2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.05 (Sat)

正しく引用できぬ君のために (4)

正しく引用できぬ君のために (3)」の続き。 「『超辞苑~新・眠られぬ夜のために』から
も参照のこと。

今回は、「正しく引用できぬ君のために」で、うっかり見落としていた件を含めて 3 つ。

『トンデモ一行知識の世界』 P.217

 一八四〇年、ロンドンのドルリー・レーン劇場では、呼ばれると口笛を吹くカキ、
モリーの公演が大当たりをとった。

×ドルリー・レーン劇場 ○ドルーリ・レーン劇場

『超辞苑』 P.47
>牡蠣 二枚貝の軟体動物。牡蠣を地でいく無言劇画喝采を博した時代はもう終わった
>が、「口笛を吹く牡蠣」として評判となったモリーは、1840年、ドルーリ・レーン劇場で
>の公演で大成功を収めたのだった。ただし、彼女がいつでも「モリー」という呼び名に
>応答したかどうかについては検討の余地がある。なぜなら、牡蠣は雌雄同体であり、
>はじめはオスだが、その後、オスになったりメスになったりを何度もくりかえすからで
>ある。
> メリーランド州では、牡蠣の扱いが悪いと罰金刑に処せられることがある。


いやまあ、日本での Drury Lane の表記は、「ドルリー・レーン」が一般的かもしれない
けど、『超辞苑』という本にはこのようなことが書かれているという紹介をしているのだか
ら、勝手に変更するのはいかがなものかと。

参考 URL:
- http://ja.wikipedia.org/wiki/ドルリー・レーン
- http://en.wikipedia.org/wiki/Drury_Lane
- http://en.wikipedia.org/wiki/Theatre_Royal,_Drury_Lane


『トンデモ一行知識の世界』 P.217

 胃の鳴る音でその人の未来を占う、“胃占い”という占いがある。

正しく引用できぬ君のために」では、『超辞苑』には見あたらないと書いてしまったけど、
よく見たら、あった。

『超辞苑』 P.29
>占い 胃の発する音から未来の運勢を占う方法は「胃占い」と呼ばれている。

☆ガウディと☆まで同じにしなくとも……」や「もちろん『ばばばばば』だってそのままだ
などでは、出典を示さず文章を丸ごとコピペで、今回のように書名をあげて紹介している
ときには、いじらなくてよい文章をやたらいじって、ついでに意味やニュアンスまで変えて
しまうのは、逆だろう逆! といいたくなるが……。

まあ唐沢俊一が元の文章をいじればいじるほど、変な文章になったりガセになったりする
ので、反省して文章の変更を控えた結果が、豪快パクリという芸風の確立につながった
のかもしれない。


『トンデモ一行知識の世界』 P.217

 アリのフライは同量の牛肉や卵よりも栄養価が高い。

×栄養価 ○蛋白価

これについては、以下の文章では「アリのフライ」ともいっていないし、本当にこれが元に
なっているのか今ひとつ自信がもてなかったりするほど、『超辞苑』の記述とは違ったもの
になっているという感じ。

『超辞苑』 P.221
>人食い 〈略〉
> メキシコでは蟻を食べるが、それは、牛肉、鶏肉、魚肉、卵などより蛋白価が高いと
>いう。また、青虫を焼いたものがアフリカの一部の国々では好まれるが、これも蟻と
>同じ程の栄養価があり、しかも食べてもそれほど太らない。


追記: この件については、どうも、別の箇所に書いてある「シロアリ」の話が混ざっている
ような……。

『超辞苑』 P.45
>海軍 19世紀、イギリス艦隊の建造がこのうえない成功を収めた陰には、なんといっ
>ても、イギリスの海岸にシロアリがいなかったことが深く関与しているといえる。シロ
>アリのいる国では、この貪欲な生き物のいけにえになることなく木製の船を建造し保管
>するのは不可能なことである。
> シロアリのフライは、100グラムあたり560カロリーの栄養価をもつ。またタンパク質が
>46パーセント、脂肪が44パーセントを占めている。 (比較のためにサーロインステーキ
>を例にとると、タンパク質が23パーセント、脂肪が32パーセントである。)


こちらをベースとすると:
×アリのフライ ○シロアリのフライ
×牛肉や卵 ○サーロインステーキ

追記 2: 「正しく引用できぬ君のために (5)」に続く。

追記 3: コメント欄で指摘のあった (ありがとうです) 「歓待」と「Fライ」を訂正。
正しく引用できぬのは何のことはない自分だったというイヤんなオチ……。

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

17:50  |  『トンデモ一行知識の世界』間違い探し編 (215) +  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●我ながら最近打ち間違い多過ぎ

>往生際さん
ご指摘の通りです。ありがとうございます。(_ _);
訂正しておきました。
トンデモない一行知識 |  2009年09月07日(月) 23:03 |  URL |  【コメント編集】

●歓待

いつも楽しく拝読しております。

 イギリス歓待→イギリス艦隊

ではないかと。

 Fライ→フライ

はタイプミスですよね。
往生際 |  2009年09月07日(月) 13:26 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/225-f77fdf4e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。