2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.10.10 (Sat)

16 世紀の宮廷人も白の喪服を着ることがあったとか

『トンデモ一行知識の逆襲』 P.52 欄外

・イスラム教で喪をあらわす色は「白」である。


イスラム教の喪の色は白にしろと誰が言い出したかは不明」で取り上げた一行知識。

エントリーの題名にしたように、どこから出てきたものかよくわからなかったのだけど、
あの『超辞苑』には、このような記述があった。

『超辞苑』 P.145
>相対性 中国では1970年から1978年まで、相対性理論は「反動的で観念的かつ
>形而上学的な世界観」であるとして公式に否定されていた。ちなみに、中国では白が
>哀悼の色である。


「中国」が「イスラム教」にって、まさかとは思うけど、でも……唐沢俊一だし。

さすがに、『超辞苑』のいう「中国では白が哀悼の色である」というのは本当のようで、
もし唐沢俊一が、イスラム教ではなく、「中国で喪をあらわす色は『白』である。」と
書いていたなら、ガセビアにはならなかった。中国では喪服も白であるとのこと。

http://www.shwalker.com/category/category_detail/3238
>先月に引き続き、京劇の艶やかな衣装についてお話します。
〈略〉
>また衣装の色についても、黄色は皇帝だけが身につけられる高貴な色、赤はおめで
>たい場面、白は哀悼を表す場面で使われるなど、それぞれの色が意味を持っている
>のです。


http://www.k2.dion.ne.jp/~koreanya/01shi1/shiron1-0412SettonColor.htm
>じつは、中国や朝鮮半島の喪服もまた白である。(厳密にいうと、この白は「素色」と
>いって染色をしない前の糸の色、生成りの色である)。それはもちろん死者への哀悼と
>慎みを表しているのだろうが、ニホンの白装束とはどうも違う「色のあり方」をしている
>ような気がしてならない。だいいち、ニホンでは死に出で立つひとは白装束だが、送る
>ひとは黒を身につける・・・。


http://www.miyagawa.com/dictionary.php?topic=010075
>死に関連する象徴的表現を容易に一般化するのは危険である。たとえば日本の喪服
>は黒だが、中国では白である。日本でも、喪服が黒くなったのはそう古いことではない
>らしく、地方によっては白いところもあるし、喪服がとくにきまっていないところもある。


スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

23:55  |  『トンデモ一行知識の逆襲』派生トリビア編 (14) +  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●鈍色は #727171

>新さん
リンク紹介、ありがとうございます。

http://www.athome-academy.jp/archive/culture/0000000136_03.html
>増田 唐でいう「錫」とは、灰汁処理した目の細かい麻布のことで、それは
>白い布のことなのですが、どういうわけか日本人はこれを金属のスズと
>解釈し、スズ色、つまり薄墨に染めてしまったというわけなんです。

なるほど、金属のことだと思ったから「鈍色」、とか。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%e9%88%8d%e8%89%b2
>よく「墨染め」とは言うものの、普通は草木染でタンニンを多く含む矢車と
>いう植物を鉄で媒染して染める。
>また、鉄に由来する名前であることから、現代においては近代兵器、特に
>戦車を指し示す色としても用いられている。

個人的には、ガラスの靴などと同様、誤訳 GJ の結果オーライかなという気もします。

トンデモない一行知識 |  2009年10月11日(日) 22:19 |  URL |  【コメント編集】

http://www.athome-academy.jp/archive/culture/0000000136_03.html
学習院の増田先生は、宮中や貴族は誤訳によって平安期に灰色から黒を使うようになったが庶民は伝統や経済性から白(染めていない)を使っていたと考えてますね。

誤訳で黒になったというのは面白い話です。
新 |  2009年10月11日(日) 19:43 |  URL |  【コメント編集】

>藤岡真さん
>染めれば使える黒

ああ、言われてみれば、昔、何か聞いたことがあるような気がします。

Wikipedia の「明治時代以前の喪服は、喪主に限らず白」という記述は、正直、ちょっとどうかと思います。平安時代の貴族は、喪に服するときは灰色の服だったそうですし、白は出産のとき身につけていたという話もありますので。

http://ctobisima.blog101.fc2.com/blog-entry-190.html
>(2009年前半)展示中の「藤袴」より、祖母大宮の喪に服する夕霧と玉鬘。
> 亡き人にとりわけ可愛がられた夕霧は濃い喪服で深い哀悼の意を示し、
>いつもは垂らしている冠の纓を巻き上げた姿がちょっと珍しいです。一方の
>玉鬘はもう少し薄い鈍色(にびいろ)ですが、この御簾の透け具合が何とも
>いえず素敵でした。

白だったり、灰色になったり、黒になったりと変遷していったのではないでしょうか。

http://www.yakushin.co.jp/funeral/index02.html
>喪服というと黒というのが常識ですが、平安時代以前は加工していない
>麻を使ったものや、白の喪服もあったようです。

>平安時代以降になると、いろいろな種類の喪服が生まれ、近親者は
>濃い黒、それ以外は薄い黒の服を着ました。

>江戸時代になると再び白い喪服が登場しますが、明治になって洋服が
>とり入れられるようになると白はすたれ、黒い喪服だけになりました。

で、江戸時代の喪服については、どこかに画像があれば見たいなと思ったのですが、うまく見つけられませんでした。時代劇などでも、死に装束、切腹や仇討ちのときの白は、しばしば目にするように思うのですけど、葬列の出席者ってどんな感じ? と思って捜したのですけど。
トンデモない一行知識 |  2009年10月11日(日) 09:57 |  URL |  【コメント編集】

●黒白

うーん。
随分前に、なんかの雑学に、江戸時代までは喪服は白だった。日露戦争で戦死者が多く出て、白地の反物が足りなくなり、染めれば使える黒にしたと書かれていた記憶があります。
wikipediaは、

>明治時代以前の喪服は、喪主に限らず白であった。明治天皇の葬儀以来は、欧米に合わせて喪服を黒とするようにされた[要出典]。

となってますね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%96%AA%E6%9C%8D
藤岡真 |  2009年10月11日(日) 07:54 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/255-1de87be6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。