2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.29 (Sat)

相手をよい気分にさせるのが上手なんですね……この社長さんの方が

裏モノ日記 2009年 08月 25日(火曜日)
http://www.tobunken.com/diary/diary20090825125120.html

古橋アデノシン
「水泳日本のDNAを子供たちに伝えていただきたい」
〈略〉
9時半、朝食。メロン一切れ、コーンスープ、コーヒーがこぼれて
しまったので牛乳。服薬、サプリなど。
今日は昼は外出なので、焼きおにぎりなど作ってもらう。

12時半、新宿に出て、三丁目ルノアール会議室で対談。
写真撮影もあるかと黒シャツ黒上着という“正装”で言ったら
対談だけだった。ただし私のファン(と学会のファン)という
社長には大サービスだったようで喜んでくれた。
社長さん自身が嬉しそうにマイクやICレコーダーを操作して
いる。

対談と言っても雑誌ではなく、この社長さん(経営コンサルタント
会社経営)が毎月、自分とお気に入りの文化人や企業関係者と
対談をしたものを収録して、CDブックとして関係者に配っている
というもの。ビジネス関係の本も何冊も出している、地方企業の中
での成功者。

私なんぞにその対談のお鉢が回ってきたのは、アスペクトから
出した『博覧強記の仕事術』のせいだが、何を話すかという
リクエストが『新・UFO入門』についてだというのが傑作。
持参してきた本には附箋がいっぱいついていて、よほどお気に
召したらしい。聞いたらビジネスの仲間内でUFO信じている
人間が大勢いて(大丈夫か?)、彼らと飲むとき、私の本を
タネ本にして、
「人間がUFOを見るのは……」
と演説をぶって、嫌がられているらしい(笑)。

何か語りやすい雰囲気だったんで、かなり饒舌にしゃべる。
途中一回、酸素不足になり倒れそうになった(それでも
口は動き続けていた)くらい。社長に完敗宣言されたほどだった。

http://s02.megalodon.jp/2009-0829-0726-27/www.tobunken.com/diary/diary20090825125120.html

ד正装”で言ったら ○“正装”で行ったら

「黒シャツ黒上着」は「“正装”」なのか……。

2ちゃんねるのスレでは、「こいつATPとDNAをごっちゃにしとるのか?もしかして」と
突っ込みをいれられていたりしたけど (Read More 参照)、まあアデノシンは「DNA や
RNA の塩基として遺伝情報のコードに用いられている」としても、通常だったら「水泳
日本の伝統」とでも書くところを「水泳日本のDNA」と書いてまでタイトルの駄洒落に
使うのは、ちょっと無理があるんじゃないかと。

http://ja.wikipedia.org/wiki/アデノシン
>アデノシン (Adenosine) はアデニンとリボースからなるヌクレオシドの一つ。アデニン
>とリボースは β-N9-グリコシド結合している。 分子量(C10H13N5O4)で267。
>アデノシンは生体内で重要な役割をになっている。DNA や RNA の塩基として遺伝情
>報のコードに用いられている他、生化学過程でもATPやADPの一部としてエネルギー
>輸送に関わったり、環状AMPとしてシグナル伝達に関わったりする。


それより気になったのは、トビウオの古橋がどうして「アデノシン」になるのかということ
だったり。そりゃ「ヒロノシン」と「アデノシン」なら 3 文字一致しているけど。この日の
タイトルって、無理に無理を重ねたせいで、もう駄洒落として成立していないのでは。

http://ja.wikipedia.org/wiki/古橋廣之進
>古橋 廣之進(ふるはし ひろのしん、1928年9月16日 - 2009年8月2日[1])は日本の
>水泳選手であり、スポーツ指導者でもあった人物である。


古橋廣之進は今年 8 月 2 日に亡くなっているので、訃報マニア (?) の唐沢俊一として
は、訃報を目にしたけど日記で言及しなかった分をここで使ったのかなとは思うけど。


スレでは、「コーヒーがこぼれたから牛乳で服薬とは! 本当に薬剤師の勉強してたの
かね」とも突っ込まれていたけど、これは、「コーヒーがこぼれてしまったので牛乳。
服薬、サプリなど」と文章がいったん切れているので、牛乳で服薬したわけではない
だろう。多分。ただ、サプリなどを服薬したという意味で書いていたとしたら、サブリ
って食品であって、服薬するものではないのではという気もするが。

http://ja.wikipedia.org/wiki/サプリメント
>サプリメントとは、アメリカ合衆国での食品の区分の一つであるダイエタリー・サプリ
>メント (dietary supplement) の訳語で、狭義には不足しがちなビタミンやミネラル、
>アミノ酸などの栄養補給を補助することや、ハーブなどの成分による薬効の発揮が
>目的である食品である。ほかにも生薬、酵素、ダイエット食品など様々な種類のサプ
>リメントがある。広義には、人体に与えられる物質と言う意味で食品以外にも用いられ
>る。 栄養補助食品(えいようほじょしょくひん)、健康補助食品(けんこうほじょしょくひ
>ん)とも呼ばれる。略称はサプリである。


まあ、薬ものんだしサプリもとったという意味かもしれないけど。8 月 20 日の日記には、
「服薬するが、こないだあれだけ山のようだった薬類がもう、 あと数日分しかない」と
書いてあったのが、8 月 22 日には「K先生も効くとなると薬を増やすのに躊躇ない先生
で、また一種類、ミリ数が増やされる」とあるから、病院の薬もたっぷりある状態なのだ
ろう。それが、「健康に留意していないのにこうよくなるのは、やはり薬のおかげ」などと
いっていられる事態なのかという疑問はわくが、他人事なので深く考えないようにする。


で、「それよりも唐沢の本で薀蓄を語るほうこそ『大丈夫か?』だろw」と非常にもっともな
突っ込みが入っている (Read More 参照)、唐沢俊一のこの日のお仕事。これが何か
よくわからない。

経営コンサルタント会社の社長さんが、「自分とお気に入りの文化人や企業関係者と
対談をしたものを収録して、CDブックとして関係者に配っている」ということは、その
社長さんが発注元というかお客さんというか、お金を出している人なわけで。

その人との「対談」で、「酸素不足になり倒れそうになった(それでも口は動き続けて
いた)」とか、「社長に完敗宣言されたほどだった」って、何か自慢しているような書き方
なんだけど、社長さんが主役のCDブックの、それもインタビューじゃなくて対談なのに、
それでよいのだろうかと心配になったり。

それと地味に気になったのが、「持参してきた本には附箋がいっぱいついていて、よほ
どお気に召したらしい」。よほどお気に召さなくても、そのくらいはやるものでは。この
社長さんは「ビジネス関係の本も何冊も出している」とあるが、唐沢俊一はそれらを読ん
で、使いそうな部分に附箋をつけて持参なんてことをいっさいしないで「対談」にのぞん
だのかなあ。



More...


http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1251307113/
-------
40 :無名草子さん:2009/08/27(木) 13:42:56
「裏モノ日記」2009年08月25日(火曜日)
http://www.tobunken.com/diary/diary20090825125120.html

>私なんぞにその対談のお鉢が回ってきたのは、アスペクトから
>出した『博覧強記の仕事術』のせいだが、何を話すかという
>リクエストが『新・UFO入門』についてだというのが傑作。
>持参してきた本には附箋がいっぱいついていて、よほどお気に
>召したらしい。聞いたらビジネスの仲間内でUFO信じている
>人間が大勢いて(大丈夫か?)、彼らと飲むとき、私の本を
>タネ本にして、
>「人間がUFOを見るのは……」
>と演説をぶって、嫌がられているらしい(笑)。

41 :無名草子さん:2009/08/27(木) 13:56:02
>>40
太鼓持ちですね、普通に。そんな所は変に芸人っぽいですね。

ヨイショヨイショでおゼゼが貰えりゃ、何とでも言うって感じですか?

42 :無名草子さん:2009/08/27(木) 14:01:34
>>40
>聞いたらビジネスの仲間内でUFO信じている人間が大勢いて(大丈夫か?)
ライターとしてかなり危ないあんたごときに言われたくない

43 :無名草子さん:2009/08/27(木) 14:04:47
>>41
太鼓持ちも、立派なお座敷芸で、唐沢のはちょっと違うんじゃないかな。
だって自分の方が先生の立場で、自分の著作について、酸欠になるほど
喋りまくって、相手に参りましたって言わせたんでしょう?
それで社長さんが、楽しかったなら別にいいけどね。
なんていうか、相手をいい気分にさせて、饒舌にさせたなら、
社長さんのインタビュー術こそを誉めるところじゃないか?

44 :無名草子さん:2009/08/27(木) 14:08:31
ビジネスマンがUFOを信じてても、仕事に支障をきたさないんなら
趣味の範囲で許してやれよ。
それよりも唐沢の本で薀蓄を語るほうこそ「大丈夫か?」だろw

45 :無名草子さん:2009/08/27(木) 14:14:15
「裏モノ日記」2009年08月25日(火曜日)
ttp://www.tobunken.com/diary/diary20090825125120.html

> 古橋アデノシン
> 「水泳日本のDNAを子供たちに伝えていただきたい」

こいつATPとDNAをごっちゃにしとるのか?もしかして

46 :無名草子さん:2009/08/27(木) 14:30:48
コーヒーがこぼれたから牛乳で服薬とは!

本当に薬剤師の勉強してたのかねテンテーはw

47 :無名草子さん:2009/08/27(木) 14:37:59
専門に移る前に中退してるんだろ?勉強してるわけないよ。

48 :無名草子さん:2009/08/27(木) 14:38:08
>彼らと飲むとき、私の本を
>タネ本にして、
>「人間がUFOを見るのは……」
>と演説をぶって、嫌がられているらしい(笑)



人間がUFOを見るのはという本の中には漫棚通信からパクった文章があり、
そこから唐沢俊一帝国が崩壊していくのであります。
そんな事を語り合うビジネスマン。

49 :無名草子さん:2009/08/27(木) 14:40:28
UFOの話だからじゃなくて、唐沢の本の話だから嫌がられているという可能性は?

50 :無名草子さん:2009/08/27(木) 14:41:21
>何か語りやすい雰囲気だったんで、かなり饒舌にしゃべる。
>途中一回、酸素不足になり倒れそうになった(それでも
>口は動き続けていた)くらい。社長に完敗宣言されたほどだった。

相変わらずだなぁ「受けた受けた」パターンですか?
しかし自分で自分のしゃべりを「かなり饒舌にしゃべる」と書くのは
どういうものかなぁ



51 :無名草子さん:2009/08/27(木) 14:55:21
こんな人が薬剤師にならなくて良かったよ w

52 :無名草子さん:2009/08/27(木) 14:58:31
>S社の落語関係本の資料もミクシィで届く。

mixiって宅配業も始めたの?
mixiのメッセでどっかのサイトからのコピペ資料でも送ってもらったの?

53 :無名草子さん:2009/08/27(木) 15:17:37
>>50
唐沢の自己申告じゃなぁ…ブラック師匠の件もあるし。

この社長ブログでもやってないのかな?このテープも手に入れたいぞ。

54 :無名草子さん:2009/08/27(木) 15:27:01
自分で自分をべた褒めする奴なんぞ
誰も信用しないと、いつ気付くのか。

55 :無名草子さん:2009/08/27(木) 15:39:25
>社長に完敗宣言されたほどだった。

話の内容ではなくて、単にテンテーが喋るのを止めたかっただけでは?

「まったく、唐沢さんには負けましたよ。いやー、完敗です。おっと、そろそろ時間が」
ってなかんじでさw

56 :無名草子さん:2009/08/27(木) 15:40:42
>>52
唐沢がMS WordやExcelで送っても読めないから、相手が気を使って、テキストだけを張り付けて
送ってくれるんじゃない?(S社ってどこ?)

メールの添付ファイルとかも扱えないんじゃない?どこの化石だよ。

57 :無名草子さん:2009/08/27(木) 15:46:20
Webメールの書き込み画面に直接書き込んでゲンコーゲンコー言ってそうだからな

58 :無名草子さん:2009/08/27(木) 15:56:23
>>56
俊一がWordとかExcel持っていない可能性があるとも考えたけど、
互換ソフトでファイルを読めるからな。

59 :無名草子さん:2009/08/27(木) 15:56:24
>>45
いつものうろ覚えでアデニンとシトシンが融合したと推測

60 :無名草子さん:2009/08/27(木) 16:10:37
日記は営業活動の一環だから、マイナス評価は書けないやな。
自分で自分を褒めてやらなきゃ、誰が褒めてくれるというの?
「かわいそう」w


61 :無名草子さん:2009/08/27(木) 16:11:26
とんだ情報弱者だな。

せいぜいmixiで送って貰った資料で、立派な原稿を書いて欲しいもんだ…

62 :無名草子さん:2009/08/27(木) 16:23:36
>>48
「新UFO入門」でどういう事態が発生したか覚えていたら。少しでも
謝罪の意思があれば、普通こんな文は書けないでしょうになあ。

63 :無名草子さん:2009/08/27(木) 16:55:17
「博覧強記の仕事術」を高く評価してくれる人もいるんですよ。
「新UFO入門」を絶賛してくれて、今でも読み返してくれているんですよ。
どこぞのアンチがダメだダメだと悪口を書いても無駄ですよぉぉぉ

という精一杯のアピール。

64 :無名草子さん:2009/08/27(木) 16:57:01
>リクエストが『新・UFO入門』についてだというのが傑作。


盗作の事を知らない情薄の社長に、懇切丁寧に
『新・UFO入門』が巻き起こした事件について
語ってやればいいのに。

-------

スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

14:00  |  その他の雑学本 間違い探し編 (324) +  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>唐沢もコスプレじゃないのなら、ちゃんとスーツを着ていくべきかと。

そもそも、そういうスーツを唐沢俊一がもっているかどうかもわからないのですが。日記その他で見る唐沢俊一の写真で、そんなの着ているものってあったっけ? と思いました。

参考: 唐沢俊一の“正装”
- http://obc.em-lab.jp/blog/kayou/postimages/P1030551.JPG
( http://www.obc1314.co.jp/blog/kayou/?m=20070321 の中だから結婚式?)

- http://nikkei.hi-ho.ne.jp/scansnap/images/02_p01.jpg
- http://nikkei.hi-ho.ne.jp/scansnap/images/02_p06.jpg
( http://nikkei.hi-ho.ne.jp/scansnap/bk_02_index.html の PR 記事より。
下の写真の胸のあたりのは、まさかシミではないと思いますが……)
トンデモない一行知識 |  2009年08月29日(土) 20:33 |  URL |  【コメント編集】

>普通のリーマンが「”平服”って書いてあったからって、ジーンズで披露宴」とかやったりしたら、上司や同僚から突っ込まれまくりでしょう

 最初に「鮎川哲也賞」の受賞パーティに招待されたときは、ブレザーにネクタイという格好でいきました。会場にたった一人顔馴染みの逢坂剛先生(同じ会社の社員)の姿を見つけ、一緒にビールなんか呑んでました。そのときの逢坂さんのお言葉、「こういった席で、ぼくらだけがネクタイしてるなんて珍しいよね」。そういうことなんで、唐沢もコスプレじゃないのなら、ちゃんとスーツを着ていくべきかと。
藤岡真 |  2009年08月29日(土) 18:22 |  URL |  【コメント編集】

>mino さん
まあ、「“正装”」と二重引用符でくくっているからという言い訳は成り立つとは思いますが、初対面の、固めの会社の社長さんとの対談の場に出向く際の“正装”かなあと違和感をおぼえました。日記の文章から判断するに、唐沢俊一的には、“正装”イコ-ル撮影用のよそ行き衣装というだけのことかもしれませんが。以前の日記には、インタビューとかない日に出歩いていたら、浮浪者みたいな恰好だと指摘されたというエピソードものっていたくらいだし、普段はよっぽどスゴくて、ラフだとかカジュアルだとかいってすませられる服装ではないのでしょう。

http://www.tobunken.com/diary/diary20071104123129.html
>一緒に歩いていた白髯の人を紹介され、
>「ビッグ錠先生です」
>と言われたのにビックリ。ビッグ先生、握手してきて
>「テレビとかで見ているお姿と違いますねえ。どこの浮浪者かと
>思いました」
>と言われて苦笑。確かに今日はインタビューとかじゃないし、
>と思い、三日間くらい着古したヨレヨレにシャツ姿にカバンを
>タスキにひっかけ、髪もまるでカットしていないぼさぼさ。
>少し気をつけよう、と反省もした。

礼儀作法関係は (も?)、唐沢俊一の苦手科目のひとつなんでしょう。普通のリーマンが「”平服”って書いてあったからって、ジーンズで披露宴」とかやったりしたら、上司や同僚から突っ込まれまくりでしょうけど、唐沢俊一にそんな注意をしてくれる人がいてくれたかどうか。潮健児氏の『星を喰った男』には、日本の映画界で上にあがるのは礼儀作法がなっていないとダメというようなことも書いてありました。唐沢俊一が、小野栄一や潮健児のコネをもってしても上の方と縁がないのは、そこいらがかなりダメだったからかなと勝手に想像しています。
トンデモない一行知識 |  2009年08月29日(土) 16:37 |  URL |  【コメント編集】

●モーニングの下に黒シャツだったりして・・

>>「黒シャツ黒上着」は「“正装”」なのか……。

TPOにもよるでしょうが、それを正装と呼ぶのはちょっと・・
結婚式なんかだと、”平服”って呼ばれるレベルじゃないかと。

会社にも十年に一人くらいいますけど、”平服”って書いてあったからって、ジーンズで披露宴に行ったりする人なのかなぁ?
mino |  2009年08月29日(土) 15:55 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/215-798a53df

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。