2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.11.09 (Mon)

「全く害はない」というのなら「ボツリヌス菌を、筋肉に直接注射」してみれば?

『史上最強のムダ知識』 P.95

 食中毒を引き起こす、ボツリヌス菌の毒素には、筋弛緩状態を引き起こ
す作用がある。
 そこで、顔のシワの回りに、ボツリヌス菌を直接注射し、筋肉をマヒさせ
てシワをなくす、という美容法を、カナダの医師が考えついた。
〈略〉
 ちなみにボツリヌス菌を、筋肉に直接注射しても、全身には広がらず、
数ヶ月で筋肉中に吸収されて消滅するので、全く害はない(そのため
顔面神経痛などの治療にも使われる)。


×ボツリヌス菌を直接注射 ○ボツリヌス菌毒素を抽出した製剤を注射
×ボツリヌス菌を、筋肉に直接注射しても ○ボツリヌス菌毒素を、筋肉に直接注射しても

何か、「青酸カリを注射しても死なない」というガセの件を思い出すが、そちらについては
青酸カリを注射すると死ぬ」の方を参照のこと。

それと、細かいことをいえば、「顔のシワの回り」というより、シワのできやすい箇所で、
シワをつくりたくない部分が対象になるんじゃないかなあ、予防というのも考えると……。
また、「顔のシワの回り」なら、どの箇所にも使用できるわけでもない。「表情筋には麻痺
させてはいけないものもありますので、注射できる部位は限られます」 [3] という。

で、唐沢俊一も書いているように、「ボツリヌス菌の毒素」には、「筋弛緩状態を引き起こ
す作用」があり、それが顔のしわを改善する治療に使われ、「顔面神経痛などの治療に
も使われる」――というか、「本来は眼瞼けいれんや顔面けいれんを治療するための注射
療法」 [1] だったとのこと。

しかし、唐沢俊一が書いているように「ボツリヌス菌を直接注射」したりはしない。治療に
使われるボトックスという製剤は、「ボツリヌス菌の毒素」 [2] ではあるが、ボツリヌス菌
そのものではない。

「ボツリヌス菌を、筋肉に直接注射しても、全身には広がらず」というのは唐沢俊一が
デタラメを書いているだけのことで、実際には「菌が体内で繁殖してしまうと、全身マヒ等
の中毒症状に襲われる」 [2] 危険があるため、「菌が出す毒素だけ」 [2] を注射すること
により、体内で菌が繁殖する心配がないようにしているのだ。

さらに、繁殖の心配なしのボトックス製剤を使用してさえいれば「全く害はない」と安心
していられるかといえば、そうでもなく、「規定量の100倍以上の薬を投与すると、死に
いたるほど強い薬」 [3] でもあるので、専門の医師による注意深い取り扱いが必要と
なる。

[1] - http://blog.livedoor.jp/shiho20062/archives/50240347.html
>ボツリヌス菌毒素を注入してシワを改善する治療で、ボトックスという製剤名で知られ
>ています。

>額にできる横ジワや眉間にできる縦ジワ、目尻にできるシワは、その部分の筋肉を
>収縮させることによりできるものです。ボツリヌス菌毒素は神経毒の一種で、これを
>注入すると表情筋が麻痺して、その部分の筋肉が動きにくくなるため、自分で顔をし
>かめてシワを作ろうとしても、シワの表情が作りにくくなります。本来は眼瞼けいれん
>や顔面けいれんを治療するための注射療法です。

>効果が現れるのは治療後3日目くらいからです。効果の持続期間も3~4ヶ月程度と
>されています。コラーゲン、ヒアルロン酸同様、定期的な治療が必要となります。


[2] - http://www.apart7.net/biyou/waka.html
>美容整形によるシワ取りには、ボツリヌス菌注射という方法もあります。目尻の笑い
>ジワや、眉間のシワ、額のシワなどは、筋肉の収縮と関係があるため、除去は難しい
>とされていました。そこで、ボトックスという、ボツリヌス菌の毒素を注射して、筋肉を
>マヒさせ、筋肉の収縮を抑える方法が考え出されました。

>ボツリヌス菌自体は、食中毒の原因としても知られる猛毒で、菌が体内で繁殖してし
>まうと、全身マヒ等の中毒症状に襲われることがあります。しかしこのボトックスで注
>射するのは、ボツリヌス菌そのものではなく、菌が出す毒素だけです。ですので、菌が
>繁殖するという心配は全くありません。

[3] - http://health.goo.ne.jp/column/woman/kotoba/0054.html
> では、首のしわやほうれい線も消せるのでしょうか?
> 「どのしわにも効くというわけではありません。表情筋には麻痺させてはいけないもの
>もありますので、注射できる部位は限られます」(吉村先生)
> 認可された、ボトックスビスタという薬にも規定があります。
>「左右の筋と筋の3カ所に使用でき、65歳未満の成人のみです。施術できるのは、
>講習を受けて資格を取った医師のみに限られます」(吉村先生)
> 毒素から作られた薬…と聞くと、副作用が心配になりますが。
>「たしかに規定量の100倍以上の薬を投与すると、死にいたるほど強い薬です。だから
>こそ、医師しか使えない医療用に限定されています。正しく治療に使えば、副作用が
>なく極めて安全な薬。顔面の激しい痙攣や頭の筋肉の緊張による頭痛、多汗症(ワキ
>ガ)、顔のエラを細く見せるなど、広い用途があります」(吉村先生)今後、ストレスに
>よる肩こりや腰痛の特効薬になる可能性も秘めている薬です。


その他参考 URL:
- http://kogao-bt.seesaa.net/article/101981165.html
- http://blog.livedoor.jp/kiyosawaganka/archives/51066383.html
- http://blog.livedoor.jp/wisteria55/archives/438469.html

スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

01:05  |  その他の雑学本 間違い探し編 (324) +  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/291-ff9fe7fd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。