2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.11 (Sat)

Wiki からと その一言が 言えなくて……?

裏モノ日記 2009年 07月 05日(日曜日)
http://www.tobunken.com/diary/diary20090705140015.html

柏書房から原克著『図説テクノロジーと大衆文化』という
大著が恵贈される。ちょうど、ベッド読書で原氏の
『アップルパイ神話の時代』(岩波書店)読んでいたところ
だったので驚く。なぜ、最近自分が原氏の著作にハマっている
ことを知った? という感じ。

志水さんの死に対しと学会員から弔辞多々。
みな、思いは同じ。と学会のシンボルは在大阪の山本会長だが、
東京においてのそれは志水さんであった。シンボルだけあって運営には
ほとんど関わらなかった(そういうことに向く人ではなかった)が、
会が成立するには必ずシンボルが必要なのだ。

ゆうべマドから送られた講演で使う映像資料を
開こうとしたら開けず、あせる。マドに電話で聞く。
先方からは何も言ってこないので開けられたと思うので、向うで
見てくださいとのこと。

札幌出張の記録をまとめていたら時間なくなり、あわてて
1時半、オリンピック青少年センター@参宮橋。
思えば東京に受験に来たときに最初に泊まったのがまだ選手村を
そのまま使ったここだった。
あまりの食事のまずさに鬱になったっけ。
その後、今のような派手な色彩とデザインのものになったが、
中を使用するのは初めて(以前、と学会のトンデモ本大賞授賞式の
会場候補に上がったが、申し込みが法人でないとやたら煩雑で、 あきらめた)。

http://s01.megalodon.jp/2009-0710-2134-20/www.tobunken.com/diary/diary20090705140015.html

×『図説テクノロジーと大衆文化』 ○『図説 20世紀テクノロジーと大衆文化』
×必ずシンボルが必要なのだ ○シンボルが必要なのだ
×会場候補に上がった ○会場候補に挙がったが

『図説 20世紀テクノロジーと大衆文化』の件の流れで、2ちゃんねるのスレ (Read More
参照) に、「本のタイトルを間違えずに書けたことのほうが少ないのではないか?」と
書き込まれていたのには笑ったけど。

http://www.amazon.co.jp/dp/4760133356
>図説 20世紀テクノロジーと大衆文化 (単行本)
>原 克 (著)


まあ、もう一冊の『アップルパイ神話の時代』の方は間違えてないので、唐沢俊一にして
は上出来かも (←要求水準低過ぎ)。

http://www.amazon.co.jp/dp/4000220497
>アップルパイ神話の時代―アメリカ モダンな主婦の誕生 (単行本)
>原 克 (著)


唐沢俊一が本のタイトルを間違えた例は、これとか、これとか、これとか、これとか、もう
リストアップしきれないほどあるんだけど、『トンデモ一行知識の世界』など 1990 年代の
著書からしてミスが多い。つまり、本のタイトル間違えについてのキャリアは充分、立派な
10 年選手といえるわけで。

「必ずシンボルが必要なのだ」はまあ、「馬から落馬」の類いの冗語だけど、その前に
書いてある「シンボルだけあって運営にはほとんど関わらなかった(そういうことに向く人
ではなかった)が、」を含めて、この文自体が余計な一言というか、余計な一文というか。

唐沢俊一は、「志水さんの死に対しと学会員から弔辞多々。みな、思いは同じ。」と書い
ている。しかし、唐沢俊一の日記の中の「運営にはほとんど関わらなかった」や「そういう
ことに向く人ではなかった」、そして、「お亡くなりになった途端にこれですか」の中で引用
した「遅筆、遅刻魔、経済観念の無さ」――これは他の「と学会員」も「みな、思いは同じ」
だったといいたんだろうか。

それではまるで、「と学会員」は皆、唐沢俊一と同じようなことを、わざわざ弔辞でいって
いるかのようなんだけど……さすがに違うと信じたいが、ありえないとはいいきれないの
が怖い。


そして、やはり2ちゃんねるのスレで指摘されている (Read More 参照)、Wikipedia の
画像を黙って掲載している件について。

唐沢俊一の日記の中の http://www.tobunken.com/diary/images/800px-nyc_05.jpg
という画像は、http://ja.wikipedia.org/wiki/国立オリンピック記念青少年総合センター
などで使用されているものを無断で使用。

この画像を使用するにあたって、別に料金を支払う等の必要はなく、出典を明記さえす
ればよいのだけど、さすが唐沢俊一、著作権関係には何かと杜撰である。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ファイル:NYC_05.JPG
>利用許可(ウィキメディア以外での利用) GFDL-self

http://commons.wikimedia.org/wiki/Commons:ウィキメディア内のコンテンツを外部で再利用する
によると、GFDL の場合には、「作者の明示」と「出典の明示 (ウィキメディアプロジェクト)」
が必要である。
( http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Reuse_Wikimedia_content_ja.svg )



More...

http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1247119897/
-------
196 :無名草子さん:2009/07/10(金) 14:44:01
裏モノ日記(7日)
>朝方の夢。
>芝居に出演するが、私の役は阿部寛とダブルキャストである。
>どういうキャスティングをするんだ、比べ物にならないじゃないかと
>あせるが、役柄が私の方に近く、みんなに私の方がハマっている、
>と言われてホッとする(しかし、これって完全に役者の見る夢じゃ
>ないか。そういうアイデンティティになってしまったのか?)。

・・・気持ち悪い。

198 :無名草子さん:2009/07/10(金) 14:44:38
>志水さんの死に対しと学会員から弔辞多々。
>みな、思いは同じ。と学会のシンボルは在大阪の山本会長だが、
>東京においてのそれは志水さんであった。シンボルだけあって運営には
>ほとんど関わらなかった(そういうことに向く人ではなかった)が、
>会が成立するには必ずシンボルが必要なのだ。

後半いらないと思います。

199 :無名草子さん:2009/07/10(金) 14:45:54
>ゆうべマドから送られた講演で使う映像資料を
>開こうとしたら開けず、あせる。マドに電話で聞く。
>先方からは何も言ってこないので開けられたと思うので、向うで
>見てくださいとのこと。

よく分からん

200 :無名草子さん:2009/07/10(金) 14:47:19
>その後、今のような派手な色彩とデザインのものになったが、
>中を使用するのは初めて(以前、と学会のトンデモ本大賞授賞式の
>会場候補に上がったが、申し込みが法人でないとやたら煩雑で、
>あきらめた)。

×上がった
○挙がった

219 :無名草子さん:2009/07/10(金) 15:45:24
>柏書房から原克著『図説テクノロジーと大衆文化』という
>大著が恵贈される。

×図説テクノロジーと大衆文化
○図説20世紀テクノロジーと大衆文化

220 :無名草子さん:2009/07/10(金) 15:47:02
本のタイトルを間違えずに書けたことのほうが少ないのではないか?

224 :無名草子さん:2009/07/10(金) 15:56:14
人の名前もまず十中八九間違えるけどね>唐沢

もう記憶に問題があるとかじゃなくて、オカルトレベル。オカルト板に「唐沢俊一はオカルト」スレ立てたいくらい
の勢い。エビスどころじゃねえよ!!こええ!!

274 :無名草子さん:2009/07/10(金) 21:38:24
ファイル:NYC 05.JPG
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:NYC_05.JPG
>この作品の著作権者であるI, Genppyは、この作品を以下のライセンスで提供しています。
(以下略)


利用者‐会話:Genppy
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%A9%E7%94%A8%E8%80%85%E2%80%90%E4%BC%9A%E8%A9%B1:Genppy

275 :無名草子さん:2009/07/10(金) 21:50:17
一応魚拓取っといた
http://s01.megalodon.jp/2009-0710-2134-20/www.tobunken.com/diary/diary20090705140015.html

284 :無名草子さん:2009/07/10(金) 22:14:38
Wikipedia:著
http://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:%E8%91%97%E4%BD%9C%E6%A8%A9

Wikipedia:アップロードされたファイルのライセンス
http://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%81%AE%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B9

287 :284:2009/07/10(金) 22:17:31
「Wikipedia:著」の後の「作権」が欠けてしまったorz

288 :無名草子さん:2009/07/10(金) 22:19:30
喜劇作家モリエールは舞台上で倒れて死去すると言う舞台人として壮絶な最期を遂げたが、
その時の芝居のタイトルは『病は気から』

390 :無名草子さん:2009/07/11(土) 12:04:18
>>263
ライセンス(GFDL)や作者名(Genppy氏)を記載していない等、
ウィキペディアコンテンツの再利用要件を満たしておらず、不正な画像使用といえる。

画像はリサイズで劣化しているのにファイル名がウィキペディアと同じマンマ。
文章改変してもすぐに元ネタを発見されてしまうP&G唐沢クオリティーが、
画像の再利用(しかも不正使用)でもいかんなく発揮されている。

392 :無名草子さん:2009/07/11(土) 12:29:27
>>284>>287

>ウィキペディアの目標は自由に利用可能な百科事典形式の情報源を作成することです。
>(略)
>つまりウィキペディアのコンテンツは、他の人々に対して同様の自由を認め、
>ウィキペディアがそのソースであることを知らせる限りにおいて、複製、改変、
>再配布することができます。

俊一…せめてたった一言書いておけば、ソースを明記していれば良かったろうに、
どうしてそのたった一言が出てこないの?

-------
スポンサーサイト
14:40  |  その他の雑学本 間違い探し編 (324) +  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/169-4408a574

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。