. ゴキブリが出るようになると、ゴキブリがクモの卵を食べてしまうのでクモが減る
4. だから新しい家にはクモはいてもゴキブリはいない

ということになるそうだ。

http://homepage2.nifty.com/foico/2005-4.html
>2005.4.13 クモ or ゴキブリ
>今日の『ごきげんよう』のゲストの川野太郎が、「家は大きなクモがよく出て怖いん
>ですよ」という発言に、もう一人のゲストの『トリビアの泉』の監修をやっている
>唐沢俊一さんが、「クモのいる家にはゴキブリがいない」ということを説明していた。
>それによると、「生活をし始めて生ゴミが出るようになると、それを求めてゴキブリが
>出るようになり、ゴキブリがクモの卵を食べてしまうことでクモが減ってしまうんです。
>だから新しい家にはクモはいてもゴキブリはいないでしょう。」ということだそうだ。


2ちゃんねるのスレでの指摘書き込みにもある (Read More 参照) が、「ゴキブリがクモ
の卵を食べてしまう」という話はあまり聞かない。よく耳にするのは、ゴキブリを食べる
クモの話。

クモの天敵といわれるのは、小型の肉食動物、ベッコウバチ、クモヒメバチ、「卵のうに
寄生するハエ類やカマキリモドキ」などだが、ゴキブリはその中に入っていない。クモは
ゴキブリの天敵といわれるが、その逆はないのだ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/クモ
>人家の内外にも多くの種類が生息し、これらは衛生害虫(ハエ、蚊、ダニ、ゴキブリ
>など)を捕食するため、クモは「益虫」の役割を果たしている。
〈略〉
>小型の肉食動物にはクモ類を捕食するものは多いと考えられる。クモは昆虫よりも
>体が柔らかいので、飼育下の餌としても重宝する。特にクモ類の天敵としては、狩り
>蜂類のベッコウバチ類がクモを狩るハチとして有名である。〈略〉他に、寄生性のもの
>として成虫に外部寄生するクモヒメバチや卵のうに寄生するハエ類やカマキリモドキ
>なども知られる。また、センショウグモやオナガグモなどはクモを専門に食べるクモと
>して知られる。


http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1589619.html
>ゴキブリの口は、何かをかじるというよりもなめて削りとるような構造なので、生きた
>クモを捕食して食べることはありません。そもそも捕食性の生き物ではありません。
>生きて動いている相手を倒して食べるような武器(毒など)もありません。

>#1の方がおっしゃる通り、クモの卵を食べる可能性がないとは言い切れませんが、
>たいていのクモは卵を守る性質があるので、ほとんどないと言っていいでしょう。

>私は一度、台所で蜘蛛とゴキブリの格闘を見たことがあります。最終的に蜘蛛が勝っ
>て、糸でゴキブリをグルグル巻きにしてしまいました。〈略〉
>蜘蛛の方が断然小さかったです。


特にアシダカグモは強力で、「2・3匹いる家では、そこに住むゴキブリは半年で全滅」と
いう話もあるが、逆に言えば、他のクモだったりアシダカグモが 1 匹だけだったりすると、
ゴキブリは全滅にまでいたらないという話ではないかと思う。つまり、3. の「ゴキブリが
クモの卵を食べてしまうのでクモが減る」が嘘というだけではなく、1. の「クモのいる家に
はゴキブリがいない」も怪しいのではないかと。実際、田舎の実家で、クモとゴキブリの
両方とも目撃したことあるし。

http://ja.wikipedia.org/wiki/アシダカグモ
>日本には茨城県以南の本州・四国・九州地方に生息し、冬季に着雪のある北海道・東
>北・石川県以北で確認された例はないとされるが、富山県・黒部峡谷の屋内施設でも
>見られ、主食とするゴキブリの勢力を追いかける形で、交通機関などでの人為分布が
>進んでいると考えられる。帰化種で、元来日本には生息していなかったが、輸入果物
>などに紛れ込んできた(別名をバナナグモとも言う)という説と、江戸時代にゴキブリ
>退治用として人為的に輸入したとの説もある。
〈略〉
>また、捕食中に他の獲物を見つけると、先の獲物をさし置いて新しい獲物を捕食しよう
>とする習性があり、短時間に多数の害虫を捕らえる能力を持つ(昆虫学者の安富和男
>の著書『ゴキブリ3億年のひみつ』によると、アシダカグモが2・3匹いる家では、そこに
>住むゴキブリは半年で全滅するという)。


それにしても、「裏モノ日記」 2005年 04月 14日によると、「クモとゴキブリばなし」は
スタッフに気に入られ、講演依頼の電話まであったというネタだそうだが、唐沢俊一本人
が自賛する様子と、2ちゃんねるのスレでの冷たい反応との対比は、少し面白かったり。
漫棚通信からの盗作騒動 (2007 年 6 月) よりも前、ネット上では唐沢俊一に好意的な
声がまだ多かった時期のことなのに。

さらに、この「クモとゴキブリばなし」、唐沢俊一は受けたといっている割には、この後に
出した単行本などで使っている様子がない。見落としていたらスマソだけど。

http://www.tobunken.com/diary/diary20050414000000.html
> 1時、テレビ『ごきげんよう』。冒頭のクモとゴキブリばなし、よほどスタッフが気に
>入ったのかわざわざ小堺のセリフを入れ替えてまで流していた。森三中がやって くれ
>た“鳥”のコントはカット。終わってすぐ関西の代理店から、
>「テレビで拝見しましたが」
> と講演依頼の電話があったのには驚いた。

http://s01.megalodon.jp/2009-0228-1505-14/www.tobunken.com/diary/diary20050414000000.html

http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/quiz/1068165902/
>389 :( ・∀・)つ〃∩ヘェーヘェーヘェー:2005/04/16(土) 13:28:22
>なんか嘘ばっかり言ってるね
>ゴキブリのいる家には蜘蛛がいない
>なぜならゴキブリが蜘蛛の卵を食べるちゃうからなんて言ってたけど
>言ってるそばから家に両方出てきた



その他参考 URL:
- http://unkar.jp/read/hobby9.2ch.net/insect/1121493901
- http://mirukashihime.cool.ne.jp/asidaka0.htm


More...

http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1235535134/623-
-------
623 :無名草子さん:2009/02/27(金) 14:51:51
どちらが本当なのだ?


http://homepage2.nifty.com/foico/2005-4.html
2005.4.13 クモ or ゴキブリ

>今日の『ごきげんよう』のゲストの川野太郎が、「家は大きなクモがよく出て怖いん
>ですよ」という発言に、もう一人のゲストの『トリビアの泉』の監修をやっている
>唐沢俊一さんが、「クモのいる家にはゴキブリがいない」ということを説明していた。
>それによると、「生活をし始めて生ゴミが出るようになると、それを求めてゴキブリが
>出るようになり、ゴキブリがクモの卵を食べてしまうことでクモが減ってしまうんです。
>だから新しい家にはクモはいてもゴキブリはいないでしょう。」ということだそうだ。

「裏モノ日記」2005年 4月 14日(木曜日)
http://www.tobunken.com/diary/diary20050414000000.html
>1時、テレビ『ごきげんよう』。冒頭のクモとゴキブリばなし、よほどスタッフが気に
>入ったのかわざわざ小堺のセリフを入れ替えてまで流していた。


http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1589619.html
>ゴキブリが蜘蛛の卵を食べるというのを聞いたことがあるのですが本当でしょうか?
>またあるサイトではあしだか蜘蛛の大好物はゴキブリだとありましたがゴキブリと
>蜘蛛というのは互いに種類によって食べて食べられての関係にあるのでしょうか?
>2005年8月19日

>#1の方がおっしゃる通り、クモの卵を食べる可能性がないとは言い切れませんが、
>たいていのクモは卵を守る性質があるので、ほとんどないと言っていいでしょう。
>従って一般的はクモは食べる方で、ゴキブリは食べられるのみと思って間違いありません。

624 :無名草子さん:2009/02/27(金) 15:02:11
>>623
人家におけるクモ対ゴキブリの対決か。これは興味ぶかい問題だね。エロいひとの出現がまたれる。
ゴキちゃんは昆虫綱ゴキブリ目、クモは節足動物門鋏角亜門クモ綱クモ目
ということだけは知ってるんだが。。。

626 :無名草子さん:2009/02/27(金) 15:24:38
こんなものをゴキブリが食べるだろうか?

http://www.ne.jp/asahi/jumpingspider/studycenter/gakkenkumo.htm

627 :無名草子さん:2009/02/27(金) 15:28:26
むしろ、クモがゴキブリ食べる(だからクモを殺すな)と教わってたなー

628 :無名草子さん:2009/02/27(金) 15:28:59
ウチは蜘蛛がいっぱいいて、ゴキブリは出たことがない。
巣を作らないハエトリグモの類なんだが、今日の今日まで、蜘蛛がゴキブリの子供を食ってんだと思ってた。
まあ個人が見た範囲の話なんで強く主張はしないけど。

629 :無名草子さん:2009/02/27(金) 15:39:57
両方いる我が家はどうしたらいいのでしょうか....って唐沢説ウソじゃんw

630 :無名草子さん:2009/02/27(金) 15:48:17
唐沢雑学が怪しいのはもう当然のことっしょ。
問題は唐沢先生がその唐沢説をどこから仕入れたか。
また元ネタがまともな記述だった場合は、どう勘違いして伝達したかだよね。><

635 :無名草子さん:2009/02/27(金) 16:16:18
>>630
例えば宴会で同席した、老監督とか老俳優なんかが
思いこみの自説を垂れたのを聞いて
他の人は「そう言う話もありますよねぇ」と流しながら
相槌を打っていたりするのに
唐沢は灰色の脳みその少ない溝にその言葉を必死に刻んじゃうんだよ。
それをいきなり思い出して喋っちゃう。
ある時はリップサービスでもっと面白くしようと考え
ガセの上塗りをしていく。

さんま御殿で黒沢年雄とかが、そんな感じで自説を述べる時あるじゃん。
それ信じちゃうんだよ、素直な唐沢ちゃん。

651 :無名草子さん:2009/02/27(金) 17:52:00
>>623

>生活をし始めて生ゴミが出るようになると、それを求めてゴキブリが
>出るようになり、ゴキブリがクモの卵を食べてしまうことでクモが
>減ってしまうんです。 だから新しい家にはクモはいてもゴキブリは
>いないでしょう。

川野太郎が「家は大きなクモがよく出て怖いんですよ」と発言したことに
対してこの説明は変だろう。川野の家は新築なのか?


652 :無名草子さん:2009/02/27(金) 18:30:57
蜘蛛が出るのって古い日本家屋に多いって学研の図鑑で見た
ゴキブリ喰ってたけど因果関係は不明らしい

666 :無名草子さん:2009/02/27(金) 20:51:08
ゴキ食うのはアシダカだけでしょ。

668 :無名草子さん:2009/02/27(金) 21:17:16
ハエトリグモがゴキブリの幼生を捕食するのは、たまに見るよ。

669 :無名草子さん:2009/02/27(金) 21:23:10
大人になってからの増長というか、能天気教養図鑑の「古書街エレジー?」で
小さい頃に古本屋で怪獣の本をねだったのに買って貰えなかった事を根に持ったまま、
いい歳になってから手に入れた事を、買ってくれなかった父親への恨み節と一緒に得々と書いてるところを見ると
やっぱり足の病気の負い目があるからご両親がカラサー少年のワガママや多少のウソを受け入れてきたために
「周囲の人間は自分の言動を全て無批判に受け入れなければならない」という性格が形成されてきたのかも知れないねえ。

さらには「自分がウソを吐いても簡単に受け入れるなんて大丈夫だろうかそんな素直で」というヒネた目で
周囲の人間を見ていたのかも知れない。とても不幸な話だし同情すべきなんたけど。

前説事件も、もしかしたら結果が分かってる上で天才少年カラサー青年のためを思って
身の程と世間の厳しさを知らしめるためのイッセーの親心での荒療治だったのかも知れないよ。

あとクモVSゴキブリは筒井康隆の日記でねーの。

670 :無名草子さん:2009/02/27(金) 21:39:44
Wikipediaより

>昆虫学者の安富和男の著書『ゴキブリ3億年のひみつ』によると、
>アシダカグモが2・3匹いる家では、そこに住むゴキブリは半年で全滅するという。

-------
スポンサーサイト
18:07  |  本以外の媒体 間違い探し編 (13) +  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●クモとゴキブリの産婆

どうもです (_ _)。筒井氏の日記なら『腹立ち半分日記』とか? 私も昔読んだと思うのですが、まったく思い出せません……。

本文に引用した http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1589619.html の「蜘蛛とゴキブリの格闘」。これでゴキブリが勝つパターンもたまにあるのかなあと考えたりはしました。それと、ゴキブリは「そもそも捕食性の生き物ではありません」という知識が混ざって、何か辻褄をあわせようと思った結果が「ゴキブリが蜘蛛の卵を食う」だったとか。
トンデモない一行知識 |  2009年03月01日(日) 11:57 |  URL |  【コメント編集】

島本和彦の「コックローチマン」(「ワンダービット」所収。現在はどの単行本なのかな)でもコックローチマン最大のライバル(天敵(笑))はクモ男でしたね。もっともコックローチマンバリバリ敵を捕食してましたが。
にしても「ゴキブリが蜘蛛の卵を食う」というのはどこから出てきた発想なのでしょう。例によって元ネタがあるのか?筒井さんそんな事書いているのかな。昔日記読んだと思うんですが、思い出せない。
はりはり亭 |  2009年03月01日(日) 01:34 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/31-b2788f75

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。