2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.05 (Sat)

正しく引用できぬ君のために (2)

正しく引用できぬ君のために」の続き。 「『超辞苑~新・眠られぬ夜のために』から」も
参照のこと。

『トンデモ一行知識の世界』 P.218

 エルビス・プレスリーは四十二歳で死んだが、これはネアンデルタール人の
平均寿命より十二年も長い。

×十二年 ○十三年

前回のエントリーを書いたときは見落としていたけど、唐沢俊一はネアンデルタール人の
平均寿命を、勝手に 1 年長くしていたと。

『超辞苑』 P.195
>ネアンデルタール人 エルヴィス・プレスリーは42歳で死んだが、これは、ネアンデル
>タール人の平均寿命より13年も長い。エルヴィス・プレスリーは、初コンサートを終えた
>直後、トラック運転手という堅実な職業を続けたほうがいいというアドバイスを受けた
>という。


唐沢俊一が、何でわざわざ「エルヴィス」を「エルビス」にしたり、英数字を漢数字にしたり
したのかも謎。まあ、これは編集者の責任もあるのかもしれないけど。


以下は、前のエントリーのコメント欄より。

『トンデモ一行知識の世界』 P.218

 フロイトはひとり旅をしたことがなかった。時刻表が読めなかったからである。


どちらかというと、『アシモフの雑学コレクション』の方に近い記述。「鉄道の時刻表」、
「列車の時刻表」をただの「時刻表」にしてしまうとか、はしょり過ぎな気も。

『超辞苑』 P.138
>精神分析 シグムンド・フロイトは何年間もコカインを使用していた。 これは彼の神経
>を刺激したはずだが、それにもかかわらず、彼は鉄道の時刻表の読み方がさっぱり
>わからず、そのため、一人で列車に乗って旅行したことは一度もなかった。


『アシモフの雑学コレクション』 P.211
>心理学者のフロイトは、列車の時刻表の見方がわからなかった。旅行には、だれかと
>でないと出かけられなかった。


追記: 「正しく引用できぬ君のために (3)」に続く。

追記 2: コメント欄で指摘があった (ありがとうございます (_ _);)、「ネアンダール人」を
「ネアンデルタール人」に訂正。 # 何でこんな妙な間違いをするのか>自分

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

13:03  |  『トンデモ一行知識の世界』間違い探し編 (215) +  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009年09月06日(日) 01:39 |   |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/223-dc866d12

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。