2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.11.07 (Sat)

いそうでいない? マジョリティの魔女

『史上最強のムダ知識』 P.61

 ついでに言えば、魔女裁判(正確には、裁判前の拷問)も、有料だった。
「このような拷問をしたので、いくら払え」という請求が、魔女の遺族にきた
そうだ。


不器用な死刑執行人ジャック・ケッチがケチだったかどうかは不明」の引用では、
「〈略〉」と書いたところに、この記述が入る。で、この部分もガセといってよいのでは
ないかと。

「魔女裁判(正確には、裁判前の拷問)も、有料」という書き方では、まるで「裁判前の
拷問」にかぎって有料だったかのように読める。しかし、毎日新聞社の『話のネタ』という
本 (この本については、ここここを参照) によると、魔女裁判とはそんな甘いものでは
決してなくて……。

『話のネタ』 P.264 ~ P.265
> 密告によって容疑者が逮捕されると、すばやく管財人が家宅捜索して、全財産を
>没収する。もし、人に金を貸していたら、その債務者を呼びつけて借金を取り立てる。
>そして、その没収財産の中から、逮捕や尋問、拷問の経費、獄中での食費、火刑の
>ロープ代、たき木と油代、裁判官や下役人、処刑吏の日当と旅費まで、一切合財が
>細かく計算されて差し引かれる。処刑がすんだあとの慰労会費まで含まれていた。
>そして、余った財産は、ローマ教会、国王、異端審問官、司教たちが、それぞれ山分
>けしたのである。囚人は自分で費用の全額を支払って殺されたのである。
> だから、これほど儲かる裁判はない。生産力の低い中世にあっては、ぬれ手であわ
>式に、巨大な利益をあげる。魔女狩りは、人血から金銀をつくる錬金術だったのである。


要するに全財産没収であり、逮捕から処刑までにかかった費用は細かく計算され分配
されて、「余った財産は、ローマ教会、国王、異端審問官、司教たちが、それぞれ山分け」
だったという。なお、この財産没収については、1970 年刊の岩波新書『魔女狩り』の中
でも言及されている。

http://plaza.rakuten.co.jp/1492colon/diary/200908020000/
>『魔女狩り』森嶋恒雄 岩波新書
〈略〉
> 著者は、このような「魔女裁判」の目的が、財産没収ではなかったかと推測していま
>す。このことは、財産没収が禁じられてから魔女の摘発が格段に減少したことからも
>裏付けられています。


http://www.amazon.co.jp/review/RUH7R4R5WHC2N/
>魔女は、逮捕されてから処刑され、その後の係官が催す慰労会までを含めた魔女
>裁判に関わる全ての費用を自弁することになっていて、聖職者同士が魔女の財産没
>収権をめぐり、醜い争いを繰り広げることもあったそうである。神聖ローマ帝国が財産
>没収を禁じた年は魔女の摘発が急減するという現象が起きたのだが、このことからは
>魔女狩りのもう一つの面が見えてくる。


唐沢俊一は、こちらに引用したように、前後の文章では首切り役人の賃金だの、彼に
渡すチップだのという話をしているのに、どうして処刑にかかる諸経費 (?) をすっとばし、
わざわざ「正確には、裁判前の拷問」などと書いたのか、理解に苦しむ。個人的には、
「慰労会費まで含まれていた」も興味深いポイントと思ったが、唐沢俊一はスルーの
法則を発動させているし。


ちなみに、Wikipedia の記述では、「金銭目当て」説には、やや否定的。しかし、まあ、
こちらは他に決定的な要因をあげているわけでもなく、魔女とされた者の財産没収や、
裁判に関係する費用の全額負担を否定しているものでもない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/魔女狩り
>たとえばドイツの歴史家ヴィルヘルム・ゾルダン(Wilhelm Soldan)は魔女狩りとは権
>力者や教会関係者が金銭目当てで行ったものだという説を唱えた。つまり封建制度
>時代によく行われていた私的徴税の一種を行うための詭弁として魔女狩りが行われ
>たというものであるが、被告のほとんどが財産をもたない貧しい人々であったことや、
>告発者が利益を得る仕組みがなかったことが明らかになっているため、現在では受け
>入れられていない。


その他参考 URL:
- http://web.kyoto-inet.or.jp/people/tiakio/yaziuma/essay2.html
- http://astore.amazon.co.jp/code-jp-22/detail/4004130204
- http://ginyobi-moon.s10.xrea.com/WITCH/Hunt/whdata1.html
- http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=189545

スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

23:01  |  その他の雑学本 間違い探し編 (324) +  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/288-319a781b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。