2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.29 (Sat)

セーラー服と日本刀

裏モノ日記 2009年 08月 26日(水曜日)
http://www.tobunken.com/diary/diary20090826095504.html

※原稿執筆 アンケート返答 電話インタビュー
〈略〉
今日は楽工社の書評原稿一本書いて、それから稽古、のつもりだったが
原稿がずいぶんと手間取る。
別に筆がすすまないわけではなく、多方面からの読解が出来る本
なので、まとめるのに手間がかかるのである。
昼はパスタを茹でてカニクリームソースで。

文藝春秋社のアンケート、何かやたら長文書いてしまう。
これは向うも困るかもしれないが、適当に抜粋してもらうことにしよう。

原稿書き、やはり稽古に行くと言った時間に終らず。
その間にも雑用多々。コンビニに行ってコピーを取らねばならず、
荷物を複数出さねばならず、また届く荷物を待たねばならず。
週刊新潮から電話インタビュー。
皇室について意見を求められる。
と、言っても眞子さま萌えってどういうものですか、ということ。
さて、どこまでさかのぼって説明しないといけないか。
ツンデレ、萌え系マゾヒズムなどを騎士道だの無法松の一生だの
を例に出しつつ。受話器の向うで編集部の人が目を点にして
いるのが見えるよう。


まあ、間違い探し編には入れないけれど、2ちゃんねるのスレで話題になったとき (Read
More
参照) から謎だった、「眞子さま萌え」と「騎士道だの無法松の一生」との関連性
については、ちょっと調べてみても、やはり謎のままだったということで。

そもそも「眞子さま萌え」というの自体、自分はしらなかったけど、ニコ動で見ることのできる
これ↓などがそうらしい。100 万アクセス突破というのはスゴい。

- http://dic.nicovideo.jp/v/sm1150984
>ひれ伏せ平民どもっ!
>再生数: 1172350  コメント: 317509  マイリスト: 17371
>投稿日時: 2007-09-27 04:35:41


この動画をリンクしている下記引用のブログでは、「眞子さま萌え」については、やや
当惑気味の模様。「天皇制研究をしている私でもカルチャーショック」に、「皇族を『萌え』
の対象にするというアイデアがそもそも考えつかなかった」だし。まあ天皇制研究をして
いるような人たちが、そんなアイデアをほいほい思いつくようだと、こちらが何か困ると
いうか……いや、困ろうがどうしようが、そういう時代が既におとずれたということか。

http://h-sebata.blog.so-net.ne.jp/2008-03-05
>流れている曲は「ひれ伏せ愚民どもっ!」という曲で、IOSYSという音楽集団が作成し
>たもの。東方Projectという同人シューティングゲームの音楽をアレンジしたものらしい。
〈略〉
>さて、別に取り上げようと思ったのはこの曲の方ではない。「絵」の方である。どこかで
>見たことのあるような・・・、とは思わないだろうか。「秋篠宮眞子内親王」である。それ
>をデフォルメして、萌え絵にしてあるのだ。皮肉でもなく、本当に「うまい」と思う。良く
>特徴を捉えている。
〈略〉
>初めてニコニコ動画でこれを見たとき、天皇制研究をしている私でもカルチャーショッ
>クがあった。皇族を「萌え」の対象にするというアイデアがそもそも考えつかなかった。
>もちろん、女性週刊誌などによる皇族の子どもたちを愛でる報道などは、現皇太子が
>子供の頃からあったし、そのときに3兄妹は「なるちゃん」(徳仁(なるひと))、「あー
>や」(礼宮(あやのみや))、「さーや」(清子(さやこ))と呼ばれていたことも知ってい
>る。でも、それは大人が子供を「かわいい」ものとして見る視点であったように思う。こ
>の「萌え」は、「かわいい」の延長上にあるんだろうか。


そして、上記ブログでも紹介されている『女皇の帝国 内親王那子様の聖戦』が、「眞子
さま萌え」に影響を与えているのだろうし、何かのリミッターをはずす切っ掛けとはなって
いるのだろうが、萌え画像で重要な要素となっていると思われるのは、黒髪ストレートに
ポニーテールまたはお下げの髪、セーラー服またはスクール水着である。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4584179514/
>女皇の帝国 内親王那子様の聖戦 (ワニノベルス) (新書)
>吉田 親司 (著)


ライトノベルの影響だけならもっと多くてよさそうな軍服姿はあまり見られなくて、画像は
ほとんどがセーラー服。旭日旗や日本刀は結構多いが、それもセーラー服や、きりりと
した表情を引き立たせるための道具のように思える。

つまりまあ、何か戦前・戦中も昭和二十年代も昭和三十年代も昭和四十年代も、レトロ
という意味では似たようなもんという割り切りのもと、セーラー服に黒髪ストレートに旭日
旗に日本刀なのではないかと。

スクール水着は必須ではないようだが、先に紹介した 100 万アクセス超のニコ動画
にはかなりの数が含まれ、それがあまりないようだと、再生数はそこまでいかないん
じゃないかと思ったり。

- http://dic.nicovideo.jp/v/sm1342188
>再生数: 52523 コメント: 1822 マイリスト: 362 投稿日時: 2007-10-23 00:10:16

- http://dic.nicovideo.jp/v/sm1244047
>再生数: 34092 コメント: 1149 マイリスト: 135 投稿日時:2007-10-10 01:36:21

- http://dic.nicovideo.jp/v/nm3693017
>再生数: 25857 コメント: 2487 マイリスト: 208 投稿日時: 2008-06-18 15:58:11

で、ニコ動のタグには、「過敬罪」や「宮内庁困惑」とか、「うp主は削除されました。」
とかあって笑ったのだけれども……。

> 過敬罪 10/23は殿下の生誕祭ですヨ 女皇の帝國~内親王眞子様の聖戦~
>宮内庁困惑 歴史 うp主は削除されました。 美しい国日本


確かにこれを取り締まるとしたら、不敬罪というのではなく「過敬罪」という概念を導入
する必要があるかもしれない。画像保管庫の記述には、「宮内庁の人によると、とりあ
えず静観の構え」ということだから、まあ大丈夫なんだろう。

(ちなみに、下でいっている「Yahoo!ニュース」は既にリンク切れ。動画も 2007 年から
2008 年にかけてアップされているものが多いし、唐沢俊一にインタビューした側は、
どうして今になってこれを取り上げようとしているのかは不明)。

http://www.yuko2ch.net/mako/
>秋篠宮眞子様御画像保管庫このサイトは、わが日本国のお姫様である
>眞子内親王の御写真やイラストを掲載しているサイトです。
>君が代は 千代に八千代に...我等が皇室美少女姉妹
>秋篠宮眞子内親王、佳子内親王のおふたりを愛で称えましょう。
>何か問題がある画像がある場合は連絡どうぞ。
>過度なネタの画像のうpは控えましょう。

>ネットで大人気「眞子様萌え」! 宮内庁は困惑気味?
>Yahoo!ニュースに載りました。
>宮内庁の人によると、とりあえず静観の構えのようで
>「閉鎖しなさい」という反応でなくてよかったです。皆様と一緒にこれからも姫様たちを
>応援していきましょう。
>ニコニコから来た人たちはイラスト保管庫・マコリンペン画像掲示板で勉強しましょう



そして調べれば調べるほど (というほど熱心に追いかけてはいないが)、唐沢俊一が
インタビューで言及したという「騎士道だの無法松の一生だの」との関連性は、ますます
わからなくなる。

騎士道だのが重要ならば、これ↓のような「ひれ伏せ紳士どもっ!」の系統がもっと
伸びていたはずと思う。

- http://dic.nicovideo.jp/v/sm3703821
>再生数: 7012 コメント: 372 マイリスト: 27
>投稿日時:2008-06-19 21:20:54


武士道ならともかく騎士道だと、せっかくの和テイストはどこにいってしまうという話にも
なるし。

無法松の一生にいたっては、そもそもどんな接点があるのか謎。これが柳生十兵衛
だったならば、JET つながりで、セーラー服と日本刀を組み合わせたイラストの多さを
考えると納得できる (?) のだけど。

http://www.manga.daimokuroku.com/?titleid=9011
>江戸初期の大剣豪・柳生十兵衛が、女子高生になって現世に復活!? おっとりのん
>びりの女子高生・荻代さやかは、なんとあの柳生十兵衛の生まれ変わり。十兵衛
>愛用と伝えられる小柄を手にしたことがきっかけで、さやかの意識がない時には、
>十兵衛の人格が顔を出すようになって…!? キュートな外見に男気溢れる十兵衛
>(さやかちゃん)の、痛快ちゃんばら現代劇!


その他参考 URL:
- http://ja.wikipedia.org/wiki/十兵衛紅変化

http://www.amazon.co.jp/dp/4049242451
>十兵衛紅変化 (第1巻) (あすかコミックス) (新書)
>Jet (著)
〈略〉
>発売日: 1991/08


ところで、紀子様が昔、コミケのサークルに参加していたという噂もあるけど、それの
真偽はともかく、萌えを消費する皇室から萌えを供給する皇室への移行という要素も
あるのだろうか。

その他参考 URL:
- http://itainewssokuhou.seesaa.net/article/100688187.html


追記: 実際の週刊新潮の記事 ('09.9.10 P.60) では、「ツンデレ、萌え系マゾヒズムなど
を騎士道だの無法松の一生だのを例に出しつつ」というのは見事にすっ飛ばされている
模様――というのは、唐沢俊一検証blogの「言うたやないの、王女様。」を参照のこと。

まあ、「男性は、高貴な女性のために尽くしたい、支配されたいという願望を少なからず
持っています。」に、「騎士道だの無法松の一生だの」についてしゃべったそれが生かさ
れているのかもしれないけど。

ちなみに、2ちゃんねるのスレでリクエストのあった (?)、「ITジャーナリストの井上トシユキ
氏」の語ったことというのは、以下の通り ('09.9.10 P.61) 。

>「眞子様のサイトが登場したのは3、4年前ですが、ネット上で急激にアイドル化した
>のは2年位前。今時の女の子はみんな髪の毛を黒く染めていますが、眞子様は黒髪。
>おまけに眞子様の可愛らしく清純な感じが、キャラクター化しやすかったんだと思い
>ます」


記事の本文は、「マコリンペンイラスト保管庫」の紹介 (「そこにズラリと羅列されている
のは、眞子様を模した“萌え系イラスト”の数々。セーラー服姿のものからなぜか軍服
姿、スクール水着のものまで……」) とか、「マコリンペン」の愛称の由来は、数年前に
女子中高生に流行った「モコリンペン」という筆記具からきたものらしいとか、このブログ
の本文でも紹介した「ひれ伏せ平民どもっ!」の動画を歌詞の文字起こしつき (「いい
こと? 愚民ども、私のことは姫様とお呼びなさい!」など) とか。歌詞については、
元ネタは蓬莱山輝夜だのとかいう解説はなし。

で、記事の中には、1 年以上前に書けただろうという以上の情報はない。どこかで何か
動きがあったからとかいう理由で、今さら眞子様萌えの記事が書かれたわけではない
ようだということで。



More...

http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1251307113/
-------
210 :無名草子さん:2009/08/28(金) 15:37:35
>皇室について意見を求められる。
>と、言っても眞子さま萌えってどういうものですか、ということ。
>さて、どこまでさかのぼって説明しないといけないか。
>ツンデレ、萌え系マゾヒズムなどを騎士道だの無法松の一生だの
>を例に出しつつ。受話器の向うで編集部の人が目を点にして
>いるのが見えるよう。

使えねぇ奴って、電話の向こうで目を丸くしてるよ。
”ツンデレ、萌え系マゾヒズム”全然関係ねー。

214 :無名草子さん:2009/08/28(金) 15:55:58
>>210
唐沢のアドリブっていつもそうなんだけど。

「眞子さま萌えってどういうものですか」っていう質問に対して、唐沢は「「萌え」という
キーワードについて何か言え!」というお題だと解釈した。

そのキーワードに対して、唐沢が思いついたのが「ツンデレ」「萌え系マゾヒズム」
「騎士道」「無法松の一生」だったというだけなんだよ。

ツンデレは、萌えを感じる典型的なパターンをカテゴライズした所謂「萌え属性」の
一つだからなぁ…「眞子さまはツンデレ属性」というのなら、多少は関係があるけど、
そんな情報は欠片も無いしな。「萌え系マゾヒズム」とかは意味ワカラン。M女子っ
ぽいキャラが萌え属性だって話?「騎士道」とか岡田が本で書きそうな話だけど、
眞子さまと関係無いよ。「無法松の一生」は松五郎×小太郎みたいな話したのか?
婦女子の萌えの話と眞子さまとはまたまた関係が無い。

215 :無名草子さん:2009/08/28(金) 15:58:39
>>210
>眞子さま萌えってどういうものですか

別に唐沢に「萌えの意味を教えて下さい」と訪ねているワケではなく
かつてだったら恐れ多い皇室の人にそんな気持ちを持つという部分は
どういうものか?というのを聞いているんじゃないの?

普通だったらそこから、美智子様が結婚した時の騒ぎとか
そういう時代の例と現在の違いを述べたりするのが
答え何んじゃないか?

なにを無法松の一生とか持ち出してんだよ
(無法松の一生も正しく認識しているか不明だが)

216 :無名草子さん:2009/08/28(金) 16:00:04
>受話器の向うで編集部の人が目を点にして
>いるのが見えるよう。

この部分だって、唐沢の勝手な想像だろ?
現実に目の前で見ても「受けた受けた」とか
まったくの架空を書く人間が
電話の向こうの様子が描写できるかって話だよw

217 :無名草子さん:2009/08/28(金) 16:12:30
>受話器の向うで編集部の人が目を点にして
>いるのが見えるよう。

編集部の人は生返事してただけだと思うな。内心では「なに言ってるのかわからん。つか、
眞子さまの話はどうなったんだ???」とか思ってそう。

218 :無名草子さん:2009/08/28(金) 16:12:44
>>216
「見えた」じゃなくて「見えるよう」だから、唐沢が相手の状態を想像したって意味でしょ。
そこについてだけは、一応変じゃないんじゃないのかな?

ただ、相手が呆れたのと、高度すぎて理解出来なかったのとは違うんだけどね…

-------
スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

19:50  |  その他の雑学本 派生トリビア編 (3) +  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>金平糖さん
「自らを愚民と呼びアイドルを閣下と呼ぶものがあり」は、かなり近い流れではないかと思ったりします。「眞子さま萌え」の場合、妄想の中の設定として、騎士や執事や無法松のように直接お仕えしたいとかいう思いは何かほとんど伝わってこなくて、バルコニーの上で手を振る皇族の方々に、万歳したり拍手したりする群衆の一人であればもう満足という感じに思えるので。個体認識してもらわなくて全然オッケーみたいなのが、アイドルのコンサートの観衆に似ていると思います。

んで、本文に引き続き、表面的なもんに拘らせていただくと、イラストを描く職人さんたちが、何を重視したかに依存しているのではないかと思います。優れた絵を描く人の一人か二人が、ミリタリー属性やツンデレ属性を前面に出したイラストを描いていたら、また別の化学反応になったかも。意外と伸び悩んでいた和服とかが、もっと多く登場していたりとか。

まあ、今となっては祭りの後という感じで、画像置き場もそんなに更新されていないようなので、新たな展開で別系統への移行というのは考えにくいですが。

その他参考:
http://likecoffee.iza.ne.jp/blog/entry/610373/alltb/

トンデモない一行知識 |  2009年09月02日(水) 21:53 |  URL |  【コメント編集】

個人的には皇族はもう公人の一種だと思ってますので
「眞子様萌え」もまあ、しょうがないんじゃないかなと、
本人たちに何の権力もなくとも知名度と影響力を考えると
さらに「宣伝効果を狙って計算ずくで作られた幸せな家庭像」と思ってますから。

まあ、実際問題どう言い訳しても追っかけが存在するのは事実だし
小泉親子や美人過ぎる議員的な側面とほりえもん的側面のある存在なんですよね。

で、唐沢の言う「ツンデレ、萌え系マゾヒズムなどを騎士道」
と言うのもあながち無関係ではなくて
もともとの下地として、わがまま姫様や自らを愚民と呼びアイドルを閣下と呼ぶものがあり
それが2次元眞子様を生み出す元になってはいるんですよね。
ただ、結果として生み出されたものにその属性が引き継がれていないことに唐沢は気づけてないんですね。
おそらく表面だけ見て本質を理解しようとしてないんです。

この「眞子様萌え」現象で一番興味を感じたのがこの属性なんですよ。
現実の「眞子様」を自分たちのフィールドに引き込む際に
安易に「ツンデレ」化させることなく元の属性を生かして魅力的なキャラクターを生み出してるんですよね。
もしもこの段階でステレオタイプなツンデレにしていたら
現実の「眞子様」を崇拝するものから激しい反発があったと予想できるわけで
今のオタクは高い協調性と柔軟性を備えていると感じさせられる。

と、勝手に妄想してたりします。
金平糖 |  2009年09月02日(水) 02:01 |  URL |  【コメント編集】

>金平糖さん
どうもです。ああ、何か本文では及び腰になって微妙に避けたところに言及されているような……。^_^;

>現実の眞子様に対して慕う愛でる語らうと言う現実の「眞子様」に
>対す萌えと言うものがあった。

これについては、言及しにくかったので、本文では逃げています。タレントでもスポーツ選手でもない実在の未成年女子というのは、皇室関係じゃなくても取り扱い注意じゃないかという感じで……。

二次元の「眞子様」の方なら、ニコ動のコメントにあるように「あれ、ヘリコプターの音が」とか「あ、窓に赤い光が」とか、宮内省困惑とか、多少のスリル (?) も燃料のうちかもしれませんが、現実の「眞子様」となると、ちょっと止めた方がよいのではといいたくなったり。

ついでに言えば、
http://tondemonai2.blog114.fc2.com/blog-entry-97.html
関係で調べているときにググった感触では、何か2ちゃんねるのスレでは紀子さんと雅子さんをわざわざ比較して紀子さんをほめる方が主流みたいな感じがして、今回見た画像置き場の漫画にはその子どもバージョンのまであって、ああ関わり合いになりたくないなと思ったりもしました。ここで言及しちゃいましたけど。

で、まあ、「化学反応が起きた結果」というのは、おっしゃる通りと思います。
「傍らのおでこ眉毛オプション」も、何つう言い方というのは別にして、わかる気がします、ということで。

>凛々しいのを「ツン」と思っているのかも知れない。

あ、これは私も似たようなものです。というか、ツンデレって、素人には難し過ぎます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%e3%83%84%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%ac

ただ、「眞子様」萌えのどこにデレがあるんだろうとは疑問に思いましたが。

トンデモない一行知識 |  2009年08月30日(日) 23:59 |  URL |  【コメント編集】

唐沢の言うところの騎士道や無法松の一生とかだた
「脳内、姫×騎士プレイ」や「脳内、姫×執事プレイ」「脳内、姫×使用人プレイ」なわけだけど。
「眞子様萌え」の場合明らかに「脳内、姫×愚民プレイ」なのでものが違う。

ツンデレに関しては元ネタの蓬莱山輝夜ならツンデレもありだと思うが
「眞子様」は別にツンデレとは関係ない。
凛々しいのを「ツン」と思っているのかも知れない。
そう思うと、唐沢はツンデレもわかっていないのかもしれない。
金平糖 |  2009年08月30日(日) 22:03 |  URL |  【コメント編集】

まあ、唐沢の言うことも見当はずれと言うわけでもないけども
ベクトルがずれてるよなぁ、と言うかよくわかってないんだろうね。

「姫様萌え」と言うものがあって極端に言えば架空の姫に対する「脳内、姫×下僕プレイ」なわけだ。
で、現実の眞子様に対して慕う愛でる語らうと言う現実の「眞子様」に対す萌えと言うものがあった。

そこに「蓬莱山輝夜」というキャラクターと「眞子様」の類似性から
2次元萌え絵化された「眞子様」が登場することによって
この2つのコロニーに接点が生まれ、化学反応が起きた結果が
現在の「眞子様萌え」なわけだ。

人間興味のないものには注目しないものだが一度興味を持てば価値観の書き換えは意外と簡単に起きる。

「2次元萌え絵眞子様」ではなく実物の写真だけであったら
ここまでの化学反応は起きなかっただろう。
あとは傍らのおでこ眉毛オプションの影響力も大きいと思う。
金平糖 |  2009年08月30日(日) 21:53 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/216-3ec356ec

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。