2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.11.22 (Sun)

一般家庭向けのホームシアター機器を購入した方がよかったのでは

『奇人怪人偏愛記』 P.24 ~ P.25

「ナァおい、家庭用のテレビなんてもの、いくら画面が大きくたって知れた
もんだぜ。オレがいま改築工事している幼稚園に、古い大型テレビがあって
始末する場に困ってんだが、それ買わないか? 二十万に負けとくワ」
〈略〉
ほどなくわが家に運びこまれたその大画面テレビは居間の天井につっか
えるほどの高さがあり、婆さんが座るソファがある場所からその画面を見る
と、ほとんど首を垂直に上に向けないといけないくらいのものであった。
 しかも、その肝腎の大画面の映像というのが極めてボンヤリとした、ピント
の合わない、どうしようもない画質のものだった。これは、なにしろブラウン管
の映像をプロジェクターで投影したものだから仕方がない。赤、青、黄の三
原色ランプの光がにじんで、ちょっと小さいものだと、何が映っているのか
判断に苦しむ体の映像だった。
 おまけに構造上、下側の投影機から斜め上に画像を投影するため、いく
ぶん画面の上半分が大きく、下半分が小さくゆがむのである。親父は強情
をはって、「映画というのは映写機からスクリーンに投影するものだから、
これが一番正しい方法だ」
 と言い、ビデオで映画を見ていたが、この大画面テレビで見ると、クリント
・イーストウッドもジョン・ウェインもカトリーヌ・ドヌーブも、みんな顔の上半分
のみが大きい逆さラッキョウ型の顔になってしまう。


×赤、青、黄の三原色ランプの光 ○赤、青、緑の三原色ランプの光

光の三原色が「赤、青、黄」のはずはないということで。

そして、唐沢俊一は、この大画面テレビが「極めてボンヤリとした、ピントの合わない、
どうしようもない画質のもの」だったのは、「ブラウン管の映像をプロジェクターで投影した
ものだから仕方がない」とか書いているけど、プロジェクターに投影するタイプだから、
「どうしようもない画質」になるとはかぎらないと思うが……。実際、知り合いの家で見た
ことがあるけど、確かにややボンヤリしているな、部屋をよほど暗くしないと見るのは
キツいなとは思ったものの、唐沢俊一が書いているほどひどいものではなかった。

考えられる可能性としては:

1. 唐沢俊一の家にあったのは、よほど旧式のタイプだった
  (『奇人怪人偏愛記』の記述によると、2001 年に取り壊された家に、20 年のあいだ
  存在していたとのことだから、家にやってきたのは 1980 年の頃という計算)

2. その前は幼稚園で使用されていた中古のため、経年劣化がひどかった

3. 設置または画質調整のときに何か失敗していた

特に 3. の可能性は無視できない。唐沢俊一の書いていることから推測すると、この
テレビは、Wikipedia の「プロジェクタ」の項目でいう「CRTプロジェクタ」と呼ばれる種類
のもの (背面投射型、http://ja.wikipedia.org/wiki/ファイル:Projector02.png の下半分)
と思われるが、このタイプは調整がいろいろむずかしそうなのだ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/プロジェクタ
>CRTプロジェクタは、CRTに表示された画像を、光学系を使って拡大し、投影するプロ
>ジェクタである。大まかな構造は図1のようになる。3つの、3原色のモノクロCRT上に
>画像を表示し、それを拡大レンズで拡大し、スクリーン上に投影する。
〈略〉
>また、大型のプロジェクタは、ブラウン管が地磁気の影響を受ける事から、設置する
>場所や方角が変わる度に各発光管の映像調整をする必要がある上に、価格的にも
>数十万円~数百万円(当然、明るい映像を投射できる物ほど高価である)という価格
>のため、一般家庭には殆ど普及せず、行楽施設や企業向けといった限られた用途に
>利用される程度である。特に三原色に分解された映像を、スクリーン上で一つの映像
>に修正しなくてはならないため、任意の位置にスクリーンを設置するタイプでは、三色
>別々に存在するレンズのズームとピントとをそれぞれ調整した上で、ブラウン管上に
>磁気の影響によって現れる映像の歪みを調整しなければ、きれいな映像を楽しむ事
>は出来ない。
>この形式の物は長時間投射しても耐えうるため、現在でもゲームセンターの80~100
>インチ程度の大画面ゲーム機や飛行機内などに多く採用されているが、多くのCRT
>プロジェクタでは、映像のメンテナンスを怠るケースが多く、画面の隅などの映像が
>ひどくぼやけたり色ズレを起こしている物もしばしば見受けられる。


しかし、唐沢俊一の脳内では、とにかく画面を投影するタイプのものはダメだということに
なってしまっているらしい。下記に引用する文章でも、とにかくトンデモ扱いなのだ。

『奇人怪人偏愛記』 P.26

 若い読者の中には、そんな機材があったということ自体を信じない人が
いるかもしれない。しかし、テレビの画面そのものをフラットにして大きくする
という技術が開発されたのはついこのあいだのことであり、それまでは、
かなりトンデモないアイデアの画面拡大化装置というのが考案され、商品化
されていたのだ。テレビ画面の前にレンズ(読書用のフラットレンズを大きく
したようなもの)を置いて大画面ふうにしようとか、壁にそのままテレビ画面
を投影して見ようとかいうアイデアの製品が広告されていた。たいてい謳い
文句に「これであなたの家はミニ・映画館!」などと書かれていたものだ。


しかし、ホームシアター用の機器としてのプロジェクターって、今でも普通に売られていた
りするのだけど。

http://joshinweb.jp/av/stepup3.html?ACK=TOKU
> プラズマテレビで大型といえば50V型超。一部で65V型の機種も200万円近い価格
>で発売されていますが、実は本当に巨大なのはプロジェクターの大画面。右の写真は
>合成ですが、一般的な120型ワイドのスクリーンと50V型プロジェクターの大きさを比
>べたもの。


http://joshinweb.jp/av/600.html
>トップページ > テレビ/レコーダー > ホームシアター機器 > プロジェクター本体

http://www.tokka.com/c/c0A302705/
>ホームシアター用プロジェクター

http://www.tokka.com/g/g4905524419917
>/VPL-VW200 / ビデオプロジェクター〈ブラビア〉
>「映画館」に迫る空間表現をご家庭で。ソニーのビデオプロジェクター


その他参考 URL (プロジェクターを選ぶポイント ):
- http://hp1215.blog21.fc2.com/blog-entry-210.html
- http://kakaku.com/magazine/035/p02.html

で、不思議なのは、自宅にホームシアターって人は、唐沢俊一の知り合いにはいないの
かってこと。その人の家で映画とか見せてもらえば、いくら何でも唐沢俊一の書いている
ようなひどいものばかりではないと、わかりそうなものだけど……。


追記 (コメント欄からコピペの「色」関係ガセビア):
ヨーロッパでは黄色は裏切り者の色
十種類どころか十六種類の色覚細胞
ウグイス色はウグイスの色
失礼だな! ブッシュ大統領のネクタイの色についての真っ赤な嘘
イスラム教の喪の色は白にしろと誰が言い出したかは不明



スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

03:21  |  その他の雑学本 間違い探し編 (324) +  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>foobar さん
>なんか奥歯に物の挟まったような言い方ばかりですみません。

あ、いえいえ。私の方は、会長または余程の主要メンバーでもないかぎり、その方が誰かということを詮索するつもりはないです。で、この人のことをさしているとしたら、ちょっと教えてほしいかな――と思うような主要メンバー (という言い方も変ですが) で、地方在住の人となると、山本会長くらいかなぁ、という感じなので、全然無問題っす。

それと、地方在住でなかったとしても、唐沢俊一は、志水一夫氏の家に行こうとして、きっぱりと断られたという話もありましたし。

http://tondemonai2.blog114.fc2.com/blog-entry-194.html

「同じ釜の飯を食い」と書くような仲だった (?) 志水一夫氏相手でそれですから
http://tondemonai2.blog114.fc2.com/blog-entry-167.html

東京かその近くに住んでいるホームシアター派がいても、それを目撃する機会なんてなかったと考えるのが自然かも――と、エントリーをアップした少し後に思いました。
トンデモない一行知識 |  2009年11月29日(日) 02:17 |  URL |  【コメント編集】

>しかし、そのマニアの人 (って山本弘氏ではないですよね?)

はい、山本さんではありません。でもと学会の例会には出席したりしているようです。(なんか奥歯に物の挟まったような言い方ばかりですみません。でもサイト名を書くと2chの人たちとかに荒らされかねないので。唐沢氏のことを抜きにすれば好きなサイトなんです)

>地方在住となると、唐沢俊一がお宅を訪問したことがある可能性はあまり高くなく

そうですね。Web日記には唐沢氏の方から訪ねてきたという記述は無かったと思います。
foobar |  2009年11月27日(金) 12:31 |  URL |  【コメント編集】

>foobar さん
おお、そうなのですか。
しかし、そのマニアの人 (って山本弘氏ではないですよね?) が地方在住となると、唐沢俊一がお宅を訪問したことがある可能性はあまり高くなく、飲んでいるときに話だけ聞いても、唐沢俊一にはほとんど理解できなかったのでは? などと思ったりします。
昔自分の家にあったものを基準に考えて、「ホームシアター? ブッ」と内心小馬鹿にしながら、にやにや笑っているだけ、とか。
トンデモない一行知識 |  2009年11月27日(金) 00:00 |  URL |  【コメント編集】

>で、不思議なのは、自宅にホームシアターって人は、唐沢俊一の知り合いにはいないのかってこと。

いますよ。その人はかなりの映画マニアで、ホームシアターとしてプロジェクタを含め、相当立派な機材を揃えています(Web上の日記を読む限り、画質・音質にはうるさいタイプの方です)。地方に在住されてますが、と学会のイベント等への参加で上京する度に唐沢センセイ一派と飲んだりしているので、当然AV系の話題も出ると思うんですが。
foobar |  2009年11月26日(木) 01:39 |  URL |  【コメント編集】

どうもです。(_ _)
唐沢俊一が「居間の天井につっかえるほどの高さがあり、婆さんが座るソファがある場所からその画面を見ると、ほとんど首を垂直に上に向けないといけないくらいのもの」と書いているのも気になるのですよね。何か根本的に設置のしかたを間違えていないかと。

そんなに高い位置にスクリーンを置かなければいけない機種なら、幼稚園に設置されていたときも、小さな園児にとっては見るのが大変だったんじゃないかなあって。唐沢俊一の家の居間と比べて、ずっと広い場所で使われていただろうというのを考慮しても、です。
トンデモない一行知識 |  2009年11月23日(月) 10:56 |  URL |  【コメント編集】

上方が広くなると言う時点で相当古い物と思われます。
通常は背後に投影してミラーで反射するか、
投影時に補正するかします。

単に調整の仕方を知らないか、ランプを交換してないだけの可能性もありますね。
CRTを投影すると画質が悪いんだったらグランドベガとかどうなるのよって話ですね。

だいたい、大型液晶が登場するまでイベントで使われたり
ゲームセンターの大型画面って全部これなんですが
画質、悪かったですかねぇ?

まあ、一言で言うと、唐沢先生は世間知らずである。
金平糖 |  2009年11月22日(日) 23:53 |  URL |  【コメント編集】

>トンデモブラウさん
>RGBが、Rot、Gelb、Blauの略だと思ったとか。

その発想はなかったです。Σ(゚Д゚)ガーン

赤、青、黄の三原色って、久々に聞いたなと懐かしくて思えたのはよかった (?) ですけどね。
パソコン関連だと、RGB か CMYK かにのみ頭がいってしまいがちですから。


それにしても、ふと思ったのですが、唐沢俊一って、色についても結構弱いですね。

ヨーロッパでは黄色は裏切り者の色
http://tondemonai2.web.fc2.com/9.html

十種類どころか十六種類の色覚細胞
http://tondemonai2.web.fc2.com/21.html

ウグイス色はウグイスの色
http://tondemonai2.web.fc2.com/59.html

失礼だな! ブッシュ大統領のネクタイの色についての真っ赤な嘘
http://tondemonai2.web.fc2.com/783.html

イスラム教の喪の色は白にしろと誰が言い出したかは不明
http://tondemonai2.blog114.fc2.com/blog-entry-81.html

色についての話をすることがそんな多くない割にこれですから、ガセビア率はかなり高いともいえそうです。
トンデモない一行知識 |  2009年11月22日(日) 17:38 |  URL |  【コメント編集】

●光の三原色

小学校で習いますけど・・・
RGBが、Rot、Gelb、Blauの略だと思ったとか。
唐沢某は、西ドイツ出身ですか?
トンデモブラウ |  2009年11月22日(日) 14:53 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/303-8f06c4b8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。