2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.22 (Sat)

唐沢俊一改不了×× (←多過ぎて書ききれない)

http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1250675166/855

855 :オタアミ会議室より:2009/08/21(金) 23:07:50
412/418 ******** 唐沢 俊一    RE^4:ゴーモニズム宣言(猟奇なモノ好き)
( 1) 97/06/25 10:50 336へのコメント コメント数:1

>伊藤くん
》そもそも僕はサブカルvsオタク、という図式の存在自体に「なんだかな
》あ」と思っています。対象は一緒で、そのアプローチの仕方に違いがある
》だけで。
 ああ、またこんなバカなことを言っている。
(**)を取るのが十年、早すぎたかなあ。
 アプローチの仕方こそが重大事ってことを理解しないで、
「唐沢先生のところにおりました」
 って言ってもらいたくないぞ。ホントにオレの著書、読んでいるのかね?

 まったく、ちょっと気を許すことこれだ。みんな、なんかこいつにいい新
呼称があったら考えてくれ。度し難い。

      狗改不了吃屎(犬はクソを食うことを改められない:**はど
      んなにしても**、という意味)てのはこいつのことだ/唐沢


1997 年に、ニフティ・サーブのオタクアミーゴス会議室に書き込まれたもの。2ちゃんねる
のスレにこれを貼ってくれた人は、他にもいくつか紹介してくれていたり (Read More
参照)。

「**」になっているのは、元の文章では「バカ」となっていた箇所を、配慮により伏せ字
にしているのだろう。

参考:
そんな愛なんていらないというのを許さない人たちもいる

で、文脈からいっても、この唐沢俊一の書き込みの最後は、

>      狗改不了吃屎(犬はクソを食うことを改められない:バカはど
>      んなにしてもバカ、という意味)てのはこいつのことだ/唐沢


だったのだろうけど、「狗改不了吃屎」をここでもってくるのは、何だか間違っているような
……唐沢俊一はどうも、「狗改不了吃屎」を、「バカは死ななきゃ直らない」という意味だ
と勘違いしているみたいな。

http://www.gs-jp.com/japanese/jp-stray-notes-7.html
>「狗改不了吃屎」→ 悪党の本性が変わらない。

http://zhuangyuan.exblog.jp/2178609/
>イヌといえばこんな表現も出ていました。
>狗改不了吃屎(イヌは糞尿を食べるのをやめられない=悪い癖がなおらない)
>中国語の口語表現の汚い言葉、下ネタのオンパレードで楽しかった。
>中国語にはイヌ(狗)に関わる言葉がめちゃめちゃ多い。それもほとんど悪い意味
>です。


http://74.125.153.132/search?q=cache:ArboNiGeSbIJ:web.thu.edu.tw/kudo/www/communication/page/2004withkanagawa/communicationessey/group6.doc
>狗改不了吃屎〔gou gai bu liao chi shi〕(悪い習慣を直すことができない)

「悪党の本性が変わらない」、「悪い癖がなおらない」、「悪い習慣を直すことができない」
ような人間を罵る言葉だったら、酒癖が悪くていつも大暴れするとか、盗癖があるとか、
女癖が悪く奥さんに見捨てられているとか、そういう者が話題になっているときに使うの
が適切では。少なくとも、「サブカルvsオタク、という図式」に疑問を表明しただけの者に
使うような言葉ではないのは確か。

というか、酒を飲むときに「セックスー!」と合いの手を入れたり、文章を書くにあたって
盗用を繰り返したり、誰それはトテカワだとしつこく何度も日記に書いたりする、奥さん
とは現在別居中のライターが対象のときにこそ、「狗改不了吃屎」という言葉がいきて
くるのではないかと。こちらなら、「バカは死ななきゃ直らない」の方でも違和感がない。
ガセを書き散らかす頻度もすごいものだし。


ところで、唐沢俊一は、「ホントにオレの著書、読んでいるのかね?」とも書いているが、
「サブカルvsオタク、という図式」という「アプローチの仕方こそが重大事ってこと」は、
唐沢俊一のどの本に書いてあるのかは不明。

1997 年以前に出ていた唐沢俊一の本って、『カルト王』のように別冊宝島の原稿の
再録が主だったり、唐沢なをきと組んだ唐沢商会のものだったりで、どっちかというと
サブカルかなと思うんだけど。オタクを前面に出した時期の著書には、そこからの使い
回しも多数なんだから、「アプローチの仕方こそが重大事」っていう割には、何も変わら
ないことしか書けないんじゃないか所詮、って気も。



More...

http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1250675166/847-
-------
847 :オタアミ会議室より:2009/08/21(金) 23:00:59
003/093 ******** 岡田斗司夫 あー皆のモノ、読むように
( 1) 97/06/16 00:08 コメント数:1


 議長である。同じ事何度も書くのはメンドーなので、当会議室に関しての注意事項
をさらっと確認しておこう。

(0)議長連の独裁で運営される会議室である。
 この場はオタクアミーゴスの議長連(唐沢俊一・眠田直・岡田斗司夫)の独裁によ
って運営されている。表面は民主的手続きを謳いながら、内実はSYSOP独裁制、
なんていうそこらのフォーラムとは、ま、見識が違うのだよ。だから、なんかあった
ときには議長連の判断が優先するぞ。そのことだけは認識しといてくれ。

(1)お笑い会議室なので怒らない。
(略)

(2)無責任な噂を書くときは【噂の真相】というヘッダを使用する。

(3)アミーゴスを褒め称え、その活動に注目する。
 オタクアミーゴスとは唐沢俊一、眠田直そして岡田斗司夫の3人が力を合わせた、
オタク界最強のユニットだ。そのグループ活動、個人活動に関わらず注目し、財布の
許す限り商品を購入すること。もし君がどこかで伊藤(元**)というサブカル・ラ
イターに会ったなら、彼の語る「アミーゴス関係の悪口」を残らず記憶し、ここに書
き込んでくれ。

(4)1行RESの禁止。
(略)

(5)***駅周辺で議長に話しかけない。
(略)

** ********/ オタクアミーゴス会議室 議長・岡田斗司夫でした**

853 :オタアミ会議室より:2009/08/21(金) 23:05:52
291/293 ******** 唐沢 俊一    RE:オタクアミーゴス公演にて
( 3) 97/05/20 11:16 271へのコメント


>○○○○さん
》唐沢副議長のイメージギャップに戸惑いながらも
 どう思っていたのだ(笑)

 わたしとしては、あの日くらい、舞台でなく客席にいたかった日は
なかったな。最前列に伊藤(**)くんが座っていたのだが、誰か後
列で「あれが伊藤(**)さんだ」と誰かが指さしたら、
「そうだ、伊藤(**)さんだ」
「伊藤(**)さんだ」
「えっ、あの伊藤(**)さんが」
「どこに伊藤(**)さんが?」
 と、どどどどどっと声が後列に伝わり、立ち上がってのぞきこむヤ
ツまでいたらしい。いやあ、面白い現象だったろうなあ。

 物販コーナーで「type」売れば絶対、売れるぞ>Yくん

                             唐沢

855 :オタアミ会議室より:2009/08/21(金) 23:07:50
412/418 ******** 唐沢 俊一    RE^4:ゴーモニズム宣言(猟奇なモノ好き)
( 1) 97/06/25 10:50 336へのコメント コメント数:1

>伊藤くん
》そもそも僕はサブカルvsオタク、という図式の存在自体に「なんだかな
》あ」と思っています。対象は一緒で、そのアプローチの仕方に違いがある
》だけで。
 ああ、またこんなバカなことを言っている。
(**)を取るのが十年、早すぎたかなあ。
 アプローチの仕方こそが重大事ってことを理解しないで、
「唐沢先生のところにおりました」
 って言ってもらいたくないぞ。ホントにオレの著書、読んでいるのかね?

 まったく、ちょっと気を許すことこれだ。みんな、なんかこいつにいい新
呼称があったら考えてくれ。度し難い。

      狗改不了吃屎(犬はクソを食うことを改められない:**はど
      んなにしても**、という意味)てのはこいつのことだ/唐沢


858 :オタアミ会議室より(ここまでにしておきます):2009/08/21(金) 23:11:45
752/756 ******** 唐沢 俊一    RE:西遊記マンガいろいろ
( 3) 98/04/04 10:21 744へのコメント

>○○○○○さん
 ご来場感謝します。
》脇から「あの方」に関する茶々を入れたのは私でございます
 以前は壇上で「伊藤(**)くん」と言えば、事情を知らぬ人間にも
笑いが取れたものですが、そろそろ記憶も薄らいだ昨今、また新たなネ
タ元が出現したことは喜ばしい限りであります。

                              議長


859 :当時のFCOMEDY会員:2009/08/21(金) 23:14:58
以上、当時の唐沢氏関係の会議室の状況を
知っていただきたく、発掘した発言をコピペ
しました。

伊藤剛様、もしここをお読みでしたら、ご不快な
文言の再録をお詫びいたします。
これだけの暴言を浴びながら、へこたれることなく
現在の立場を築かれたことに、心から敬意を表します。


862 :無名草子さん:2009/08/21(金) 23:22:51
>>859
これらって、あの裁判の後の話?
唐沢ってただの馬鹿ないじめっ子じゃん

865 :当時のFCOMEDY会員:2009/08/21(金) 23:31:02
>>862
伊藤さんがオタアミ会議室で提訴の件を公表したのは
98年11月28日ですから、上記の発言は裁判前のものです。

さすがに岡田氏と唐沢氏も、裁判後は公の場で伊藤さんを
蔑称で呼んだことはないようです。
(最近になって、わざわざ問題の蔑称を使った元漫画家さん
がおられたようですが)

868 :無名草子さん:2009/08/21(金) 23:34:09
なんかオタアミ会議室のそれ
中高生のイジメを見てるようで胸糞悪くなるなあ

869 :無名草子さん:2009/08/21(金) 23:34:15
>>859
お疲れ様でした


>>855
>「唐沢先生のところにおりました」
>って言ってもらいたくないぞ。

実は唐沢の方から来て下さいと言ってたんだよな
こういうのって何て言うんだろう
盗っ人猛々しい じゃなくて、なんかうまく当てはまる言葉が見つからない
某スレの名言「バカなの、すっごくバカなの」あたりかな?

あと、これだけふざけた中傷を並べ立ててた岡田が、今はさっさと唐沢眠田を見捨てて逃げ出してるってのも凄いな
昔のマンガに出てくる悪人だよなまったく

871 :無名草子さん:2009/08/21(金) 23:36:59
オタアミって、これで立派な社会人だったんだよね?
伊藤さん、大変だったんだなぁ。

872 :当時のFCOMEDY会員:2009/08/21(金) 23:37:32
>>863
同意です。
単に他人を蔑称で呼ぶことと、かつて裁判沙汰の原因に
までなった蔑称を当事者が再使用することとは、大きな差が
あるのですが、その程度のことも分からない人がこれだけ
いるのは正直びっくりです。

873 :無名草子さん:2009/08/21(金) 23:39:14
1998年って事は唐沢は39~40歳だよなぁ
まじに嫌なオッサンだ。


874 :無名草子さん:2009/08/21(金) 23:40:27
バカがだめだから何か別の呼び名を考えようよ~~~って、頭悪いなぁ

875 :当時のFCOMEDY会員:2009/08/21(金) 23:41:01
>>868
さらに問題なのは、運営陣以外の一般発言者も
伊藤さんを蔑称で呼ぶことに同調していること
です。

正直、読み返して吐き気がしました。
と、同時に自分も当時は発言こそしないものの、
このあたりを読み飛ばしていて、SYSOPメールなり
nifty社への苦情なりをしなかったのは、正直痛恨です。

876 :当時のFCOMEDY会員:2009/08/21(金) 23:44:27
>>869
岡田氏の変節は褒められたことではありませんが、
適度に腹黒い人の方が、そのエゴからまともな
判断を下すことはありますから、その意味では
岡田氏の方がまともだと思います。

唐沢氏周辺は、内輪の正義感で伊藤さんに蔑称の
レッテルを貼り続けようとしているから、かえって
やっかいだと思います。


877 :無名草子さん:2009/08/21(金) 23:49:56
「物書きには常識知らずが多い。
 つまり常識を知らない俺は物書きに向いているということだ」


という幼稚な勘違いから痛車評論家になった黄豚…

878 :無名草子さん:2009/08/21(金) 23:51:30
>>876
べつに厄介じゃないと思いますよ
動機がなんだろうがと学会MLでの眠田と山本の発言は侮辱罪に当たるんで
他人のお情けにすがって刑事告訴免れてる頭の緩いひとたちってだけでしょう

879 :無名草子さん:2009/08/22(土) 00:06:15
>>877
英雄には女好きが多い。だから女好きな俺は英雄だ!
ってヤツですなw

880 :当時のFCOMEDY会員:2009/08/22(土) 00:10:36
>>878
なるほど。そう考えると「やっかい」でも何でも
ないですね。

自分はSF作家としての山本氏やパロディ漫画家の
みんだ氏はファンだったので、その意味で現状を
「困ったものだ」と思ってしまうのですが、「関係者の実害」
として考えれば、もう終わってしまった人たちなんでしょうね。
(実害を被った方々にしてみれば、感情面では終わらない
と思いますが)

では、ひとまず名無しに戻りますが、何か発掘できたら
また出します。

-------

スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

09:49  |  本以外の媒体 間違い探し編 (13) +  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●必死でパソコン通信のニュースサービスから検索、とか

ああ、私自身は使ったことがないですが、効率よくダウンロードするソフトとかもあったようですね。あとは、1995 年以降ならばテレホーダイとか、電話代の節約には皆さんいろいろ工夫なさっていたみたいです (←他人事)。

前のコメントに書いた元同僚の女の子の方は、時代が 1980 年代後半ということもあり、繋ぎっぱなしに近い感じで使っていたのではないかと思います。話を聞いているかぎりだと、欲しい情報をまとめてゲットというより、他の参加者との会話を、それこそチャットみたいに楽しんでいるようだったので。新人でお給料もそう高くなく、一人暮らしでよくやっていたなと感心しますが。


さて、パソ通と唐沢俊一に話を戻すと (?)、『トンデモ一行知識の逆襲』に唐沢俊一は、こんなことを書いていたりします。必死だったのだなというのはわかるにしても、あんまりな文章です。

『トンデモ一行知識の逆襲』 P.108
> 日本では、平成五年、横浜の三十歳の会社員がマムシ酒を造ろうと
>岩手の農協から生きたマムシを取り寄せ、うっかりそのマムシに咬ま
>れて死んでしまうという事件がおこった。亡くなった会社員の方には
>気の毒だが、平成五年といえば例の松本サリン事件で世間が騒いでい
>る最中であり、そのあたりの毒物氏のデータを私も仲間の物書きたち
>もみんな、必死でパソコン通信のニュースサービスから検索していた。
>そこにひっかかってきたのがこの事件だったものだから、あっという
>間に仲間うちにこんなマイナーな事件がひろまり、電話で、
>「なんだこの会社員は。こういう事件のさなかに人騒がせな」
>「だいたい、まだ三十でマムシ酒のお世話になろうというのが情けない。
>インポではないのか」
> などと、みんな文句をたれたものだ。
> 死んでからも悪口を言われたのでは割に合わない話だが、何でも物事
>はタイミングが大事、という教訓である。

確か他の本でも使い回ししているエピソードなので、唐沢俊一的には自信のある面白い話なんでしょう。

トンデモない一行知識 |  2009年08月22日(土) 21:50 |  URL |  【コメント編集】

●あの頃は

こんばんは。

本筋とは違いますが。フォーラム内の一覧をまず拾って、タイトルから必要な発言だけをダウンロードするフリーのソフトを利用していました(これも師の教えです)。電話をかける時間をいかに節約するかに腐心していましたね。どうしても必要なフリーソフトをダウンロードする時だけじりじりしながら通信していました。電話のかけっぱー状態なんて想像したこともありませんでしたよ。その後遺症なのか、チャットはいまだに鬼門です、勿体ないお化けが出そうで(笑)。
うさぎ林檎 |  2009年08月22日(土) 20:30 |  URL |  【コメント編集】

●そういえば「バカの町山」って「アホの坂田」からつけたのかしら、関係ないのかしら

>通りすがりさん

当時の唐沢俊一は、みうらじゅん気取りだったというのは、いかにもありそうですね。みうらじゅんもまた、唐沢俊一がなりたくてもなれなかった人の一人かと思っていますが。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%e7%94%ba%e5%b1%b1%e6%99%ba%e6%b5%a9
>入社後、まず1980年代中期パンク雑誌だった頃の『宝島』本誌を担当した。
>担当はみうらじゅん、デーモン小暮、坂東齢人、根本敬、三留まゆみなど。
>特にみうらとは仲が良く、バカの町山の称号(褒め言葉である)を与えられ
>ており[1]、現在でも町山はみうらを師と仰いでいる[2]。

また、唐沢俊一は、自分の脳内尾崎紅葉が泉鏡花のペンネームを「畠芋之助」にしたのにならって、文豪気取りで弟子いじりをやっていた面もあるんじゃないかと推測しています。

http://www.tobunken.com/diary/diary20000222000000.html
>紅葉は最初、鏡花に“畠芋之介”というペンネームで書かせた。(バカ)と
>同じである。イジメみたいなものだが、人格をある程度否定されたところ
>からでなければモノは学べない。芸ごとってみんなそんなもんだ。

http://tondemonai2.web.fc2.com/27.html
>『トンデモ一行知識の世界』P.45 欄外
> ・泉鏡花がデビューしたとき、師匠の尾崎紅葉がつけたペンネームは
>  「畠芋之助」だった。

>泉鏡花は「畠芋之助」名義でデビュー作「冠彌左衞門」や「鬼の角」を発表しているが、
>この名前を「師匠の尾崎紅葉がつけた」という話は、捜しても見つからない。
>「泉鏡花」の名前は尾崎紅葉がつけたという話ならば見つけることができる。

ガセであるばかりか、同じ『トンデモ一行知識の世界』に載っている別の一行知識 (これもガセビア) とも矛盾している代物でもあります。

http://tondemonai2.web.fc2.com/66.html
>『トンデモ一行知識の世界』 P.170 欄外
>・尾崎紅葉の弟子は樋口一葉や小栗風葉のように、皆、名前に「葉」の
> 字がついている。

>「皆」と言われても、まず唐沢俊一が同じ『トンデモ一行知識の世界』 の P.45 で、
>師匠は尾崎紅葉と紹介している泉鏡花 (畠芋之助) が該当しない。

>泉鏡花とともに紅葉門下の四天王と言われた徳田秋声にも「葉」の字はつかない。
>四天王の残り二人は小栗風葉と柳川春葉。

トンデモない一行知識 |  2009年08月22日(土) 17:17 |  URL |  【コメント編集】

こんにちは
若い頃「宝島」を読んでいて、編集部内の話に
いつも気の利いた、面白い事を話す若い人が出てきて、
皆から(愛情をこめて)「バカの町山」と呼ばれているのが
すごく微笑ましく愉快で、いつも楽しく読ませてもらいました。
最近になってネットの後追いで、伊藤氏の事件を知り
「あだ名までパクリとは」とあきれています。
通りすがり |  2009年08月22日(土) 14:11 |  URL |  【コメント編集】

●議長ってのも何だか……

私は、1980 年代後半、同僚の女の子の言っていた「月に電話代だけで 5 ~ 6 万円」というのに恐れをなして、近寄りませんでした。<パソコン通信

1990 年代後半というのはまだ、インターネットの接続でも従量制がメインだったと記憶していますし、回線速度も遅かったしで、パソコン通信というものにかけるコストというのは、今とは段違いではなかったかと思います (私自身は会社から繋ぎホーダイやっていたので、あまりよくわかりませんが)。

しかも、純粋な趣味としてのめりこむというより、ライターとしての仕事のためにやっている部分が大きいってのは、それにかける情熱というのは、今の私たちの想像を超えているかもしれません。パソ通なしでも、ライターとしてピンで成立していたような人たちなら、もっと余裕をもって会議室の書き込みを楽しんでいたんでしょうけど。

そして、このオタアミ会議室のやり取りの時期って、個人的には、パソ通の断末魔の声が聞こえるわって感じなのですよね。その断末魔が生み出したのが、唐沢俊一と田口ランディという二大ニフパクラーでイジメも大好きって物件で。

――と、こんなことを思ったのは、ちゆ12歳の「バトルウォッチャー・哭きの竜さんの12年」を読んだからだったりします。
http://tiyu.to/n0502_sp.html

と学会が受けたのになりふりかまわず便乗したり、棚ボタでトリビアの泉の話が入って来たりしなかったら、唐沢俊一も哭きの竜さんと同じく、ニフを懐かしみながら消えていったかなあとも思います。

なお、伊藤さんイジメの件については、当時の2ちゃんねるのログも発掘して言及しておきたいと思っています。何でこんなイジメやるの? という素朴な疑問に、いや一見さんにはわかりにくいかもしれないけどあいつは変な奴でとかなんとかいうやり取りも、どこかにあったと思うので。
トンデモない一行知識 |  2009年08月22日(土) 14:07 |  URL |  【コメント編集】

●唾棄すべきとしか

こんにちは。

この頃、ニフのフォーラムを利用していましたが、もっぱらPCハード回りや、ソフトの開発技術系で仕事がらみでした。私にBBS通信を手ほどきしてくれたその頃の上司が、女の子(の頃もあったのデスヨ)は迂闊な場所には近づかない方が良いと助言してくれていたので、興味はありましたが師の指示に従いました。

今回のオタアミの一連のやり取りを見ると、幼稚で低脳で恥知らずだとしか思えません。ネットだけにとどまらず、互いの顔が見える場所でもそのような行為が行われたことを知り、群集心理だとは思ってもその場の雰囲気を考えるとぞっとします。
このようなバカどもに貴重な時間と労力を割かねばならなかった伊藤氏を本当に気の毒に思います。
うさぎ林檎 |  2009年08月22日(土) 13:24 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/207-61c1a701

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。