2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.10.25 (Sun)

日本空飛ぶ円盤研究会 (JFSA) と宇宙友好協会 (CBA) とは別団体――これ豆知識な

これの前のエントリーhttp://d.hatena.ne.jp/sfx76077/20091019/1255948187
参照し、その流れで『奇人怪人偏愛記』の該当部分を見てみて、あれっと思った箇所。

『奇人怪人偏愛記』 P.214

 冒頭に出てくるCBAという団体こそ、日本UFO研究史に大きな足跡を
残しながら、その存在をむしろ汚点のように記憶されている団体である。
 その正式名称を『宇宙友好協会』という。CBAは英語名“コスミック・ブラ
ザーフッド・アソシエーション”の略である。設立は一九五七年。日本におけ
るUFO研究団体の中で、最も古いものとされている。しかし、その日本最初
の研究団体は、設立後数年にしてカルトUFO教団と変容した。もちろん、
そういう団体としても日本最初の栄誉(?)は有している。

「日本におけるUFO研究団体の中で、最も古いものとされている」、「日本最初の研究
団体」というのは、CBA こと『宇宙友好協会』ではない。1955 年に設立された「日本空
飛ぶ円盤研究会」(JFSA)が「日本最初のUFO研究団体」である。

『美しい星』の美しさから目をふさいでいるみたいな唐沢俊一 (2)」で書いたことの繰り
返しになるが、http://www.asahi-net.or.jp/~ve3m-snd/shindo/essay/cba.html という
ページは、唐沢俊一著『新・UFO入門』および『奇人怪人偏愛記』のパクリ元といわれて
いる。

で、パクリだ盗用だとまではいえないが、最初に引用した唐沢俊一の文章の下敷きに
なったのではないかと思われる以下の文章も、このページの中にある。

http://www.asahi-net.or.jp/~ve3m-snd/shindo/essay/cba.html
> CBA……。その名はUFO関係者の間に古傷のように記憶されている。昔からの
>UFO研究者には、CBAか、と吐き捨てるように言う者が多い。逆に少数だが、CBA
>の活動を絶賛する声もある。反応にこれだけの差があることからも、彼らが当時の
>UFO関係者にいかに強烈なインパクトを与えたかがわかる。
> CBAの正式名称は「宇宙友好協会」(コスミック・ブラザーフッド・アソシエーション)
>といい、一九五七年に設立された日本でも最も早いUFO研究団体のひとつである。
>しかしCBAの名が記憶されているのは、単なる研究団体としてではない。大洪水に
>よる地球滅亡と宇宙連合による救済を唱える擬似宗教団体、すなわちUFO教団とし
>てである。


ここに書かれている「最も早いUFO研究団体のひとつ」――これは何も間違っていない――
を、唐沢俊一は「最も古いものとされている」と間違った言い換えをして、自分自身のミス
にひきずられたような格好で、「その日本最初の研究団体」だの、「そういう団体としても
日本最初の栄誉」だのと、やってしまった模様。

このページの該当個所の数段落上、「CBA誕生」という小見出しのすぐ下には、ちゃんと
以下のように書かれているのに……。

http://www.asahi-net.or.jp/~ve3m-snd/shindo/essay/cba.html
> 一九五五年、荒井欣一によって日本最初のUFO研究団体「日本空飛ぶ円盤研究
>会」(JFSA)が設立された。氏はその最初期からメンバーに名を連ね、理論面を中心
>に活発な活動を展開した。その後、UFO研究仲間だった星新一らを誘って創刊したの
>が、日本最初のSF同人誌『宇宙塵』となるわけである。


さらに、「あーあ」と思うのは、こちらにも引用した通り、『トンデモ本の世界R』の中で唐沢
俊一は、「一九五五年に結成された『日本空飛ぶ円盤研究会』(代表荒井欣一)」とか
書いているのだ。

『トンデモ本の世界R』 P.341

 要するに三島はこの作品を書くにあたり、当時の日本の文化人の間にかな
りの程度蔓延していた“空飛ぶ円盤シンドローム”に興味を持ち、また自らも
ハマっていたようなのである。彼は一九五五年に結成された『日本空飛ぶ円盤
研究会』(代表荒井欣一)の、創設時からのメンバーとして石原慎太郎、黛敏郎
などと共に名を連ねているし(三人ともその後右寄り的論客として世間で有名
になったのは一奇だけれども)、作家の北村小松と共に、自宅の屋根に上って
再三ならず、円盤観測を試みていたという。


それだけではなく、ここ↓にも……。

http://moura.jp/liter/toukouran/034/index.html

「天文台へ随分報告があるが、観測したという事実を認めてもそれを“空飛ぶ
円盤だ”というのは天文学者に言わせると全くナンセンスだという」 と、この
記事はまとめられている。これに噛みついたのが、1955年に設立された、
日本UFO研究団体の先駆けである『日本空飛ぶ円盤研究会』の面々だった
わけである。


2001 年の『トンデモ本の世界R』、2007 年の Web 連載には一応正しいことを書いてい
るけど、2006 年の『奇人怪人偏愛記』では……。唐沢俊一は、三島由紀夫もメンバー
だったという「日本空飛ぶ円盤研究会」 (JFSA) と、のちにトンデモカルトと化した「宇宙
友好協会」 (CBA) の区別がついているのか少々不安になったりもする。


その他参考 URL:
- http://www5e.biglobe.ne.jp/~ufo-kn/65458928/
- http://www5e.biglobe.ne.jp/~ufo-kn/37128925/
- http://www5e.biglobe.ne.jp/~ufo-kn/20829845/

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

11:15  |  その他の雑学本 間違い探し編 (324) +  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/271-be7856c1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。