2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.15 (Sun)

一生懸命、唐沢俊一先生も拝んでたんですよね、龍神様

『トンデモ創世記2000』 P.116

唐沢● そうそう、うちの母親が心霊関係には興味があったんだけども、
僕、あるとき宗教がすごく嫌いだったんですよ。うちの叔父がバブルで破産
したときに、龍神様にハマって。何かっていうと龍神様頼みですね。それで、
うちの母方の姓が小野っていうんですけども、その小野っていうのは、どこ
かで水を祀っていたらしいというのを聞いたんです。それが小野村っていう
村で、うちの女房の出身も山口県の小野村なんです。「これは、何かある
わよ」となって、龍神を祀った。〈略〉拝んでいるだけでも気が晴れるだろう
って、一生懸命、僕も拝んでたんですよね。
 そのお袋が宗教から離れたのは、その龍神様を祀っている宗教って
いうか、まあ、龍神会というところの先生が、信者と不倫をしたんです。
で、離婚して、その不倫旅行に出かけるので、お修行と称して費用を信者
から集めようとしたんですよ。それにお袋が怒っちゃってですね(笑)。
〈略〉
それも後から考えると本当にうまくいったなと思うのは、実は僕の家という
のは薬局なんですけど、長男の僕も、次男の唐沢なをきも、家を出てもの
書きになっちゃったんですよね。で、薬局継ぐ者がいなくなっちゃった。その
龍神様を拝むので知り合った信者のおばさんとその息子さんが、頭は
良かったんだけどお金がなくて大学に行けない、高校卒業して就職するしか
ないっていうときに、じゃあ、うちの養子になりませんか、と。しかも、薬剤師
の資格を取ってくれたら、店を継がせたいとまで言った。それがスムーズに
できてですね。店を無駄にせずに済み、人手に渡さずに済んだ。


「バブルで破産」なのか、「バブル崩壊で破産」ではないのか、というのはおいといて。

この文章を読んだとき、「ああ、そうだったのか」と何だか納得した覚えがある。
以下に引用する、『ウラグラ! ベスト・オブ・裏モノの神様』の中のK子の漫画は、
そういう背景があってのものだったのかと。

『ウラグラ! ベスト・オブ・裏モノの神様』 P.261

唐沢家の養子は龍王のうまれかわりなんだそーです。
養子「すいません」
唐沢「養子の元母が そう言っている」
「龍王がこの世に あらわれる時 世界が滅びるのです~~~」
今の母は…
「フン 龍王より あたしの方が 売り上げ多いうちは それどころじゃないわね」


んで、2ちゃんねるのスレで、かなり荒れたやり取りになった (Read More 参照) その
もととなったからさわ薬局二代目の養子の人のコメントは、以下の通り。

http://www.kanpo-karasawa.com/Question.html
>Q. テレビでお見かけする「唐沢俊一」さんとの関係は?
>A. 先代のご長男です。私はからさわ薬局の二代目です。先代のご長男が作家の
>唐沢俊一さんです。次男が漫画家の唐沢なをきさんです。私はお二人が独自の道を
>歩まれたので、先代に声をかけられてあとを継ぎました。
>漢方とは関係ないですけど、ホントに良く聞かれますので。


身内に敬語を使うのかというので議論になったわけだが、唐沢俊一がいとこだとしたら、
「ご長男」というのはバカ丁寧に過ぎる気がする。唐沢俊一が『星を喰った男』のあとがき
でやらかした「山本弘氏が〈略〉おっしゃってくれた」のような妙な敬語の使い方
とは違う
(養子の人はもの書きじゃないし) から、仮に唐沢俊一がいとこだったとしても責めるほど
のものではないだろうが、元々は赤の他人だったとする方が自然というか、納得のいく
文章ではある。

しかし、からさわ薬局二代目のブログには、先代つまり唐沢俊一の父を「叔父」と書いて
あったりする。

http://ameblo.jp/blog011-221-0204/
>男性。1972年、札幌生まれ、札幌育ち。札幌市立旭丘高校、北海道薬科大学卒業。
>高校1年の頃、化学はビリから二番目。現代国語と古文はまあまあ上位だった。文系
>に進学するとの周囲の期待を裏切って、理系を志望。
>みごと、撃沈して一浪する。
>ある日、叔父から「理系なら薬剤師にならないか?」と誘われ、薬学部に入学。薬剤師
>免許を取得し、叔父の養子となる。叔父には二人の息子が居るが、あとを継がないの
>で、私があと継ぎ候補となる。
>1年の修行の後、北海道庁北門前の叔父が経営する「からさわ薬局」へ。27歳で先代
>のあとを継ぐことになり、右も左もわからないまま、社長になる。


可能性として考えられるのは、以下のうちのどれかか。

1. からさわ薬局の二代目は、新興宗教の龍神会で知り合った赤の他人の息子
2. からさわ薬局の二代目は、新興宗教の龍神会にもいっしょに入っていた親戚の息子
3. からさわ薬局の二代目は、唐沢俊一の父親の兄弟姉妹の息子、龍神会は関係ない

3. だったらもちろん、1. または 2. だけど「龍神会」の話は隠しておきたいという場合、
「龍神様を拝むので知り合った信者のおばさんとその息子さん」と本に書いてしまう
「先代のご長男」、「唐沢家の養子は龍王のうまれかわり」と漫画に描くご長男の嫁に
囲まれている養子の人は少し気の毒な気もする。

「離婚して、その不倫旅行に出かけるので、お修行と称して費用を信者から集めようと
した」先生のいるようなタチの悪い新興宗教に属していた過去というのは、あんまりバラ
されたくないのではないか。いや、それも唐沢俊一の嘘八百かもしれないのだけど。


More...

http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1233585180/162-
-------
162 :無名草子さん:2009/02/05(木) 00:54:12
実家の薬局を養子が継いでいるわけだけど、
一定額をママンに生活費として仕送りしてると予想。
その中からカラサーに赤字分を払ってあげてるのでは。
これなら底はつかない。

163 :無名草子さん:2009/02/05(木) 00:56:41
>>162
オレが養子ならキレる。
養子&ママンはカラサーのP&Gを知ってるのかね?

164 :無名草子さん:2009/02/05(木) 01:24:51
カラサーはともかく薬局をポンとくれたママンのことは面倒見るんじゃ?
養子にするときそのくらい条件つけてる気がする。
大きな調剤薬局なら手堅い収入はあるだろうし、
老母への仕送りは税金の控除になるでしょ。
で、その一部をカラサーに現金で手渡し。贈与になると困るしね。

165 :無名草子さん:2009/02/05(木) 01:29:17
純朴な養子は、義兄の俊一さんはテレビにも出て有名だし、
さぞ稼いでるんだろうなと思ってくれてるんだろうね……。
涙なくしては語れないよ。


166 :無名草子さん:2009/02/05(木) 01:34:50
親の仕送りや援助を得ながら執筆活動をしたって一向に構わないと思うよ。
古今東西、そういう書き手は数多いしね。
問題は、それでどういう仕事を残せたかにかかってる。

167 :無名草子さん:2009/02/05(木) 01:41:24
http://www.kanpo-karasawa.com/index.html
からさわ薬局ってここかな?
支店があるってことは儲かってるんだな
俊一に似ず文章がおもしろい、FAQとかBlogとか
・・・この人がライターになったほうが売れるとおもうんだが

168 :無名草子さん:2009/02/05(木) 01:45:14
>Q. テレビでお見かけする「唐沢俊一」さんとの関係は?
>A. 先代のご長男です。
>私はからさわ薬局の二代目です。
>先代のご長男が作家の唐沢俊一さんです。次男が漫画家の唐沢なをきさんです。
>私はお二人が独自の道を歩まれたので、先代に声をかけられてあとを継ぎました。
>漢方とは関係ないですけど、ホントに良く聞かれますので。

先代に声をかけられてあとを継ぎました・・・・?
自称薬学部を出たカラサーの立場は?!

169 :無名草子さん:2009/02/05(木) 01:46:37
薬科大は中退だし、薬剤師の免状も持ってないはず。

170 :無名草子さん:2009/02/05(木) 01:50:41
>>168
あれ?二代目って唐沢兄弟の従兄弟じゃなかったの?
他人とは知らなかった。

171 :無名草子さん:2009/02/05(木) 01:50:48
養子さん、カラサーのいとこなのか。

> ある日、叔父から「理系なら薬剤師にならないか?」と誘われ、
> 薬学部に入学。薬剤師免許を取得し、叔父の養子となる。
> 叔父には二人の息子が居るが、あとを継がないので、私があと
> 継ぎ候補となる。
1年の修行の後、北海道庁北門前の叔父が経営する「からさわ薬局」へ。
27歳で先代のあとを継ぐことになり、右も左もわからないまま、社長になる。

172 :無名草子さん:2009/02/05(木) 01:55:35
>>171
ああ、やっぱり従兄弟だよね。
単に常識を知らないというだけか。
まともに見えても唐沢の血筋...

173 :無名草子さん:2009/02/05(木) 02:03:19
血筋なんか関係ねえよ。
ネタ枯れだからって、関係ない従兄弟にまで因縁つけるな。

174 :無名草子さん:2009/02/05(木) 02:09:20
>>173
>>168

175 :無名草子さん:2009/02/05(木) 02:13:06
>>173
唐沢の知ったかぶりやデリカシーのなさは論外レベルだが、
唐沢批判をしている人間の中にも唐沢の同類が混じっている。
2ちゃんだから仕方ない。

176 :無名草子さん:2009/02/05(木) 02:17:52
>>172
ブログやHPを見たが、すごく真面目そうな普通の人だが?


177 :無名草子さん:2009/02/05(木) 02:18:39
じゃあ聞くが、身内に敬語っていうのは、北海道独自の風習なんですか?

178 :無名草子さん:2009/02/05(木) 02:18:42
>>175
>唐沢批判をしている人間の中にも唐沢の同類が混じっている。

唐沢の元ファンや元取り巻きが混じってるから仕方がない。

179 :無名草子さん:2009/02/05(木) 02:19:15
>>173
おやおや?サントクのうす不味い総菜つまみに深夜のホッピータイムですか?

180 :無名草子さん:2009/02/05(木) 02:20:19
>>177
北海道の風習は知らんが、たぶん俊一・なをき兄弟に対して
あまり「身内」という感じがしないんだろうなと思って見てた。
たったそれだけのことで「常識がない」だの「血筋」だのと騒ぐのは、
いくらなんでも大袈裟。

181 :無名草子さん:2009/02/05(木) 02:21:40
ママンや二代目を叩くより、カラサーの行状をママンや二代目にチクったほうが効果的

182 :無名草子さん:2009/02/05(木) 02:22:19
現在、ホッピーパトロールの最中です

183 :無名草子さん:2009/02/05(木) 02:27:27
>>180
それが一般常識というもの。
叔母や従兄弟の事を他人に話す時は敬語は使わない。
それが日本の風習。北海道は知らないけど。

184 :無名草子さん:2009/02/05(木) 02:29:09
「血筋」という言葉の重みがわかってない気配だねえ。
ホッピー連呼でごまかせることではないのだがねえ。

185 :無名草子さん:2009/02/05(木) 02:32:24
>>183
そりゃ血縁者のことを第三者に言うときに敬称をつけない・敬語は使わないのは
一般常識さ。そんなの百も承知だよ。
だけど、それにちょっと反した言葉遣いをしただけで「常識がない」
だの「血筋」だのと言うのはどうよ?と言ってるんだけど。
あとこの文脈で「風習」て言葉を使うのも違和感あるな。

186 :無名草子さん:2009/02/05(木) 02:33:30
二代目は見てんじゃないの?
(ノ∀`)アチャー←漫棚通信からパクリ発覚
アチャ・・・(ノ_< ;)←潮健児の自伝名義勝手に変更発覚
(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル!←現在

187 :無名草子さん:2009/02/05(木) 02:34:01
常識がないって言うだけならともかく、血筋まで持ち出したら、
言動に対する批判じゃなくて、人格に対する攻撃になるもんな。
慎んだ方がいいよ。
ただでさえ、人を批判してるスレなんだから。

188 :無名草子さん:2009/02/05(木) 02:36:21
唐沢の取り巻き勢、ずいぶん裏切り者が出てるみたいだね。


189 :無名草子さん:2009/02/05(木) 02:37:11
いやいや、と学会というバックがいますから。

190 :無名草子さん:2009/02/05(木) 02:38:24
>>187
だいぶ前からカラサーの人格を疑ってるが?
自称鬼畜なんだから平気だろ

191 :無名草子さん:2009/02/05(木) 02:39:07
いや、と学会内部からも、いろいろと……。


192 :無名草子さん:2009/02/05(木) 02:40:01
>>190
カラサーの人格はともかく、二代目さんの人格についてあれこれ言うのはよくない。

193 :無名草子さん:2009/02/05(木) 02:41:16
>>190
二代目はいい人だろ。
唐沢俊一は鬼畜だけど。

194 :無名草子さん:2009/02/05(木) 02:42:09
>>191
キノマンとかドラ山
バーバラ・アスカに大文学先生

195 :無名草子さん:2009/02/05(木) 03:04:44
二代目君、ここ見てたら敬語の部分直しておこうね☆彡

196 :無名草子さん:2009/02/05(木) 03:31:51
>>171
おかしいなあ。唐沢俊一の本には、母親とかが新興宗教にハマッたときに
知り合った赤の他人っぽいことが書かれていたんだけど。

197 :無名草子さん:2009/02/05(木) 03:33:12
養子に入って家業を継いだ二代目が、初代一家との関係を説明する文の中で
先代の息子をご長男と呼び○○さんとさん付けにするのは、間違っていない。
しつこくアヤをつけているあんたの感覚のほうこそおかしい。


198 :無名草子さん:2009/02/05(木) 03:40:22
どうせ、唐沢の元取り巻きでしょ。
類は友を呼ぶってね……と言ってみるw

199 :無名草子さん:2009/02/05(木) 06:04:08
なをさんの漫画に一回だけ「養子くん」というキャラがでてくるんだけど、ほんとにそっくりなので笑った(人の良さと気弱さを同時に持っていそうなところが)

200 :無名草子さん:2009/02/05(木) 06:58:21
マジかよチョーうけるw

201 :無名草子さん:2009/02/05(木) 07:21:16
>>200

確か「自分の家族に漫画を描かせる」というネタだった。パパンもママンも絵を描いてる。
あ、いま思い出したけど「養子くん」は自画像だ

202 :無名草子さん:2009/02/05(木) 07:35:02
「からまん」?

203 :無名草子さん:2009/02/05(木) 07:53:34
なをきは作品も面白いし人柄もいいし

204 :無名草子さん:2009/02/05(木) 09:11:15
「身内」ってせいぜい3等身程度の間柄のことを言うんじゃないの?

205 :無名草子さん:2009/02/05(木) 09:21:36
ウラグラだったかに、養子君は龍王の息子だか生まれ変わりだとか書かれている。
養子君の実母がそう主張していたそうだ。

206 :無名草子さん:2009/02/05(木) 10:04:35
http://shirow.asablo.jp/blog/2008/05/30/3549832
>ネット時代になって顕著に感じるようになったのが、“誤った情報が
>いつの間にか定説になってる”こと。ネットで調べただけで終わらせるのは、
>物書きとしては特に危険です。

207 :無名草子さん:2009/02/05(木) 10:44:58
>>197
全くだ。商談ならともかく、ネットに書いたくだけた文章なんだし、養子がそういう気遣いをするのは、
全然変じゃない。

誰かが「うちの奥さんが」と書いているのを「身内なんだから妻と書け!」と難癖付けているみた
いで文句言うための文句にしか思えない。

血筋とか言ってるな。悪いのは難癖バカの頭だ。


208 :無名草子さん:2009/02/05(木) 11:31:42
批判のための批判は、民主党みたいでかっこわるい

209 :無名草子さん:2009/02/05(木) 11:42:27
>>201
あれ読んだ当時は仲違いしたのを知らなかったので
「兄貴にも自画像描かせれば面白いのに」とのんきに思っていた。

210 :無名草子さん:2009/02/05(木) 11:53:34
その薬局の二代目さん(?)が日頃から敬語について五月蝿くいう、自称、正しい敬語使い
の人だったなら、まだツッコミがいもあると思うんだが。なんだかなあ。

211 :無名草子さん:2009/02/05(木) 12:00:51
どうせ、カラサーの元取り巻きですよ。
ニフティのオタクアミーゴスとか、裏モノ会議室には、
この手の難癖つけがいっぱいましたから。

212 :無名草子さん:2009/02/05(木) 12:02:05
日本人の大多数が唐沢俊一という人間を知らない

213 :無名草子さん:2009/02/05(木) 12:03:56
まああんまり興奮するなよ。

214 :無名草子さん:2009/02/05(木) 12:09:26
このところ、大きな新ネタがないからな。
こうやって雑談でつなぐしかないんだよね。

-------

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

15:29  |  資料編 (14) +  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●2ちゃんねるでの議論には不参加だったけど

あ、身内に敬語を使うなんてうんぬんというのは、おっしゃっているような面と向かって話している場合には適用されないと思いますよ。

要するに、家庭内や親戚の集まるような場で身内にどんな敬語を使おうがどうしようが他人の口出すところではないとは思いますが、身内以外を主な読者と想定しているような場所で「ご長男」とかやるのは、社外の人間と話しているときに、自社の課長を「○○課長」と呼ぶのと同じようなものでしょう、ということでは。

ここら辺の感覚は個人差があるとは思いますが、私の感覚としては
http://tondemonai2.web.fc2.com/494.html
や、そこからリンクしている
http://torokko.sblo.jp/article/1057163.html
の人が書いてあるような線です。

身内同士の上下関係や馴れ合いのルールなんて、持ち込まれても外部の人間にはうっとうしいだけですからってのもあります。

しかし、まあ、本文に書いたように、もの書きでもない養子の人を批判しようとは思わないです。ただ、元はいとこではなく赤の他人だったと考えた方が、「ご長男」という表現はしっくりくるといいますか。
トンデモない一行知識 |  2009年02月15日(日) 18:56 |  URL |  【コメント編集】

身内に敬語は使わないと言うのも微妙だと思うのですが
両親や兄弟に敬語を使うのは確かに変ですが
叔父や従兄弟になれば、相手によって使ったり使わなかったりではないかと
ましてや養子となっては気を使わざるを得ないのではないかと
それに、従兄弟であることが明確な場でなければ
養子が先代の長男に敬語を使わないのが逆に変だと思われるのではないかな

うちの母は結構いいとこのお嬢さんだったりするわけですが
そこは本家、分家で扱いが極端で
分家で同世代なら年下でも敬語でさん付けが当たり前で
気の弱い人だと10も下でも本家の人間にはさん付けとかあったりします。

うちは母が家を出てよその男と結婚したわけで本家とはもう関係ないわけですが
それでも本家の人間が同級生にいて、敬語を使わないということで
さんざん責められました。(本人にではなく周りの大人に)
血のつながりよりは立場の違いが優先されると思うんですがどうでしょうかね?
金平糖 |  2009年02月15日(日) 18:00 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/17-92d5fb9e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。