2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.21 (Sat)

ニホンウナギはマリアナ諸島付近の海域で産卵

『トンデモ一行知識の逆襲』 P.93 欄外

・ウナギ、ボラ、メダカは、淡水でも海水でも生きられる。体の浸透圧を調節
 できるから。


×浸透圧を調節できるから ○浸透圧の調節方法を切り替えることができるから

ウナギ、ボラ、メダカともに、淡水中でも海水中でも生息できる (広塩性魚類といわれる)
ことは本当。サケやマスも広塩性魚類。

ただし、「体の浸透圧を調節」というのは、淡水でしか生きられない淡水魚、海水でしか
生きられない海水魚も、していること。血液より低い浸透圧である淡水の環境では、魚は
濃度の薄い尿を大量に排出するなどして、体液の濃度が薄くなりすぎないようにする。
海水は体液より浸透圧が高いので、水を大量に飲み、エラなどから塩分を排出する。

つまり、淡水にいる魚と海水の魚は、それぞれ逆方向の浸透圧調節をする必要があり、
その両方ができる魚が淡水でも海水でも生きられるという話。

http://www.keirinkan.com/kori/kori_biology/kori_biology_n1/contents/bi-n1/5-bu/5-1-B.htm
>魚類の浸透圧調節
>海水産硬骨魚類の血液の浸透圧は,海水と比べて低く,鰓(えら)やひれから脱水され
>やすい。そのため海水を飲んで水を補い,等張尿を少量排出して水の消失を防ぎ,能
>動輸送によって鰓から塩類を排出する。淡水産硬骨魚類の血液は,淡水より浸透圧
>が高く,鰓やひれから吸水しやすい。そのため淡水を飲まず,薄い尿を多量に排出し
>て体液の薄まりを防ぐ。
> ウナギやサケ類などは,生息環境が海・川と変化しても体液の浸透圧はほぼ一定に
>保つことができる(広塩水性)。一方,コイなどは外液の狭い範囲でしか体液の浸透圧
>を調節できず,ある範囲を越えれば死んでしまう。


http://www.hirose.bio.titech.ac.jp/research/eel/eel2005.html
>この生活環からも分かるように,ウナギは海水中でも淡水中でも生活ができる。この
>ように広範囲な塩濃度の水の中で生息できる魚類を広塩性魚類という。この仲間には
>サケ,マス,ティラピア(イズミダイ)など多くの魚が存在するが,それぞれの魚は生物
>学的に全く異なるグループに属しており,その適応方法も大きく異なると考えられている。
〈略〉
>このように,その方向は正反対であるが,淡水魚も海水魚も体内の浸透圧・イオン濃
>度を一定に保つような仕組みを持っている。これらの機能は人間から見ると超能力の
>ように見える。ウナギなどの広塩性魚類はさらにこの両方の機能を巧みに切り替え,
>それぞれの環境に適応しているのである。


http://www.toshibow.com/petto/medaka/medaka_top.htm
>メダカは、淡水から海水まで、幅広い水質で生活が可能で、汽水の干拓地でも繁殖
>できるほどある。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q139150293
>つまり、ボラは淡水魚でもあり、海水魚でもあります。そのため、日本で市販されて
>いる主要な淡水魚図鑑にも、海水魚図鑑にも、両方に掲載されています。


その他参考 URL:
- http://homepage2.nifty.com/PhD-mukai/Laboratory/Remarks/Physiology01.html

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

15:45  |  『トンデモ一行知識の逆襲』間違い探し編 (138) +  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/24-e5fb5d7e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。