2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.10.06 (Tue)

「人類史上最大の貢献」。だけど冥福はお祈りできないそうで

裏モノ日記 2009年 10月 04日(日曜日)
http://www.tobunken.com/diary/diary20091004225931.html

季節の変わり目は訃報に接すること多し。
中川昭一がその最たるもの、か。
今朝、ベッドで死去しているのが発見されたとか。

実家の店が道庁近くだったもので、父・一郎の死去の際の騒動は
よく覚えている。
心臓マヒの報が自殺、と切り替わる瞬間も。
〈略〉
中でもこのあいだのG7で国際通貨基金(IMF)に最大1000億ドル
を拠出する決定をなしたことは、世界を恐慌から救い、IMFの理事から
「人類史上最大の貢献」
とさえ絶賛された。

しかし、世間は人を功績で量らない。
醜聞で量る。

某新聞社で聞いた話だと、あの酔態会見、政治部の記者には
「昭ちゃん、まただよ」
程度のことで、それほど問題視されていなかったらしい。
と、いうか、あれほどの業績をあげたあとなんだから、
まあご愛嬌という程度の認識であった。
それが、社会部の記者が“これはネタになる”と食い付いて、
あのような大々的な報道になり、誰に迷惑もかけていないにも
かかわらず、辞任にまで発展した。

http://s03.megalodon.jp/2009-1006-0731-25/www.tobunken.com/diary/diary20091004225931.html

「『人類史上最大の貢献』は『人類史上最高額の融資』の誤訳」と、2ちゃんねるのスレに
書かれていた (Read More 参照) 件については、報道された記事がリンク切れなので、
過去ログ等に頼ってたどってみると……。

http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1234733521/
>世界的な金融危機の拡大で金融不安に陥っている新興市場国への国際通貨基金
>(IMF)を 通じた支援を後押しするため、日本の外貨準備を活用した最大1000億ドル
>(約9兆円)の 緊急融資制度について正式に締結した。中川財務金融相とストロス
>カーンIMF専務理事が 同市内のホテルで署名式を行った。
>  同制度はIMFの加盟国による資金提供としては過去最大となる。


http://blog.goo.ne.jp/think_pod/e/e6cbed5d4afe00a07cfe4f3afaf5769f
>最大1000億ドルの支援 IMF専務理事「日本、過去に例ない貢献」
> 【ローマ=藤田剛】中川昭一財務相は13日、国際通貨基金(IMF)のストロスカーン
>専務理事と会談し、IMFに最大1000億ドル(約9兆2000億円)の資金支援を行う合意
>文書に正式に署名した。中川財務相は「IMFが金融危機で重要な役割を果たすため
>に有効活用してほしい」と要請。ストロスカーン専務理事は「過去に例のない最大の
>貢献」と感謝の意を表明した。


http://blog.goo.ne.jp/think_pod/e/5d487df0e6cf639d4f6ec149c69dc1f7
>【自民】土屋氏「G7で人類の歴史上最大の貢献した麻生総理の手柄を一行も書かな
>い朝日などはフェアでない」…IMFの1000億ドル融資
>http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1234844694/-100


「IMFに最大1000億ドル(約9兆2000億円)の資金支援」が、「過去に例のない最大の
貢献」から、「G7で人類の歴史上最大の貢献した麻生総理の手柄」ということになったと。

唐沢俊一は、「IMFの理事から『人類史上最大の貢献』とさえ絶賛された」と日記に書い
ているけど、「IMFの理事」というより、自民「土屋氏」による「麻生総理の手柄」を絶賛
する言葉っぽい。


「実家の店が道庁近くだったもので」の解読は、2ちゃんねるのスレへの書き込み (Read
More
参照) で試みられているけど、「心臓マヒの報が自殺、と切り替わる瞬間」の真偽
ともども、何かよくわからない。後者については、後で何かわかったら追記する予定。


で、「唐沢、死んだ人をけなすのもいい加減にしろ」というスレへの書き込み (Read More
参照) を先に目にしていて、まあ今回はそれほどでもないのでは――と思いながら日記を
読みすすめていたら……最後の方で、思い切りやってくれていたという。

http://www.tobunken.com/diary/diary20091004225931.html

所詮、政治家としてはそういう意味で“二流の人”だったのかもしれない。

冥福をお祈りはしたいが、出来ねえだろうなあ。
どうか、日本、もしくは自分を落とした選挙区の北海道に祟らないで
ほしい。せめて、鈴木宗男を取り殺すくらいにしておいてw

http://s03.megalodon.jp/2009-1006-0731-25/www.tobunken.com/diary/diary20091004225931.html

唐沢俊一がいきなり、「冥福をお祈りはしたいが、出来ねえだろうなあ」とか、「祟らない
で」とか言い出した理由は、わからない。なぜ祟りという話に……何か不謹慎を通り越して
電波っぽいような……。




More...

http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1254452972/431-
-------
431 :無名草子さん:2009/10/05(月) 23:11:51
>しかし自分でも苦笑するほど意気軒高。
>原因は某件のせいか。
>やはり私はプロデューサー気質なのだな。


もう文章書くなお前

432 :無名草子さん:2009/10/05(月) 23:15:15
>実家の店が道庁近くだったもので、父・一郎の死去の際の騒動は
>よく覚えている。
>心臓マヒの報が自殺、と切り替わる瞬間も。


これは地元の名士だったので、
中川一郎が亡くなった時は意識してニュース見ていたので
よく記憶しているって事じゃなく
その騒動を目の前で見ていたのでよく覚えているって事だよね?

中川一郎が亡くなったのは1983年1月9日
まあ、好意的に見れば正月で実家に戻っていたという事も
考えられなくもないけど。

433 :無名草子さん:2009/10/05(月) 23:16:41
銀座シネパトスがついに唐沢に犯されてしまったのか

434 :無名草子さん:2009/10/05(月) 23:16:53
http://www.tobunken.com/diary/diary20091004225931.html

>しかし、世間は人を功績で量らない。
>醜聞で量る。

そうですかそうですか
と学会をメジャーにして
トリビアの泉を世に送り出した
そういう功績ですか
凄いですね

435 :無名草子さん:2009/10/05(月) 23:18:19
>某新聞社で聞いた話だと、あの酔態会見、政治部の記者には
>「昭ちゃん、まただよ」
>程度のことで、それほど問題視されていなかったらしい。
>と、いうか、あれほどの業績をあげたあとなんだから、
>まあご愛嬌という程度の認識であった。
>それが、社会部の記者が“これはネタになる”と食い付いて、
>あのような大々的な報道になり、誰に迷惑もかけていないにも
>かかわらず、辞任にまで発展した。

>およそ今世紀に入っての“最もお気の毒な政治家”コンクールの
>優勝筆頭候補であると言えよう。



436 :無名草子さん:2009/10/05(月) 23:21:47
唐沢、死んだ人をけなすのもいい加減にしろ

437 :無名草子さん:2009/10/05(月) 23:25:57
さんざ盗作した人間をネタにバカにしていた挙げ句の盗作発覚だったから
その内、これも挙げ句の果てになるんだろう。

そんな遠くない話のような気がしている。
朝は軽く、最近は昼は食べずに、夜はかならず9時過ぎ
酷い時は11時過ぎにメシ喰って、酒飲んで寝ている。
もう死にたいとしか思えない。

438 :無名草子さん:2009/10/05(月) 23:31:55
>>435
なるほど。酔っ払って舞台に立っても「俊ちゃん、まただよ」程度のことでそれほど
問題視されていないのに、アンチが“これはネタだ”と食い付いて騒いだんですね。

>誰に迷惑もかけていない
子供の言い訳じゃないんだから。

440 :無名草子さん:2009/10/06(火) 00:22:09
>>432
1983年正月なら、本当に実家にいたかもしれないね。
1983年春に東北薬科大学に入ったとしたら、その前に東京から
引き上げてきていたかもしれないから。

442 :無名草子さん:2009/10/06(火) 00:38:02
>>432
>心臓マヒの報が自殺、と切り替わる瞬間も。
どうだったっけなあ?道新の号外では最初から自殺だったと思うけども

444 :無名草子さん:2009/10/06(火) 00:48:19
>>432
うーん、違和感がある。親がこまめに仕入れてくる情報を聞いたって
あたりじゃないかなあ。つか、道庁の近くに実家の店があることと、自殺
報道とは繋がらないだろ。それとも、道庁から「自殺でした」とお知らせでも
出たのか?
道庁の騒ぎ=役人の慌しい動き・取材陣・支援者やヤジ馬
報道=家でニュースを見た・新聞(号外?)を読んだ
ってあたりだろうから、言葉が足りないだけなんだろうけど、仮にも「ライター」とか
「評論家」を名乗ってるんなら、もうちょっとマシな文章にしてほしいな。
ま、高望みだろうけど。

447 :無名草子さん:2009/10/06(火) 04:07:27
>中でもこのあいだのG7で国際通貨基金(IMF)に最大1000億ドル
>を拠出する決定をなしたことは、世界を恐慌から救い、IMFの理事から
>「人類史上最大の貢献」
>とさえ絶賛された。

IMFへの融資についてはいろんな議論があったのに、唐沢は
知らないで報道の受け売りで書いてるだけだろうな。
1000億ドルの財源である外貨準備は短期国債が原資だから
運用成績が悪化すれば一般会計から税金で補填する必要性
もでてくる。
「人類史上最大の貢献」は「人類史上最高額の融資」の誤訳。

448 :無名草子さん:2009/10/06(火) 05:50:45
>>436
唐沢が故人を冒涜するのは昔から

454 :無名草子さん:2009/10/06(火) 08:39:36
きっとこう書きたかったんでしょw

>しかし、世間は人を功績で量らない。
醜聞で量る。

某出版社で聞いた話だと、あの盗用騒動、と学会の会員には
「俊ちゃん、まただよ」
程度のことで、それほど問題視されていなかったらしい。
と、いうか、トリビアやと学会であれほどの業績をあげたあとなんだから、
まあご愛嬌という程度の認識であった。
それが、漫棚なるアンチが“これはネタになる”と食い付いて、
あのような大々的な報道になり、誰に迷惑もかけていないにも
かかわらず、回収絶版にまで発展した。

およそ今世紀に入っての“最もお気の毒な作家”コンクールの
優勝筆頭候補であると言えよう。

-------

スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

08:59  |  その他の雑学本 間違い探し編 (324) +  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>猫遊軒猫八さん
>「国際会議の記者会見でメロメロになってちゃマズい」

2ちゃんねるのスレにも「アメリカのABCニュースが報じて大きな話題になった」との書き込みがありましたが、泥酔ぶりに驚いた外国人記者が食いついて大きく報じたのでしたよね確か。そのため日本以外の国でも結構大きく報じられてしまったことや、政治部の記者は慣れっこになっていたせいでそんな大事とは思っていなかったらしいということなどは、この手のニュースにうとい私でも知っているレベルのことなのに、何を「某新聞社で聞いた話だと」なんて事情通ぶっているのか不思議に思いました。

トンデモない一行知識 |  2009年10月06日(火) 22:48 |  URL |  【コメント編集】

>粗忽亭主人さん
ご迷惑をおかけしています。(_ _); <禁止キーワード
# どうしてそんな勝手なことをするのか FC2

>「冥福をお祈りするが、やすらかに眠ったりはできないだろうなあ。」

私も、帰宅途中、同じことを思いつきました。成仏できないだろうなあとか、そういう意味じゃないかって。

ただ、その解釈だと、後の文章とのつながりは悪くないものの、「二世議員の弱さは、政治家という身分への執着の弱さ」あたりの記述と矛盾するという問題が出てくるような気が。執着が弱いのに怨霊化するって、何かピンとこないのですが……@_@

中川氏については、この前の選挙の特番で、どこかのコメンテータがフォローするような発言をしたのが印象に残っています。選挙以外は地元にあまり帰らないくせに――と有権者に非難されていたけど、有能な人だからこそ仕事を多く任され、多忙だったせいで頻繁には帰れなかったという面があるので気の毒だとか何とか。叩かれたのみで終わったわけでもなく、同情の声もそれなりにあがっていたと思います。

トンデモない一行知識 |  2009年10月06日(火) 22:35 |  URL |  【コメント編集】

>藤岡真さん

mixi に入っていないので、そこでのやり取りはよくわかっていなかったりするのですが、

>もとの理事の言葉は、
>>“the single-largest supplemental financing contribution by an IMF member country ever”

だったのですか。ありがとうございます。(_ _)

http://d.hatena.ne.jp/arimasenka/20090225
>以下の文はそのアメリカ在住のネット仲間のコメント。
>『"This commitment is the single-largest supplemental financing
> contribution by an IMF member country ever, and it clearly
> demonstrates Japan's continuing commitment to a multilateral
> approach to global economic and financial challenges."
>「このコミットメントは、IMF加盟国によるこれまでで飛び抜けて大きな
>資金貢献であり、それは日本の世界経済と財政チャレンジへの多国
>アプローチへの継続したコミットメントを明確に表示するものである」
> 「コミットメント」は「捨て身の熱心な責任意識と行動と意思表示」
>みたいな意味の翻訳不可能な単語です。 要するに「人類の歴史上
>最大」ではなく「IMF加盟国のこれまででは抜きん出て最大」という意味。
>IMFの歴史上ならイコール人類の歴史上という事に変わりはないにせよ、
>これはどうやっても意訳なので、誤訳と言われても仕方ないですね。
>実質的に意味は同じだけどニュアンスが全く違うという奴。』

これは唐沢俊一というより、最初に訳した報道の人 (?) が、何を考えていたのやら……な話の気がします。上に引用した人は訂正のエントリーを書いているけど、唐沢俊一の巡回しているサイトや2ちゃんねるのスレでは、そんな話はあまりされなくて、陰謀論めいた方向に話がいってしまって戻ってこないとか。

トンデモない一行知識 |  2009年10月06日(火) 22:15 |  URL |  【コメント編集】

●メロメロ

某新聞社で聞いた話だと、あの酔態会見、政治部の記者には~以下略

アルコールにせよ薬物にせよ「国際会議の記者会見でメロメロになってちゃマズい」という思考が働かないようです。我が国を代表して参加しているんですから相手国の皆さんにも我が国の国民にも迷惑です。
猫遊軒猫八 |  2009年10月06日(火) 19:49 |  URL |  【コメント編集】

唐沢氏のあいかわらずの悪文でわかりにくいのですが、

> 冥福をお祈りはしたいが、出来ねえだろうなあ。

というのは「冥福をお祈りするが、やすらかに眠ったりはできないだろうなあ。」というぐらいの意味で書いたんじゃないでしょうかね。そうすればそのあとの

> どうか、日本、もしくは自分を落とした選挙区の北海道に祟らないで
> ほしい。せめて、鈴木宗男を取り☆すくらいにしておいてw

ともつながりますし。
プロの文筆家の文章をどうして読むほうがここまで忖度してやらなきゃいかんのか、とも思いますけど。

#「禁止キーワードが含まれています。」と出てしまいますので、引用部分を一部伏字にしました。
粗忽亭主人 |  2009年10月06日(火) 19:22 |  URL |  【コメント編集】

mixiの「唐沢俊一検証コミュニティ」にも書き込んだんですが、もとの理事の言葉は、

>“the single-largest supplemental financing contribution by an IMF member country ever”

なんです。中学生だって「人類史上最大の貢献」とは訳しませんよねえ。唐沢の英語力は中学生未満なのか(これは事実でしょうが)、いい加減なサイトからコピペしてきたか、どちらにせよ無知を曝しただけかと。
藤岡真 |  2009年10月06日(火) 11:28 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/250-2276c27c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。